口内炎の予防と自分でもできる治療方法とは?

口内炎の予防と自分でもできる治療方法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

316

いつの間にか口の中にできてしまう口内炎。ほんの小さなものでも、食べるときに激しい痛みや違和感を感じるので、気分まで憂鬱になってしまいます。自分でできる予防法と治療方法で乗り切りましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • どうして口内炎ができてしまうのか
  • こんな時は迷わず病院へ
  • 口内炎は体調のバロメーター
  • 口内炎ができてしまったら
  • 健康的な毎日を送るのが基本です
  • どうして口内炎ができてしまうのか

  • どうして口内炎ができてしまうのか
  • 間違って口の中を噛んでしまった時や、魚の骨など尖ったものが刺さってしまったときに後から口内炎になってしまうということが良くあります。しかし、毎回できるという訳でもなく、何もなくてもいきなり口内炎を発症してしまうこともあり、その原因が何なのか分からないという場合もが多いのではないでしょうか。

    口内炎の原因は口腔内の細菌が粘膜や傷に付着してできるものがほとんどですが、口腔内の細菌というのはどんなに歯磨きをしていたとしても口の中には常駐しています。それでも口内炎に発展してしまうのは、体の抵抗力が大きく関係しているのです。
  • ストレスや疲労を大きく抱えると、体には色々な不調が出てくるものですが、その一つが口内炎です。普段なら口腔内の細菌に負けない抵抗力を持っているはずが、何らかの理由により細菌が原因となって歯茎や舌に炎症を起こしてしまいます。実はまだはっきりとした原因が分かっていない疾患で、なりやすい人とそうでない人がいるのも事実です。

    他にも、虫歯や歯の治療、矯正器具、入れ歯などが影響して口内炎ができることもあります。稀に、ウイルス性のものやカビ菌が原因のもの、金属などのアレルギー症状から来るものなど、注意が必要な種類であることもあるので注意しましょう。他の部分にも不調が出た、治療をしても長期間治らないなど、いつもと違う症状を感じたら速やかに医師の診断を仰ぐようにしてください。
  • こんな時は迷わず病院へ

  • こんな時は迷わず病院へ
  • 普通口内炎は特別な治療をしなくても2週間ほどで完治するものです。しかし、2週間以上たっても治らない、複数できてしまい食事が困難で衰弱している、発熱しているなどの症状を併発している場合は病院へ行きましょう。

    この場合、口腔外科、歯科、耳鼻咽喉科が適していますが、皮膚科や内科でも診てもらえます。痛みがひどいなど、すぐに何とかしてほしいという場合はレーザー治療がおすすめです。治療費もそれほど高額ではなく、短時間で痛みが軽減するので、食事や歯磨きが楽になります。

    ただし、どこの病院でもレーザーがあるわけではないので、電話で問い合わせをしてから行くようにすると間違いがありません。歯科治療のついでに行ってくれる歯医者さんもあるので、聞いてみると手間が省けます。
  • たかが口内炎と侮っていると、とんでもない病気が潜んでいる場合がありますので、少しでも心当たりがある場合は病院へ行くことが大事です。口内炎は深刻な病気のサインとして現れることが多く、ガンやエイズ、糖尿病などの生活習慣病でも初期段階で発症します。

    口内炎は体の抵抗力や体力が落ちている時にできるものです。放っておいても治ると思っていたものがなかなか治らないのは、どこかに大きな病気が潜んでいるからかもしれません。特に、複数できてしまい唇や口の周りにも広がっている、熱が出てだるい、2週間以上治らない場合はきちんと検査をしてもらうようにしましょう。
  • 口内炎は体調のバロメーター

  • 口内炎は体調のバロメーター
  • 大きな病気が原因でない場合の口内炎は、体のちょっとした疲れやストレスが原因です。時がたてば治るものですが、その痛みは耐え難く、食事の度に不快なので、できてしまう前に予防するのが得策です。

