低刺激で安心!天然植物由来成分の「植物性歯磨き剤」とは?

低刺激で安心!天然植物由来成分の「植物性歯磨き剤」とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

230

お口のケアの方法にはマウスウォッシュや歯磨きがありますが、ほぼすべての人が行っているのは歯磨きです。その歯磨きの際にする使用する歯磨き剤についてしっかりとした知識を持つことはとても重要です。

  • 植物性歯磨き剤について

  • 植物性歯磨き剤について
  • 一般に市販されている歯磨き剤は約90%にフッ素が含まれています。

    市販されている歯磨き剤の目的が「歯を白くする」ことだからですが、フッ素にはリスクがあることはあまり知られていません。

    それはフッ素が「研磨すること」に効果があるということです。
    「研磨」ですから、つまりは「磨く」ですが、これを別の角度から考えますと「削っていること」でもあります。これが市販されている一般的な歯磨き剤の特徴です。

    このほかにも市販されている歯磨き剤には注意が必要なことや安心ではない部分がありますが、共通しているのは化学的な物質を含んでいることです。

    地球の環境について提言されることが多い昨今ですが、自然を大切にすることの一番の理由は人間が生きやすい環境を作るのが理想だからです。

    温暖化による地球の異変は最終的には人間を滅ぼす可能性さえ指摘されています。ですから、自然を大切にして人間が人間らしく生きることができる環境を作ることの重要性が指摘されています。

    それと同じことを目指しているのが植物性歯磨き剤です。この歯磨き剤は市販されている歯磨き剤に比べて化学的物質を使わずに製品を作っています。ですから安心できる歯磨きとも言えます。
    その点が一番異なる点です。

    市販されている歯磨き剤には極端な報道では発がん性物質が含まれているなどの記事がありますが、この表現は極端にしても身体にいい影響を与えない印象はぬぐえません。

    歯磨き剤は口の中に入れるものですので知らぬ間に少なからず飲み込んでいる可能性もあります。大人でさえそのようなことがありますから子供さんの場合はなおさらです。飲み込んだ場合身体に悪影響を与えることは容易に想像がつきます。この点においても安心とは言えない部分があります。

    そのような状況だからこそ植物性歯磨き剤が注目を集めています。植物性のものを使って作っていますので間違って飲み込んでしまっても安心です。

    お口に入れるものはやはり安心であることが一番です。
    また植物性の特徴として低刺激であることがあげられます。

    今の時代はアレルギーになる例が多いですので低刺激であることは大きなメリットです。
    低刺激であることは人によっては物足りなさを感じるかもしれませんが、人間にとって本来は悪いことではありません。

    刺激が強くなりますとどんどん鈍感になり正しい感じ方ができなくなります。その意味で歯磨き剤が低刺激であることは安心して使えることにもつながります。
  • 植物性歯磨きの特徴・効果

  • 植物性歯磨き剤の特徴もしくは効果は市販の歯磨き剤の問題点を解消するために作られたことといえます。

    市販の歯磨き剤の一番の目的は「見た目をきれいにする」ことといえます。できるだけ売上げを上げるにはわかりやすいことを徹底的に訴求することが大切だからです。これは一番訴えやすい販売方法でもあります。消費者は見た目に惑わされることが多いからです。

    「見た目をきれいにする」をもっと具体的に表現するなら「白くすること」です。
    これも最もわかりやすいことです。ですから市販の歯磨き剤には白さをだすためにいろいろな化学物質が入ることになります。

    例えば合成保存料や合成香料、合成着色料、鉱油から作られる原料などですが、植物性の歯磨き剤はそれらを使わずに製品を作っています。

    数年前ですが、九州の大学研究所と民間企業で歯磨き剤に関する研究発表が注目を集めました。
    その発表によりますと、植物性乳酸菌が作る公金ペプチドとナイシンAという物質を抽出した「高純度ナイシン」と「梅エキス」を組み合わせた「ネオナイシン」が口の中の虫歯菌や歯周病菌を減少させることを確認したそうです。

    このことにより化学物質ではない安心できる植物性歯磨き剤の有用性が示されることになりました。虫歯や歯周病は感染症です。感染症とは細菌により発症する病気ですが、虫歯は日本人の約90%がかかっており、歯周病は70%がかかっていると言われています。そのような状況で植物性の歯磨き剤の有用性が示されたことは大きな意味があります。

    日本は老齢化が一気に進んでいくといわれていますが、身体の弱い人が安全で安心できる歯磨きをできないことはとても不安はことです。

    市販の歯磨き剤では化学物質を含んでいますのでやはり安心して使うことはできません。それに対して植物性歯磨き剤は自然の物質を使っていますので安心して使うことができます。

