季節の変わり目に起こりやすい寒暖差アレルギーの対処・予防法は?

季節の変わり目に起こりやすい寒暖差アレルギーの対処・予防法は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

524

1日の気温差が激しい時に起こりやすく、花粉症や風邪でもないのにアレルギー症状が出るという人は、寒暖差が原因のアレルギーを発症している可能性があります。では、寒暖差アレルギーの原因は一体何なのでしょうか。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 寒暖差アレルギーのメカニズムについて
  • 寒暖差アレルギーをチェックする方法
  • 寒暖差アレルギーを発症した際の対処方法
  • 寒暖差アレルギーの改善方法
  • 寒暖差アレルギーを予防する方法
  • 寒暖差アレルギーの予防・対処法
  • 寒暖差アレルギーのメカニズムについて

  • 寒暖差アレルギーのメカニズムについて
  • 寒暖差アレルギーの原因とは

    寒暖差アレルギーは、夏から秋など季節の変わり目や、温かい場所から急に寒い場所に移動した場合など、体が急激な寒暖差を受けることで引き起こされます。主な症状としては、鼻水・鼻づまり、くしゃみ、咳、頭痛、かゆみ、イライラ感など、人によって様々です。こうした症状が起こる原因は、自律神経の乱れにあります。

    人間の体は、暑いと汗をかいて体温を下げ、寒いと震えを起こして体を温めようとします。こうした現象は、自分の意志に関係なく働き、それをコントロールしているのが自律神経です。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つの神経のバランスを調節することで、私達の身体は正常に機能するのです。
    また、寒い時期に冷たい空気を吸い込んでも体が冷えてしまうことはありませんが、これも自律神経が血管の拡張・収縮をコントロールして、冷たい空気を体温に近い37度前後に温めて肺に取り込んでいるからです。

    しかし、あまりにも寒暖の差が激しい状況になると、自律神経に大きな負荷がかかり誤作動を起こしてしまうことがあります。それによって、体調が崩れてしまいアレルギー症状となって現れるのです。これが、寒暖差によるアレルギー症状の原因なのです。

    寒暖差によるアレルギーに対処するには、まずはアレルギーチェックをして原因が寒暖差にあるのかを明確にします。適切な対処方法で改善・予防していかないと、症状が解消されることはありません。

  • 寒暖差アレルギーをチェックする方法

  • 寒暖差アレルギーをチェックする方法
  • 寒暖差アレルギーのチェック方法

    寒暖差によるアレルギーを見極めることで、適切な対処方法で改善・予防することができます。この症状は、アレルギーという名前が付いていますが、花粉症などのように原因となるアレルゲンが存在するわけではありません。
    そのため、アレルギーの薬を飲んでも症状が改善されない可能性があります。

    寒暖差によるアレルギーと、風邪や花粉症などの他の症状を見分けるためには、いくつかの点について注目していきます。そのチェック方法は、現在起こっている症状から見極めていく方法です。

  • ①鼻水の色:透明でサラサラした鼻水が出ます。黄緑っぽく、粘り気の強い鼻水は風邪などが考えられます。

    ②目の充血度:アレルゲンがないため、目は充血しません。目に強いかゆみや充血がある場合は、花粉症の可能性があります。

    ③発熱の有無:熱が出ることはありません。発熱した場合は、風邪などが考えられます。

    ④寒暖差のある場所での体の変化:寒暖差の激しい場所でのみ、頻繁にくしゃみが出ます。また、人によっては頭痛などが出ることもあります。

    このセルフチェック方法で自分の症状が全て該当する場合は、寒暖差によるアレルギーの可能性が高いと考えられます。そのため、適切な対処方法で予防・改善していきましょう。

  • 寒暖差アレルギーを発症した際の対処方法

  • 寒暖差アレルギーを発症した際の対処方法
  • 症状が出た場合はどうすればいいの?

    寒暖差によってアレルギー症状が出た場合の改善方法は、どういったものがあるのでしょうか。このアレルギーは、花粉症のような特定のアレルゲンがないため効果的な治療薬はありません。医療機関で診断してもらうと、医師から薬を処方されることはありますが、これはくしゃみなどの症状を緩和するものであり、アレルギーの根本を対処できるものではありません。

    もし、寒暖差によってアレルギー症状が出た場合は、寒い時に上着を羽織るなどして体を温める、逆に暑い場合には薄着になって体温を下げるなど、自身で体温調節することが最も効果的な対処方法と言えます。

    体温コントロールができれば、自律神経にかかる負担も軽減されるため誤作動を起こしにくくなり、アレルギー症状も治まってきます。
    仕事など日常生活に支障をきたすような症状が出てしまった場合には、医療機関で処方された抗ヒスタミン剤(くしゃみなどのアレルギー症状を緩和する薬)を飲んで、その時々で症状を抑えるように対処しましょう。

