漢方を利用したアトピー性皮膚炎の治療について詳しく知ろう!

漢方を利用したアトピー性皮膚炎の治療について詳しく知ろう!

Thumb?1414295452 muah♪さん

63

かゆみや皮膚の赤みなど、アトピー性皮膚炎は様々な問題を起こします。この病気に悩まされる人は多く、ひどい人になると外に出るのも嫌だと感じることもあります。そんな症状を改善するため、今漢方が注目を集めています。

  • アトピーの原因と症状を漢方から紐解く

  • アトピーの原因と症状を漢方から紐解く
  • アトピーになる要因として考えられることは、体質的要因と環境的要因の二つに大別されます。

    体質的要因としてはアトピー素因や皮膚を守る機能の低下が挙げられます。

    生まれ持っての体質としてアトピー素因があれば、皮膚炎という形で顕在化するのはある意味ではしょうがないとも言えます。
    素因を持っている人にとって、そうでない人はとても羨ましく思えます。

    なぜ自分が、というネガティブな感情を持つ人も多いです。しかし、持って生まれてしまったものはしょうがないと割り切ることも必要です。特徴の1つと捉え、ある種開き直って、積極的に改善に取り組む努力が重要です。

    皮膚を守る機能が低下していることに関しては、体の中から改善の余地が考えられます。

    体内環境を整えるという面では、漢方はとても優良な選択肢です。この点に注目して、アトピーの治療に漢方を取り入れるという動きが近年特に目立ってきています。

    環境的要因として考えられるのは、アレルギーの原因となるアレルゲン、衣服、顔に施す化粧の他、睡眠不足や疲労の蓄積、ストレスなどがあります。

    症状として顕著なのは、まず痒みです。
    思わず掻きむしってしまいたくなるような激しい痒みは、アトピーになった本人にしかわからないとても辛い症状です。掻いてはいけないとわかっていても、ついつい爪を立ててしまうこともありますし、寝ている間に我慢できずに掻いてしまうという問題もあります。

    痒みが原因で肌を掻いてしまうと、さらに痒みが広がり、広範囲にわたって皮膚を傷つけてしまいます。これがさらに痒みを生むという悪循環を繰り返す人がとても多いです。

    皮膚が赤みを持つなどの症状も、特に女性にとっては辛いことです。見た目でそうだと分かる事は、この病気の辛い点の1つです。肌が乾燥して赤くなっていることを、かわいそうという目で見られること自体に、アトピー体質の人は傷付いています。

    女性の場合は特に、ノーメイクで外出する事は考えにくいので、肌に悪いと知っていながら化粧をせざるをえないと言うジレンマに悩む人も多いです。漢方は特にそんな人にはおすすめの対処法です。
  • アトピーの治療に効果的な漢方の見つけ方

  • 漢方を使う上での考え方として、アトピーの症状をたちどころに治すという事はありません。
    体にやさしい漢方薬を用いて、体の中から体質を少しずつ改善していくという取組みと捉えて間違いはありません。

    西洋医学においては、症状を診て、その症状に合わせた薬を処方するところから治療が始まります。

    一方、東洋医学では、症状を引き起こしているであろう根本原因を探り、その根本に働きかけることで体質改善を促す薬である、漢方薬を処方するという方法です。病気を治すという方向は同じですが、アプローチの仕方にそれぞれ特徴があります。

    漢方薬の場合、この病気にはこの薬、という決まりがありません。症状だけではなく、その人の心身の悩み、体質、顔色、生活習慣などを総合的に判断して、処方する漢方を選ぶという治療の進め方です。

    体全体の体質改善をする方法で、自然治癒力を高め、結果として体の不調に対する改善を進めていきます。

    効果的な漢方の見つけ方とはすなわち、良き専門家に出会うところがスタートです。
    良き専門家には、症状そのものと向き合うだけでは不十分で、なぜ体調を崩しているのか、その人の生活習慣や不安に思っていることなどまで考えた上で漢方を処方するという要素が求められます。

    つまり、処方する前の問診なりカウンセリングが重要ということになります。不安そのものを解消してあげることで、少なくとも患者の心は軽くなります。

    心の不安まで取り除いた上で体質を改善していくという手法そのものが、漢方の優れた点であると言い換えることができます。
    その上で、漢方に対する深遠な知識を持っている事が良き専門家の条件となります。

    探す上では、実際に漢方の処方を受けている人の口コミなどが参考になります。インターネット等で検索をすれば、いくつか候補は挙げられるはずです。
    ただ、最終的には、自分の体を診てもらう専門家は、自分で決めなければなりません。できれば実際に話をしてみて、合う合わないを見極めるべきです。

