デリケートな子供の手にも安心な無添加石鹸ハンドソープ

デリケートな子供の手にも安心な無添加石鹸ハンドソープ

Thumb?1414295452 muah♪さん

286

好奇心旺盛な子供は様々なものに触るため、手洗いではしっかりと汚れや雑菌を落とせるものを使いたいものです。ですが、子供の手はまだ未熟でデリケートなため刺激の強いものは避けなければなりません。
そこでお勧めなのが、無添加石鹸ハンドソープです。

  • 石鹸ハンドソープとは?

  • 石鹸ハンドソープとは?
  • 体の部位の中で、1日に洗う回数が最も多いのが「手」です。

    仕事や遊び、勉強など、様々なシーンにおいて色々なものに触るため、最も汚れやすい部位でもあるからです。

    特に、好奇心旺盛な子供は、目に入るあらゆるものに興味が湧くため遊んだ後の手はとても汚れています。

    手には目に見えない様々な雑菌が付着している可能性が高く、しっかりと手洗いを行わないと病気に罹る危険性があります。

    そのため、帰宅時の手洗いは毎日欠かさず行わなければなりません。

    手洗いの際には、子供でも使いやすいハンドソープを使用する家庭が多いですが、そのハンドソープはどのように選んでいるのでしょうか?

    ハンドソープを選ぶポイントとしては、除菌ができること、汚れが落ちること、泡立ちが良いこと、香りが良いこと、などを重視していることが多いです。

    手を洗う上で、汚れや雑菌がきれいに洗い流せて、その後も雑菌が付きにくい環境を維持することが重要なことです。また、手洗い後に心地良い香りがすることで、スッキリ爽快な気分になれます。

    ですが、一方で洗う回数が最も多い手は、手洗いをすることで乾燥して荒れやすくなります。

    特に、空気が乾燥する秋から冬にかけては、お湯を使う回数も増えるため更に手荒れがひどくなりやすいです。

    なぜ手洗いによって荒れやすくなるのかというと、それは使用しているハンドソープに問題となっている場合があります。

    ハンドソープには頑固な汚れや雑菌をきちんと落とすため、洗浄力の強い石油系の合成界面活性剤を使用しているものが多いです。

    この石油系界面活性剤は、洗浄力に優れている一方、肌への刺激も強いため使い続けることで、手に必要な皮脂までも取り除いてしまうため、手の油分が減少して肌荒れを起こすのです。

    子供の手の皮膚は、大人よりも薄くまだまだ未熟です。

    そのため刺激に弱く、すぐに手荒れに発展してしまいます。

    こうしたことから、ハンドソープを選ぶ際には子供の手にも安心して使えるものを選ぶことが大切です。

    そこでお勧めしたいのが、石油系界面面活性剤などが無添加の石鹸ハンドソープです。

    石鹸ハンドソープは、洗浄成分に石けん素地を使用した刺激の少ない安全なハンドソープであり、デリケートな子供の手も優しく洗い上げます。
  • 石鹸ハンドソープの特徴とその効果

  • 石鹸ハンドソープの特徴とその効果
  • 石鹸ハンドソープの特徴や効果は、使用する界面活性剤には植物や動物から抽出した脂肪酸を原料にしています。

    この洗浄成分は「石けん」であり、石けんも界面活性剤の一種に含まれます。

    界面活性剤には、植物などの成分をそのまま利用した天然界面活性剤と、人工的に作り上げた合成界面活性剤に分類できます。

    このうち、合成界面活性剤は原料に天然素材を利用した天然系合成界面活性剤と、原料に石油を利用した石油系合成界面活性剤があります。

    石けんは天然系合成界面活性剤に分類され、その中でもより肌と環境に優しい成分となっています。

    合成界面活性剤は人体や環境に悪いとよく言われますが、それは石油系合成界面活性剤のことで、石けんには石油系成分は無添加なので悪影響を与えることはありません。

    石けんハンドソープの原料は、植物や動物から抽出した油脂を使用しています。

    その油脂に含まれる脂肪酸と、水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)または水酸化カリウム(苛性カリウム)を合わせて煮詰めることで作られます。

    出来上がった石けんは弱アルカリ性の性質を持っており、これは酸性を好む雑菌が繁殖できない環境です。

    つまり、殺菌・抗菌効果が得られるので子供の手も効果的に除菌することができます。

    また、天然の素材が原料であり、石油系化学成分は無添加となっているので、洗濯後に出る排水を汚染させることがなく川や海に流れても分解されて自然へと戻っていきます。

    そのため、水生生物の生態系を破壊したり、水質を汚染させることがないので地球に優しいハンドソープと言えます。

    石けんの泡には、汚れを溶かして落とす作用の他に、汚れを吸着してはがし取り、その汚れを包み込む作用も持っています。

    また、泡には弾力があるのでしっかりと泡立ててから手を洗うことで、子供の薄い皮膚を摩擦から防ぐことができ、肌荒れを起こしにくくする効果も得られます。

    十分に泡立ててから洗うことで、肌への刺激も更に抑えられるほか、すすぎも簡単に行うことができるので子供の手洗いに最適なです。
  • 石鹸ハンドソープの見分け方

  • 石鹸ハンドソープの見分け方
  • 石鹸ハンドソープと他のハンドソープを見分けるには、一体どうすれば良いのでしょうか?

