漢方でニキビを治すには!漢方薬で肌がきれいになる理由と選び方

漢方でニキビを治すには!漢方薬で肌がきれいになる理由と選び方

Thumb?1414295452 muah♪さん

182

漢方でニキビを治したい、どの漢方薬が効くのかな、とお悩みではありませんか?なかなか治らないニキビに悩んで、漢方を試したいと思っている人も多いでしょう。漢方薬は基本的にプロに選んでもらうべきものですが、自分で色々調べたいこともあるでしょう。今回は、ニキビに効くとされる漢方薬と、なぜ漢方薬がしつこいニキビにも効果が出やすいのかご説明します。

  • おさらい!ニキビはなぜできる?

  • おさらい!ニキビはなぜできる?
  • ニキビは、毛穴が詰まり、毛穴の中に皮脂や汚れが溜まることでアクネ菌が増え、炎症を起こしてしまう病気です。

    毛穴が詰まってしまっただけなら、適切なスキンケアをおこなうことで治ると言われます。

    また、炎症を起こして赤くなってしまったり、症状が進行して膿が溜まってしまった場合は、できるだけ早く皮膚科を受診することが勧められています。

    ニキビができる原因は皮脂の過剰分泌です。

    皮脂の過剰分泌はホルモンバランスの乱れによって起こります。

    思春期ニキビは、成長ホルモンの分泌が多いためバランスが崩れるためできやすく、大人ニキビは、不規則な生活や油分の多い食生活、ストレスなども影響していると言われています。
  • ニキビと漢方の相性が良い理由

  • ニキビと漢方の相性が良い理由
  • 漢方では、「肌は体の中を映す鏡」と言われます。

    内臓の不調が肌にもあらわれる、だから内側から治していくことでニキビも治ると、ということです。

    西洋医学ではニキビが皮膚の病気ですが、漢方では内臓が熱をもちその影響が肌の症状としてあらわれるとされます。

    漢方は、病気を引き起こしてしまった不調を改善し、自身の力で健康を取り戻していくことを目的にしています。

    つまり、内側から体質改善することで自己治癒力や免疫力を高め、ニキビを治すだけでなく、健康を維持しやすくなるのです。

    体質を改善することで、しつこいニキビや繰り返しできるニキビを予防

    しやすくなります。

    また、健康は美容の基本でもあります。心身が健康であれば肌荒れなどのトラブルも減り、きれいな肌を維持しやすくなります。

    漢方薬でニキビが治り、さらに体質改善されることでニキビの再発や肌トラブルが起こる可能性が減るのです。
  • 自分で漢方薬を選ぶためのニキビチェック

  • 自分で漢方薬を選ぶためのニキビチェック
  • 漢方薬を選ぶときは、プロと相談することをおすすめします。

    しかし、どんな漢方薬はあるのか知りたい人や、どんな漢方薬が合うのか自分で調べたいという人もいるでしょう。

    また、様々な事情で自分で漢方薬を選びたいケースもあると思います。

    そんな人は、まずは自分のニキビのタイプをチェックしてみましょう。

    ニキビは大きく分けて進行具合、色合いにより、白ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビの4種類あります。

    自分がどのニキビのタイプに当てはまるかチェックしてみましょう。

    なお、白ニキビ以外は皮膚科での診療が勧められています。最初から漢方薬だけに頼るのは避けましょう。

    白ニキビのチェックポイント



    □黄白色の小さなブツブツがある


    □顔のTゾーンに出やすい


    □喉や鼻が乾燥しやすい


    □咳き込みやすい


    □風邪をひきやすい



    ニキビの初期症状であり、毛穴に皮脂が詰まってしまった状態です。

    漢方では、肌に「肺熱」がこもりやすい状態とされ、呼吸器系があまり強くない人に出やすいとされます。

    白ニキビには、余分な熱を散らす

    「清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)」「涼解楽(りょうかいらく)」「五涼華(ごりょうか)」

    などから適切なものを選ぶと効果的です。

    赤ニキビのチェックポイント



    □赤いブツブツができる(炎症している)


    □頬や口、鼻周りにできやすい


    □生理の前後にでやすい


    □食欲旺盛


    □お肉、脂っぽいもの、辛いもの、甘いものが好き


    □イライラしやすい・怒りっぽい


    □口が渇く


    □目が充血する


    □便秘



    炎症を起こして赤くなってしまったニキビです。

    漢方では、体の熱が血にも移ってしまった「血熱」という状態とされます。

    赤ニキビには、血熱を冷ます

    「涼血清営顆粒(りょうけっせいえいかりゅう)」「五涼華(ごりょうか)」「清営顆粒(せいえいかりゅう)」

    などから適切なものを選ぶと効果的です。

    黄ニキビのチェックポイント



    □ニキビが化膿してはれている


    □顔のUゾーンにできやすい


    □脂っぽいもの、甘い飲み物が好き


    □皮脂が多い


    □ニキビ跡が残りやすい


    □イライラしやすい・怒りっぽい


    □のぼせる・顔がほてる


    □暑がり・暑いのが苦手


    □喉が渇きやすい


    □便秘



    ニキビが膿んでしまい、大きくはれてしまうので、ニキビ跡も残りやすいです。

    漢方では、体に熱を溜め込みがちな人にできやすいと言われ、「湿熱毒」を取る必要があるとされます。

    黄ニキビには、

    「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」「五涼華(ごりょうか)」「瀉火利湿顆粒(しゃかりしつかりゅう)」

