『寒暖差アレルギー』って何!?原因や症状、治療薬についてご紹介!

『寒暖差アレルギー』って何!?原因や症状、治療薬についてご紹介!

Thumb?1414295452 muah♪さん

1,421

暑かったり寒かったりと気温の変化の大きい季節にくしゃみが出たり鼻水がでたり、何となく体調が悪い、風邪でもひいたのかなと感じた経験はありませんか。それは寒暖差アレルギーかもしれません。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • あまり聞きなれない言葉ですが…
  • 寒暖差アレルギーにはどんな症状がでるのでしょう
  • 何が原因で寒暖差アレルギーがおこるのでしょう
  • 症状が気になったら何科を受診すればいい?
  • 寒暖差アレルギーを緩和する治療の薬とは
  • 日常の生活で注意すべきこと
  • あまり聞きなれない言葉ですが…

  • あまり聞きなれない言葉ですが…
  • 寒暖差アレルギーとは一体どういうもの

    医学的には血管運動性鼻炎と言い、ハウスダストや花粉などアレルギーを起こす原因であるアレルゲンの認められない鼻炎を指します。

    その症状はくしゃみや鼻水であり、アレルギー性鼻炎や風邪のひきはじめかと感じるようなものです。風邪だと思っていたが熱は出ない、鼻炎だと思っても目の充血などはない、何となくだるいなど。

  • 寒暖差の影響でこのような症状を引き起こす寒暖差アレルギーですが、それには自律神経が大きく関与してきます。寒暖差の刺激でその自律神経がバランスを崩すことによる反応として症状が出現すると言われています。そのため鼻炎症状だけでなく、体がだるかったり、イライラしたりという症状も現れる場合もあります。

    自律神経という言葉はよく見聞きすると思いますが、これは循環器や呼吸器、消化器などの活動を調整するために24時間働き続けています。自律神経には体の活動や昼間の活発に働く交感神経と休息時や夜間に優位に立つ副交感神経があり、この二つがうまくバランスをとって存在しています。ストレスや不規則な生活等がそのバランスを乱すとこれが原因で様々な心身の症状が出現してきます。寒暖差アレルギーもその症状の一つです。
  • 寒暖差アレルギーにはどんな症状がでるのでしょう

  • 寒暖差アレルギーにはどんな症状がでるのでしょう
  • 寒暖差アレルギーの症状と、風邪や花粉症との違いとは

    前述のとおり、その症状はアレルギー性鼻炎や風邪に似ており、主症状は鼻水、くしゃみ、鼻づまりです。風邪の引きはじめかと思っていたが他の症状が出てこない、アレルギー性鼻炎かとも思ったが目の充血は出ていない。何が原因の症状かよくわからないなど、それこそが寒暖差アレルギーの症状です。アレルギー性鼻炎ならほとんどの場合、目の充血を伴います。風邪なら熱が出たり、喉の症状もでてくるでしょう。

    診断するためには医療機関を受診して、血液検査や皮膚テストを行いアレルゲンが出てこないか、鼻汁の検査で白血球の一種である好酸球が増加していないか等その原因を調べ判断します。

    寒暖差アレルギーとは主に寒い季節、気温4度の時に最も発症しやすいと言われています。なおかつ温度差7度以上になると身体が適応しにくいようです。例えば寒い外から温かい飲食店などに入るとしばらくたってから鼻水がスーッと流れてきたという経験やくしゃみが続いたという経験は多くの人にあるでしょう。それも症状の一つということになります。

    そういう一時的なものから日常生活の中で不快を感じるような症状が継続することもあります。悪化するということもあります。単なる温度差が原因のみならず、そこには自律神経が関与してくるからです。

  • 何が原因で寒暖差アレルギーがおこるのでしょう

  • 何が原因で寒暖差アレルギーがおこるのでしょう
  • 寒暖差アレルギーの原因とは

    これは文字通り寒暖差が原因となります。人の血管は寒いときには収縮して体温の逃がさないように働き、また暑いときは拡張して温度差に体を適応させる役割を果たしています。寒暖差が大きくなるとこの血管の伸縮が間に合わず自律神経の乱れを引き起こします。一般的に体が対応できる温度差は7度と言われており、それ以上になると自律神経が適応できず体がアンバランスな状態になります。

    特に自律神経の乱れがちな不規則な生活をしたり、ストレスをためる生活を続けている人に多いようです。また女性は男性に比べ罹患率が高いのですが、これは筋肉量に原因があると言われています。女性は男性に比べ筋肉量が一割程度少なく、体内で熱を作るのが苦手です。冷え性などというのも多くはこのことに由来しています。筋肉が多いと基礎代謝も上がり、発熱機能が上がるのです。

    症状を防ぐためには季節外れに露出の多い服を着用したり、逆に厚着をしたりすることは避けましょう。汗をかいたらこまめに着替え汗で冷えることを避け、体温を奪われるのを防ぎましょう。また自律神経の乱れを整えるためにはぬるま湯のお風呂にゆっくり入る等リラックスを心がけることが大切です。

  • 症状が気になったら何科を受診すればいい?

