手にも水虫が出来る、注意すべき症状とは

手にも水虫が出来る、注意すべき症状とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

910

水虫は白癬菌というカビの一種が皮膚に寄生することで発症する皮膚病です。水虫といえば、足に出来るイメージが強いですが全身にいたる所に症状が出る可能性があります。多くはありませんが、水虫が手に感染して症状が出ることもあります。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 手水虫の感染経路とは
  • 手水虫の症状とは何があるのか
  • 手水虫は予防できるか
  • 手水虫の有効な治療法とは
  • 手水虫のリスクを減らすために
  • 手水虫の感染経路とは

  • 手水虫の感染経路とは
  • 手水虫は足に出来る水虫同様、白癬菌の感染が原因です。そこで「手白癬」の別名を持ちます。カビの一種である白癬菌は湿度の高い、じめじめした環境下で活発に繁殖していきます。

    しかし手は外気にさらされているので一般的には乾燥した状態が維持されています。白癬菌が取り付きづらい場所と言えるので手に病変が出ることは少なく、水虫患者の3%程度の発症と考えられています。

    ただ手水虫は一定数の発症が見られるのも事実。この病気を発症する原因として重要なのが、足の水虫を同時に罹患している人が大部分であるという事実です。そのため、足の患部の白癬菌が何らかの原因で手に移動し発症すると考えられています。

    ところで手は水洗いなどの手あれ症状や、主婦湿疹などの湿疹の頻度が高く白癬菌が原因とは夢にも思わず、自己判断で誤った薬を選択して症状を悪化させることが良くあります。区別のポイントの一つとして湿疹などでは両手に症状が現れる場合が多いとされていることです。
  • 手水虫では片手のみに症状が観察されるのが特徴です。これは白癬菌の感染経路を考えれば理解できます。足の水虫が慢性化すると爪が変色して分厚くなり異常な様相を呈していることが良くあります。これが爪白癬という状態です。

    足の爪を切る時には、爪切りを使用して爪を切りますが、その際に患部を反対側の指でつまんで白癬菌に接触します。人間には利き手があるので、片手ばかりが患部に接触します。そのため一方の手に症状が現れるわけです。

    手水虫(手白癬)では、手のひらにガサガサになり角質が硬化してやがてポロポロと皮膚の表面から剥がれ落ちる症状で初発します。小さな水泡を伴うこともありますが痒みは強くないのが特徴です。角質増殖型の特徴を示しています。

    実はこの痒みの自覚症状が問題で、知らぬうちに体の他の部位に白癬菌が飛び火して新たな白癬菌感染を引き起こすリスクを秘めています。もちろん手の接触を通じて家族を始めとして他人に白癬菌を広めていくことも懸念されます。

    そもそも手水虫の原因は爪白癬を感染源として、手のひらや指に白癬菌感染が広がったことにあります。手白癬は爪白癬の進行している事実をほのめかしているため、爪白癬を抱えている人が手のひらに異常が見られたらこの病気を疑う必要があります。
  • 手水虫の症状とは何があるのか

  • 手水虫の症状とは何があるのか
  • 水虫の典型的な症状とすれば、夏場に足の裏に強い痒みに襲われる状況が挙げられます。それはもちろん誤ってはいないのですが、水虫はタイプに応じて特徴的な症状があることが知られています。

    病気のタイプとしては足の場合と同様の分類が用いられます。外見的所見や症状に応じて、水虫には趾間型水虫、小水疱型水虫、角質増殖型水虫・爪水虫(いわゆる爪白癬)の4種類に分類されます。例えば皮膚の土踏まず周辺に小さな水泡が出来て、強い痒みを伴うのは小水疱型水虫です。

    足の水虫はこのように多彩な症状を表しますが、手水虫との関連で気をつけるべきなのは、角質増殖型水虫と爪水虫の2種類です。
  • 手水虫(手白癬)では、手のひらにガサガサになり角質が硬化してやがてポロポロと皮膚の表面から剥がれ落ちる症状で初発します。小さな水泡を伴うこともありますが痒みは強くないのが特徴です。角質増殖型の特徴を示しています。

    実はこの痒みの自覚症状が問題で、知らぬうちに体の他の部位に白癬菌が飛び火して新たな白癬菌感染を引き起こすリスクを秘めています。もちろん手の接触を通じて家族を始めとして他人に白癬菌を広めていくことも懸念されます。

    そもそも手水虫の原因は爪白癬を感染源として、手のひらや指に白癬菌感染が広がったことにあります。手白癬は爪白癬の進行している事実をほのめかしているため、爪白癬を抱えている人が手のひらに異常が見られたらこの病気を疑う必要があります。
  • 手水虫は予防できるか

  • 手水虫は予防できるか
  • 水虫は白癬菌の感染が拡大することで他の部位や、他人にもうつっていきます。白癬菌の拡大ルートを遮断することが一番の予防策となります。そのため家族内に爪白癬をかかっている人がいたり、施設で集団生活をしている場合は注意が必要です。プールやジムを利用している人も同様です。

