男性と女性の頻尿の原因の違いと、それぞれの正しい対処方法とは

男性と女性の頻尿の原因の違いと、それぞれの正しい対処方法とは

muah♪さん

703

体が冷えている時や生理中におしっこが近くなることがあります。また、膀胱炎で近くなる事もあります。女性の場合は若くても、このように頻尿になる事がありますが、男性の場合は年齢と共に前立腺が大きくなっていき、そのせいで頻尿になる事が多いようです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 男性特有の頻尿の症状と原因
  • 男性特有の頻尿の治療・改善方法
  • 男性特有の頻尿の予防方法
  • 女性特有の頻尿の症状と原因
  • 女性特有の頻尿の治療・改善方法
  • 女性特有の頻尿の予防方法
  • 男性特有の頻尿の症状と原因

  • 男性特有の頻尿の症状と原因
  • 男性の頻尿は前立腺が年々大きくなっていくことが頻尿の主な原因です。ですから、前立腺肥大は進行性の病気で、ひどくなると、尿が全く出なくなり、導尿が必要となります。


    男性頻尿の初期のころは、頻繁にトイレにいきたくなるという程度のものだったのが、そのうちトイレに行ってもすっきり排尿できないという状態になり、外出がおっくうになり、バスや車に長時間乗るなんて無理という状態になりかねません。

    また、夜もすっきり排尿が出来ないため、何度も目が覚めてしまいます。
    それは前立腺が尿道を圧迫して、尿道が狭くなってしまっているからです。

    ですから、膀胱には尿が残ったままのため、尿意があるものの出せないという不快感が大きくなります。
    膀胱に尿がたまったままだと、細菌にも感染しやすいですし、尿の成分が石のように固まって膀胱結石になってしまいます。

    また、膀胱が縮む機能を低下させて、膀胱の機能そのものも、そして腎機能も低下していきます。男性頻尿歯このように怖いことが隠れています。

    さらなる病気を引き起こす前に、男性は頻尿になって残尿感を感じている場合は、これくらいとか思って我慢をするのは禁物で、早目に泌尿器科に行かなければなりません。
  • 男性特有の頻尿の治療・改善方法

  • 男性特有の頻尿の治療・改善方法
  • 男性の頻尿を治療する方法として、まずはお薬の投与が考えられます。

    前立腺と膀胱の緊張をゆるめ、前立腺を小さくしていくお薬です。

    それで効果が見込めず、合併症が出てきていたり、腎機能の低下が危ぶまれるときは、手術による治療となります。
    手術は開腹手術よりも現在は、尿道から行う、体に負担の少ないものへと変わってきています。

    体の状態の検査方法としては、排尿の勢い、時間、量を測定する尿流量測定、膀胱内を診る残尿測定、前立腺の形と大きさを診るエコー検査、ジェルを塗った指をお尻の穴から入れて前立腺の硬さを診る直腸診などがあります。恥ずかしがらずに正確に測定できるようにしましょう。

    初めは軽い頻尿から始まった症状でも、進行すれば体に大きな負担となりますので早目の対処が肝心です。
    自分で出来る男性頻尿の改善方法は、やはりまめにトイレに行き、尿を我慢しないことです。

    水分は適度な量を心がけ、多すぎず、少なすぎず、アルコールやコーヒー、紅茶は利尿作用があるので、よりトイレに行きたくなってしまうので控えめにし、食事は脂分を控えてバランスよく食べることです。

    このように生活習慣を見直して改善することで、頻尿がましになっていく可能性は大きいです。
  • 男性特有の頻尿の予防方法

  • 男性特有の頻尿の予防方法
  • 若いころは全くそんなことはなかったのに頻尿になってくると、男性は体の衰えを感じてがっかりされるようです。

    でも老化は誰でも起きることです。
    状態を悪くすることなく、より良い状態でいるために、定期的に受診して先生のアドバイスを聞いたり、検査をしたりしていきましょう。
    自分でも規則正しい生活を心がけ、排尿排便は我慢せず、トイレの時間をたっぷりとりましょう。


    外出時には心配ならばパッドなども利用しましょう。
    つけていることは外からは全くわかりませんので安心できます。

    汚れたらトイレで、さっと取りかえればいいのです。早くとりかえれば、においの心配もありません。

    しかし、水分の摂り過ぎには気をつけましょう。
    旅行時には、移動が心配ならトイレ付の観光バス旅行もあります。
    自家用車の場合はこまめにトイレタイムが取れるよう運転する方にお願いしておきましょう。


