大人気の太眉になりたい!眉毛を太くする方法とは?

大人気の太眉になりたい!眉毛を太くする方法とは?

muah♪さん

330

眉毛を太くする、はやりのふんわり眉にしたいと思っていませんか?眉毛を太くするにはどうすればよいのか、メイク方法をご紹介します!さらに、細眉の期間が長くうまく生え揃わなくなってしまった方のための対処法や、眉毛の無毛地帯が気になる方におすすめの方法もご紹介します。

この記事は参考になりましたか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ・眉毛を太くするには触らないこと
  • ・眉毛の整え方に要注意
  • ・足りないところを描き足す
  • ・眉毛を甦らせる専用アイテム
  • ・眉メイクを簡単にする方法
  • 眉毛を太くするには触らないこと

  • 眉毛を太くするには触らないこと
  • 女性が行うメイクの中でも、最も難しく、重要なパーツだといわれている眉毛、左右対称にならない、うまく描けない、整えられないなど、悩みに感じている方はとても多いようです。

    このパーツで、顔全体の印象が決まってしまうといっても過言ではなく、第一印象にも大きく関係してくるものです。

    ファッションの流行が回っているのと同じように、メイクの流行も回っているので、その時代にマッチしたメイクをしないと、野暮ったく、老けた印象を与えてしまいかねません。

    近年の眉デザインは、バブル期に見られた太めのナチュラル眉で、カラーは明るめのブラウンを使い、優しく仕上げるのがブームです。
    少し前までは細眉ブームだったので、眉毛が太くならないという悩みを抱えている方も多いですが、眉毛を太くする方法は、とにかく触らないということに限ります。

    触らずにいれば、眉毛は一か月ほどでかなり生えそろいます。今までの細眉では、まめにお手入れが必要でしたが、眉毛を太くしたいなら、とりあえず伸ばすことです。
  • 眉毛の整え方に要注意

  • ある程度生えそろってきたら、眉毛を整えていきますが、今のブームの眉毛デザインは、眉山をあまりはっきりと強調せずに、眉頭から角度を上げすぎない方が良いので、上のラインは触らないことです。

    下のラインも、ほとんど直線的に描くようになっているので、毛の長さはある程度長い方が良く、ブラシでとかした時に、眉毛のちょうど真ん中あたりが上下の毛で濃くなるようなら、その部分だけ毛の長さを少しカットしてあげましょう。

    決してやりすぎないことがコツで、眉毛の質が細目の方なら、毛をカットするのは控えたほうが無難です。やりすぎると、穴が開いたように見えてしまいます。比較的太くしっかりとした毛の方は、真ん中に集中してかたまる部分だけカットすると、美しく均等に仕上がります。
    使うのははさみとカミソリだけで、毛抜きは肌に与えるダメージも強いうえ、抜きすぎた部分からは、今後毛が生えなくなることもあるので注意が必要です。
  • 足りないところを描き足す

  • 細めの眉毛を太くする方法は、足りないところを、アイブロウアイテムを使って描き足すことです。

    少し前の細眉ブームの時には、眉頭から眉山にかけて上がり気味で、眉山から眉尻までは下がるといった形が人気だったので、アイブロウペンシルで、眉山と同じ高さになるように眉頭を描き始めましょう。

    直線的な眉毛になるよう意識しながら、眉山までつなげたら、次は下のラインを描き足しますが、下のラインも、できるだけ直線になるように眉尻と結びます。

    最後に眉山と眉尻を結び、アウトラインが描けたら、中をアイブロウパウダーで塗りつぶしていきます。
    パウダータイプなら、アウトラインの強い線もぼかせるので、自然に仕上がります。これだけでもずいぶんと太さが出るので、かなり細い眉毛の方でも簡単に美しく太眉が完成します。

    カラーは眉だけが浮かないように、明るめのブラウンや、アッシュ系のオリーブブラウンがお勧めです。ぐんとおシャレな眉に仕上がります。
  • 眉毛を甦らせる専用アイテム

  • 太めのナチュラル眉に仕上げるには、やはり毛があった方がより自然になるので、何とかして毛を生やしたいものですが、毛抜きを使って抜き続けていた方などは、なかなか思うように生えそろわないと、悩みに感じている方も多いようです。

    そんな方にお勧めなのが、眉毛専用に作られた美容液を使ってケアをする方法です。
    この美容液を毎日塗布していくと、生えてこなくなった部分もまた発毛してくるので、素顔の時にもはっきりとした顔立ちになれます。

    メイクでしっかりとした太眉が描けても、スッピンになると、眉毛がないために、驚くほど人相が悪くなってしまうという女性も多く、これは男性ウケがかなり悪いようです。

    素顔ブスといわれないようにするためにも、是非、専用のケアアイテムを使って、天然の美眉を手に入れましょう。この商品は、ネット通販でしか買えない限定コスメですが、定期購入すると割引特典も受けられ、自動的に送られてくるので便利です。

-AD-

  • 眉メイクを簡単にする方法

  • 難しい眉メイクを、少しでも楽にしたいなら、アートメイクを入れるというのもお勧めです。

    これは刺青やタトゥーとは違って、皮膚のごく浅い部分に色素を入れていく美容法なので、皮膚のターンオーバーとともに徐々に色あせていくものです。

    近年アートメイクの技術はさらに進化しており、全く毛がない部分でも生えているかのように、立体的に見せられる手法も生み出されており、スキルの高い施術者に担当してもらえば、素顔でもとても美しい眉が手に入れられます。

    アートメイクは、あくまでも素顔の時に美しく見えるというのが目的なので、メイクをしなくても済むほどはっきりと入れるのはタブーです。
    ごく薄く、短く、細めに入れておけば、時代の流行から大きくずれてしまうこともありません。

    下に整った眉メイクが入っていれば、上から描くアイブロウも簡単で、汗をかいたり、肌に触れてしまったとしても、眉毛がすっかりなくなるというアクシデントは避けられます。

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事