    また低刺激であることも植物性歯磨き剤の魅力のひとつです。歯磨き剤は口の中に入れるものですので低刺激であることが最もふさわしいことは間違いありません。

    低刺激であることが植物性歯磨き剤の一番の特徴でありメリットという人もいるほどです。低刺激あることをマイナスの意味でとらえる人もいますが、低刺激はプラス要因です。低刺激であることにより副作用が起きる確率が減るからです。

    また低刺激は人間が本来持っている感性を鈍くしないことにもなります。刺激というのは強くなればなるほどより強い刺激を求めるようになるからです。
  • 植物性歯磨きの見分け方

  • どんなに優れた製品であろうとも偽物であっては意味がありません。ブランド品は優れた製品であることを証明するものですが、偽物ではブランド品とは言えなくなります。

    現在、世界ではフェイクニュースが席捲していますが、フェイクニュースはひとつ間違えると世界を間違った方向に導くことさえあります。偽物と本物を見分ける能力はとても大切です。

    歯磨き剤においてもそのことは当てはまります。植物性歯磨き剤はとても有用ですが、本来植物性歯磨き剤とは言えないものまで表向き植物性歯磨き剤と名乗ることもあるかもしれません。そのときに損失を被るのは消費者です。

    そうした損失を被らないために見分け方を知ることは大切です。まず基本として成分を確認することが大切です。

    歯磨き剤には鉱油由来成分のものと天然植物由来成分のものがあります。

    文字から想像しやすいですが、もちろん天然植物由来のものが植物歯磨き剤です。

    説明の欄には「合成界面活性剤や合成着色料、防腐剤、サッカリン、CMCは使っておりません」と書いてあるものが植物性歯磨き剤です。

    因みに、CMCとは歯磨き剤に適度な粘度感を与えるものです。市販の歯磨き剤はこれらの化学物質を加えることで形状・外観を作っているのです。

    化学物質の代わりに使われているのは天然植物由来成分ですが、具体的には歯をきれいにする役割として炭酸カルシウム、無水ケイ酸、ムクロジエキス、抗炎症としてブリチルリチン酸ジカリウム、口の中の湿度を保つものとして濃グリセリン、ソルビット液、クワエキス、シャクヤクエキス、オウゴンエキス、香料としてキシリトール、セイヨウハッカオイル、ティーツリーオイル、コリアンダーオイル、粘度調整剤としてクエン酸ナトリウム、清涼剤として1-メントール薬用成分としてβーグリチルリチン酸、グリチルリチン酸ジカリウムなどを使っています。

    これらの表記を確認することで正しい植物性歯磨き剤を見分けることができます。安心して歯磨きをしたいならこれらの確認をすることを心がけることが大切です。
  • 植物性歯磨きのメリット

  • 植物性歯磨き剤を使うことのメリットは細かいことを上げるならいろいろとあるかもしれませんが、たった一つをあげるなら「健康によい」ということに尽きます。

    歯磨きは健康のためにするのですが、植物性歯磨き剤を使わないことは「健康のため」とは矛盾しているという声もあります。

    お口の病気には虫歯と歯周病がありますが、どちらも細菌が起こす感染症です。以前ですと、口の病気で済んでいましたが、最近はこの2つの病気が心臓病と関係していることが分かってきました。

    普通に考えますと、虫歯と心臓にはなんの関係もありそうに思えませんが、医療の進歩により関係があることがわかりました。

    先に説明しましたように虫歯も歯周病も細菌が原因ですが、その細菌が血液を流れて心臓にやってくることがわかっています。そして心臓で血管に傷をつけそれが少しずつ大きくなって心疾患を起こすのです。たかが虫歯であり歯周病ですが、決して侮れない病気です。

    市販の歯磨き剤は歯を白くしたり、またはゴミが付かないようにしたりする物質が含まれています。
    この役割事態はとても素晴らしいものですが、問題はその副作用です。

    植物性歯磨き剤のメリットはこの副作用がないことです。薬は病気を治すのが役割ですが、効き目が強すぎると副作用が起きるマイナス面があります。
    これは効き目が強ければ強いほど起こる問題点です。

    歯磨き剤もまさにそれと同じで化学物質が含まれた歯磨き剤も副作用が問題視されています。一番わかりやすい例が合成活性剤です。

    これは歯をきれいに研磨するものですが、副作用としては歯を削ってしまうことです。短期間で考えますと白くしますのでメリットですが、長いスパンで考えますと歯にまだらなシミを作ってしまうことになります。

