植物性の潤い成分を配合!泡立ちの弱いボタニカルハンドソープとは

植物性の潤い成分を配合!泡立ちの弱いボタニカルハンドソープとは

Thumb?1414295452 muah♪さん

234

肌のためには植物性の成分が良いと言われていますが、ハンドソープでも植物性の商品が登場しています。肌に優しいといっても、どのようなものなのか分からないと使えませんよね。では、植物性成分で作られているボタニカルハンドソープについて説明します。

  • ボタニカルハンドソープってなんだろう

  • ボタニカルハンドソープってなんだろう
  • ボタニカルという言葉は、聞きなれない方も少なくないと思います。

    ボタニカルハンドソープの他にボタニカル歯磨き粉やボタニカルシャンプーなども登場していますが、一体ボタニカルとはどういう意味なのかイマイチ理解していない方もいることでしょう。

    ボタニカルの意味は簡単に言えば「植物の」という意味で、「植物学の」の意味もあります。

    ハンドソープなどでは「植物から抽出した成分を使った」などの意味を示す言葉として扱われており、要は「植物性成分配合」のものがボタニカル商品となります。

    最近は、肌の優しさのことから植物性成分を用いた商品が増えていますが、ボタニカルと表記している商品と、していない商品があります。

    日本は貿易国なので、世界各国の色々なものが入ってきます。

    それと同時に、色々な言語に触れる機会も多いのです。

    日本での商品表記、特に洗剤類に関しては「石けん」と「合成洗剤」の括りしかないため、植物性成分配合の洗剤類は「ボタニカル」と表記したり「植物性」「植物由来」などの表記にしたりと同じ植物性成分配合でも表記は定まっていません。

    ボタニカルと書かれていても、植物性由来と書かれていても、同じものではあります。

    ただ、全体成分の内どのくらいが植物性なのかは商品によって異なります。ボタニカルとか植物性と表記されていても、全体の50%未満しか植物性が使われていないこともあるので、商品選びの際は成分チェックすることを欠かせません。

    望ましいのは、植物性成分100%で作られている商品です。

    ボタニカル(植物性)の洗剤類を使用することは人体に優しいので肌が弱い人でも使うことができますが、環境を汚染しないという自然界への優しさにもあります。

    ハンドソープまでボタニカルにする必要はないと、考える方もいることでしょう。

    しかし、ハンドソープは排水されるので、使うソープはできるだけエコを考えて選ぶと良いと思います。

    ボタニカルハンドソープは、エコになり、肌への刺激性が低いのでおすすめです。
  • ボタニカルハンドソープの特徴と効果は?

  • ボタニカルハンドソープの特徴と効果は?
  • ボタニカルハンドソープの特徴は、植物性で作られているので肌への刺激性が弱く、水質汚染を招かない性質を持っていることです。

    その特徴で得られる効果は肌の状態を悪化させないことや自然界を苦しめないことで、人にとってもありがたく、自然界も害さない優しさが魅力となっています。


    ○ボタニカルハンドソープの効果!その1「肌を傷付けない」

    肌は表皮や皮下層で成り立っていますが、肌を護るために存在しているものはバリア機能です。
    バリア機能は潤いが十分にあることで成り立つ機能で、自然な潤いは外部刺激や体内問題によって減少する傾向にあります。
    自然な潤いを取り戻すためには内部からの改善も大事ですが、外部からの刺激も減らすことで肌状態を良くすることにつながります。
    ボタニカルハンドソープに含まれている植物性成分の中には、植物性界面活性剤も含まれています。
    合成界面活性剤(石油系界面活性剤)と呼ばれる界面活性剤は刺激が強いのでアトピーの原因になると言われていますが、植物性界面活性剤は低刺激なのでアトピー肌にも使用できるとされています。


    ○ボタニカルハンドソープの効果!その2「水質を汚染しない」

    洗剤類による水質汚染は問題となっていますが、汚染を招く洗剤の成分は合成界面活性剤(石油系界面活性剤)です。
    植物性界面活性剤は水質を汚染しないことが認められており、自然界を害することがないのでエコな界面活性剤として知られています。
    なぜ水質汚染を招かないのか?それは、水と混ざることで洗浄力が薄くなるので、外に排水されるまでに毒性を失うからです。
    合成界面活性剤は水に混ざらないため、薄まることもありません。
    そのまま外へ排水されてしまうので、自然界の水には洗剤がそのまま流れていることになります。
    排水時には、洗剤は水に溶けて混ざることで自然界を害さずに済みます。
    もともと水に溶ける性質の植物性界面活性剤が使用されていることが多いのですが、微生物分解タイプの性質を持つ植物性界面活性剤が用いられていることもあります。
  • 成分と泡立ちで見分けることができる