    などから適切なものを選ぶと効果的です。

    紫ニキビのチェックポイント



    □紫、濃い赤い色をしていて硬いしこりがある


    □歯茎や唇の色が悪い


    □肩こり、頭痛がよくおきる


    □胃もたれがある


    □たんがからみやすい


    □お腹にガスがたまりやすい


    □太りやすい


    □婦人病を患っているとなりやすい


    □生理痛、経血がレバー状になることがある


    □太りやすい



    紫ニキビは、毛穴の中で膿と血が混ざってしまい、周囲の肌にも炎症が広がってしまった状態です。

    重症化してしまっており、切開して膿と血を排出しなければいけない場合もあります。

    漢方では、血や水分など体のめぐりが悪く熱がこもり、老廃物がたまりやすい正体とされます。
    また、婦人系の病気にかかりやすいとされます。

    紫ニキビには、血の巡りをよくする漢方薬と、余分なものを排出する漢方薬を併用します。

    「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」「星火温胆湯(せいかうんたんとう)」「五涼華(ごりょうか)」

    などから適切なものを選ぶと効果的です。
  • 漢方薬はプロに選んでもらうべき!

  • 漢方薬はプロに選んでもらうべき!
  • ニキビに効く、肌を整えてきれいを目指せる漢方薬はたくさんあります。

    ですが、自分に合うものを選ばないと良い効果は得られません。
    初めて漢方薬を試したいという方は、プロに相談することをおすすめします。

    漢方は、西洋医学とは異なる、独自の診断基準があります。

    まず、いま出ている症状、その人の体質や体力、生活習慣、メンタル面なども含めた、一人ひとりの「証(しょう)」を導き出します。

    「証」は四診(ししん)、陰陽(いんよう)、虚実(きょじつ)、表裏(ひょうり)、寒熱(かんねつ)、気血水(きけつすい)といった独自の方法で導き出します。

    漢方では、「証」により適切な漢方薬を決め、体質上のアドバイスをおこないます。

    つまり、「証」を判断できる専門知識がないと、的確な漢方薬を選べないのです。

    最近では、ニキビに良い漢方薬、ダイエットに良い漢方薬などが身近なドラッグストアでも売られています。

    しかし、

    本来漢方は、対面でさまざまな情報を得て「証」を決め、漢方薬を選ぶ

    ものです。

    「ニキビ」という同じ症状でも、体質の違いによって適切な漢方薬が異なる

    ことが多いです。

    ですから、

    漢方クリニックや漢方薬局で相談して漢方薬を選んでもらう

    ことをおすすめします。

    ニキビに悩み、漢方を試したいと思っている方の多くは、市販薬や皮膚科クリニックでの治療の結果が良くなかった方が多いと思います。

    さらに自己判断で自分に合わない漢方薬を使って、ニキビが長引くのは避けたいはずです。

    西洋医学と漢方の知識を併せ持つ漢方クリニックの医師に診てもらったり、肌の悩みや女性に多い悩みに強みを持つ漢方薬局などで相談してみましょう。

    ニキビ以外の不調や悩みの相談もすれば、それに合わせた漢方を選んでくれます。

    なかなか直接は出向けないという方は、電話やインターネットで相談を受け付けている漢方薬局もありますので、調べてみてください。

    料金が不安という場合は、電話などで問い合わせをしてみましょう。ホームページなどで料金表を公開しているところもあります。

    ニキビを早く治すための「養生(ようじょう)」



    漢方には、「養生(ようじょう)」という考え方があります。

    養生とは、簡単に言うと、普段の生活を見直し、心身ともに健やかでいるための心がけのようなものです。

    暴飲暴食、不規則な生活リズム、寝不足、運動不足、ストレスなど、現代では心身を疲弊させ病気になりやすい状態、病気が治りにくい状況におかれている人がほとんどです。

    仕事や人間関係など、問題を解決することが難しいことで悩んでいる人も多いと思います。

    ニキビを早く治すには、正しい洗顔やスキンケア、栄養バランスの整った食事、十分な睡眠時間の確保、ストレス発散など、いわゆる「健康的な生活」をおくる必要があります。

    しかし、時間やお金にゆとりがなければ継続が難しいのが実情ではないでしょうか。

    そんな悩みも、プロに相談すれば、その人のできる範囲でさまざまなアドバイスをもらうことができます。

    適切な漢方を選んでもらうためにも、伝えたいことや現状を積極的に伝えるようにしましょう。
  • まとめ

  • ニキビは一度できてしまうとなかなか治らず、毎日を憂鬱に過ごすことになってしまいます。

    市販薬を使ったり、皮膚科に行ってもなかなか良くならなかったり、しばらくするとぶり返してしまうこともあります。

    繰り返しになりますが、これ以上ニキビで悩まないためにも、漢方薬はプロに相談して選んでもらうことをおすすめします。
    漢方とは?自分にピッタリな漢方薬の選び方と基礎知識
漢方でニキビを治すには!漢方薬で肌がきれいになる理由と選び方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事