将来悩まないために20代から始めたいほうれい線予防対策

将来悩まないために20代から始めたいほうれい線予防対策

Thumb?1414295452 muah♪さん

167

ほうれい線なんて20代ではまだ早いと思うかもしれませんが、ほうれい線の仕組みをきちんと理解して早いうちから予防対策をとっているかどうかは将来の自分にとってとても大きな問題です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 子供の描く絵でほうれい線の怖さがわかる
  • 20代でもほうれい線ができる原因とは?
  • 食生活を見直してよく噛む食事を心がける
  • 日常的な運動不足と猫背の改善を意識する
  • 夜更かし生活習慣とスマホの使い過ぎに注意
  • 将来に備え20代からほうれい線予防対策を
  • 子供の描く絵でほうれい線の怖さがわかる

  • 子供の描く絵でほうれい線の怖さがわかる
  • ほうれい線というしわはとかく美容関係の情報ではよく取り上げられる存在です。

    小鼻の脇から口角の横に向かって斜めに伸びる左右のシワがいわゆるほうれい線と呼ばれるもので、このしわが目立つようになると顔の印象が驚くほど老けて見えてしまうというとても恐ろしいものです。

    よく幼い子供が人の顔を描くとき、ほうれい線にあたる部分に2本の線を書き入れるだけでたちまちお年寄りを描いた絵になってしまうことからもその影響力の大きさは理解できることでしょう。

    そして近年このほうれい線は中高年になってからの問題だけではなく、実際には20代の若さでもほうれい線の悩みを抱える人が増えていると言われています。

    いきなりハリのある肌にこのしわが現れるのではなく、肌のたるみや筋肉の衰えなどのさまざまな原因によって、結果的に口の脇の部分にしわができてしまうので、しわのできている部分だけに予防対策をしてしまいがちですが、解消するためにはもっと根本的な部分から様々な予防対策をとる必要があります。

    特に本来は若々しくハリと潤いにあふれた肌であるはずの20代でほうれい線が現れ始めるにはそれなりの原因があります。まずはその原因を理解し、早めに予防対策をとることが求められます。
  • 20代でもほうれい線ができる原因とは?

  • 20代なんて肌にハリも透明感もあって肌の悩みも老化予防も全く必要ないと中年以降の人からは思われがちです。

    けれども近年様々な原因によって20代の若さでもたるみやしわなどの悩みを抱える人が増えていると言われています。

    ほうれい線ができるのもその根本的な原因は様々な原因による肌の老化や筋肉の衰えです。そしてそうしたことが起こる背景には現代人の特徴的な生活があげられます。

    まず食生活がかつての日本人の食事内容とは違って食べ物をあまりよく噛まなくなったことで口周りの筋力が劣化しました。そして食事からの栄養の偏りが大きくなり、良質のたんぱく質などを食事から摂取できる量が減っていることも上げられます。

    さらに慢性的に運動不足のために体内の血流が滞ってむくみを起こしやすくなっている上、パソコン作業などのデスクワークの時間が増えたことで猫背になり、顔のたるみを生む原因を作っていることも上げられます。

    パソコンだけでなくスマホの普及も猫背の姿勢に拍車をかけているといわれています。さらに慢性的な寝不足が続く生活習慣や、まだ若いからと油断してきちんと紫外線予防対策をとらないことも、肌を乾燥させ肌が衰えやすくなる原因になります。
  • 食生活を見直してよく噛む食事を心がける

  • まずは日常生活の中で体を作る大切な存在である食生活を見直すことが大切です。肌も筋肉ももちろん内臓や骨も、体のあらゆるものは食べたものでできています。

    肌の潤いを守り肌が新しく生まれ変わるサイクルが正常に整うように、体の素となる良質のたんぱく質はしっかりと食事から摂ることが大切です。

    ファストフードや出来合いのお弁当のような食事ばかりを繰り返していると、柔らかくて噛まずに飲み込めるものばかりで顔の筋肉の衰えにつながりやすくなるし、濃い味で高脂質のものばかりを食べていれば一見すると太っているようには見えなくても内臓脂肪がたっぷりとついた不健康な体になってしまいます。

