敏感肌の人も天然由来ハンドソープでしっかり整肌

敏感肌の人も天然由来ハンドソープでしっかり整肌

Thumb?1414295452 muah♪さん

189

普通のハンドソープだと手荒れを起こしてしまう敏感肌の人でも、自然の成分を使った天然由来ハンドソープなら優しい洗い上がりで整肌に役立ち、毎日安心して使うことができます。

  • 天然由来ハンドソープの基礎知識

  • 天然由来ハンドソープの基礎知識
  • 市販のハンドソープは脂肪酸のアルカリ塩を主成分としていて、無機塩や金属封鎖剤などを加えて泡立ちをよくしたり見た目に変化をつけるための着色料や香り付けのための香料が使われています。

    ほとんどの製品には化学薬品が使用されているので、普通肌の人は問題なく使えても敏感肌だと手を洗うことで手荒れが起こったり、かゆみや湿疹、腫れなどができてしまうことがあって使いにくいのがデメリットです。

    天然由来ハンドソープなら自然の成分を配合しているので肌に優しく、人間の肌と相性がよくて整肌のために役立ちます。

    「オーガニック」や「ボタニカル」などの表示が目印で、自然界の植物から抽出した天然オイルやアロマを使っているハンドソープなので安心して使用することができます。

    天然由来でも原料にはいろいろな種類があって、「ボタニカル」なら単に植物に由来する原料全般を指していますが「オーガニック」だと農薬や化学薬品を使わずに有機栽培で育てられた原料だけを使っているので更に自然に近くて高品質です。

    オーガニックの製品は国や地域で定められている基準を満たしている必要があるので信頼性も高く、環境にも優しい方法で原料が栽培されています。

    天然由来の成分でハンドソープに多く使われているのはオリーブ油やココナッツ油、アーモンド油、ナタネ油など天然のオイルや、カモミール、ラベンダー、バラなどの花、ローズマリー、レモングラスなどハーブ類で、石鹸の主成分として使われたり自然の香料として混ぜたりします。

    ハンドソープの着色料も天然の色素が使われているので、色が付いていても化学薬品ではなく肌に優しい成分です。

    アロマオイルを使った商品も多いので整肌のためによいだけでなく、優しい香りでリラックスしたり気分を高揚させる効果もあって毎日の生活を楽しくしてくれます。

    手を洗う機会は一日のうち何回もあるので、特に主婦など水仕事が多い人はなるべく肌に優しい成分が入った天然由来ハンドソープを使うことでスキンケアができます。
  • どんな特徴や効果があるのか

  • どんな特徴や効果があるのか
  • 普通のハンドソープでもスキンケア効果やアンチエイジング効果などが追加されている製品はたくさん存在しますが、石鹸の成分に化学薬品や人工の香料、着色料などが使われているのでせっかく整肌作用があっても敏感肌の人には逆効果になってしまう場合もあります。

    天然由来ハンドソープは自然界の原料を使っているのが特徴なので、人間の肌によく馴染む成分がたっぷり入っていて肌を傷めず敏感肌でも安心して使うことができます。

    整肌のためによい天然のオリーブ油やスキンケアで注目されているココナッツ油、アーモンド油などが配合されているおかげでコスメのような効果が得られて、ビタミンCやビタミンE、ヒアルロン酸など美肌のためによい美容成分が入っているハンドソープもあります。

    一般的なハンドソープは香料と着色料に何が使われているのか気になってしまいますが、オーガニックやボタニカルなハンドソープなら天然由来の成分なので、香りも安心して楽しむことができます。

    バラやラベンダー、グレープフルーツ、オレンジ、柚子などアロマオイルでもお馴染の天然の香料が使われていて、ハンドソープを使うと優しい香りが感じられて洗い流したあともほのかな香りが手に残る心地よさが魅力です。

    アロマ効果を強調している製品なら香りによって気分転換やリラックスができるので、台所用や洗面所用など場所によって使い分けるのもおすすめです。

    色の付いたハンドソープも天然由来なら紅花やクチナシの花、ヨモギ、赤カブなど自然の植物から抽出した色素なので、色合いもパステルカラーのような淡いトーンで見ているだけでも楽しい気分になります。

    ハンドソープで手を洗うとつっぱり感があったり汚れが落ちすぎて手がかさかさになってしまう敏感肌の人でも、天然のオイルや整肌成分がたっぷり入っている天然由来のハンドソープならしっとりした洗い上がりで、オイルが手の保湿をしてくれて指先までなめらかな肌触りを実現できます。