    このような白癬菌に接触する機会が多い環境で生活をしているのであれば、意識して予防策を立てないとうつされてしまうリスクにさらされることになります。予防策を立てる上では、白癬菌の感染経路の特徴を把握することから始めましょう。

    通常の感染経路は、白癬菌を含んだ皮膚の角質に接触して、病原菌が付着繁殖して発症する経過を辿ります。ただ触れるのみでは直ぐには感染を起こしません。水虫患者の角質には白癬菌が潜んでいます。角質はやがて剥がれ落ち、他人の足に接触の機会を持ちます。

    自衛策としては白癬菌に接触を避けることと、付着しても感染する前に洗浄するなど清潔な肌環境を維持することです。風呂の出入り口のマット等はどうしても白癬菌との接触が避けられない場合であっても、入浴後はしっかり拭いて充分乾燥させることで感染のリスクは減らせることが出来ます。

    治療方法としては、確実に直したいのであれば医師の診察をうけて治療を開始するのが理想的です。たしかに市販薬も発売されています。しかし原因の特定が誤っていれば病状の改善は見込めません。

    場所的には分厚い角質が覆われているわけではないので、外用薬がよく効くため効果的な治療が期待できます。手水虫は他人に白癬菌を感染させるリスクが高いので、症状を自覚したら速やかな治療開始が大切です。
  • 付着した白癬菌が感染を引き起こすには、皮膚表面のわずかなキズから皮膚に侵入するまでの時間的猶予があります。時間にすれば、12-24時間程度が感染にいたるまで必要と考えられています。そこで家族に爪白癬の人がいる場合には、爪白癬治療を始めることが必要なのは当然です。

    感染防止のためにはこの時間内に洗い流せば良いので、毎日入浴することが予防の前提になります。風呂場のマットの扱いには要注意です。湿っていれば盛んに繁殖した白癬菌が手に移ることもありえます。

    乾燥した環境では繁殖力は落ちるので入浴後は、しっかり拭いて乾燥させることも心がけましょう。
  • 手水虫の有効な治療法とは

  • 手水虫の有効な治療法とは
  • 自分や家族が爪白癬を発症していれば、この病気のリスクは高まりますが、場所的に混同しやすい病気や症状があります。

    手のひらは台所用洗剤などで日常的に刺激成分に暴露されているため、湿疹が出来やすい場所でもあります。湿疹には家庭用のステロイドホルモン配合軟膏が有効なので、同様の効果を狙って使用されることがありますが、これは絶対避けてください。

    ステロイドホルモンは炎症を鎮める作用がありますが、その分体の抵抗力を抑える作用もあります。その結果、白癬菌の繁殖が激化し病状が悪化する危険すらあるのです。

    さらに鑑別すべき病気として重要なのは、掌蹠膿疱症です。これは手のひらに小さな水胞が多数発生、強い痒みを伴います。強いかゆみとブツブツを多数伴うことで区別することが出来ます。

    しかしながら素人の自己判断ではどの病気なのか適切な判断は困難です。病院の皮膚科に受診してどの病気なのかの正しい診断を受けることが必要です。その上で医師の処方箋のもと薬を使用することが一番効果的な治療法と言えます。

    爪白癬の随伴症状を併発していることが多いので、同時に爪白癬治療を開始することもあります。手は足の裏のように硬い角質に覆われているわけでもないので、薬が浸透しやすいので外用薬が効きやすいといえます。

    しかし爪白癬も併発している場合には、数ヶ月程度内服薬による治療をうける必要があります。一部の新薬を除いて、爪白癬は外用薬が浸透しないためです。
  • 手水虫のリスクを減らすために

  • 手水虫のリスクを減らすために
  • 手水虫は白癬菌感染症の中では発症率は低いといえます。特徴的なのは片方のみに症状が出ることが多いことと、皮膚角質の硬化によるガサガサした特長的な皮膚状態の変化です。足水虫に比べても痒みが少ないことも注意すべき点です。

    症状に乏しいことにより、病気の自覚も無く感染を広げる可能性は否定できないからです。この病気は多くの場合、爪白癬に潜んでいる白癬菌の感染拡大を基礎的背景にしています。

    水虫の感染力が強くなるのは湿潤していたり、蒸れたりしやすい環境の場合です。家族に水虫患者がいるなど、不特定多数の人間と間接的ながらも接触しやすい環境に身をおいている場合には、白癬菌感染リスクに常にさらされていると言っても過言ではありません。
  • 自衛策としては白癬菌に接触を避けることと、付着しても感染する前に洗浄するなど清潔な肌環境を維持することです。風呂の出入り口のマット等はどうしても白癬菌との接触が避けられない場合であっても、入浴後はしっかり拭いて充分乾燥させることで感染のリスクは減らせることが出来ます。

    治療方法としては、確実に直したいのであれば医師の診察をうけて治療を開始するのが理想的です。たしかに市販薬も発売されています。しかし原因の特定が誤っていれば病状の改善は見込めません。

    場所的には分厚い角質が覆われているわけではないので、外用薬がよく効くため効果的な治療が期待できます。手水虫は他人に白癬菌を感染させるリスクが高いので、症状を自覚したら速やかな治療開始が大切です。
手にも水虫が出来る、注意すべき症状とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事