水虫のかゆみ対策はどうすれば良い?

水虫のかゆみ対策はどうすれば良い?

Thumb?1414295452 muah♪さん

483

水虫のかゆみ対策をどのようにすれば良いかについて説明します。水虫となる原因はカビの一種である白癬菌(はくせんきん)に感染することです。この白癬菌が肌の角質層に侵入することで患部が痒くなります。以下ではかゆみを防ぐための対策方法を紹介します。

出典: unsplash.com
  • 水虫のかゆみの原因とは?

  • 水虫のかゆみの原因とは?
  • 出典: unsplash.com

  • 水虫が痒くなってしまう原因は、水虫と体の免疫機能が戦っているからです。

    人間の体にはあらかじめウイルスや細菌のような異物を攻撃する免疫機能が備わっています。この免疫機能が水虫に反応することによって、かゆみが発生します。この水虫菌が人間の肌の角質層の奥深くにまで侵入すると、免疫がこの菌を追い出そうとして攻撃する結果として、かゆみという反応が現れるのです。

    水虫の原因であると言われている白癬菌自体がかゆみを生じさせている訳ではありません。この免疫機能によって白癬菌を追い出そうとする活動が、かゆみやムズムズ感、ジュクジュクとした反応として体に現れるようになります。
  • 出典: unsplash.com

  • この白癬菌という細菌は、温度が15度以上、湿度が70%以上になると急激に増殖します。

    温度や湿度が上昇することによって高温多湿な環境となると白癬菌は活発に活動するようになります。例えば、長時間履き続けた革靴や、ブーツの中は白癬菌が増殖するために最高の環境となってしまいます。
    そうするとくるの中でかゆみが生じたり、ムズムズ感を感じるようになります。


    白癬菌に感染し、水虫の症状が進行するようになると、「かゆみ」、「水ぶくれ」「皮むけ」「ムズムズ感」などの症状が日酷くなることがあります。それは白癬菌の活発な活動に対して、体の免疫機能が反応しているからです。春から夏にかけての暖かい季節になると水虫の症状が現れ始めるのもこれが理由です。
  • 水虫のかゆみを緩和させる方法は?

  • 水虫のかゆみを緩和させる方法は?
  • 水虫のかゆみはどのようにして緩和させれば良いでしょうか?

    水虫のかゆみが自分の免疫が白癬菌と戦っていることに起因することがわかれば、患部を掻くのはよくないことがわかるでしょう。

    水虫のかゆみは免疫反応によるものなので、たとえ掻いてもよくなることはありません。むしろ、肌の角質層を傷つけるので症状を悪化させることに繋がってしまいます。菌の親友を容易にしてしまうことから、感染症を引き起こす可能性もあります。

    そのため、水虫のかゆみを緩和させるためには、市販薬で抑えるという方法が有効です。炎症が起こっている患部に薬を塗ることによって、かゆみを抑えることができます。
  • また、白癬菌は湿度と温度が高いところで活発に活動することから、お風呂などに入浴する際には、温度を下げるようにすることが大切です。

    患部を温めるとかゆみが生じる原因となるので、患部は温めないように気をつけることが大切です。また、患部はできるだけ濡らさないようにすることも必要です。白癬菌は湿度が高い環境を好むので、連日続けて同じ靴を履かないようにすることが大切です。

    同じ靴を履き続けると靴の中はかなり湿った状態になっています。暑い季節なら尚更です。靴は毎日違うものを履くようにし、革靴などはできるだけ履かないようにすれば水虫のかゆみはかなり緩和することができます。靴下なども分厚いものは避け、風通しの良いものを購入すると良いでしょう。
  • 水虫のケアで大切なことは?

