口内炎って歯茎にもできる!?その原因と対策ってなに?

口内炎って歯茎にもできる!?その原因と対策ってなに?

Thumb?1414295452 muah♪さん

475

口内に炎症がある状態を口内炎と言います。口内炎は歯茎にもできる病気です。体が疲れていて免疫力が低下している場合に症状が出やすく、口内が不清潔な状態でも罹患します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 口内炎は歯茎にもできる!
  • アフタ性口内炎の特徴と対処法は?
  • ウイルス性口内炎の特徴と対処法は?
  • 口内炎ではない場合もある?
  • 口内炎を早く治すためのポイントは?
  • 口内炎は歯茎にもできる!

  • 口内炎は歯茎にもできる!
  • 口内炎は頰や口唇だけでなく、歯茎にもできることがあります。歯茎にできやすい口内炎としては、アフタ性口内炎とウイルス性口内炎があります。

    見分け方としては、円形や楕円形で中央がくぼんでいる白いものの場合にはアフタ性、水ぶくれのような口内炎が口内に多発している場合にはウイルス性である可能性が高いです。

    口内炎ができてしまう原因は、ビタミン不足や疲労、ストレス、過度なブラッシングなどによって口内に異常が生じることによって起こります。口内に異常が生じると、血液中のプラスミノーゲンというタンパク質がプラスミンという物質に変化し、そのプラスミンという物質が炎症を引き起こる成分や痛みを引き起こす成分を生じさせ、血管を膨張させます。

    このような炎症が起こり、血管からこの物質が漏れやすくなるとむくみや痛みが生じ、粘膜の表面がただれたり、ただれた箇所がえぐれたりすることによって口内炎ができてしまいます。
  • そもそも口内炎は口内にできる炎症の総称です。頰の内側や口唇にできる口内炎と同じように、歯茎に発生する口内炎も細菌やウイルスが原因となって生じることもあります。口内炎の発生を防ぐためには、食後の歯磨きをしっかりと行うなど、口の中を清潔な状態に保つことが大切です。

    体の免疫力が下がっている時に発症しやすいので、十分な休息をとり、バランスの良い食事を心がけることが、結果として口内炎の予防に繋がります。
  • アフタ性口内炎の特徴と対処法は?

  • アフタ性口内炎の特徴と対処法は?
  • アフタ性口内炎は、一般的な口内炎の一種です。アフタというのは、皮膚粘膜表面が灰色から黄白色に変色した膜に覆われ、5mmから6mm以下の大きさの腫瘍を意味しています。それ以上に大きく、深い症状が出ている場合には腫瘍と呼ばれるので、思っている以上に重症です。

    腫瘍となってしまうと痕が残りやすく、アフタの場合には痕が残らないことが特徴です。アフタ性のものは、疲労や免疫力の低下が原因として考えられます。そのため、体の免疫力を高め、バランスの良い食事を心がけることが予防に繋がります。

    通常、アフタ性のものは10日〜2週間ほどで自然に消滅するので、痕も残りにくいです。症状としては焼け付くような痛みを一時的に感じることがあり、徐々に痛みが引いていくようになります。
  • アフタ性口内炎の対象法としては、痛みを和らげる対症療法が中心と言えます。

    口内を清潔にすることが大切となるため、クロルヘキシジンのうがい薬を医師から処方される場合も多いです。対処のためには、口腔内を清潔にして細菌が繁殖しないような環境を作り出すことが大切です。

    また、口の中の粘膜を弱らせず、傷つけたりしないことが必要です。そのため、気になっても、患部を舌でいじったり、触ったりしないようにすると良いです。触ると症状が悪化する可能性もあるので、十分な注意が必要と言えるでしょう。体の免疫力をあげることと口腔内を清潔に保つことがポイントです。
  • ウイルス性口内炎の特徴と対処法は?