  • 成分と泡立ちで見分けることができる
  • ボタニカルハンドソープの見分け方についてですが、使用前に見分ける時には配合成分を確認するとボタニカルハンドソープなのか、そうではないのかが分かります。

    植物性界面活性剤としてよく用いられるのは「石けん」で、表示には「カリ石ケン素地」と書かれていることが多いです。

    ラウリルなどの難しい名前が表記にある場合はボタニカル(植物性)ではない可能性があるので、避けるようにしましょう。

    刺激性の低い洗剤類、特にボディソープやハンドソープといった体を洗う洗剤類は、成分表記に書かれている数が基本的に少ないです。

    石鹸が肌に優しいことを知っている方は多いと思いますが、固形石鹸の成分表記を見てみると、1行から2行に収まる数の成分しか使われていないことが確認できます。

    このように、必要最低限の成分しか含まれていない洗剤類が低刺激かつエコなのです。

    使用する前にボタニカルかチェックする時には、成分表記を見ることで見分けることが可能です。

    購入した後にボタニカルかチェックする方法、若しくは100%ボタニカルなのかチェックする方法は、泡立ちを見ることで分かります。

    石鹸とか洗剤類は泡立ちがあるものというイメージですが、泡立ちがあるのは合成界面活性剤です。

    植物性界面活性剤は泡立ちがないので、使ってみて泡立ちがあるようなら植物性ではない又は100%植物性ではないということになります。

    合成界面活性剤は、刺激性が強いので洗浄力も強いです。

    汚れを落とす力に関しては認められているので、これまで多くの洗剤類に用いられてきました。

    植物性と書かれているのに泡立ちがある場合、洗浄力のために植物性でないものが少なからず配合されているのでしょう。

    成分表記的には植物性が優位であるなら、化学的な成分が含まれているとしても合成界面活性剤メインで作られている商品よりは刺激性が低いです。

    100%植物性のボタニカルハンドソープが最も良いのは確かですが、100%ではないけど植物性成分が優位なボタニカルハンドソープも需要はあります。"
  • どのような肌質にも使える上にエコ!

  • どのような肌質にも使える上にエコ!
  • ボタニカルハンドソープを使うことで得られるメリットはあるのでしょうか?

    もちろん、あります。

    肌に優しい上に水質汚染も招かないことからメリットがあることは分かると思いますが、具体的にどのようなメリットがあるのかをお伝えしていきます。


    ○「低刺激なので肌質を問わず使用できる!」

    肌が弱い方は、使用するハンドソープにも気を使うことでしょう。
    肌と言うと顔を思い浮かべるかもしれませんが、確かに顔は他の部位の肌と比べて薄いので刺激性には注意したいところですが、手の肌にも意識してみましょう。
    手は日常の中でさまざまな刺激にさらされる機会が多い部位で、特に摩擦を受けやすい部位とされています。
    手を洗うことも日常の中では割とあることなので、乾燥もしやすいです。
    また、手は年齢が出やすい部位と言われていますが、それは刺激を受けやすく乾燥しやすいことを意味しています。
    洗浄力が強いと、必要な脂分まで落ちてしまうので乾燥します。
    乾燥及び必要な脂分が落ちてしまうことは、アトピー肌・乾燥肌・敏感肌の方にとっては大敵です。
    植物性であれば脂分を落としすぎないので、肌質が弱い方でも使用することができますよ。


    ○「自然界にも優しいのでエコな洗剤使用が実現される!」

    洗剤は、人間の生活の中で欠かせないアイテムの一つですよね。
    洗剤があることで、身体や物の汚れを落とすことができますし、衛生面を良い状態で管理することができます。
    しかし、洗剤類は環境を汚染します。
    でも、人間は洗剤の使用を止めることができません。
    なぜなら、衛生面に問題が生じるからです。
    衛生面に問題が生じたら?感染症のリスクが高まってしまいます。
    洗剤類の使用を停止しないのは人間の生活を守るためでありますが、自然界への影響はない方が望ましいです。
    調査報告でも判明してますが、多くの人が環境汚染をしたくないと考えていると言います。
    ボタニカルの洗剤類はエコを実現できる洗剤類なので、替えられるところからボタニカル(植物性)に替えてみましょう。
  • 気を付けたいことについて