    口内炎の予防で大事なのは、口腔内を清潔に保つことです。炎症の原因はどんな場合でも細菌がもとになっているので、できるだけ細菌を減らしておくことが大事になります。虫歯や治療中の歯がある場合は速やかに治し、歯磨きや口腔洗浄剤などでのうがいを忘れないようにしましょう。
  • もう一つ、口内炎の予防としてよく言われているのがビタミンB群の摂取です。ビタミンBは粘膜や皮膚を守るのに大きな働きをするビタミンで、レバーや豚肉、ウナギなどに多く含まれています。不足すると口内炎ができやすくなったり、治りにくくなったりするといわれているので、できてしまった時にも積極的に取るように心がけるとよいでしょう。

    食事の中で摂りにくい場合や、頻繁に口内炎に悩まされている場合はサプリメントを利用するのも効果的です。ビタミンBは口内炎だけでなく、ニキビの予防やダイエットなどにも有効だといわれていますので、女性に嬉しい栄養素になります。

    せっかくビタミンを摂取しても、それが有効に体に働きかけなければ意味がありません。飲酒や喫煙は体内のビタミンを大量に奪ってしまいますので、控えた方がベター。疲労をためない、睡眠をしっかしとる、など生活習慣を見直して健康的に過ごすことも大事です。
  • 口内炎ができてしまったら

  • 口内炎ができてしまったら
  • きちんと予防をしても口内炎ができてしまった場合は、少しでも痛みを早くとるために自分でできる治療法を試してみましょう。まずは市販の薬を使ってみるのが一番簡単で効果的です。何もしないよりもはるかに治りが早いので、できやすい人は常備しておくと安心です。

    薬の種類には軟膏タイプ、シールタイプなどがあります。軟膏タイプは炎症部分を覆ってダイレクトに患部に有効成分が浸透していきます。使用後はしばらく食事ができないため、就寝前などに塗っておくと翌朝だいぶ楽になっているのを感じられるはずです。

    シールタイプは、濡れることで皮膚に密着し、炎症部分をカバーするので、痛みが激しい口内炎に使用すると痛みが軽減します。シールのように患部を保護してくれるので、普通ならば染みるような食事をとっても痛みを感じずに済み、歯に当たる部分にもおすすめです。
  • 口内炎は男性よりも女性に多くできるといわれています。女性は妊娠することでも免疫力が下がり口内炎が多発することもあるのですが、そういった場合、上にあげたような薬は使うことができません。どうしても痛い場合は歯科でレーザー治療を受けることができるので相談してみましょう。

    また、はちみつなどを塗るという民間療法的なケアでも直りを早くさせることが期待できます。はちみつには殺菌効果などがあり、個人差はありますが、市販の薬よりも早く治ったという場合もあります。家に薬がなく、どうしても痛みが気になるときに試してみるとよいでしょう。
  • 健康的な毎日を送るのが基本です

  • 健康的な毎日を送るのが基本です
  • 口の中に感じる違和感から、そろそろ口内炎になりそうだなと感じることほど残念なことはありません。毎月のように現れる口内炎に辟易してしまうという体質を疎ましく思うこともあるかもしれません。しかし、こうした症状は体が体調の変化や日ごろの不摂生を伝えるサインとして出てきていると考えると、自分の生活習慣を見直すきっかけになります。

    口内炎を予防しようと心がけることは、健康的で規則正しい生活習慣を手に入れること、食生活を改善しないとできないことです。ほんの小さな炎症が口の中にできるだけで、私たちは食事も満足にできず、一日中不快な思いをしなければいけなくなります。それでも生活習慣病や、そのほかの深刻な病気に比べればまだまだ軽いものです。
  • 口内炎がきっかけで、大病が見つかり、適切な治療を行うことで健康を取り戻すということが少なからずあります。また、予防のために行っていた習慣がそのほかの病気を同時に予防したり改善させたということも大いに考えられます。

    特に口内炎ができやすい人というのは、少しぐらい治りが遅くても気にしないなど楽観視してしまう傾向になりがちです。二つ、三つとできて、一カ月たっても治らないのに我慢し続けるということがないように、適切な治療と生活習慣へのアドバイスをきちんと受け取るようにしましょう。万が一、大きな病気が隠れていた場合に、早急に原因解明ができる体のサインが口内炎なのです。
口内炎の予防と自分でもできる治療方法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事