    現在注目されている発酵食品にはタンパク質などの大切な栄養素を消化しやすくしてくれる効果も期待できるものがたくさんあります。納豆や漬物などはもともと日本が誇る優れた発酵食品であり、肉ばかりでなく魚もバランスよく食べるようにすることが大切です。

    そして噛み応えのある食事を心がけ、食べるときにはたっぷりと噛む習慣をつけることであごから口元の筋力を上げる効果が期待できるので、ほうれい線を作る原因となる筋力の衰えを予防することにつながります。
  • 日常的な運動不足と猫背の改善を意識する

  • 近年スマホやパソコンの画面を長時間見続ける機会が増え、その結果若い年代でも運動不足は深刻になり、さらにスマホやパソコンを操作する際の悪い姿勢の影響で猫背が増えたことも顔の筋肉のたるみにつながると言われています。

    プライベートでスマホやパソコンを使う時には特に注意が必要で、知らず知らずのうちに猫背になっている人が多いようです。

    仕事でデスクワークが中心で猫背になりやすいという人は、一定の時間が経過したら、たとえ数分でもよいので立ち上がってストレッチをするなどの対策が効果的です。

    同じ姿勢で画面を見続ければ猫背からくる頭痛や肩こりを引き起こす心配もあります。仕事でもプライベートでも姿勢を良くすることを心がけ、なるべく歩くなど運動不足にならないように注意することは、たとえ20代の若さであっても意識して生活することがとても重要です。

    日ごろからなるべく歩くようにするなどして運動不足を解消し、正しい姿勢を心がけることで体の巡りが良くなれば、ほうれい線の原因にもなるたるみなどを解消できるだけでなく、血行不良によっておこりがちな冷えやむくみなどの悩みの解消にも効果が期待できるので一石二鳥です。
  • 夜更かし生活習慣とスマホの使い過ぎに注意

  • スマホが普及したことによっていつでもほしい情報がすぐに手に入り、SNSなどの利用も急速に広がり、スマホの小さな画面にくぎづけになっている時間が増え、生活習慣が大きく変わったという人が増えました。

    特に20代等の若い年代はスマホへの依存度も高く、悪い姿勢が固定化しやすかったり、夜遅くまで長時間使用することで寝不足の生活習慣に陥りやすいなどのリスクを抱えがちです。

    これらの生活習慣は体に様々な悪影響を及ぼし、視力の低下や筋力の衰えに加え、寝不足の不規則な生活習慣によって肌の老化を早めることにもつながっています。

    顔がけた印象になるいやなほうれい線も、筋力の衰えや悪い姿勢、肌の老化などでできやすくなることを考えれば、20代のうちからこうした習慣はきちんと改善しておくことが大切です。

    まずは自分の生活習慣が体に悪い影響を与えているという認識をしっかりと持ち、そのうえで睡眠時間をきちんととる事など、生活習慣を改善する意識を持つことが必要です。

    特に夜更かしが続いた上に目を酷使したり悪い姿勢を長時間とり続けることは、たとえすぐに自分の体に驚くほどの変化が現れることはないとしても、将来の自分にとって良いことは一つもありません。
  • 将来に備え20代からほうれい線予防対策を

  • 中年以降の年代の人にとってしみやシワなどのエイジングサインは深刻な悩みです。

    ある程度年齢を重ねれば自然に肌も体も衰えが出てくるのは仕方がないとしても、様々な原因によって現代は20代という若さでさえほうれい線の悩みが広がっているのは看過できないことです。

    できてしまったしわなどを改善するのは大変でも、できないように若い年代から様々なことを心がけることでほうれい線のできるスピードを緩やかにすることはきっとできます。

    予防対策というと何となくちょっと大げさに身構えてしまいがちですが、ほうれい線を作る原因と考えられる事柄は同時に体の健康にとっても悪い影響を与えやすいものばかりです。

    日本は世界一の長寿国となりましたが、どうせ長く生きるのならばきれいで健康的に過ごせる期間を少しでも長くする努力をしたいものです。20代という若さで自分が50代60代になったところを想像するのは簡単ではないかもしれませんが、悪い生活習慣などは確実に体の老化を早めることは確かです。

    若くきれいではつらつとした年代でも、体に悪い自分の生活習慣に気が付いてしっかりと意識して予防対策をとることは、将来の自分へのこの上ない贈り物になります。
将来悩まないために20代から始めたいほうれい線予防対策
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事