意外と鍛えることが難しい表情筋を意識して使うことの効果とは?

意外と鍛えることが難しい表情筋を意識して使うことの効果とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

56

ヒトの顔にはたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉が存在します。この筋肉は頬や口を動かしますが、腕や足の筋肉に比べ日常の動きではなかなか鍛えるのが難しく年齢とともに衰えやすい筋肉です。

  • 表情筋トレーニングによる効果

  • 表情筋トレーニングによる効果
  • ヒトの顔は骨の上に表情筋などの筋肉がありますが、これらの筋肉は骨についているのではなく皮膚についています。

    つまり、顔の皮膚は表情筋によって顔に繋ぎとめられているのです。

    この表情筋は四肢の筋肉に比べ可動域が少なく血流量も多くないので、鍛えるのが大変難しい筋肉でもあります。この筋肉が鍛えられずに衰えると顔の皮膚をつなぎとめるものが弱くなるのですから顔のたるみの原因になります。顔のたるみやほうれい線を気にするのなら、コラーゲンを補給するよりも先に鍛える必要があります。

    また、口や唇を動かす筋肉ですのでパッと見たときの表情や滑舌、発語に関連しています。演劇や歌を歌う方には重要な筋肉ではありますが、表情筋はなかなか鍛えられる筋肉ではないので日頃からのトレーニングを要します。

    一度鍛えれば表情や発語がハッキリとし、他の人に与える印象がガラッと変わることでしょう。輪郭もすっきりとするため、より魅力的な印象を与えることが出来ます。

    しかし、表情筋は前述の通り年齢とともに衰えやすく、日常的なトレーニングを要します。そのため、これらの表情筋のトレーニングによる効果は日々の努力の上でしか成り立たず、また維持も難しいのです。
  • 総合的に表情筋を鍛える方法

  • 日常の動きの中ではなかなか鍛えることが難しい表情筋ですが、効果的に表情筋を鍛えるトレーニング方法が幾つかあります。

    まずは器具を使わない体操のようなものを紹介します。目を強く瞑って、小鼻に力を入れ、口をギュっとすぼめてからそれを5秒間維持します。5秒間待ったら今度は目を思いっきり開き、口も思いっきり開きます。この状態で再び5秒を維持してください。

    このギュっと閉じてパッと開く一連の動作をに加え、大げさに口を「あ、い、う、え、お」の形にするというトレーニング、眉を寄せてから5秒間維持して元に戻す、といったものが道具無しで表情筋を鍛えるトレーニングとして有用です。

    動かしては5秒止める、という一連の運動は一日3セットを目安に行うと丁度いい分量です。もちろん、行っていて苦しくないことが前提となっていますので、初めて行う場合やまだ不慣れなうちは一日1セットでも構いません。はじめのうちは筋肉が疲れるような感覚があって何度もそうできないでしょう。

    一日にたくさんやることよりも、毎日継続して鍛えるほうが効果は高いのです。表情筋はもともと鍛えづらい筋肉ですので、大げさに使うくらいで初めて効果が実感できるのです。
  • 表情筋を鍛えることが出来る器具

  • 表情筋のトレーニングの効果でも期待したいのがほうれい線への効果です。

    口の周りの口輪筋を鍛えることによって肌のリフトアップを果たすことが出来、筋肉によって皮膚がつなぎとめられることによってほうれい線が浮かび上がることを防止することが出来ます。その効果を果たすためには器具を使って口輪筋などの表情筋を鍛えることも選択肢には入ります。

    フェイススリマーなどの商品名で販売されているこの系統の商品は、口でシリコン製のマウスピース様の部分を咥え、その時に露出している天秤状の二つの羽を揺らします。

    ともすればその揺れに思わず咥えていた部分を離しそうになりますが、そこをこらえて咥え続けることで口輪筋が鍛えられます。

    噛んでいる状態を維持する、というのではなく、唇で振動する器具を押さえるというのがこのトレーニング器具の肝要な部分であり、普段はなかなか行わないこの動作によって口周りの筋肉を鍛えると同時にシェイプアップ効果を発揮し、シャープなフェイスラインを獲得できるという商品です。

