日焼けケアでおすすめの方法を実践して美白に導いていく

日焼けケアでおすすめの方法を実践して美白に導いていく

Thumb?1414295452 muah♪さん

62

日焼けケアは毎日継続的に行うべきであり、これは紫外線は年間を通して浴びているからです。おすすめの美白ケアは保湿であり、化粧水や美容液で潤いを与えて、乾燥に強い肌に変えていきましょう。

  • 日焼けの原因を知って肌を守る

  • 日焼けの原因を知って肌を守る
  • 日焼けをすると肌が変色してヒリヒリしますし、治りがけは皮膚がむけてきます。軽度の火傷のような状態で肌が炎症を起こしているわけです。

    昔は日焼けは健康にいいと言われていましたが、現在は皮膚がんのリスクを高めることから、日光浴もデメリットのほうが大きいと言われています。

    日焼けの原因は紫外線のダメージであり、肌が赤くなってヒリヒリとします。数日後には黒く変色しますが、これはメラニン色素の分泌が増えているためです。単発的な黒ずみと言える症状ですが、若いころから日焼けを繰り返していると、肌老化を促進するので注意が必要です。

    日焼けしている状態は肌水分が減少し、乾燥に近い状態になっています。火傷したときは肌を冷やすでしょうが、日焼けケアも同じく保湿していくケアがおすすめです。冷やすことで保湿機能を高めて、メラニン色素の分泌を抑えていきます。

    紫外線は年間を通して発生しているため、夏以外は大丈夫と安心してはいけません。毎日浴びている紫外線が蓄積して、肌をボロボロにしてしまうことは多いです。

    美白ケアの基本は保湿にあるため、季節を問わずに日焼けケアを行ってください。スキンケアの一部として考えると、毎日のケアの面倒が軽減するでしょう。
  • 日焼けケアをすることが美白を維持する秘訣

  • 子どものころは肌が白かったのに、年齢を重ねるにつれて黒ずんできたという方は多いでしょう。子ども時代の写真を見てみると、当時の肌の白さに驚かれたという方はいるはずです。黒ずみが気になる年齢になったら、その時点から日焼けケアを始めるべきです。

    紫外線を浴びても時間が経過すれば日焼け前の肌に戻りますが、紫外線のダメージは肌の深部に蓄積します。今は問題がなくても将来の黒ずみ・シミの原因になりますから、若いころから日焼けケアはしておくべきでしょう。

    おすすめの美白ケアはUVカットクリームの使用であり、メイクの最後に使用する習慣を身につけましょう。

    メイクと日焼けケアは別物と考えてしまうと、面倒に思えてしまうわけです。両者をセットと考えると精神的にかなり楽になるはずです。紫外線は季節を問わずに発生していますから、UVカットケアは年間を通して行うべきでしょう。

    肌水分が減少するとメラニン色素が活発になるため、十分に肌を保湿させてあげましょう。肌をゆっくり休ませるためにも、ゴールデンタイム中には就寝することをおすすめします。22時~翌朝2時の4時間中に肌修復が行われるため、それよりも早く眠ることをおすすめします。
  • 日焼けケアの基本は紫外線カット

  • 日焼けしないためには、毎日の生活に日焼けケアを組み込んでしまうのがおすすめです。

    スキンケアの最後にUVカットクリームを使用することは大切ですが、日傘を使用して紫外線を防ぐなどの対策も必要でしょう。さらに美白成分を摂取して、内側から日焼けを予防していくことも大切です。

    肌というのは食べ物が作るものであり、食生活がそのまま肌状態に影響してきます。

    例えばレモンやイチゴといったビタミンCが豊富な果物をよく食べている方は、肌の抗酸化力が上がるので日焼けしにくいわけです。日焼けを防ぐためには抗酸化力のある食品の摂取がおすすめです。

    ビタミンCとビタミンEは優れた抗酸化力を有しているので、ビタミンサプリで補うといいでしょう。カロチノイド全般も抗酸化力が強いので、サプリで摂取してください。マルチタイプのサプリを使えば、バランスよく栄養素を摂ることができます。

