水虫の種類と、それぞれに合ったおすすめの薬

水虫の種類と、それぞれに合ったおすすめの薬

Thumb?1414295452 muah♪さん

567

感染症である水虫の菌はプールや温泉、共用して裸足で使うマットにも菌が存在していますので、誰でも水虫になる可能性はあります。一度感染すると厄介な水虫に効果的な薬はあるのでしょうか。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 水虫に効果的な薬とはどういうものか

  • 水虫に効果的な薬とはどういうものか
  • 水虫は、白癬菌と呼ばれているカビの一種で、人に感染する皮膚病です。
    この白癬菌は、皮膚についてもすぐに感染する訳ではありませんが、同じ箇所の皮膚に何度も付着し、仲間が増えると同時に、足の状態が長時間、高温多湿にある環境の中で、水虫になり易くなるようです。

    水虫の種類は大きく分けると4つに分類されます。
    足の指の間に出来やすく、グジュグジュした湿潤型、もしくは皮が薄く剥けて赤みが出る乾燥型では、趾間型と呼ばれる水虫です。

    指の付け根や足の裏、土踏まずに出来やすく、小さな水膨れとかゆみの症状があらわれるのは
    小水泡型と呼ばれる水虫です。
    趾間型と小水疱型の水虫は、殺菌成分が配合されたものがおすすめです。
  • かかとに出来やすく、かゆみや水膨れなどの症状はありませんが、かかとの皮膚が厚く固くなり、粉を吹いたような状態であれば、角膜増殖型の水虫の可能性もあります。

    角質増殖型の水虫の場合、かかとの部分は薬が浸透しにくい為、殺菌成分だけではなく、角質層を柔らかくする成分が配合されたものを選ぶ必要があります。
    爪に菌が侵入してしまった場合、爪が原型を留めない程、ボロボロになってしまうのは、爪水虫と言います。

    爪水虫の場合は、殺菌力に加え、浸透力も必要になってきます。
    市販で販売されている薬を使用する場合には、爪水虫用を選ぶ事が大切です。
    水虫の症状や場所にによって、タイプ別に市販されていますので、よく確認して購入しましょう。
  • 成分・副成分をもとにした薬の選び方

  • 成分・副成分をもとにした薬の選び方
  • 水虫に効果のある薬と言えば、皮膚科を受診して症状にあった薬を処方して貰うのが良いかと思いますが、処方される飲み薬の中には、副作用が心配されるケースもあります。

    逆に、以前は処方されなければ貰えなかった水虫の塗り薬も、副作用の心配が少ないことから市販や通販でも購入できるようになった商品がありますので、時間をかけてでも安心してケアして行きたいのであれば、市販の薬もおすすめです。

    よく使われている成分といえば、まずテルビナフィン塩酸塩です。
    この成分は、真菌を包む細胞膜を崩壊させ、真菌を死滅させる働きをします。
    塗り薬の場合、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどがあらわれる事がありますが、副作用は少ないです。
  • また、皮膚真菌症の治療によく使われる成分で、ラノコナゾールがあります。こちらも強い抗真菌活性で、真菌の発育を抑制、阻止する働きをします。

    効き目も良く、刺激痛などの副作用も少ないようですが、発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどがあらわれる事もあります。
    しかし、塗り薬の場合は、テルビナフィン塩酸塩と同じく、副作用が少ないようなので、安心して使用できるでしょう。


    他にも、ブテナフィンやミコナゾールも同じく、白癬菌を殺菌する成分なので、水虫の薬に主成分として使われている事が多いです。

    この4つの成分が配合されたものがおすすめですが、症状や個人差もあるかと思いますので、使用中に異変や異常に気づいたら使用を中止して、専門医に見て貰いましょう。
  • 水虫薬のタイプ(形態)の違い

  • 水虫薬のタイプ(形態)の違い
  • 最近の水虫薬には、殺菌成分が強いものが多い為、市販の薬でも治る可能性はあるようです。
    また、1つの商品で色々なタイプに別れて販売されているので、使いやすいものを選んでみても良いでしょう。

    水虫の原因となる白癬菌は約10種類あると言われています。その為、どの成分が入った薬が効くのかは、実際に使ってみないと分からない部分もあります。
    効果が見られない場合は、薬効成分が違うものを選んで試してみる方法もあります。

