太い眉毛から細い眉毛になりたい!細い眉毛の作り方とは?

太い眉毛から細い眉毛になりたい!細い眉毛の作り方とは?

muah♪さん

2,074

ここ1,2年、多くのモデルや芸能人から太い眉毛である「太眉」が浸透して流行しました。しかし再び、細い眉である「細眉」が流行するかもとのこと!以前のようにただ細くするのではなく、「ナチュラル」な自然で美しい眉が理想なんだとか!そんな細眉を先取りしちゃいましょう♪

この記事は参考になりましたか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ・眉毛の太さのメリットとデメリット
  • ・眉ばさみでカットする
  • ・眉毛用の電気シェーバーでカットする
  • ・ツイザーで抜いてしまう
  • ・専門のクリニックで永久脱毛する
  • 眉毛の太さのメリットとデメリット

  • 眉毛の太さのメリットとデメリット
  • 実は眉毛は顔全体のイメージを決める重要な顔のパーツの1つです。太すぎても細すぎてもマイナスの印象を与えてしまいます。

    眉毛が太すぎると、洗練した顔に見えないつまり田舎くさい、イモっぽい顔に見えたり、実年齢よりも幼く見られてしまったりと、眉毛の太さに頓着しないような人はだらしないという印象を与えかねません。

    逆に眉毛が薄すぎてしまうと貧相に見え、幸薄で不幸そうなイメージを与えたり、生気が感じられないお化けのような印象を与えます。
    本人の振る舞いや健康状態に関わりなく、何となく体調が悪そうに見えたり、不健康そうに見えてしまいます。

    このように、眉毛は顔の印象を決めてしまう重要なパーツで、この太さがその人の印象さえも決めてしまう程なので、眉毛が太すぎる人は細くする事を薄すぎる人は太く見せるように努力しているのです。ここでは、眉毛が太すぎる場合に細くする方法をいくつか紹介します。




  • 眉ばさみでカットする

  • 眉ばさみでカットする
  • いちばん手っ取り早くかつ手軽に出来て、お金を掛けずに眉毛を細くする方法としては、眉ばさみでカットするという方法です。

    必要なのは、眉ばさみとプラスチックで出来た櫛状のコームさえあれば出来ます。
    眉ばさみは100円ショップなどでも販売されているので、道具を比較的簡単に入手出来るのが特徴です。

    やり方は、最初にコームで眉毛の毛流れを整えてから、眉毛の上から下に向けてコームで軽く眉毛を押さえて、眉毛の下のラインからはみ出た眉毛をカットします。
    次に、今度は下から上に向けてコームで軽く梳かすように持ち上げて、今度は逆に眉毛の上のラインからはみ出た眉毛をカットしていきます。

    注意する点としては、コームで押さえる時に強く押さえ過ぎない事です。強く押さえてしまうと、短くカットしすぎて修正が効かなくなってしまいます。

    この方法は、手間は非常に掛かりこまめに手入れが必要ですが、万が一失敗しても眉毛はすぐに伸びてくるので、失敗してもダメージも少なくて済みます。
  • 眉毛用の電気シェーバーでカットする

  • 眉毛用の電気シェーバーでカットする
  • 次に紹介する、眉毛を細くする方法は男性には馴染み深い電気シェーバーでカットしてしまうという方法です。シェーバーというと、髭を剃るのに使われる物というイメージを持っている人も多いかもしれませんが、実は電気メーカー各社から手軽に眉毛の手入れが出来るシェーバーが男性用・女性用共に発売されています。

    これらの、眉毛用のシェーバーはほとんどのメーカーの製品で眉毛用のコームが付属しており、眉毛の長さや形を整える事が出来ます。

    この方法は、先程の眉ばさみとコームを持って両手で格闘する必要が無く、コームの付いたシェーバーで眉毛をなぞるようにするだけで簡単に眉毛の手入れが出来ます。

    眉毛用シェーバーは数千円しますが、一度購入すればある程度期間は使えますし、手軽に眉毛の長さを変えられるので、眉毛の形の流行が変わっても対応しやすいというメリットもあります。こまめに手入れが必要ではありますが、失敗のリスクも少なく簡単に出来て安全というのが一番の魅力です。

  • ツイザーで抜いてしまう

  • ツイザーで抜いてしまう
  • 眉毛を細くする方法として、眉毛を一本一本抜いていくという方法もあります。必要な物は、コームと専用のツイザーです。ツイザー自体は100円ショップなどでも販売されていますが、あまり安い物だと上手く毛を掴む事が出来ない可能性もあるので、少し値段は高くなりますが、500円前後で販売されているツイザーを使うとやりやすくなります。

    眉毛をカットする訳では無く、抜いてしまうという方法なので、金輪際生えてこなくても構わない眉毛をピンポイントで抜くようにしないと失敗した時に次に眉毛が生えてくるまで、誤魔化さないと行けない点に注意は必要ですが、一旦綺麗に眉毛が太くなっている部分を抜いてしまえば、後のお手入れはほとんど必要無くなるというメリットがあります。

    反面、毛を抜くという行為はお肌のダメージに繋がるという事も頭に入れておく必要があるので、特に女性は注意が必要です。眉毛を抜く時に片方の手でしっかり地肌を固定して皮膚が伸びてしまわないように注意したり、お風呂の後のように毛穴が開いた時に抜くなどして、肌のダメージを最小限に抑えるようにしましょう。

-AD-
  • 専門のクリニックで永久脱毛する

  • 専門のクリニックで永久脱毛する
  • どうしても自分で眉毛を細くするのは失敗しそうで不安だという人にピッタリなのが、専門のクリニックや脱毛サロンなどで永久脱毛してもらうという方法です。

    この方法であれば、クリニックの先生などと相談しながら眉毛の太さや形などを決める事が出来るので、失敗の可能性が低く、毎日のお手入れもほとんど不要です。しかし、その反面永久脱毛という手段でクリニックなどに行って永久脱毛するという方法はやはりそれ相応のお金も掛かりますし、術後の多少のメンテナンスは必要になります。

    とはいえ、毎日のように眉毛と格闘するのが面倒という人や仕事などで忙しいという人にはピッタリの方法です。

    ただし、眉毛のみの脱毛を請け負うサロンというのは意外と少なく、安全性が担保されているサロンを探し出すのは容易ではありません。このようなメリットとデメリットを天秤にかけて、信頼に足る脱毛サロンが見つかったのなら脱毛をお願いしてみるのも良いでしょう。

関連する記事


キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事