低刺激の「植物性歯磨き」なら大人から子供まで安心して使える!

低刺激の「植物性歯磨き」なら大人から子供まで安心して使える!

Thumb?1414295452 muah♪さん

370

歯磨きが苦手ではありませんか。辛くて歯を磨くのがつらい人もいるのではないでしょうか。子供には、刺激が強すぎるかもしれません。植物性歯磨きなら低刺激だから安心して歯を磨けます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 植物性歯磨きとは何か

  • 植物性歯磨きとは何か
  • そもそも植物性歯磨きとは、どのようなものでしょうか。

    普段、使っている歯磨き粉はどんな成分が入っているかを知っていますか。
    意外と知らない人が多いでしょう。

    あまり植物性の成分が入っていないでしょう。入っていたとしても、それほど多い割合では入っていないはずです。
    だから、植物性と大きくパッケージに書かないのでしょう。もちろん、植物性成分ばかりが入っていたとしても、パッケージに大きく書かないこともあります。

    市販されている植物性歯磨きは、100%植物由来成分でできていたり、90%以上が植物由来成分でできているというように、ほとんどが植物由来成分でできている歯磨き粉を言います。

    ここまで高い割合で植物由来成分が使われている歯磨き粉は、見たことがない人も多いかもしれません。

    しかし、徐々に人気が出ていますし、大きなお店に行くと手に入ることもあります。
    植物由来成分だけで作られているということは、刺激が強い成分が入っていないということです。

    合成界面活性剤や合成防腐剤、研磨剤と言ったものが入っていないでしょう。研磨剤で歯の汚れを取り除いていますが、研磨剤が入っていると歯を治療中の人などは困ることもあるでしょう。

    多くの人が困っている知覚過敏の人も研磨剤が入っていないほうが良いかもしれません。薬剤を歯に塗っている時は困るので、研磨剤が入っていないほうが良い人も意外と多いです。

    手軽に手に入る歯磨き粉の中には、かなりミントなどで刺激が強くなっており、口の中が痛くなることもあるかもしれません。

    しかし、低刺激成分ばかりが配合されていますので、あまり刺激が強いと口の中でトラブルを起こしかねない人も安心して使うことができます。

    辛いのが苦手な人は子供だけではなく、大人でも意外とたくさんいます。だから、老若男女問わず幅広い人が使える歯磨き粉と言えるでしょう。

    種類も多くなっていますし、通販サイトなどで注文することもできます。低刺激な歯磨き粉を使いたい人にぴったりでしょう。
  • 植物由来成分がたっぷり

  • 植物由来成分がたっぷり入っていることが最大の特徴です。

    100%植物由来成分のほうが良いと思うかもしれません。あまり界面活性剤を使いたくないという人もいるのではないでしょうか。

    敏感肌だから、口の中もあまり刺激が強くないほうが良いという人もいるでしょう。刺激が強い歯磨き粉は苦手という人ならば、植物性歯磨きを使えば、痛くないのでしっかりと歯を磨けます。

    刺激が強いとすぐに吐き出したくなりますから、丁寧に時間をかけて歯を磨けなくなってしまいます。

    しかし、泡で汚れを落とすわけではないので、しっかりと磨かないと磨き残しが多くなるので、安心してじっくりと歯を磨くことができます。

    ミント風味であっても、あまり強くミントを感じないようにしていますから、低刺激であることには変わりありません。
    さわやかなほうがさっぱりするので、多少ミントを感じるようにしてあるだけです。

    また、あまり泡がたくさん出ないことも多いです。
    種類によっても泡立ち方に違いがありますが、あまり泡立たないメーカーもあります。泡が多すぎてしまうと、歯を磨いている時に泡が邪魔をしてしまい、磨きにくいですし、泡が多いと歯を磨いたような気分になってしまうので、磨き残しが多くなるというわけです。

    メントールが使われていることもありますが、必要最低限の量しか入っていないので、メントールが得意ではない人も安心して歯を磨けるのではないでしょうか。ごく少量だけのメントールならほとんど刺激を感じなくて済むでしょう。

    メーカーによって、内容成分に違いがありますが、低刺激であることには変わりありません。刺激が強くても平気な人もたくさんいますが、刺激に弱い人もたくさんいますので、なるべく低刺激な歯磨き粉でないと困る人にとって安心できる歯磨き粉です。