    アレルギー症状が出てしまうと、人によっては日常生活にも影響が出てしまうこともあるため、改善方法を行わなくても良いように、体に寒暖差を与えないような予防をしていくことが大切です。

  • 寒暖差アレルギーの改善方法

  • 寒暖差アレルギーの改善方法
  • 寒暖差アレルギーの症状を改善させる方法としては、一番は寒暖差を身体に受けさせないことです。しかし、日本には四季があり季節の変わり目や、冷房と外気の温度差など、気温の差が大きくなる時期や場所が必ずあります。

    自宅であれば室温の調節などを自由にすることができますが、職場や外出先では温度を自由に変えることができません。そのため、いつでも簡単に脱ぎ着できる服装で出掛け、気温・室温に応じて体温調節して予防に心掛けましょう。

    人間は、体温が高い方が体調を崩しにくいとされています。寒暖差によるアレルギーは、男性よりも女性の方が多いとされており、これは女性の方が冷え症になりやすく、体温も低くなりがちな点も関係しています。

    そのため、日頃から体温を上げるような生活を送り予防していきましょう。特に、適度な運動を取り入れることは、基礎代謝が上がり体温も上がるため予防・改善には効果的とされています。
  • 運動で適度な筋肉を付けることで基礎代謝による熱量がアップするため、常に体温が高い状態をキープすることができます。

    これにより、寒暖差が起こっても体温変化が大きくならずに済みます。
    筋肉を付けてアレルギーを予防するためには、筋肉トレーニングが最も効果的な対処法となりますが、初めからきついトレーニングをしてしまうと、それが苦痛になってしまい続けられなくなる可能性があります。

    時間はかかりますが、自分のペースで続けるようにしましょう。

  • 寒暖差アレルギーを予防する方法

  • 寒暖差アレルギーを予防する方法
  • 寒暖差によってアレルギーが出てしまうと、特効薬となる対処方法がないため症状が緩和するまでに時間が掛かってしまう可能性があります。そのため、アレルギー症状を出さない対処方法をとって予防することが大切です。

    アレルギーを改善させる対処法として筋肉トレーニングは有効ですが、筋肉を付けることはアレルギーを予防することにもつながるため、筋肉を付けた後もそれを維持させていくことが大切です。とは言うものの、ボディビルダーのような脂肪がほとんど無い体にするのではなく、適度な脂肪も付けておくことも必要です。

    寒い場所では、脂肪があることで体温が急激に下がるのを防いでくれます。従って、適度に筋肉を付けてそれを維持していくようにしましょう。
  • 食事にも気を配ることでアレルギーを予防することができます。アレルギー予防に効果的な食べ物としては、体を温めてくれる

    ショウガやニンニク、キムチ

    などを意識して摂るようにしましょう。そして、体を冷やす食べ物(生野菜、アイスクリームなど)はなるべく避けるようにしましょう。

    お風呂では、シャワーのみで済ますのではなく、きちんと湯船に浸かって体を温め血行を促進させましょう。血流が良くなると体内の循環も良くなるため、老廃物が排出されて冷え症を改善できます。
  • 寒暖差アレルギーの予防・対処法

  • 寒暖差アレルギーの予防・対処法
  • まとめ


    寒暖差アレルギーは、花粉症などのようなアレルゲンによって引き起こされるのではなく、気温差が激しくなることで自律神経のバランスが乱れてアレルギー症状を引き起こします。そのため、このアレルギーを見極めるには

    鼻水・目の充血・発熱・寒暖差

    のある場所での体調変化に注目します。

    対処方法としては、第一に寒暖差を体に与えないことです。そのためには、上着を羽織るなどして体温を上げる、アレルギー症状が激しい時には、医師から処方された薬で症状を緩和させるようにしましょう。

    アレルギー症状が出てしまうと、日常生活にも支障をきたす可能性があるため、予防することが大切です。効果的な予防方法としては、筋トレを行って適度な筋肉を付けること、生姜や唐辛子などの体を温める効果がある食べ物を意識して摂るようにすること、シャワーで済ますのではなく、湯船にしっかりと浸かって体を温めて血行を促進させること、十分な睡眠をとる、などを実践していくことです。

    寒暖差アレルギーは、生活習慣にも大きく影響されます。不規則な生活を送っていると体内時計が崩れ、自律神経にも負担を掛けることになります。さらに、血流やリンパの流れが悪くなって冷え症にもなります。規則正しい生活に変えることによって体力や免疫力もアップしていき、アレルギーになりにくい体にすることができます。
季節の変わり目に起こりやすい寒暖差アレルギーの対処・予防法は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事