    特に冬場は普通肌の人にもおすすめです。
  • 天然由来ハンドソープを見分ける方法

  • 天然由来ハンドソープを見分ける方法
  • 天然由来ハンドソープと一般的なハンドソープを見分けるには、パッケージに表示してある成分表示を見るのが一番簡単です。

    化学薬品が並んでいて香料や着色料も入っているものは天然由来とは言えないので、敏感肌だと肌に合わず肌荒れやじんましんなどの原因になることもあります。

    敏感肌用のハンドソープでも化学薬品が入っているものがあるので注意して選ぶようにしましょう。

    「オーガニック」や「ボタニカル」の表示があるハンドソープなら天然由来の成分が配合されているので、整肌のために効果的です。

    注目したいのは天然オイルやハーブなどの含有量で、どんな種類のオイルが使われているのか、全体の何パーセントくらい入っているのかなどを確認すれば自分に合った製品を見つけやすくなります。

    既にスキンケアやヘアケアで天然オイルを使っている人は、同じ種類のオイルが配合されたハンドソープなら相性がよいのでオリーブ油、ココナッツ油など種類に着目してみましょう。

    配合されているハーブやアロマなども天然由来の製品を見分けるために有効です。

    オーガニックのハーブが入っているハンドソープは効能も大きくて、自然の力で殺菌や滅菌ができるほか肌の再生機能を高めたり、しっかり保湿をしたりアンチエイジングや美肌など、整肌のためのさまざまな効能が期待できます。

    ジャーマンカモミールやヨモギ、レモングラスなどハーブティーでもお馴染のハーブが入ったハンドソープは肌に優しくて、敏感肌でも安心です。

    天然の材料から抽出したアロマオイルで香りが付けてあるハンドソープは使う度に気分をリラックスしたり気持ちを切り替えたりすることができて、アロマテラピーのような効果が得られます。

    ラベンダー、オレンジ、レモン、ローズ、ヒノキなど単品のアロマが入ったものや、グレープフルーツとローズマリーなど複数の香りを組み合わせたものなどいろいろな種類があるので、好きな香りを選んで使いましょう。

    季節や置き場所によって香りを変えるのも素敵です。
  • 天然由来ハンドソープを使うメリット

  • 天然由来ハンドソープを使うメリット
  • 手を洗うだけなら普通のハンドソープでも汚れは落ちるので問題ありませんが、敏感肌だと手荒れを起こしたり痒みや赤らみなどのトラブルが起こることもあります。

    普通肌の人でも一日に何回も手を洗うと指先の敏感な肌がダメージを受けてカサカサになったり、特に冬場など空気が乾燥している時期だと手荒れが起こってしまいます。

    せっかくハンドクリームなどを使ってハンドケアをしていても、ハンドソープが体質に合わないとスキンケアが台無しになってしまうので、ハンドソープもこだわって自分に合ったものを選ぶことが大切です。

    天然由来ハンドソープにはスキンケアやコスメ業界でも注目されている整肌成分が配合されていて、自然の原料から抽出した材料なので肌に馴染みやすいメリットがあります。

    特に保湿のためのオイルは重要で、手の甲や指先のデリケートな肌を自然の力でガードして、肌への浸透力も高くて手洗いとスキンケアを同時に行うことができます。

    健康のためによいハーブもたくさん配合されているので、殺菌効果や保湿効果、アンチエイジングなども期待できます。

    子供っぽいデザインやあまり可愛くないデザインのボトルが多いハンドソープですが、天然由来ハンドソープはおしゃれなパッケージの製品がたくさんあってキッチンや洗面所を素敵に演出してくれます。

    特に海外製のオーガニックやボタニカルのハンドソープは植物やハーブをイメージした大人っぽいボトルや、自然派のシンプルでモダンなパッケージが多いので飾っておくだけでも素敵です。

    整肌のためだけでなく、天然由来ハンドソープは環境保護の観点からもメリットが多い製品です。

    化学薬品ではなく自然界の成分を使っているので水に流したあとも分解しやすく水質汚染を避けたり、ボトルもリサイクルされたプラスチックや自然に分解するタイプの素材でできていて環境のために優しい仕様で、詰め替えパックがある商品も増えています。