  • 気を付けたいことについて
  • 肌に優しいと言われると、逆に気になることがありますよね。

    本当に優しいの?使うことで何か起きる可能性はないの?など色々な疑問が生じるものです。

    そのような疑問を解決すべく、注意点や副作用などについて説明していきますが、結論から言いますと副作用などの危険性はないです。

    100%植物性由来であれば尚更で、植物性の成分で手が荒れるなどのトラブルが生じることは稀です。

    副作用的なトラブルよりも、その商品が本当に植物性なのかが大事なポイントとなります。

    100%植物性である場合は危険性がとても低いのですが、植物性と表記されているが本当は半数以上が化学的な成分である場合は肌が弱い方は肌トラブルを起こすかもしれません。

    商品選びに失敗しないように、成分表記をチェックすることを忘れずに行いましょう。

    肌が弱い方は弱くない方よりも注意しながら、植物性優位であることが確認できたら購入するようにすると、後々の肌トラブルリスクを軽減することができます。

    副作用は基本的にはなく、気を付けることは選ぶ段階で成分表記をよく見ることですが、使用感についても触れておきます。

    ハンドソープは泡立ててこそしっかり洗えていると思われがちですが、実はそうではないのです。

    泡立ちが示しているのは洗浄力、というのは間違っていませんが、刺激性が強いことも同時に示されています。

    泡立ちがある=洗浄力が強い=刺激性が強いとなるので、肌が弱い方や現時点で乾燥の激しい方は泡立ちが強いハンドソープは避けた方が良いかと思います。

    ボタニカルハンドソープの中には、植物性の潤い成分を配合しているメーカーもあります。

    潤い成分が配合されていると、化粧品などと同じように肌をキレイにする効果が期待できます。

    植物性の潤い成分なので刺激性も低く、ナチュラルな働きがけをしてくれるので、美容面や肌質が気になっている方は植物性の潤い成分を配合した商品を選ぶと良いでしょう。

    配合される潤い成分はメーカーによって違うので、効果の実感は商品によって差があるかも知れません。

    可能であれば、色々なボタニカルハンドソープを試してみることをおすすめします。
  • おすすめのボタニカルハンドソープ

  • おすすめのボタニカルハンドソープ

    出典: pangea-store.jp

  • ○リーフ&ボタニクスハンドソープ

    松山油脂によるLEAF&BOTANICS(リーフ&ボタニクス)のシリーズで、ユーカリ・グレープフルーツ・ラベンダー・ローズのレパートリーがあります。
    果物や植物のエキスを用いて潤いを与えながらも洗浄力を発揮し、忙しい中でも肌のキレイを意識できるハンドソープとなっています。
    洗浄力はカリ石ケン素地によるもので、とても低刺激です。
    潤いはアロエベラ葉エキスの植物オイルで実現され、ぬるぬるしないさっぱりとした洗いあがりとなります。
    ヒドロキシプロピルメチルセルロースなどの聞き慣れない成分も配合されていますが、安全性が認められている成分なので低刺激かつ潤いを得られるハンドソープとして人気があります。


    ○ナイーブ薬用植物性ハンドソープ

    ナイーブのハンドソープは、馴染みがある方もいるのではないのでしょうか。
    ドラッグストアでも入手できる上に安価なので、植物性を使い始める時には導入しやすいと思います。
    100%植物性由来とありますが、成分表記的には色々含まれているようです。
    家族で使うというキャッチコピーなので安全性が認められている成分ばかりなようですが、着色料などの添加物は入っています。
    配合されている潤い成分はグリコシルトレハロースで、化粧品では皮膚保護剤として用いられます。


    ○PangeaOaganicsハンドソープ

    カルダモンと呼ばれる古代のエッセンシャルオイルに注目して作られたハンドソープで、クレンジング力が高いとされています。
    オーガニックの減量を使用し、刺激性及び危険性が指摘されている成分を排除しており、植物由来エキスを配合しています。
    香りも考慮されており、使いやすいように工夫されています。
    海外の商品なので躊躇する方もいるかもしれませんが、植物性で潤いのことも考えられているので商品例として記載しました。

    100%植物由来成分で作られたボタニカルシャンプーはそう多くはないことが現実で、泡立ちのある商品が多いです。

    しかし、植物性をメインにして作られている商品の低刺激性は明らかになっているので使用をおすすめします。

    泡立ちの少なさを重視すると、合成界面活性剤による水質汚染を防ぐこともできます。
植物性の潤い成分を配合!泡立ちの弱いボタニカルハンドソープとは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事