肘(ひじ)をキレイにする方法を集めてみました

肘(ひじ)をキレイにする方法を集めてみました

Thumb?1414295452 muah♪さん

156

肘(ひじ)の部分を自分の目で確認する機会というのは、それほどありません。あまり見えやすい部分ではないのが主な理由です。ところが、お風呂に入るときや服を着替えるときなどに、鏡に肘が映ると黒ずんで見えることが割とあります。しかもその黒ずみ、しっかりと洗っているつもりでも簡単には落ちないもの。そんな肘を綺麗にする方法をご紹介していきます!

  • 肘が黒ずんだりカサカサになる原因とは

  • 肘が黒ずんだりカサカサになる原因とは
  • 肘が痒くてなんとなく振れてみれば、カサついて皮がめくれ上がった状態になっていることもよくあります。

    原因としては、摩擦や乾燥があげられます。

    肘は関節の部分ですので、頻繁に腕の曲げ伸ばしをすることにより、服などに皮膚が擦れます。
    これが摩擦となって皮膚を黒ずみを作り出してしまいます。

    乾燥も摩擦が関係してきます。

    皮膚が擦れるとダメージが蓄積されて、皮膚のバリア機能が低下し、水分不足を発生させがちです。

    毛穴の多い部分ではないため、乾燥から皮膚を守るという視点からしても、弱点のある部分だといえます。

    黒ずみやカサつきは美容的によい印象を与えません。肘をキレイにする方法をこれから初めて、美しい状態を取り戻したいところです。
  • 基本は丁寧に洗うこと

  • 基本は丁寧に洗うこと
  • 黒ずみやカサつきが気になる場合、肘をキレイにする方法として基本となる汚れ落としを丁寧に行いましょう。

    摩擦によって角質が硬くなっている状態でもありますので、古い角質を洗い流すことが重要です。

    しかし、頻繁に洗うと乾燥をますます進行させてしまいますので、そこまで必死に洗うことはありません。お風呂に入ったときに丁寧に洗うことを心がけるだけで十分です。

    古い角質を落とそうとナイロンタオルなどでゴシゴシと洗いたくなるところですが、黒ずみやカサつきの原因になる摩擦を発生させますので、このような洗い方は避けるようにしましょう。

    ナイロンタオルを使うときには撫でるように優しく洗います。

    ナイロンタオルを使わずに、手だけで洗ってもよいでしょう。手で洗ったほうが摩擦によるダメージが少なくなるためおすすめです。

    洗浄剤も優しいものを使ってください。
    洗浄力が強い石鹸やボディーソープを使うと、必要な油分を洗い流してしまい皮膚を乾燥させます。"
  • 肌を整える保湿はとても重要

  • 肌を整える保湿はとても重要
  • 保湿は非常に重要です。

    皮膚のバリア機能を高めますので、荒れがちな肘の皮膚状態を元に戻す力を高めてやることができます。

    カサカサと乾燥した肘に潤いを届けることで、乾燥が解消して健やかな皮膚に蘇ります。

    水分補給は市販のスキンケア製品を使えばよいでしょう。
    顔に使う化粧水を塗っても問題ありません。
    水分補給をした後には、せっかく与えた潤いを逃さないためにも、乳液やクリームなどで蓋をしてあげることが重要です。

    ベタつきが気になるなら、サッパリタイプの乳液やクリームでケアしてあげましょう。

    ドラッグストアに売られているワセリンを使うのもおすすめです。

    ワセリンには余計な成分が使われておらず、皮膚への刺激が少ないことから、あらゆる肌質に対して使いやすいメリットを持っています。

    肘をキレイにする方法をいつでも実践できるように、これらのアイテムを常備しておくことを心がけます。

    症状に合わせて毎日ケアを行いましょう。
  • マッサージクリームで血行促進

  • マッサージクリームで血行促進
  • 水分補給は大事ですが、もう一つ欠かさずに行っておきたいのが、油分の補給です。

    摩擦の激しい肘の部分は水分だけでなく、油分も不足している状態が多くあります。

    油分は皮膚を守る強力な働きを持っていますので、これがなくなってしまうと摩擦などの外部刺激に弱い状態になってしまいます。

    肘をキレイにする方法として重要な位置を占めます。

    市販品のマッサージクリームや肌荒れ対策用のクリームを使って、優しくケアをします。

    皮膚を滑らかにする成分が配合されているものを使えば、割と短期間でも肘の黒ずみやカサつきが解消されますので便利です。

    特にマッサージクリームを使うとマッサージの効果で血行が促進され、栄養が行き渡り、皮膚トラブルに対する身体の自然な回復力を高めることができます。

    ちなみにピーリング剤を使うと、古い角質が取れてツルツルの状態にできますが、乾燥しがちな肘に使うと悪化する場合がありますので、使用には慎重になりましょう。
  • 頬杖など肘をつく行動を慎む

  • 頬杖など肘をつく行動を慎む
  • 肘をキレイにする方法はトラブルが発生してからケアを行うばかりでなく、トラブルが発生しにくい生活を送ることが最も大切です。

    ついうっかりトラブルの原因となる行動をしている場面は割と多いですので、気をつけてください。

    暇な時や考え事をしている際に、頬杖をつく人が多いですが、頬杖は肘の黒ずみやカサつきの原因として有名なものです。

    頬杖をつくときには必ず肘がテーブルや床などに振れますので、動かしたときに肘の皮膚を摩擦するリスクが当然ながら発生します。

    圧迫による血行不良もよくありません。頭の重さで肘を押し付けてしまい、血行が悪くなって皮膚トラブルのリスクが増します。

    何度も押し当てていると、次第に角質が分厚くなってしまうのも問題です。

    皮膚の状態が悪くなれば痒みや違和感を感じるようになり、つい指で振れたり、爪でかじるようになってしまいます。

    できるだけ頬杖をつくといった、肘に負担をかける行動は慎むように心がけることを忘れないようにしましょう。
肘(ひじ)をキレイにする方法を集めてみました
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事