    電車で休みながら行く旅もいいですね。
    新幹線ならトイレがついています。頻尿であるからといろんなことをあきらめることなくいろんなことにチャレンジしていきたいですね。

    下調べをして計画をしっかりと立てて、積極的にお出かけやお仕事に取り組んでいきましょう。
  • 女性特有の頻尿の症状と原因

  • 女性特有の頻尿の症状と原因
  • 男性頻尿は加齢によって前立腺が大きくなっていくことで尿道が圧迫されてしまうことが頻尿のおもな原因でしたが、女性には前立腺はありませんから、他の理由が頻尿の原因です。

    女性頻尿の原因は、妊娠や出産、運動不足、加齢などによって骨盤底筋の働きが衰えることが主な原因です。

    ほかには排尿筋が過剰に収縮してしまう過活動膀胱、細菌による膀胱炎などが主な原因として考えられます。
    女性は骨盤底筋が弱ると、おしっこの我慢がしにくくなり、重いものを持った時や、くしゃみや咳で尿もれを起こすことがあります。


    女性の過活動膀胱の場合は残尿感あったり、急に強い尿意が起きて尿を失禁してしまうことがあります。女性は男性に比べて尿道が短いために尿漏れを起こしやすい体の構造となっています。

    女性の膀胱炎は疲れているときに特になりやすく、排尿時にしみる痛みがあるのが特徴です。

    出血を伴うこともあります。スムーズに排尿が出来ず、残尿感があるために頻尿になってしまいます。

    女性は尿漏れを起こしてしまった経験のある人は中年以降では特に多いのですが、対処の方法はたくさんありますので悩まれる必要はありません。
    まずは冷やさないことを心がけましょう。

  • 女性特有の頻尿の治療・改善方法

  • 女性特有の頻尿の治療・改善方法
  • 女性の頻尿の原因となる骨盤底筋の緩みは体操で改善することが可能です。

    立った状態でも、座った状態でもできますが、お尻に力を入れて、きゅっとお尻全体を肛門やおしっこの通り道のほうに縮める体操を毎日数回でも繰り返しましょう。骨盤底筋は鍛えることができます。


    また、立った状態で腰を動かすことも効果的です。過活動膀胱は投薬で改善されるでしょう。

    膀胱炎もお薬で治りますから、早目に受診しましょう。泌尿器科で良いのですが、婦人科でもよいでしょう。

    膀胱炎はあまり早期の場合は細菌の検出がされないこともあります。
    おかしいと思ったらもう一度行きましょう。

    女性は子宮がありますので体は冷えやすいです。冷えは万病の素ですから、シャワーだけというのではなく湯船につかってゆっくり温まり、体を芯まで温めて血行をよくしてください。

    またお酒やコーヒーなどは利尿作用があるので好きだからと摂りすぎないようにしてください。
    生活習慣を見直して適度に体操、「お尻きゅっと体操」をして、頻尿対策をしていきましょう。

    そして、おかしいと思ったら辛くなる前に早目に受診をしてください。尿漏れが気になるときには尿漏れシートもたくさん出ています。

-AD-
  • 女性特有の頻尿の予防方法

  • 女性特有の頻尿の予防方法
  • 男性にとっても女性にとっても、頻尿は落ち着かない気持ちになりますし、夜にぐっすり眠れないと、体調も気分も次第に悪くなっていきます。
    水分を摂るのを控えめにし、刺激物にも気を付け、規則正しい生活を心がけましょう。


    頻尿や尿漏れは恥ずかしい気持ちにもなってしまいますが誰にでも起きることです。
    ただエチケットとして匂いがしないようにパッドやシートを使用し、それをこまめに取り換えて過ごしていきましょう。

    防臭効果の高いものもたくさん出ていますし、給水量の高いものもあります。専用の下着とセットで使えばなおさら安心でしょう。


    せっかくのお出かけのチャンスや、やりたいお仕事をあきらめてしまうのはもったいないです。

    ただ、どんどん頻尿がひどくなるとか、尿が逆に出なくなってくるなど、おかしいなと思うことがあるならば早目の受診をしましょう。


    悩んでいたのが嘘のように案外簡単に治るかもしれません。素人にはわからないこと胃はたくさんあるものです。

    専門の医師の力を借りて、プロが開発したより良い下着を使ってますます楽しく毎日を過ごしていきましょう。
    男性も女性も頻尿などに負けず、人生を楽しんでいきましょう。
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事