爪水虫の症状と対処法

爪水虫の症状と対処法

Thumb?1414295452 muah♪さん

463

水虫は、白癬菌が原因で起こる皮膚病で、進行すると爪に感染してしまい、爪水虫になってしまいます。
爪水虫は外用薬の成分が届きにくく、治りにくいという特徴があり早期に治療を行うことが大事です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 爪水虫の原因と症状とは
  • 爪水虫の気になる症状とは
  • 放置しておくとどうなるのか
  • 対処法と予防方法とは
  • 爪水虫の見分け方と治療法
  • 爪水虫の原因と症状とは

  • 爪水虫の原因と症状とは
  • 水虫は、白癬菌というカビの一種が原因で起こる皮膚病で、爪に白癬菌が侵入すると爪水虫を発症してしまいます。
    症状としては、爪が白く濁ったり分厚くなるなどの症状がみられますが、痛みやかゆみなどの自覚症状はないため、自分ではなかなか気づきにくいという特徴があります。

    ただ、症状を進行してしまうと、爪が分厚くなりすぎて、靴を履くときに圧迫されて痛みが生じる場合もあります。
    足元は、靴や靴下によって蒸れやすく、白癬菌には住みやすい環境になっています。
    また、足の裏に汗をかきやすい体質の人は、白癬菌が繁殖しやすいという特徴を持っているため、爪水虫になりやすいといえます。
  • 自覚症状がなく、感染していることに気づきにくい爪水虫ですが、放置してしまうと家族に感染させてしまう可能性もあります。
    特に、バスマットやスリッパなどを共用している場合には、感染する確率が高くなってしまいますから、注意しましょう。

    かゆみも痛みもないのなら、放置していても大丈夫と思っている人も多いかもしれませんが、症状が進行すると歩行が困難になったり、生活に支障がでる場合もありますから、早期に治療を行い、完治させることが大事です。
    爪の色が変わったり、分厚くなったと感じた場合には、皮膚科を受診して、必ず顕微鏡による検査を受けましょう。

    治療は内服薬による治療が基本となり、服用することで症状を改善することは可能ですから、早期に受診しましょう。
  • 爪水虫の気になる症状とは

  • 爪水虫の気になる症状とは
  • 爪水虫は、足の水虫とは違って、自覚症状がなく自分ではなかなか気づきにくいものです。
    また、一度発症してしまうと、なかなか治りにくいという特徴がありますから、正しい知識をもっておくことが大事です。
    爪水虫は、日本人の10人に1人はかかっているともいわれるほど、多くの人が感染している皮膚病です。

    水虫というと、男性がなるものと思っている人も多いかもしれませんが、実は女性の患者も多く、特に、通気性の悪いストッキングやブーツなどをはいて、足先が蒸れやすくなっているということも、理由の一つとなっています。
  • 他の皮膚病との大きな違いは、初期段階ではかゆみや痛みなどの症状がほとんどなく、気づかないまま進行してしまうという点があげられます。

    ただ、症状がないからといっても、白癬菌は爪の内部にまで増殖していますから、他人に移す可能性もあります。気づいた時には早期に皮膚科を受診しましょう。
    初期の段階では、爪につやがなくなったり、少し分厚くなる程度ですから、毎日よく観察していないと自分では気づきにくい症状ですが、この段階でも治療には数ヶ月かかってしまいます。

    少し進行すると、爪が白く変色し、末期になると爪の表面がぼろぼろになり、菌ができて変形してしまいます。ここまで進行してしまうと、治療には時間がかかり歩行も困難になってしまいますから、できるだけ早い段階で皮膚科を受診し、適切な治療を受けることが大切です。
  • 放置しておくとどうなるのか

  • 爪水虫は、通常の足の水虫と同じように、白癬菌に感染して起こる病気ですから、白癬菌を退治しないと根治させることはできません。
    水虫に感染している爪は、本来の爪よりも厚くなり、白く濁っていきますから、毎日観察しておくことが大切です。