    相性や好き嫌いもあるので、自らの目で確かめた方がベターです。
  • 症状別に適した漢方の種類やその効果

  • アトピーの症状は、似ているようで人それぞれ違うものです。

    例えば、同じ乾燥してカサカサになるという特徴を持つ症状だとしても、その中でも程度の違いや他の症状とのバランスなど、一人一人違いがあります。この点から考えると、一律にこの漢方を使えば、アトピーに効くというものではなく、個人に合わせた漢方の処方が必要です。

    皮膚の表面がジュクジュクとしているという症状を持つ患者がいたとして、適した処方をするとすれば、六君子湯、五苓散などを使う場合が多いです。

    これは、六君子湯や五苓散などの漢方を体内に摂り入れることで胃腸機能を高め、余分な水分や毒素を体外に排出することで患部のジュクジュクを防いでくれるというメカニズムによります。

    お肌が乾燥して粉を吹いたような見た目になってしまう人も多いです。このような症状を持つ人には、当帰飲子などの漢方が使われます。漢方の考え方では、肌の乾燥は肌の表面やその内側に必要な栄養が十分に行き渡っていないサインと捉えます。

    当帰飲子は血液の流れをスムーズにしてくれる機能があります。血流を良くすることで栄養素を体の隅々まで運び、栄養不足を補ってくれます。

    肌の赤みはアトピー性皮膚炎の代表的な症状ですが、漢方でアプローチをするなら、防風通聖散などが考えられます。漢方の力で肌の赤みをやさしく抑えてくれます。

    他にも、逍遙散は痒みやピリピリとした刺激を抑えてくれる働きがあり、お肌を改善する治療によく使われる漢方です。肌に刺激が加わることで悪化するという症状を抑えてくれます。

    西洋医学においてアトピーの治療によく使われるステロイドは、副作用も強い代わりに誰にでもよく効くという特徴がありますが、漢方はその逆で、一人一人体質によりその効果が違うという特徴を持ちます。専門家による正しい処方を行うことで、半ばオーダーメイドのような治療を目指すのが特徴です。

    そして、処方をした後も大事です。どのような改善がどの程度あったのかということを確認することで、その後の処方は違ってきます。患者の体調や季節までも考えた処方をしてくれる専門家がいると安心です。
  • 漢方の使用で得られるメリットやデメリット

  • 漢方を使う上で得られるメリットやデメリットにはどういったものがあるでしょう。

    まずデメリットとして挙げられることは、費用の問題です。漢方薬は、どの病院でも処方してもらえるものではありません。

    処方された漢方が保険適用外だったとすれば、費用はかさみます。ただ、費用面も含めた相談をすることができる専門家を見つけることで、この問題の大部分は解消されるはずです。

    症状の改善に効きそうな、保険の適用がある漢方を試した後で、保険適用外の漢方の使用に踏み切るのも1つの手です。

    市販の漢方を服用しても、体質によっては効果が得られないことがあります。これもデメリットと言えばデメリットですが、自分で判断せずに最初から専門家に処方してもらうことをおすすめします。

    漢方はその性質上、即効性が期待できません。これも漢方のデメリットと言えます。漢方は、特定の症状そのものを抑えるものではなく、ゆっくりと体質を改善していくという特徴を持つ治療方法です。漢方を服用し始めて、すぐに症状が改善するという人は少数派です。

    続いてメリットです。
    まず、根本的な体質改善ができるというのは大きなメリットです。漢方を服用し続けることで、免疫力や新陳代謝を高め、自然治癒力を向上させることができます。アトピーの症状を直接的に抑えると言うよりも、負けない体質に変えてくれるというアプローチです。

    症状がきつく、ステロイドを既に使用している人でも、漢方を併用することでその使用量を減らすことができます。ステロイドの副作用を極力抑え、自然治癒力を少しずつ高めながら治療に臨めます。

    漢方は血液の流れを良くし、新陳代謝を高めてくれる効果が期待できるので、体の中から皮膚の乾燥を防いでくれます。痒みの原因になる乾燥を内側から改善してくれるので、痒みのストレスを軽減してくれます。掻きむしることを抑えることにより得られる、症状の広がりを防ぐというメリットもあります。

    また、根本から体質を変えることで、アトピーに限らず病気等への免疫も強化できます。じっくりと健康な体に変化させてくれます。

    漢方は副作用が少ないというのもメリットの1つですが、まったくないわけではありません。使用されている生薬によっては、血圧の上昇や食欲不振などの副作用が出る場合があります。もし副作用が感じられた場合は速やかに服用をやめ、専門家に相談することが肝要です。