    植物性歯磨き剤にはこれらの物質が含まれていませんので安心です。口の中をケアするものですので安心して使えることは最も大切なことです。また低刺激あることも同様です。低刺激あることは副作用がないことの裏返しでもあります。
  • 植物性歯磨きの副作用・注意点

  • 昔から新しいものに対しては最初のうちは懐疑的な批判が展開されるのが普通でした。

    歯磨き剤の世界も出同様でした。植物性歯磨き剤が登場した当初はその効能について批判的な意見が多く集まりました。ですが、植物性経由の成分の研究発表があったりなどして少しずつ社会に浸透し認知されるようになりました。

    その意味で言いますと、植物性歯磨き剤の欠点というべき副作用や注意点はあまり指摘されていません。

    一番の理由は成分が天然の物質であることです。
    今の時代らしい病気のひとつにアレルギーがありますが、昔に比べますとアレルギーが発症する例が数倍増えています。

    一番わかりやすいのが花粉症です。
    昔は花粉症という病気がありませんでした。しかし、時代の変化により花粉アレルギーやほこりアレルギーなどで通院する人が増えてきました。

    アレルギーが発症するのは身体が敏感に反応することです。本来なら反応するはずがないのに反応してしまうことがアレルギーが起きる仕組みです。

    歯磨き剤も化学物質の含まれた歯磨き剤を長期間使うことで身体に変調をきたすことがあります。短期間ならば身体に与える影響も少ないですが、長期間ですと影響が違います。

    そうした弊害をなくすために研究されたのが植物性歯磨き剤です。
    ですから、副作用などは起きないのが基本です。

    もちろんですから注意点もありませんが、あえて言うならこれまでの歯磨き剤よりも「あまり泡が立たない」こととも言えます。

    市販の歯磨きはたくさんの泡が立つことが歯磨きの魅力だったからです。
    それと似ていますが、低刺激であることも人によっては歯磨きとしての効能に疑問を感じることにつながるかもしれません。

    しかし、歯磨きの本当の役割を考えるなら外面上とか第一印象などに惑わされることはありません。
    歯磨きの本来の目的は身体に負担をかけることなくお口のケアができることです。

    そのために低刺激であってもなんの問題もありません。問題がないどころか反対に安心です。低刺激あることと安心であることは本来イコールであるはずです。

    強いて副作用と言いますか注意点を挙げるなら天然原料ですので味が変化することがあったり、食事や体調との関連で風味が違って感じることです。
  • 植物性歯磨きの商品例

  • エスケー 薬用ハミガキ ペリオキュア 100gは10種類の天然植物由来成分が配合された薬用ハミガキです。

    天然植物由来成分ですと香料に弱点がありそうに思えますが、天然香料を使っていますので口臭が気になることもありません。

    特に歯周病になりやすい40代から60代の方々にお勧めの商品です。

    清掃成分:ムクロジエキス
    薬用成分:β-グリチルレチン酸、グリチルリチン酸ジカリウム
    口腔内湿潤成分:クワエキス、シャクヤクエキス、オウゴンエキス
    矯味成分:チャ乾留液、精油(香料):セイヨウハッカオイル、ハッカオイル、ティーツリーオイル、コリアンダーオイル

    パックス石けんハミガキは合成界面活性剤やサッカリンを使っていない歯磨き剤です。
    安全に重きをおいた石けんハミガキで、安心して使えます。
    甘みがなくさわやかな感想を持てます。また使ったあとに食べ物になどに影響を与えることはありません。

    パックスソルティはみがきは塩化ナトリウムにより歯茎を引き締める効用があります。
    ですから歯槽膿漏や歯肉炎を予防する塩が入っている薬用歯磨きです。

    洗浄発泡剤には植物油を原料とした石けんを、そして清涼剤はハーブ精油を使っています。ラウリル硫酸ナトリウムなどの合成界面活性剤やサッカリンは使用していません。医薬部外品です。天然原料を使っていますので味が変わることがあったり、食事のあとや体調などにより風味が違って感じることがあります。

    パックスジェルはみがきは研磨剤や発泡剤は使っておらず海藻に含まれるアルギン酸ナトリウムを使用したジェル状の透明な歯磨きです。
    合成界面活性剤(ラウリル硫酸ナトリウムなど)は使っていません。またサッカリンや防腐剤も使っていません。甘味料としてはキシリトールを配合しています。清涼剤はハーブ精油をしており電動歯ブラシにも使うことができます。

    スパリジックトゥースペイスト100gはウイキョウの香りとプランターゴに新たにカレンデュラを加えた歯磨きです。発泡剤や乳化剤、安定剤、着色料などは一切使っていないのが特色です。
低刺激で安心!天然植物由来成分の「植物性歯磨き剤」とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事