口を大きくしたい!その方法とは!?

口を大きくしたい!その方法とは!?

Thumb?1414295452 muah♪さん

1456

口のサイズが大きい小さいというのは、顔全体の印象を大きく決定付けてしまいます。しかも、美人には口が大きい人が多いので、口を大きくしたいと思った女性は少なくないはず!そんな女性たちの願望に近づける方法をご紹介していきます!

  • 口が大きいことのメリット・デメリット 

  • 口が大きいことのメリット・デメリット 
  • 一般的に、口が大きいとエネルギッシュだったり、反対に口が小さいのは悪相というイメージがありますが、小さ過ぎる口も悪い事ばかりかと言うとそうでもありません。

    口が小さいと、献身的性格で女性の場合は可愛らしく異性にモテやすい、頭脳的など意外と小さい方がメリットという事も少なくありません。

    デメリットと言えるのは、消極的な性格、保守的な性格に見られてしまうという点ぐらいです。

    従って、口が小さい事はそれ程悪い事ではありません。
    しかし、それでも気になってしまうという人が居るのもまた事実です。そこでここでは、口を大きくするあるいは大きく見せる方法をいくつか紹介していきます。
  • メイクで口を大きく見せる

  • メイクで口を大きく見せる
  • 残念ながら、口のサイズ自体を大きくする事は現代の医療を持ってしてもほぼ不可能です。しかし、大きく見せるメイク技法であればいくつか存在します。

    口を大きく見せるには、口の存在感をより際立たせるメイクが効果的です。

    その1つが、ハイライトによる印象を利用したメイク法です。

    化粧品売り場などにある、白い口紅やリップライナーで唇の真ん中にハートマークを描くようなイメージで塗っていきます。

    そうすると、真ん中に光が集る事で、口の横幅や端に視線が行かなくなると同時に、ぷっくりとした唇を演出出来ます。

    この他にも、唇の血色を良くしたり、チークにオレンジ系統の色を使うなどすれば、口の小ささが目立たないようになります。

    よく、発色がいい赤いルージュを塗れば、口の小ささをカバー出来るのではと思いがちですが、これは逆に唇だけに視線が集中してしまいます。
    かえって口の小ささが目立ってしまい逆効果となってしまうのです。
  • 口を大きく見せるトレーニング

  • 口を大きく見せるトレーニング
  • 口を大きくする方法は存在しませんが、口を大きく見せるトレーニングはいくつかあります。

    口を大きく見せるには、口周りや表情筋を鍛えて口角を上げるようにすると口の小ささが目立たなくなります。

    いくつかその方法を紹介すると、口を軽く開けて上唇と下唇口の中に巻き込むようにし、そのまま8秒キープします。
    今度はそのままの状態で口角だけを上げて、これまた8秒間キープします。これを1日3回行います。

    身近にある割り箸を使ったトレーニング方法もあります。
    割り箸と手鏡を用意し、割り箸を奥歯で出来る限り思いっきり噛み締めます。この際、割り箸のラインよりも口角を上げるように意識します。これを1分間キープします。これを休憩を挟みつつ、5セット繰り返します。

    口周りのエクササイズとしては、「あ」の口で出来る限り大きく口を開けます。
    次に、「い」の口で口端を大きく左右に開けます。

    この際、下顎を左右にゆっくり動かすと、顎をシャープにする効果があります。

    最後は「べー」と舌を出すようにして、表情筋を緩めてあげましょう。"
  • 整形手術で口を大きく見せる

  • 整形手術で口を大きく見せる
  • 口を大きくする方法としては、最後の手段とも言えるのが、整形手術です。
    しかし、口そのものを大きくする方法は存在しません。

    手術として考えられるのは、口の横幅を大きくする手術方法です。
    しかし、この方法は少口症など持って生まれた障がいを負っている人や事故などでそのままでは日常生活を送るのに不便が生じる場合に行われる手術です。

    美容目的でこうした横幅を大きくする手術は大手術となり、顔や唇に大きな傷が残ってしまう事もあるので、あまり推奨されていません。

    口腔内の見えない所を切開して、傷口をずらして縫合する「口唇拡大術」という方法もあるにはありますが、これは口の大きさというよりは、唇の厚さ変える物で、口そのものを大きくするという物ではありません。

    一番現実的な手術としては、ヒアルロン酸を唇に注射するという方法でしょう。
    この方法も厳密に言えば、口を大きくするというよりは、唇を厚くして全体的に口を大きく見せるという手法です。
    ヒアルロン酸は元々人体にある物ですから、手術のリスクは小さいですし、費用も4〜6万円と比較的安く済みます。
  • 口を大きくすること以上に重要な事 

  • 口を大きくすること以上に重要な事 
  • ここまで、口を大きくする方法や大きく見せる方法をいくつか紹介してきましたが、基本的には口そのものを大きくする事は、ほぼ不可能というのが現実と言わざるを得ません。
    仮に出来たとしても、それ相応のリスクがある事は覚えておきましょう。

    しかし、前述したように口が小さい事は決して悪い事ではありません。むしろ、小顔が好まれる日本人から見れば、良い事として捉えられている事も多くあります。

    確かに、口の大きさの大小は顔全体の印象を決める重要な部位ではありますが、それよりも人の印象に残るのは、顔全体の表情つまり笑顔でしょう。

    眩しい笑顔から溢れるパワーは、一番人の印象に残りその人をより魅力的に見せます。
    よく、笑顔が素敵な人が好まれるのはそうした理由もあります。口の大小は、眩しい笑顔に比べれば二の次と言えます。

    あまり口の大小に囚われる事無く、自分の笑顔や表情に自信を持つ事が一番重要でしょう。
口を大きくしたい!その方法とは!?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事