  • ウイルス性口内炎の特徴と対処法は?
  • 口内炎には、ウイルスの感染によって発症するものもあります。ヘルペスやカンジダ、梅毒、淋病、クラミジアなどの性行為の感染症などがあります。

    ウイルス性のものは、口の粘膜に水泡ができ、破れ、かさぶたを作ります。ウイルス性の口内炎の場合には、原因となっているウイルスを特定する必要がありますので、医師による診断が必要です。

    ウイルス性のものの中でも、ヘルペスは乳幼児がかかりやすく、強い痛みがあり、赤く腫れることがあります。歯茎以外にも、舌や唇などにもできます。感染した場合、潜伏期間を経て発疹や発熱、高熱、リンパの腫れなどの症状がでるという特徴があります。
  • カンジダ性口内炎の場合には、口の中にカンジダというカビが過剰に増殖することで発症します。粘膜状に白い膜ができるのを偽膜性カンジダ症と言い、粘膜の表面が赤くなる「萎縮性カンジダ症」、慢性化し、粘膜の表面が厚くなる「肥厚性カンジダ症」があります。真菌であるカンジダ菌の増殖を抑える必要があることから、病院での治療が必要となります。

    病院での治療では、抗真菌剤が処方されることがほとんどです。家でできる対処法は、口の中が乾燥しないようにこまめに水分補給をするとともに、栄養バランスに気を配って食事を行い、口内を健やかな状態に保つことです。

    口の中が乾燥していると口内の粘膜が傷つきやすくなり、口内環境が悪化した結果、口内炎となることが多いため注意が必要です。
  • 口内炎ではない場合もある?

  • 口内炎ではない場合もある?
  • 歯茎に口内炎ができたからと言って、それがアフタ性のものかウイルス性のものとは限りません。他にも、歯茎の部分におできのようなものができる症状の内歯瘻(フィステル)という可能性があります。

    フィステルは膿を排出するための穴であるため、何度も同じ部位におできのような赤い斑が現れます。体調不良の際にできやすい傾向があり、フィステルの周りの歯茎を指で押すと白っぽい膿が出る場合があります。

    歯の先端に膿が溜まっている状態であるため、原因となる患歯を治療しなければ治ることはありません。この膿は歯を支えている骨を溶かしてしまう可能性があるため、早期の治療が必要です。
  • フィステル自体はあまり痛みがないことが特徴です。フィステルは、感染根治療、歯根端切除、抜歯などの治療が必要になることから、歯科医での治療が対象法となります。

    歯科医を早めに受診することがフィステルを防ぐために最も有効な手段となります。定期的に歯科健診を受けるなどすると、効果的に予防することができます。

    フィステルは痛みがないことが多く、腫れもない場合が多いのでそのままにされてしまいがちな症状ですが、体の一部から膿が出ている状態であるので、早期の治療が必要であることをしっかりと理解しておくことが大切です。早期に歯科医を受診することが最も有効な治療であり、歯を残すことができる対処法です。
  • 口内炎を早く治すためのポイントは?

  • 口内炎を早く治すためのポイントは?
  • 口内炎は口の中にできてしまうと食事がしにくくなったり、液体のものや酸っぱいものがしみることが多いので、日常生活にも支障をきたします。気になってついつい触ってしまうことも多く、なかなか治らないため、悩まされている方も多いです。

    基本となる対処は、口内炎の原因は体の免疫機能が低下していることなので、十分な睡眠をとり、バランスの良い食事を心がけるようにするということです。ビタミン剤を飲んだりすることも効果的と言えます。

    さらに、うがい薬やマウスウォッシュなどを使用し、口内を清潔にすることを心がけると良いでしょう。また、歯ブラシで直接患部をブラッシングはしないようにすることが大切です。
  • 素早く直すための方法としては、市販薬で対応するようにすると良いでしょう。痛みがひどい場合には特に有効です。様々な種類のものがありますが、痛みを和らげたい場合には、患部の炎症を鎮めてくれる直接塗るタイプの薬が良いです。

    また、触れると痛いような、外からの刺激に対して敏感なものについては、直接薬剤を貼るタイプの薬が良いです。患部をしっかりとカバーしてくれるので、食事の際にも痛まずに済みます。

    痛みがひどい場合やウイルス性の可能性がある場合には、できるだけ早く医師の診察を受けることが必要です。歯医者でレーザー治療を行うことができれば、最も早く治療を完了させることができます。
口内炎って歯茎にもできる!?その原因と対策ってなに?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事