    注意したいのが、商品名が違っても、同じ成分が配合されているものを選んでしまうと効果は得られません。成分表で良く確認した上で購入することをおすすめします。

    また、同じ商品でも、クリーム、軟膏、液体、スプレー型とタイプがそれぞれあります。
  • クリームは、バランスよく塗れるので、どれにするか迷った時はクリームがおすすめです。
    軟膏は、保湿や保護の効果があるのですが、多少のべたつき感があります。
    液体は、浸透力がある反面、じゅくじゅくした皮膚にかけるとしみる可能性がありますので注意しましょう。

    スプレーは、持ち運びに便利で、指や手を汚すことなく、患部に直接使用する事が出来ますが、浸透力は弱めです。

    水虫の薬の中には副成分として、浸透力をアップさせる尿素が配合されている商品もあります。
    人によっては、効き目を優先したい、治療もしたいけど皮膚の保護もしていきたいなど要望があるかと
    思いますので、自分で使い勝手の良いタイプのものを選ぶのも良いかと思います。
  • おすすめの薬をタイプ別にまとめる

  • おすすめの薬をタイプ別にまとめる
  • かかとにできる角質増殖型の水虫の場合は、通常の水虫薬では効果がありません。

    かかとの部分は、皮膚が厚いので、殺菌作用、浸透力に加え、皮膚を柔らかくする成分が配合されているかかと専用を使う必要があります。

    ネット通販ですが、かなりの高い評価がえられてるのは、クリアフットヴェルという商品です。
    竹酸液で水虫を殺菌、浸透力をアップさせる為、サリチル酸を配合し、角質を柔らかくする効果もあります。

    更に、CPLと言う成分が免疫力を高めてくれるので、健康な足を取り戻す効果もあるようなのでおすすめです。

    市販ですと、ロート製薬のエクシブがあります。優れた殺真菌作用のあるテルビナフィン塩酸塩が配合されています。
  • クリームの他に液体、ジェル、スプレータイプとあり、部位別にも販売されています。

    趾間、小水疱型の水虫薬も同じく、殺真菌作用を持つテルビナフィン塩酸塩などが配合されている商品を選ぶと良いでしょう。以前は処方箋が必要でしたか、市販でも購入が可能になったラミシールもおすすめです。

    爪の水虫に関しては、市販では治療が難しいようなので、皮膚科で見て貰った方が良いかもしれません。
    正確な水虫薬ではありませんが、ネット通販でクリアネイルショットと言う商品が購入できます。
    全額補償制度が付いていて、電話相談も出来ます。

    浸透力もあり、食物由来成分を多く使っているので、副作用の心配もなく、妊娠中でも安心して使う事が出来ます。
  • 水虫薬の選び方のまとめ

  • 水虫薬の選び方のまとめ
  • 水虫は、完全に菌をなくさない限り、また体のどこかに感染して、別の箇所に水虫が出来てしまったり、知らない間に家族や周りの人にうつしてしまう可能性もあります。

    また、治ったと思って治療を止めてしまうと、実は菌の活動が衰退する冬だったりすると、暖かい季節を迎える頃に、再び活動を活発化し、再発したように感じる事もあります。

    撃退するのであれば、水虫の菌の活動が衰退してる時期が完治しやすいと言われているので、冬に症状が落ち着いても、気長に治療を行う事が大切です。

    一言で水虫と言っても、菌の種類や症状、出来る場所によって選ぶ薬も異なります。
    なので、口コミや周りの人の意見で効いたと聞いていても、自分にも必ず効き目がある訳ではないので、商品を選ぶ際には注意したいものです。
  • ポイントとしては、主成分の他、かゆみや痛みを和らげたり、炎症を抑える副成分にも注目してみましょう。

    皮膚を柔らかくする効果のある尿素は、ひび割れを起こしている皮膚に使うと刺激感があるので、選ぶ際には気をつけた方が良さそうです。

    それでも数ある水虫薬からどの商品を選んで良いか迷うこともあるかと思いますが、そのような時は、薬剤師や登録販売者に相談やアドバイスを貰いながら決めても良いかもしれません。

    万が一、患部が化膿していたり、症状が悪化する場合には、抗生物質などの医療用の薬が必要になる可能性もありますので、自己判断はせずに、受診をおすすめします。
水虫の種類と、それぞれに合ったおすすめの薬
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事