    整肌と同時に環境保護もできるので、いろいろな面で優しいハンドソープです。
  • 使用時の注意点や副作用について

  • 使用時の注意点や副作用について
  • 天然由来ハンドソープは普通のハンドソープや石鹸に比べると肌に優しい成分が多く使われていて、敏感肌でも問題なく使用できる場合がほとんどですが、肌質によってはアレルギーや肌荒れを起こしてしまうこともあるので注意が必要です。

    極度の敏感肌の人は使い始める前に成分を確認して、最初は少量だけ使ってみて肌に合っているかどうか確かめるようにしましょう。

    普通肌でも季節や体調によっては肌に何らかのトラブルが生じるケースもあるので、異常を感じたら皮膚科を受診するなど対策を行って、一度使用を中止するようにしましょう。

    天然由来ハンドソープはオーガニックなど厳選された材料を使っているので副作用の心配は普通のハンドソープより少なく、基本的には誰でも安心して使えます。

    ただし、ハーブにアレルギーのある人は配合成分に注意しないとせっかくの効能が逆効果になることがあります。

    よく使われているハーブはカモミールやラベンダー、ローズマリー、ヨモギなどで、ハーブティーや漢方薬などにも使われる植物が一般的です。

    これらのハーブが体に合わないときは別の種類のオーガニックハンドソープやハーブが使われていないハンドソープを選ぶようにしましょう。

    アロマ効果のある天然由来ハンドソープを使うときも、香りに好き嫌いがあるので特に家族みんなで使いたいときには好みが別れないように無難なものを選ぶのがおすすめです。

    オレンジやグレープフルーツなど柑橘系は一年中使えて年齢や性別に関係なくみんなが好きなアロマですが、女性的なバラの香りや独特の強さがあるローズマリー、ラベンダーなどは男性には合わなかったり子供が嫌がったりするので、自分以外の人も一緒に使うなら気を付けるようにしましょう。

    無香料の天然由来ハンドソープもたくさんあるので、最初は香りのないシンプルなものを選んで慣れてきたらいろいろな種類を試してみるのが無難です。

    整肌にこだわるならビタミン類など美容成分も入っていて保湿力の高いものを探しましょう。
  • どんなブランドや種類の商品があるの?

  • どんなブランドや種類の商品があるの?

    出典: store.marksandweb.com

  • 天然由来ハンドソープには敏感肌専用や一般向け、シンプルな商品からまるでスキンケアコスメのような整肌効果が得られるものまでさまざまな商品があります。

    日本国内で手に入りやすいものをいくつかピックアップしてみます。


    「MARKS&WEB」は日本のオーガニック石鹸のメーカーで、無香料・無添加のシンプルなハンドソープです。
    ボトルもシンプルでキッチンをおしゃれに演出してくれて、きめ細かい泡立ちが人気です。


    「natural beauty F&F」は自由が丘にあるオーガニック製品のお店で、オリジナル商品のハンドソープはレモンとライムを使った爽やかな香りです。
    洗い上がりはしっとりとしていて、肌に優しいので敏感肌の人も愛用者が多く、日本製で安心して使えます。


    「Cigale Bio」はフランスのブランドで、オーガニックの認定を受けたハンドソープは売れ筋の商品です。オリーブ、ラベンダー、ライムの3種類があり、着色料不使用で自然な洗い上がりです。
    汚れはしっかり落ちるのに手荒れを防いでくれるのが魅力で、ボディソープや石鹸、ヘアケア製品など姉妹品も充実しています。


    「AVALON ORGANICS」はアメリカのオーガニックコスメブランドで、ハンドソープはレモンのアロマを配合しています。
    レモン果皮エキス、レモン果皮オイルにオーガニック成分と植物性グリセリンを加えることで手のかさつきや乾燥を防ぎ、いつでもしっとりしたうるおいのある肌を保ってくれます。
    パッケージもレモンのイラストが可愛いのでキッチンのアクセントになります。


    「NEAL'S YARD REMEDIES」はイギリス生まれのブランドで、アロマやハーブなどで定評があります。
    ハンドソープはシトラスの香りで、オレンジ、レモン、グレープフルーツの精油を配合していてリラックスできるアロマ効果と抜群の洗浄力が人気です。
    スタイリッシュなブルーのボトルも素敵で、オーガニックコスメやアロマオイル、スキンケア製品などもラインナップが豊富です。
敏感肌の人も天然由来ハンドソープでしっかり整肌
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事