  • 症状が気になったら何科を受診すればいい?
  • 鼻水くらいなら内科でも薬を処方してくれるクリニックもあるでしょうが、まず症状に対する原因を調べ診断してもらうことが大切です。鼻炎症状があるのならば耳鼻科でしょう。耳鼻科の医師は症状を診るだけでも大方の診断名は付けることができます。

    より正確さを求めるなら血液検査や皮膚検査でアレルゲンが無いか検査をして、鼻汁の検査で好酸球が増えていないかを加えて調べます。このような検査はほとんど耳鼻科で行います。皮膚科や内科で実施している所もあるので事前に聞いておきましょう。

    また蕁麻疹などの皮膚症状が出ることもあり、その場合は皮膚科ということになるでしょう。症状に合った医療機関を受診すればよいのです。

    鼻水で困っていればそれを止める薬が処方され、蕁麻疹などでは痒みも強い場合が多いのでそれに対する内服薬が処方されるでしょう。

    つまり、何科を受診するかということになると、症状に合った科を受診するということになります。治療は原因を除去することはできないので対症療法が主流になります。ただ、同じような症状を年に何回も繰り返し、それが気になるなら記録をとっておき受診時に持参して医師に相談すると参考になるでしょう。症状の原因が診断されれば安心できるのではないでしょうか。
  • 寒暖差アレルギーを緩和する治療の薬とは

  • 寒暖差アレルギーを緩和する治療の薬とは
  • 寒暖差アレルギーの治療に用いるのは対症療法となります。まずほとんどの場合に使用されるのは抗ヒスタミン剤と呼ばれる薬です。医療機関で処方されるのは第1世代の抗ヒスタミン剤と呼ばれるものです。市販薬もたくさん販売されていますが、安易に使用するとトラブルも起こしかねません。市販薬を利用する場合は受診して診断名をつけてもらってからにしましょう。その上で自己判断せずに薬剤師さんに相談して使用するようにしましょう。

    耳鼻科では点鼻薬や噴霧薬を処方されることが多いでしょう。症状が強ければ一時的にステロイドを使用することもあります。ステロイド剤は特に自己判断で中止することは避けるべきです。

    抗ヒスタミン剤はアレルギーが原因の場合によく使用される薬です。では寒暖差アレルギーはアレルゲンもなくアレルギー性鼻炎とは異なるのになぜ効果があるのでしょうか。

    そもそもヒスタミンとは何かという話になりますが、これは体内にある物質で、普段は不活性化状態にあります。それが外敵や外傷など何らかの原因で活性化すると発赤、痒み、浮腫等のアレルギー反応を起こすものです。

    鼻の粘膜が敏感になっておりヒスタミンの過敏性が強まっている場合が多いからです。つまり普段は全く問題のない程度のヒスタミン分泌量上昇でも鼻の粘膜が過敏に反応してしまいます。抗ヒスタミン剤はヒスタミンの量を減らすのではなく、ヒスタミン受容体にヒスタミンが結びつくのを抑制する薬です。
  • 日常の生活で注意すべきこと

  • 日常の生活で注意すべきこと
  • まとめ


    寒暖差アレルギーにも症状の軽いものから日常生活に支障をきたすものまで様々です。気になったら先ず医療機関を受診して医師に相談しましょう。自分勝手に判断して市販薬を使用することが最も危険です。重症化して喘息になることもあるのです。

    自分でできる対策としては原因に対しての対策です。温度差が原因であるなら衣類の調整などにも気を配る必要があります。また鼻の症状はマスクを使用して鼻の粘膜を温め潤すこと、鼻に刺激を与えないことが大切です。
    また自律神経のバランスを戻すためにできることをしましょう。しっかりと睡眠をとり、栄養をとり、ストレスをためず、リラックスを心がけましょう。

    季節の変わり目の寒暖差の激しい季節には天気予報などにも注意を払い服装に注意しましょう。特にこの季節には体調を整えて、リスクをへらしておくことも大切です。
  • またかかりつけ医をもっておくことも大切です。辛い症状がでてきたら安心して受診や治療ができたら不安も軽減し、薬の力を借りることで早期の回復が期待できます。

    繰り返しになりますが、自己判断で市販薬を使用したり、治療を中断することは避けなければなりません。

    日々の生活の中でリズムを整え、規則正しい生活を送ることが予防にもつながるという事を忘れないようにしましょう。
『寒暖差アレルギー』って何!?原因や症状、治療薬についてご紹介!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事