    石鹸ハンドソープを見分ける方法としては、

    ①洗浄成分が石けんであるか
    ②石油系化学成分が無添加であるか
    ③弱アルカリ性であるか

    という3つを確認することです。


    ①洗浄成分が石けんであるか

    このハンドソープに使用している界面活性剤は、天然系合成界面活性剤の「石けん」です。
    そのため、製品の裏面に記載されている成分欄には、「石けん素地」または「カリ石けん素地」などと記載されています。
    石けん素地は、脂肪酸に水酸化ナトリウムを加えて作られており、固形石鹸や粉末石鹸の洗浄成分になります。
    また、カリ石けん素地は、脂肪酸に水酸化カリウムを加えて作られており、液体石鹸の洗浄成分になります。
    ハンドソープは液体タイプなので、成分には「カリ石けん素地」と書かれているものを選ぶようにしましょう。


    ②石油系化学成分が無添加であるか

    ハンドソープの中には、洗浄成分に石けんを使用していても、着色料や香料、防腐剤などに石油系の化学成分を使用しているものがあります。
    刺激が強いのは石油系界面活性剤だけではなく、石油系の全ての成分です。
    そのため、石油系添加物が無添加であるかを確認します。
    例えば、合成着色料や合成香料、パラベン、鉱物油などがあります。
    これらの添加物が無添加である製品を選ぶようにしましょう。


    ③弱アルカリ性であるか

    石けん素地が界面活性剤として使用されている場合、その液性は弱アルカリ性になります。
    最近、弱酸性のボディソープやハンドソープが登場しています。
    人間の肌質は弱酸性であることから、より肌質に近い弱酸性の製品が販売されるようになったのです。
    しかし、弱酸性の製品の中には石油系の添加物が含まれているものが多いので、必ずしも肌に優しいとは言えないのです。
    人間の肌は、弱アルカリ性になっても自ら弱酸性に戻る力を持っています。
    子供の場合、自然治癒力を鍛えて自ら健康な肌に変える力を高めるためにも、弱アルカリ性の石鹸ハンドソープは効果的です。
  • 石鹸ハンドソープから得られるメリット

  • 石鹸ハンドソープから得られるメリット
  • 石鹸ハンドソープを使うことで多くのメリットを得ることができます。


    ①肌への刺激が少ないので安心

    このハンドソープには、石油系界面活性剤をはじめ、全ての石油系添加物が無添加となっています。
    従って、原料はとてもシンプルで肌への刺激が少ないので、安心して使用することができます。


    ②人体に悪影響を与えないので安全

    石油系添加物は、皮膚の内部に浸透しやすく体内にとどまる性質があります。
    そのため、長い期間使い続けることで、人体に蓄積されていき発がん率をアップさせる危険性があります。
    特に子供の頃から使い続けることは非常に危険なことです。
    このハンドソープには、このような石油系添加物は無添加となっています。
    そのため、安全で長く使い続けることができます。


    ③肌の弱い方や子供でも使える

    刺激の強い石油系界面活性剤などが無添加なので、化学物質に敏感な方や肌の弱い方はもちろん、皮膚が薄くてデリケートな子供にも安心して使用することができます。
    製品の中には、グリセリンなどの天然保湿成分を配合したものも販売されており、洗い上がりの乾燥が気になる方にもおすすめです。


    ④生活排水を汚さないので環境保護ができる

    水質汚染の原因の一つに、家庭から出る生活排水の汚染があります。
    これは、洗剤に含まれる石油系界面活性剤が原因となっているのです。
    石油系界面活性剤は非常に強い成分であるため、河川に流れた後もそのままの状態で漂います。
    それが原因で魚などが死んでしまい、水質が汚染され環境破壊が起こるのです。
    石鹸ハンドソープに使用されている石けん素地は、排水後には微生物のえさとなり、きれいに分解されてなくなってしまいます。
    自然に還る確率(生分解度)がほぼ100%に近いので、水質を汚染することなく魚などの水生生物に悪影響を与えることがありません。
    このハンドソープを使い続けるということは、人間にもメリットがありますが、私達が住む環境を保護するメリットも得ることができます。
    すなわち、手を洗うことで環境保護が行えるのです。
  • 石鹸ハンドソープに副作用はある?