    爪水虫は、見た目が汚くなるだけではなく、放置していると、他の爪にも感染していってしまいますから、できるだけ早期に発見し、治療を行うことが大事です。
    水虫というと、深刻な病気だと思っている人は少ないかもしれませんが、放置しておくとだんだん爪が変形してしまい、歩けなくなってしまうケースもあります。
  • また、水虫から菌が繁殖してしまい、足が膿んで腫れ上がったり、リンパ管炎を引き起こしてしまうケースもあります。

    リンパ管炎は、リンパ管周辺の組織や皮膚が炎症を起こした状態で、足が腫れ上がり発熱や頭痛などの症状を引き起こしてしまう病気です。
    進行してしまうと、歩行が困難になってしまうこともありますから、水虫を放置しておくことは危険だといえます。


    また、糖尿病を併発している場合には、動脈硬化によって血液の流れが悪くなり、体のすみずみまで血液が行き渡らなくなってしまい、化膿菌が入り込んで患部が壊死する可能性もあります。
    重症の場合には、足を切断しなくてはいけないケースも起こってきますから、たかが水虫と思って放置するのは危険です。
    皮膚科などの専門医の診断を受け、適切な治療を受けましょう。
  • 対処法と予防方法とは

  • 対処法と予防方法とは
  • 水虫は、白癬菌に接触することで感染しますから、バスマットやスリッパなどの共用をやめることが、予防には重要です。

    また、白癬菌が皮膚についたとしても、すぐに水虫になるわけではなく、24時間以内に表面についた白癬菌を洗い流すことで、感染を予防することは可能です。
    そのため、水虫を予防する一番の方法は、毎日お風呂に入って、足をきれいに洗うことです。

    ただ、バスマットに白癬菌が付着していた場合には、意味がありませんから、清潔なマットで足をふき、常に足を乾燥させておくことが大事です。
    また、毎日同じ靴を履いていると、蒸れやすく菌が繁殖しやすい環境になってしまいますから、靴は1日おきに履き替えることが大事です。
  • そのほかにも、家族に水虫の人がいる場合には、白癬菌のついた皮膚が床におちていることがありますから、床はこまめに掃除をすることも予防には大切です。

    水虫の原因となる白癬菌は、人間の皮膚や爪、髪の毛などを作っているケラチンが好物で、温度が20~40度、湿度が60%以上の環境を好みます。
    肉眼で見ることはできませんが、顕微鏡で確認することができますから、水虫の診断には顕微鏡が必要となります。

    水虫は、見た目が悪くなるだけではなく、化膿してしまうと重大な細菌感染症を引き起こすこともあるので、少しでも異変を感じた場合には、皮膚科を受診して診断を受けることが大切です。
    早期に治療を行うことで、治療期間も短く根治が可能です。
  • 爪水虫の見分け方と治療法

  • 爪水虫の見分け方と治療法
  • 爪の色が黄色みを帯びて潤いが失ってきた時には、爪水虫の可能性が大きいといえます。
    足の水虫とは違って、痛みやかゆみなどの自覚症状が起こりにくい病気ですから、色や厚みなどの変化を見極めることが大事です。

    初期の段階では、まだ潤いも残っている状態ですから、市販の塗り薬でも治療は可能ですが、症状を進行してしまうと爪がぼろぼろになり変形して歩行も困難になってしまいますから、放置せずに適切な治療を受けることが大事です。

    男性に多いと思われている水虫ですが、ブーツなどを履く機会の多い女性にも、水虫患者は多く、ペディキュアをしていると、変色に気づかずに症状が進行してしまっているというケースも少なくありません。
    女性は夏にミュールを履いて足を見せる機会が多いため、早く完治させたいと思いますが、爪水虫は治療には時間がかかりますから、できるだけ早く皮膚科を受診し、治療を行うことが大事です。
  • 水虫を根治させるには、病院で処方された内服薬を継続して服用し、体の中から作用させることが基本となります。
    内服薬のメリットは、確実に白癬菌を殺菌することができるという点にありますが、妊婦などは内服できないため、注意が必要です。

    初期の段階では、市販の水虫薬も効果がありますが、白癬菌は奥深くまで侵入していますから、治ったと思っても再発する可能性がありますから、根気強く治療を続けることが大切です。
    はずかしいからといって放置していても治ることはありませんから、皮膚科の専門医に相談しましょう。
爪水虫の症状と対処法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事