    また、副作用を防ぐために、処方された量を守ること、市販されている漢方薬と勝手に併用しないことなどが挙げられます。
  • アトピーを改善するために生活習慣を整える

  • 漢方の服用と並行して行いたいのは、生活習慣の改善です。

    まず食生活ですが、インスタント食品の多食は控えた方が良いです。一般的に栄養素が低く、無駄な油分が多くなってしまいがちだからです。間食でお菓子類をたくさん食べるのもおすすめできません。糖分過多やカロリー過多を促し、アトピー肌を助長してしまう原因になります。

    野菜には、お肌に必要な栄養素であるビタミン群が豊富に含まれています。お肌のために意識的に摂り入れたいです。野菜不足は避けるべき習慣です。

    清潔な空間で生活をすることも症状の治療には役に立ってくれます。ダニやほこりなど肌にダメージを与える要因はできるだけ排除してください。

    質の良い睡眠をたっぷり取ることも症状の改善には必須です。肌のターンオーバーは寝ている間が勝負です。ゆっくりと体を癒し、免疫力を高めるためにも睡眠はとても重要な意味を持ちます。できるだけ暗い環境で眠りにつくこと、すんなり睡眠に入れるように体を少し温めておくことなど、日常生活でできることから始めると良いです。

    適度な運動も取り入れるとベターです。少し汗ばむ程度の運動を続ければ、代謝が促されます。いらないもの体外に排出できますし、お肌に必要な栄養素を体の隅々まで届ける役割も果たしてくれます。

    ストレスもアトピーを悪化させる大きな原因の1つです。ただ、ストレス社会の現代においてストレスフリーな生活するのは不可能と言えます。うまく解消する術を身に付けることが肝要です。

    ストレス解消のための方法は人それぞれ違うので、できるだけリラックスできる方法を一つではなく、できることなら二つ以上見つけたいです。大声でおしゃべりをする、思いきり体を動かす、1人でお気に入りのDVDを鑑賞するなど自分に合ったリラックス方法を発見する努力をすると良いです。

    アトピーの治療を助け、改善していく生活習慣とは、健康的な生活を送るという基本的なものばかりです。
    バランスの良い食事を3食心がけ、暴飲暴食は避ける。質の良い睡眠をとり、適度な運動をするなど取り立てて難しい事はありません。ストレスは溜めすぎず発散するというのも健康的な生活を送る上では欠かせない要素です。漢方を服用するとともに、日々心がけたいです。
  • 漢方で体の内側からアトピーをケアする

  • 一昔前に比べても、アトピーに悩む人は増えています。

    食生活の変化やアレルゲンの増加など、様々な要因が考えられますが、正しくケアすることで、症状を軽くすることは可能です。漢方は、体の内側から働きかけることで、治療をするという方法です。免疫力や代謝を高め、少しずつ体質を改善してくれる漢方は、長期的に健康な体を作る一助になってくれます。

    症状が特に強く出ている人は、ステロイドを始めとした即効性のある薬を使う必要も出てくることがありますが、それと併用して漢方を服用することにより、強い薬を使う量を減らすこともできます。

    漢方を使用するメリットは、アトピーの治療だけにとどまりません。体の中から強く健康的な体質に変化することは、他の病気に対しても効果を発揮してくれます。漢方は、長年の蓄積で得られた多くの知識で、人間の体に優しい体質改善を促してくれます。

    漢方の力に頼るだけではなく、積極的に生活習慣を変えていく努力も必要です。睡眠不足に陥らないよう注意すること、食生活が偏らないように必要な栄養素を正しく摂ること、ストレス過多に陥らないよう、うまく解消する術を身に付けることなど、できることはたくさんあります。血流を悪化させ、煙の中にたくさんの有害物質を含むタバコも、控えた方が良いです。アトピーの対策に真剣に取り組むのであれば、できれば禁煙すること望ましいです。

    ただし、日常生活にあまり強い制限を設けるのは逆効果になる場合があります。
    例えば、ヘビースモーカーだった人がきっぱりとタバコと決別できれば良いですが、それがストレスになり症状が悪化する事は避けるべきです。一度にすべてのことをやろうとするのではなく、漢方と併せてできるところから始めると良いです。

    少しずつでも症状が改善してくれば、気持ちは軽くなり、さらに積極的に、能動的に治療に臨むことができるようになります。治療に対するストレスは減り、相乗効果でさらに改善が進むというのはよく聞く話です。治療の進行をポジティブに捉え、楽しむ位の余裕が欲しいです。

    アトピーは治らない病気ではありません。漢方の力を借りて正しく治療し、改善していきましょう。
漢方を利用したアトピー性皮膚炎の治療について詳しく知ろう!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事