    もちろん、口輪筋にターゲットを絞って鍛えるトレーニングですので、目の周りの筋肉などはなかなか鍛えられませんが、狙った筋肉への効果はてきめんです。
  • 寝ながらにして鍛えるマスク

  • 表情筋を鍛えたい、と思ったときに器具を購入するとしても、口に咥えて使用するタイプではゴム製品を咥えることに抵抗のある方には使用いただけない場合があり、また人前でやるものではないにせよ見た目も不格好と言わざるを得ません。

    しかし、ほうれい線の周囲を鍛えるトレーニング器具にはマスク状のものもあります。顔の下半分を覆うような構造になっており、耳に引っ掛ける部分を始点に頬の筋肉をシリコン製のマスクが物理的に引き上げることで表情筋を動かしトレーニングの効果がある、という商品です。

    これにより口輪筋のみならず頬の筋肉など様々な表情筋群を鍛えることが出来ます。一日10分程度付けるだけでも相当に効果があり、ほうれい線に対する効果のみならずフェイスラインのシェイプアップが可能です。

    また、ただ単にこのマスクを付けるだけでなくマスク着用状態で口輪筋などの表情筋を動かす唇などの運動を行うことにより、気になる部位に重点的に負荷をかけることが可能で、より効果的なシェイプアップが実現できます。

    初めてシェイプアップ器具に触れる方でも簡単なところから始められるとあって、非常に手軽なグッズであると言えます。
  • 表情筋トレーニングにおける注意

  • 表情筋トレーニングにおいて、実は全体的に表情筋を強化すればいい、ということはなく部位ごとに鍛えたくない部分というのはどうしても存在します。

    確かに、表情筋のトレーニングはたるみなどに対しても効果的です。ほうれい線が出来ることを口輪筋のトレーニングによって防止できます。目の周りのたるみには眼輪筋のトレーニングが有効です。しかし、その反面、鍛えてしまうことによってしわが出来てしまったり、表情が曇ったように見えてしまう場合があるのです。

    それが眉を寄せる筋肉などです。
    この筋肉は意図せずにはたらいている、という人も多いことでしょうが、鍛えてしまうことによって無意識に眉が寄り、眉間にしわが出来てしまうだけでなく印象としても不機嫌そうな表情になってしまい魅力的な印象とは遠ざかってしまいます。

    表情を意識するなら口輪筋などの口周りの筋肉を鍛え、口角が自然に上がる笑顔を身に着けられればこれに優るものはありません。

    目標にあった部位の筋肉を効率的に鍛えることによって表情や発語などにプラスの効果を生み出すのです。闇雲に鍛えるのではなく、事前に知識や目的、方向性をもってトレーニングに取り組んでみることが大切です。
  • 表情筋は簡単には鍛えられない

  • 表情筋のトレーニング方法やその効果について紹介してきましたが、筋肉というものは一朝一夕で強化されるものではありません。

    スポーツ選手が1kgの筋肉を獲得するためには年単位の時間を要する、というのは有名な話です。これは、筋肉を鍛えることそのものの難しさを如実に表していますが、トレーニングしやすい大きな筋肉を鍛えるスポーツ選手でさえそれだけ苦しんでいるのです。

    普段はなかなかトレーニングする機会のない顔の筋肉を鍛えようとするのなら、とても長い時間のトレーニングを覚悟しなくてはならないでしょう。

    しかし、継続に見合っただけの効果はあります。表情や顔立ちまですっきりとさせる効果があるトレーニングですので、他の人に与える印象はグッと魅力的なものになるでしょう。

    継続するために必要なことは最初に頑張りすぎないことです。限界に達する前に止めてしまうのも一つの作戦となりうるでしょうが、とにかく無理をしないで疲れを翌日に残さない事が大切です。

    普段はなかなか意識して使わない筋肉だけに、疲れるのも非常に速いです。自分のペースでじっくりと日々表情筋を鍛えていくことが印象美人への第一歩となるのです。
意外と鍛えることが難しい表情筋を意識して使うことの効果とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事