こめかみが痛いのは風邪の影響かも

こめかみが痛いのは風邪の影響かも

muah♪さん

18,991

こめかみは耳の上と目尻の間にあり、物を噛む時に動きます。
この部分に風邪の菌が入ってしまうことで、こめかみが痛む症状が現れることがあります。また、酷い場合だとこめかみが腫れてしまうこともあるので、症状を緩和させるための対策をご紹介します。

この記事は参考になりましたか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR

  • 目次

  • ・こめかみに痛みが出る原因とは
  • ・体内に入った菌を撃退するには?
  • ・水分補給と栄養補給を徹底しましょう
  • 風邪の症状が出て、こめかみが痛いというのであればまずは水分補給をしっかりと行いましょう。
    こめかみの他、目の奥が脈打つように痛いという偏頭痛であれば、吐き気などを伴うことも多いので特に水分補給が重要です。

    風邪の時には風邪薬を服用する人も多いかもしれません。
    それにプラスして頭痛薬や鎮静剤などを飲むと成分が被り、過剰投与になってしまう危険性もあるので飲み合わせには注意が必要です。
  • 体内に入った菌を撃退するには?

  • 体内に入った菌を撃退するには?
  • こめかみが痛いという時には、菌を退治するのが治療になります。菌を減らすためには栄養補給が大切です。

    食材としては自分が食べやすいもので構いませんが、たんぱく質、ビタミン類を積極的に摂るようにすると効果的です。
    アイスやプリンなどすぐに食べられるものを用意して、簡単に栄養補給できるようにしても良いでしょう。
    一度に食べきれない場合には小分けにして、一日何食かに分けて食べるようにしましょう。

  • 発熱時の頭痛は血管が膨張することで周辺の神経を圧迫してしまい痛みが出ます。発熱時には氷などを使って冷やすようにしましょう。

    発熱がなく、病気のストレスに伴う自律神経の乱れが原因の頭痛に対しては、血流を良くするために首や肩をマッサージしたり、頭が痛い部分を温めるようにします。

    熱がなければお風呂に入って温まるのも良いですが、湯上りに冷えて症状を悪化させないよう注意が必要です。

-AD-
  • 水分補給と栄養補給を徹底しましょう

  • 水分補給と栄養補給を徹底しましょう
  • こめかみが痛い場合は、まずは水分補給と栄養補給を徹底して行うようにしましょう。

    痛みの原因は侵入したウィルスや菌である可能性が高いので、これらを撃退すれば症状が緩和します。

    ただし、自己判断は危険なこともあるため、出来るだけ医療機関を受診して医師の判断に従って治療方針を決めていくのが安全です。

関連する記事


キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

関連記事関連記事

PR
-

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事