鼻筋を高くしたいけど、副作用は大丈夫?

鼻筋を高くしたいけど、副作用は大丈夫?

Thumb?1414295452 muah♪さん

47

鼻筋を高くする方法はさまざまありますが、適切におこなわないと副作用のように良くない影響を受けてしまう可能性があります。インターネットで人気の鼻筋を高くするグッズや美容整形法についてご紹介します。さらに、マッサージや鼻エクササイズのやり方も教えますので、自分に合う方法を選びましょう。

  • 鼻筋が高い美人になりたい

  • 鼻筋が高い美人になりたい
  • 西洋人に比べ、日本人の鼻が低いのは遺伝的な問題ですから、致し方ないことですが、少しでもいいから鼻筋を高くして、美しいノーズラインを作りたいと願うのは、美を意識する女性なら誰でも思うことですよね。

    鼻は顔のほぼ中央に位置するため、人の目が集まりやすい場所です。他のパーツはともかく、鼻が高いと言うだけで美人の雰囲気が出るから不思議です。

    『少しでも鼻筋を高くして、美顔に近づきたい』そんな女性たちの強い願望を反映してか、ちまたには数々の美鼻グッズが出回っています。ネット上でも鼻筋を高くするためのマッサージ方法や美容整形法などの紹介が溢れていますよね。

    理想の鼻を手に入れるために、効果があるなら試してみたい!そう思うのは当然のことですが、一方で副作用などのリスクが心配と言う声も多く聞かれます。そこで、今話題の美鼻グッズやマッサージ法、美容整形などの副作用について調べてみたいと思います。
  • 継続は力なり、長期使用で効果実感

  • 鼻筋を高くするために美鼻グッズはたくさんありますが、ネット上などでも特に効果が高いとして人気なのが、『Hana Hana ハナハナ』『もっとツンデレラ』『ミニプチ小鼻』の3点です。

    おもに鼻筋を器具や粘着性のテープで一定時間固定し、鼻の形を整える効果を狙っている商品となります。

    鼻はもともと軟骨と言う骨の中でも柔軟性のある柔らかい骨で出来ているので、毎日一定の時間外から圧力を加えることで、徐々に形を変形させることが可能なのです。

    いずれの商品も、長期間使用して初めて効果が出るというもので、短期間での効果はあまり期待出来ません。鼻を高くしたいからと言って、長い時間装着する人がいますが、効果が上がると言うことはありません。

    逆に、つけ過ぎることによって鼻の軟骨の形に変な癖を付ける可能性があるのでやめましょう。また、粘着テープ式のものを利用する時は、使用後に専用のクレンザーできちんと付着した成分をおとすようにしましょう。肌荒れの原因となります。
  • マッサージや鼻エクササイズで鼻を鍛えよう

  • 鼻筋を整える方法としてマッサージや鼻のエクササイズがあります。鼻筋は主に柔らかい軟骨で出来ているので、マッサージなどで刺激を与え、鼻筋を高くすることが可能です。

    また、その周辺に小鼻などは、脂肪と筋肉で出来ているので、小鼻の筋肉を鍛えることで、鼻筋を高く美しい形にする効果があります。

    鼻筋マッサージの方法としては、中指を鼻筋の元の部分(目と鼻筋の間)に置き、鼻筋を挟むようにプッシュします。
    軟骨部分がこりこりと言う感じがする状態で10回ほど行います。但し、力を入れ過ぎたり、擦り過ぎると皮膚自体にダメージを与えてしまうので、両サイド同じ力で指がスムーズに動く程度の力加減で行いましょう。

    小鼻を鍛えるエクササイズは、片方の鼻の穴を塞いだ状態で、鼻呼吸を5分程度繰り返します。息を吸う時は鼻で、吐き出す時は口で行います。たったこれだけで小鼻の筋肉を鍛え、引き締まったものにする効果があります。

    しかし、美鼻グッズ同様に、即効性の効果はありませんので、継続して行うことが重要となります。
  • 切らない美容整形法「ノースリフト」

  • 鼻筋を高くするために、もっとも効果的な方法としてはやはり美容整形が一番です。

    近年の美容整形技術の飛躍的な進歩により、メスを切らないで行う「ノーズリフト」という施術も一般的になって来ました。メスを使わないため、従来の隆鼻形成のように、手術痕などが残る心配もありません。

    また、術後ダウンタイム期間も非常に短縮されているので、忙しい人や、整形手術を受けたことを人に知られたくないと言う人にも非常に人気の施術となっています。
    従来のシリコンを使ったものと同様の効果が実感出来ます。いい事ずくめの「ノーズリフト」ですが、
    もちろん、副作用的な要素もあります。

    鼻の穴の内部から特殊加工された糸を通し、鼻の形を調整するのですが、医師の技量によっては、小鼻が以上に小さくなってしまったり、左右非対称な鼻の形になるというトラブルも発生しています。

    従来のものと比べコストも安く、多くのクリニックがこの施術を行っていますが、中には症例実績の少ない医師による施術を提供している悪徳クリニックもありますので、医師選びには充分に慎重になる必要があります。

    また、鼻内部に通した糸による鼻筋矯正のため、時間の経過と共にもとの形に戻ってしまうケースもありますので、継続的なメンテナンスが必要となります。
  • シリコン劣化による再手術の真実

  • 今話題のプチ整形は手軽に美しい鼻のラインを手に入れられるとあって、若い女性たちに人気の施術ですが、一方で、その効果の継続性に問題があります。

    そういう点では、従来のシリコン(人口軟骨)を使用した隆鼻形成手術の方が、半永久的な効果の効果の継続が期待で来ます。

    しかし、半永久的と言われているシリコンによる美容整形にも大きな副作用があります。

    多く言われているのは『シリコンの劣化による再手術』ですが、実はこれ、シリコン自体に問題があるわけではないのです。シリコン自体は、他組織からの影響を非常に受け難く、耐性・安全性の非常に高い素材です。

    シリコン自体は何の変化も起こしませんが、それを取り入れている患者自身の老化などが原因で、シリコンが正しい機能を果たせなくなってしまうと言うわけです。

    人間の身体に元々ある骨や筋肉などの組織は、年齢の経過と共に、その形や役割を自然と変えて行くことが可能ですが、人口軟骨であるシリコンにはそれが出来ないため、患者の身体との不適合を起こしてしまうのです。

    その結果、不自然にシリコンが浮き上がった様な状態を作り出したり、酷いケースでは鼻先からシリコンが飛び出してしまう様な事態も引き起こします。

    女性が美しくありたいというのは自然な願望ですが、過剰に欲求を追い求め過ぎてしまうと
    思わぬ落とし穴がありますので、慎重に判断することが大切です。
鼻筋を高くしたいけど、副作用は大丈夫?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事