今すぐ直そう!膝(ひざ)をキレイにする為にしてはいけないこと&改善法とは?

今すぐ直そう!膝(ひざ)をキレイにする為にしてはいけないこと&改善法とは?

muah♪さん

476

膝をキレイにする為にしてはいけないことがたくさんあります。いくら膝をキレイにするためのケアをおこなってもNG行動をしていては、なかなかなおらなかったり、一度はなおってもまたすぐ汚くなってしまいます。今回は、膝をキレイにする為にしてはいけないことと、膝をキレイに見せるための3つの方法をご紹介します。

この記事は参考になりましたか?

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • ・膝への摩擦や圧力は極力避けてキレイな肌に
  • ・適度に優しく角質を取り除くのがポイント
  • ・膝も顔と同じくケアを
  • ・良い姿勢を保って膝も美しく
  • ・適度な運動で血行促進と筋力アップ
  • 膝への摩擦や圧力は極力避けてキレイな肌に

  • 膝への摩擦や圧力は極力避けてキレイな肌に
  • 乾燥や厚い角質、黒ずみのある膝は目が行きやすいため、隠してばかりの人もいるのではないでしょうか。

    こうした膝の悩みには、普段の行動が原因となっていることがあります。

    日常生活の中で、膝をキレイにする為にしてはいけないことには、膝立ちや膝歩きがあげられます。

    膝立ちや膝歩きは、膝の皮膚に体重による圧力が掛かっている状態です。そして、擦れることで更に摩擦が発生します。

    圧力や摩擦による刺激が肌に発生すると、膝の細胞を保護する為に、厚い角質やメラニン色素というバリアを作り出します。

    角質は、水分を保持する力があまりなくて乾燥しやすい上に、皮膚を硬くさせてしまいます。
    メラニン色素は色素沈着を生み出し、黒ずみに繋がってしまいます。

    こうした角質や黒ずみはターンオーバーで排出されるのですが、刺激を繰り返し受け続けると排出が追いつかず、定着してしまいます。

    素足の時は、膝立ち・膝歩きによる刺激がさらに強まるので注意が必要です。
  • 適度に優しく角質を取り除くのがポイント

  • 適度に優しく角質を取り除くのがポイント
  • 見た目が悪くなる角質や黒ずみを取ろうと、お風呂で体を洗う時に、ナイロンタオルなどを使って強く擦ってはいませんか。
    この行動も膝をキレイにする為にしてはいけないことです。

    タオルで擦ることで肌表面に出来ている角質が多少取れることはありますが、それ以上に摩擦によって肌へ大きなダメージを与える行為です。
    傷ついた肌を守る為に、より角質や黒ずみが悪化してしまいます。

    角質や黒ずみを取るには、摩擦を加えないように優しくするのが重要です。
    湯船に入って皮膚が柔らかくなってから、たっぷりの泡で擦らないように優しく洗います。これだけでも、少しずつ角質を取り除く事が出来ます。

    分厚い角質には、月1回程度スクラブで洗うのも良いでしょう。ただの泡よりも多くの角質を取り除く事が出来ます。

    その分、摩擦力が働いて肌にダメージを与えやすいので、頻繁には使用せず、洗った後には丁寧な保湿で肌を保護することを心がけましょう。
  • 膝も顔と同じくケアを

  • 膝も顔と同じくケアを
  • 顔のお手入れは欠かさずに行っていても、膝は忘れがちになっている人がいるかもしれません。こうしたケア不足が膝の角質や黒ずみの元になっているのです。

    十分に水分を保持している肌は、肌細胞同士が密着しています。そのため外から刺激を受けても、肌の内部にまで届きづらく、バリアとしての機能が十分に働きます。

    一方、乾燥している肌は、水分で満たされていた肌細胞同士の隙間が空いて締まっている状態です。

    すると、外から受けた刺激が肌の内部に届きやすくなり、重要な細胞を傷つけてしまいます。

    だから、肌を保湿して乾燥を防ぐことが、肌の健康に必要なのです。

    膝の保湿は、顔と同じ方法で行って構いません。
    化粧水で水分を与えたら、クリームや乳液で水分を逃がさないように蓋をしましょう。

    特にお風呂上がりは、肌が柔らかくなっているので、ケアをするのに適しています。

    膝は保湿ケアの他にも、顔同様に日焼け対策が必要です。膝を出す時は日焼け止めを忘れないようにしましょう。
  • 良い姿勢を保って膝も美しく

  • 良い姿勢を保って膝も美しく
  • 肌の他にも、膝の上に乗っているお肉に悩まされている人もいるのではないでしょうか。たるみのない膝にする為にしてはいけないことの中には、悪い姿勢もあります。

    姿勢が悪い人は、骨盤を中心に体の様々な場所に歪みが現れます。
    骨盤が前傾してしまうと、バランスを取る為に太ももや膝の骨の位置が歪み、膝関節が詰まってしまいます。
    すると、太ももの前側にある大腿四頭筋が常に緊張状態になり、膝と皮膚の間に隙間が出来てしまいます。

    この部分に老廃物や余分な水分が溜まって、むくみを起こしやすくなってしまいます。これが膝の上に現れるたるみとなるのです。

    そして、このまま老廃物が溜まり続けると、脂肪やセルライトもついてしまいます。
    膝をキレイにするには、意識的に良い姿勢を心がけることが大切です。

    骨盤の歪みがある場合は、骨盤を整える体操で少しずつ整えることが出来ます。整骨院や整体で歪みを直してもらっても良いでしょう。

-AD-

  • 適度な運動で血行促進と筋力アップ

  • 適度な運動で血行促進と筋力アップ
  • 膝をキレイにする為にしてはいけないことの一つである運動不足は、膝のたるみに影響を与えます。

    膝のたるみの主な原因は、大きく分けると「むくみ」と「筋力不足」の二つです。

    血行不良で老廃物や余分な水分が溜まってしまうと、むくみが生じます。

    膝の裏には老廃物が溜まりやすく、膝の上にむくみが生じやすくなっています。特にデスクワークなどで同じ姿勢のままでいる人は、下半身の血流が滞りがちで、こうした症状が現れやすくなります。

    また、あまり足を使った運動を行わなかったり、年齢を重ねたりすると足の筋力は衰えていきます。
    すると、筋肉や脂肪を支えきれなくなり、下に落ちてきてしまいます。これが膝のたるみに見えてしまうのです。

    こうした膝のたるみを解消するには、運動をするのが有効です。少し速いペースでウォーキングをすると、足全体の筋肉を鍛えられると共に、血行を促進させる効果もあります。正しい姿勢を意識して行いましょう。

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事