    植物由来成分がたっぷり入っていますが、高機能な歯磨き粉も多いです。口臭予防やホワイトニング機能が付いていることもあります。単に歯を磨くだけでは物足りない人にも良いでしょう。
  • どうやって見分けるべきか

  • パッケージに植物性歯磨きと書いてあれば簡単に見分けられます。しかし、必ずしも植物性歯磨きと書いてあるわけではありません。

    比較的、スタイリッシュなデザインのパッケージが多いですが、それでも完全に見分けられるわけではありません。まずは、低刺激かどうかという意味で、余分なものが入っていないかどうかをチェックしましょう。

    パッケージに何が入っていないのかが書いてあることがあります。界面活性剤不使用だとか、合成香料不使用というように、余分なものが入っていないとはっきりとわかりやすく書いているはずです。

    ただし、これだけではまだまだわかりません。ラウリル硫酸~などが入っていないかどうか、成分表を細かく見ていきましょう。
    そうすると、明らかに植物性と思われる成分しか入っていない、ほとんど植物性成分だけだとわかるはずです。

    パッケージに大きく植物性歯磨きと書いていなくても、以上のポイントを押さえておけば、きっと低刺激な歯磨き粉にたどり着けます。

    ホームページには、植物性成分しか使っていないと大きく書いてあることもあるので、気になる歯磨き粉を見つけたら、ホームページで確認してみると良いかもしれません。そうすれば、植物性歯磨きかどうかを確認できるでしょう。

    香料に関しては、天然成分の香料を使っていることもあるので、必ずしも香料が入っていると安心して使えないとは言えません。

    天然のミントを少しだけ使っているということであれば、低刺激ですので、安心して使えるでしょう。香料はどんな香料を使っているのかまで調べましょう。

    成分表を見て、見分けることができるので、ある程度の成分に関しては頭に入れておいたほうが良さそうです。

    どうしても、低刺激で安心して使えないと困るという人は、気を付けてください。自分で見分けようと思えば意外と見分けることができます。

    パッケージには、大事な情報がたくさん書いてあります。最も大事な中身がわかりますので、成分表を中心に確認してみてください。
  • 大きなメリットがある

  • 何と言っても、植物性歯磨きの最大のメリットは、泡がたっぷりたたないことではないでしょうか。
    そのおかげで、歯をしっかりと磨くことができます。

    普段、歯磨き粉をどれくらい使っているでしょうか。たっぷり使わないと気が済まない人もいます。すると、口中が泡だらけになってしまうので、ほと
    んど泡で口を洗っているような感じになってしまいます。歯に付いた汚れは頑固なので、きちんと磨いてください。

    低刺激も同じことが言えます。
    歯周ポケットや奥歯の奥など磨き残しが多くなる場所がいくつもあります。

    また、歯並びが悪い人なら、余計に磨き残しが多くなるでしょう。刺激が強いと、細かいところまで歯を磨きたくても刺激に負けてしまってすぐに口をゆすいでしまいたくなります。
    これでは、虫歯や歯周病ができやすくなるので、治療が必要になるかもしれません。

    研磨剤が入っていないこともあり、薬剤を歯に塗っていても取れる恐れがあまりありません。
    研磨剤が入っていなくても、汚れを取ることができるようにしていますから、安心して歯を磨いてください。

    むしろ、泡もあまり出ませんし、低刺激なので時間をかけてゆっくりと丁寧に歯を磨くことができるメリットがあります。
    さっさと磨いて終わらせる人も多いですが、10分くらいかけてじっくりと歯を磨いたほうが良いです。

    朝は忙しいので難しいかもしれませんが、夜寝る前はこれくらい時間をかけて歯を磨いたほうが良いでしょう。こんなに長い時間をかけるのだと思うと驚いてしまいますが、これが理想です。低刺激な植物性歯磨きで10分かけて歯を磨く習慣を付けませんか。

    刺激となる成分が極力使われていませんし、誰もが安心して使えます。
    口が乾きやすい人は、エタノールが入っていないことを確かめてから使いましょう。

    植物性歯磨きでもエタノールが入っていることがあるので、気を付けて選んでください。メリットがたくさんあるので、歯磨き粉で不満を抱えている人は、変えてみませんか。不満に思うことがなくなるかもしれません。
  • 副作用や注意点はあるのか