    曇天や雨天はほとんど紫外線の心配がないと思う方は多いでしょうが、曇天に関しては無視できない紫外線を放出しています。晴天時と比べれば少ない紫外線量ですが、毎日浴びることを考えると無視できません。そのため季節に関係なく、紫外線ケアはしっかりと行う必要があるわけです。
  • 日焼けしたら保湿ケアで潤いを与えよう

  • 日焼けとは肌水分が蒸発して不足した状態ですから、不足した水分を補ってあげる日焼けケアがおすすめです。

    たっぷりの化粧水と美容液を使用して、肌を甦らせましょう。普段は美容液を使用しないという方も、日焼け後はスペシャルケアとして使用するべきです。

    日焼けケア専用アイテムの使用もおすすめであり、美白によい商品は総じて日焼け対策としても適しています。ほてった肌をクールダウンして、夜は早めに眠るように心がけてください。肌のターンオーバーを正常にするためには、夜ふかしは厳禁です。
    夜ふかしが日常化すると肌が弱くなってしまい、ダメージ回復力も低下します。

    内側からのケアとしてはミネラルウォーターや水素水を飲むのがおすすめです。紫外線は肌から水分を奪ってしまうので、内側から水分を補っていく必要があります。素早く水分を補給したい場合は、スポーツドリンクを飲むのもいいでしょう。

    普段から飲んでおきたいサプリには、ビタミンCとビタミンEがあります。両者は美白ビタミンとも言われており、日頃から摂取しておくことで日焼けしにくい肌に変えることができます。日焼けしてからケアすることも大切ですが、それ以上に大切なのが日焼けを予防することです。
  • 日焼けケアの注意点を知っておく

  • 日焼けケアで注意したいのは、間違った自己流の方法を実践してしまうことでしょう。

    例えば、熱めのお風呂に入ってしまうと、肌を緊張させて肌トラブルの原因となります。日焼けした日は冷たいシャワーでほてった部位を冷ましてあげましょう。

    火傷したときは冷やすのがベストであり、これは脱毛サロンのケアを見てもわかります。光脱毛の施術後は冷却ジェルを使用して保湿をします。光脱毛を受けると肌がダメージを受けるため、何よりも冷やすことが大切です。

    日焼けしたときに絶対に避けたい行為は、再び紫外線を浴びてしまうことです。ダメージを受けた肌に再びダメージを与えるわけですから、肌にいいはずがありません。肌露出をなくす、UVカットクリームを使用してケアする、などの日焼けケアが必要でしょう。

    仕事の都合から日焼けを避けられないという方は、UVカットクリームをたっぷりと使用し、夜は早めに眠るようにしてください。メイク落としをするときはクリームを完全に落として、毛穴を開かせてください。それによって化粧水や美容液の浸透がよくなり、保湿効果がアップします。

    夜ふかしは肌バランスを崩しますから、遅くとも24時よりも早く眠る必要があります。理想は22時よりも少し前に眠るくらいがよいです。
  • 日焼けケアの美白方法のまとめ

  • 日焼けをしてからケアするのは遅いため、日焼け前から保湿を徹底しておく必要があります。日常的にUVカットクリームを使用し、紫外線をブロックしていきましょう。スキンケアの最後にクリームを使用する癖をつけることで、毎日のケアが楽になります。

    身体の内側からのケアも大切であり、ビタミンCやビタミンEなどの抗酸化成分を積極的に摂りましょう。カロチノイド全般もよいため、サプリで補うといいでしょう。体内から抗酸化力を高めておくことで、紫外線のダメージを抑えることができます。

    日焼けとは乾燥の一種であり、肌が水分を欲しています。日焼けした日は十分に肌保湿をすることが大切ですが、内側から水分を摂ることも大切です。ミネラルウォーターや水素水、スポーツドリンクなどを飲んで、欠乏した水分を補っていきましょう。

    日焼けケアは正しい方法で行ってこそ効果を発揮します。美白ケア全般は日焼けケアとしておすすめであり、メラニン色素の分泌を抑えることができます。

    メラニンが蓄積すると黒ずみの原因となりますし、肌老化を早めることになります。年齢を重ねても若々しい肌を維持するためにも、肌の内側・外側の両方から美白ケアをしていきましょう。
日焼けケアでおすすめの方法を実践して美白に導いていく
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事