  • 水虫のケアで大切なことは?
  • 水虫のケアで大切なことは、まずは白癬菌の活動をしっかりと抑え込むということです。白癬菌を抑え込むためには、温度と湿度に注意することが大切です。

    革靴を長時間履くなどの行為は水虫を悪化させる原因となります。そのため、温度と湿度には気をつけましょう。

    根本的に大切なことは、水虫は早期に治療をするということです。水虫の初期症状として、かゆみやムズムズ感があるということは、体の免疫がしっかりと機能している証拠です。

    早期に治療しないと感染範囲がどんどん広がってしまうため、早期の治療が大切です。病院に行けば、かゆみを抑えるため、ヒスタミンというかゆみを伝達する原因物質を抑える薬を処方してもらえます。水虫のケアで大切なことは、病院での治療をしっかりと続けるということです。
  • 一度治ったと思って自己判断で治療を中止してしまうと、再発の恐れがあります。水虫は一見完治したかのように見える場合でも、肌の角質層の内部には白癬菌が残っている場合があります。しっかりと水虫を完治させたいと思うなら、早期に治療をはじめ、自分で判断せずに根気よく治療を続けることが大切です。

    白癬菌を根絶するためには、皮膚科専門医による治療と、白癬菌をターゲットとした最適な薬を処方するようにするということです。

    市販薬はかゆみを抑えることはできても、水虫を完治させることは難しいため、専門医にしっかりと診てもらい、治療するようにすることが大切です。
  • かゆみを軽減するグッズや薬とは?

  • かゆみを軽減するグッズや薬とは?
  • 水虫の原因となる白癬菌は、カビの一種で、皮膚の角質層に寄生します。この白癬菌はとても生命色が強く、皮膚から剥がれ落ちた角質の中でもまだ生き残っていることに注意が必要です。

    水虫はこれによって他人に感染する可能性がある病気です。かゆいからといって患部を引っ掻くと、角質層が剥がれやすい状態になりますので注意が必要です。水虫のかゆみを軽減するグッズや薬を積極的に活用するようにすると良いでしょう。

    水虫のかゆみ対策として有効な薬には様々な種類があり、クリーム材、液剤、スプレー材があります。症状に応じて薬は使い分けるようにすることが大切です。
  • クリーム材の薬は、足の指の間や水泡でジュクジュクした水虫に有効です。患部とその周辺に塗ることでかゆみを抑えると共に治療を行います。また、液剤の薬は、足の指の間のカサカサした水虫に有効です。

    ただれている患部に塗るとしみて痛むことがあるため、初期症状の時に有効な薬です。また、スプレー材は、足の裏などにできた広範囲な水虫を治療する時に便利です。また、水虫のかゆみを軽減させるためには靴下が大切です。コットン素材のものを使用することが大切です。

    靴下を履く理由は、足を乾燥させるためです。もし夏などで足の発汗がひどいようであれば、靴下を頻繁に替えるようにすると良いでしょう。足の発汗が多い方は、1日に複数回靴下を替えるように心がけ、靴下の素材は綿100%が適切です。
  • 水虫のかゆみ対策のために大切なこと

  • 水虫のかゆみ対策のために大切なこと
  • 水虫のかゆみ対策のために大切なことは、まずは掻かないようにするということです。

    患部を掻いてしまうとそのために水虫の感染範囲が広がって症状が悪化してしまうため対策をすることが大切です。患部を掻かないことがまずは大切な対策です。次に有効な対策は、白癬菌が増殖しないように心がけるということです。

    温度と湿度が高いところで白癬菌は増殖しやすくなります。対策として革靴などを長時間履いて蒸れやすい状態を作らないようにすることが重要です。靴下はしっかりと履き、汗を掻いたら頻繁に替えるようにする対策が大切です。
  • 水虫を早期に完治させる対策として有効なのは、初期症状が出ている段階で専門医の治療を受けるようにするということです。

    水虫は自分で治療をするよりも専門医で治療を受けた方が早く治すことができますし再発の可能性も低下します。白癬菌は生命力が非常に強い菌であることから、自分で治ったことを判断したりせず、専門医のアドバイスを仰ぐことが大切です。

    自分で判断して完治したと思っても、白癬菌がまだ角質層に残っている場合もあります。その場合には、再発の可能性が高まりますので注意が必要です。

    水虫を治すためにはそれなりに時間がかかりますが、専門医のもとで時間をかけて治療をした方が結果として治療期間は短くてすみます。

    時間をかけて丁寧に治療を行うことでかゆみを和らげることができますし、再発の可能性も低くなります。
水虫のかゆみ対策はどうすれば良い?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事