  • 石鹸ハンドソープに副作用はある?
  • 石鹸ハンドソープを使うことで副作用などが起こることはあるのでしょうか?

    このハンドソープを使う上で、注意することがいくつかあります。

    1つは「乾燥肌やアトピー肌の方には刺激になる場合がある」
    もう1つは「しっかり確認して使用しないとアレルギー症状を引き起こすことがある」

    ということです。

    石鹸ハンドソープの液性は弱アルカリ性です。

    このハンドソープで手を洗うと、洗い上がりは肌も弱アルカリ性になり、抗菌効果を得ることができます。

    人間の肌質は弱酸性であるため、弱アルカリ性から徐々に弱酸性へと戻っていきます。

    しかし、乾燥肌やアトピー肌の場合、乾燥によって表面の皮膚が剥がれて肌バリア機能が低下している、または破壊された状態になっています。

    このような状態では、肌質が弱酸性へと戻るのに長い時間が掛かってしまいます。

    また、石けんは洗浄力に優れているため、製品によっては肌を正常に保つために必要な皮脂までも取り去ってしまう可能性があります。

    特に肌が乾燥気味の方が使用すると、更に肌荒れを悪化させてしまう可能性があります。

    肌荒れは、肌の表面の皮膚が剥がれてしまったことで、皮膚の水分が奪われ乾燥して起こります。

    肌荒れがひどくなると、そこから紫外線などの外的刺激が真皮へと侵入してきます。

    これによって、痒みや湿疹などが引き起こされるのです。

    乾燥肌やアトピー肌の方は、自分の症状と合わせてハンドソープを選ぶようにしましょう。

    石けんを使用したハンドソープを選ぶ際には、天然の保湿成分を含んだものを選ぶなど、洗い上がりに乾燥しにくいハンドソープにすることをおすすめします。

    「石けん」と書かれたハンドソープであっても、製品の中には香料や防腐剤に石油系の添加物を加えているものもあります。

    そのため、きちんと成分を確認して使用しないと痒みや発疹などの副作用を引き起こすことがあります。

    特に化学成分に敏感な方やアレルギー体質の方は、石油系の化学成分が無添加であるかをしっかりと確認しましょう。
  • おすすめの石鹸ハンドソープをご紹介!

  • おすすめの石鹸ハンドソープをご紹介!

    出典: nanairo-sekken.com

  • 石鹸ハンドソープの中で、安心して使用できるおすすめ製品をいくつかご紹介します。


    【PAX(パックス) お肌しあわせハンドソープ】

    このハンドソープは、泡状ポンプタイプの石けんハンドソープで、1プッシュできめの細かい泡で洗うことができます。
    そのため、小さなお子さんでも簡単に泡が作れ、効果的に汚れを落とすことができます。
    洗い上がりの乾燥を防ぐため、天然保湿成分のトレハロースを配合しています。
    また、ラベンダー・ゼラニウム・オレンジなどの天然精油を使用しており、優しい香りで洗い上げます。
    内容量と価格は、ボトルタイプが330ml・453円、詰替え用が300ml・324円(共に税込み)となっています。


    【まるは油脂化学 やさしくなりたい 泡石けん】

    このハンドソープは、ピーナッツとココナッツの植物性オイルから生まれた石けんハンドソープで、肌の敏感な方や子供でも安心して使用できます。
    保湿成分として、天然ヒノキの成分であるヒノキチオールを配合しており、手洗いはもちろんシャンプーとしても使用できます。
    泡状で出てくるので肌を傷付けることなく、優しく洗い上げることができます。
    また、洗い上がりは天然のミントの香りでリラックス効果も得られます。
    内容量は300mlで、価格は850円(税込み)となっています。


    【シャボン玉 EMハンドソープ】

    このハンドソープは、天然油脂をケン化製法(釜炊き製法)によって時間を掛けてじっくり炊き上げて作られています。
    泡タイプで出てくるので、子供でも簡単にきめの細かい泡が作れます。
    EMとは、乳酸菌や酵母などの自然界に存在する微生物を集めたもので、生分解率が非常に高く河川や湖の浄化に適しています。
    成分は、カリ石ケン素地と水のみというシンプルな素材で作られており、長く愛用することができます。
    内容量は300mlで、価格は712円(税込み)となっています。
    このハンドソープはインターネットで広く販売されているため、ショップによっては650円前後で購入可能です。
デリケートな子供の手にも安心な無添加石鹸ハンドソープ
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事