  • あまり問題になることはないのですが、泡があまりたたないので、歯を磨いた気になれないというデメリットはあるかもしれません。

    慣れれば特に気にはならないでしょうけれども、慣れるまでの間に力を入れて歯を磨くことがあるかもしれないので、気を付けてください。歯も歯茎もとてもデリケートなので、あまり力を入れて磨かないでください。泡が少ないから力を入れたくなっても我慢して弱い力で丁寧に磨きましょう。

    また、基本的には歯磨き粉ですからあまり大量に使う必要はありません。泡が出ないからと言って、たっぷり使うのではなく、適量を使いましょう。

    歯ブラシのヘッドの部分全体、または半分だとかそれくらいで良いでしょう。歯科医によっても意見が分かれるところですが、大体これくらいの量を使うとちょうど良いのではないでしょうか。

    植物由来成分ばかりとは言え、その中にアレルギーを発症する可能性があるものが入っていれば、アレルギー症状が出るかもしれません。自分が持っているアレルギーを把握して、問題がないことを確かめてから使うようにしましょう。

    植物由来成分ばかりなので、あまり副作用の心配はありませんが、100%植物由来成分ではない場合は、注意してください。

    キシリトールは摂取しすぎるとお腹が緩む、メントールはさっぱりするけれど、目に入ると大変というように気を付けないといけないこともあります。

    あまり副作用を気にする必要はありませんが、アレルギー体質の人は気を付けたほうが良いかもしれません。また、正しく歯磨きしましょう。自己流で磨く人が多いです。

    自己流の場合は、泡が少ないとかえって力が入ってしまうことが多いので、この点が最も大事です。

    低刺激で安心して使えるのに、そのメリットを生かせなくなってしまいます。自分から強い刺激を歯に与えかねません。

    そうならないようにしてください。せっかくですから、正しい歯の磨き方をマスターしてみるのも良いでしょう。そうすれば、植物性歯磨きのメリットをより生かせるでしょう。
  • どのような商品があるのか

  • どんな商品があるかを知っていますか。

    気にして歯磨き粉売り場に行かないと気が付かないでしょう。

    通販のほうが手に入りやすいこともあります。もしかしたら、通販で買ったほうが良いかもしれません。一度は使ってみたいと思ったら、ぜひ以下の商品をチェックしてみてください。

    マイハビット ナチュラル歯磨きジェルは、100%天然成分だけで作られています。

    もちろん、低刺激ですから、安心して使えます。朝食前に歯を磨いても味が変わらないので、寝起きにも使いたくなるかもしれません。天然精油を使っていますので、フルーティな味がするので、大人も子供もみんなで使えそうです。

    薬用植物性歯磨きジェルは、文字通り植物性歯磨きです。
    歯医者さんと一緒に農家さんが7年かけて開発されました。

    だから、安心感が違います。植物成分のみで作られていますので、もちろん、低刺激です。余分なものが入っていないので、安心して誰もが使えると言っても良いかもしれません。

    こちらも味が口の中で長くとどまらないので、朝食前に使うとよさそうです。使うと口の中がさわやかになるのに低刺激ですから、敏感な人も安心して使ってみてください。

    WELEDA植物性歯磨き粉も安心して使えるでしょう。スキンケアでも有名なWELEDAの歯磨き粉です。

    もちろん、界面活性剤などが使われていません。植物エキスを特別な配合にしてあり、口の中を清潔に保てます。ミント味ですから、使用後はさわやかな感じがするでしょう。すでに、WELEDAを使ったことがある人は、安心して使えるでしょう。

    これらは、ほんの一例です。まだまだたくさんの植物性歯磨きがたくさんあります。店頭でも手に入るものもありますので、売り場で確かめてみませんか。
    紹介した商品を使うのも良いですし、他の商品を使っても構いません。

    意外と、歯磨き粉に満足していない人は多いでしょうから、植物性歯磨きにしてみませんか。こういう低刺激な歯磨き粉を探していたという人もいるでしょうから、試してみてください。
低刺激の「植物性歯磨き」なら大人から子供まで安心して使える!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事