低刺激で安心して使える植物性歯磨きにはどんなものがある?

低刺激で安心して使える植物性歯磨きにはどんなものがある?

Thumb?1414295452 muah♪さん

238

歯磨きは毎日するものですが、意外にも市販の歯磨き粉には逆に歯に悪影響を及ぼしてしまうものが配合されていることがあります。できるだけ歯にとって低刺激で安心して使えるものを使いたいという場合にはできれば植物性歯磨きを使うのがおすすめです。

  • 植物性歯磨きとはどういうもの?

  • 植物性歯磨きとはどういうもの?
  • 植物性の葉磨きとはその名の通り、植物性つまり天然由来成分だけを使って製造されている歯磨き粉のことをいいます。

    天然由来だけを使っているので体にとっては安心して口に入れることができるものですし、低刺激なのでお子さんから大人まで幅広い年齢の方が安心して使うことができます。家族みんなで1つの歯磨き粉を使うことができるというのは大きなメリットです。

    例えば市販の歯磨き粉ですと大人用と子供用は分けて使わなければいけませんが、植物性であれば成分的な問題がありませんから、お子さんにも低刺激であるため、使い分ける必要がありません。

    もちろん植物性の歯磨き粉にもお子さん用のものはありますから、お子さんはお子さん向けのものを使うということもできますが、気にならないのであれば子供から大人まで一つの歯磨き粉でもOKというのは経済的です。

    植物性の歯磨き粉に使われている原材料ですと有名なものではなた豆があります。なた豆は口臭予防にも効果的だといわれていますので口臭が気になる方には人気です。

    他には和漢植物をいくつか配合した歯磨き粉もあります。和漢植物が低刺激ながらも殺菌力が高く、口臭予防などにも役立ちます。歯に負担がかかってしまう研磨剤などもなるべく使わないようにされており、使う場合も負担がかかりにくい低刺激な成分を使っていますから歯の健康にもとても良いとされています。

    食べ物や美容面でもオーガニックは流行していますが、歯磨き粉でも今は自然派だという人が非常に増えてきているのです。健康のためには歯もしっかりと大切にすることが大切です。

    歯がなくなってしまうと食べ物を噛むことができなくなり、消化にも影響が出てしまいます。歯を大切にすることはそういう面でも大切なことなのです。

    将来一つでも多くの丈夫な歯を残すためにも安心して使うことができる植物性の歯磨き粉をチェックしてみるのも良いでしょう。植物性の歯磨き粉の種類もいろいろとありますから、自分の好みや効果などから選ぶといいです。
  • 植物性歯磨きの特徴とは?

  • 植物性歯磨きはオーガニック歯磨きとも呼ばれることがありますが、その最大の特徴といえば天然素材でできているため、歯磨きをした時に泡立たないということがあります。

    植物性歯磨きには一般的な歯磨き粉に入っているような発泡剤が入っていないのです。そのため歯を磨いた時には最初は物足りないような感覚を感じるという方も少なくありません。

    しかし、それで良いのです。一般的な歯磨き粉に入っている発泡剤には合成界面活性剤が含まれており、歯の表面や口の中にある唾液を取り除かれてしまうこともないのです。

    歯磨き粉に入っている研磨剤も配合されていません。もし入っている植物性歯磨きであっても微粉末であるシリカを使うなどなるべく歯への負担がかからないようにと工夫をされています。

    つまり歯にとっては安心して使える成分しか含まれていないので低刺激で、例えば小さなお子さんであっても安心して使うことができるということです。

    一般的な歯磨き粉に含まれている人工的な成分のほとんどが植物性歯磨きには入っていません。そのため、長期間ずっと使い続けていたとしても植物性歯磨きであれば歯だけではなく、人体への悪影響も心配しなくてすむということになります。

    最近では食事や健康法などでもオーガニックにこだわる方がとても増えてきていますが、そういう意味では植物性歯磨きが人気となってきている現在の状況も納得できるというものです。

    ただ植物性歯磨きは一般的な市販の歯磨き粉よりは少し高い価格で販売されていることも多いのですが、そこはやはり安心して使える自然由来のものだけを使って作られている植物性歯磨きということで理解しておかなくてはいけないことでしょう。

    しかし植物性歯磨きが少し高い価格だったとしても長い目で見れば、将来的に歯に負担がかかる歯磨き粉をずっと使っていたことが原因でしなければいけないかもしれない歯の治療費よりは実はずっと経済的なのです。
    植物性歯磨きを使うことは低刺激という特徴から将来的に歯を守ることにもつながります。
  • 植物性歯磨きの見分け方

  • 植物性歯磨きを見分けるにはどういったところに注目したら良いのでしょうか。

    植物性歯磨きは安心して使えるというその特徴からもわかるように自然素材のみを使っているもののことをいいます。

    一般的な歯磨き粉の中にはソルビトールやサッカリンといった甘味料が入っていることが多いですし、二酸化チタンという歯の輝きや白さを出すために配合されているものもあります。

    しかしこの二酸化チタンは実は漂白剤に使われている成分なのです。もちろん体にとっては害があるものであり、体内に吸収されてしまうこともあります。そしてグリセリンは多くの歯磨き粉には入っていますが、このグリセリンは歯に硬い膜を作ってしまい、歯が自ら硬くなることを邪魔してしまいます。

    発泡剤として使われていることが多いのがラウリル硫酸ナトリウムですが、この成分はなんと車の洗浄剤に使われているものと同じもので、体内に吸収された後で細胞に損傷を与えたりと悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

    植物性歯磨きで安心して使えるものを探すための見分け方として歯磨き粉の原材料の部分をチェックし、これらの体に悪影響を及ぼす可能性があるものが含まれていないかを見てみるというのが良いでしょう。

    他にも気になる成分というとプロピレングリコール、水酸化アルミニウムなどもあります。プロピレングリコールは発ガン性物質であるといわれており、さらに腎不全や肝機能障害を起こしてしまう危険性も高めるといわれています。

    そして水酸化アルミニウムはアルツハイマーになってしまう確率を高める成分だともいわれており、将来的なことを考えればできるだけ体内に入ることは避けたい成分です。

    甘味料などもサッカリンナトリウムというものが入っていることがありますが、こちらも発ガン性があるといわれており、子供用の歯磨き粉などにも含まれていることが多いので、購入する前には入っていない歯磨き粉を購入したほうが良いでしょう。

    植物性歯磨きにはこういったものはなるべく含まないように製造されているので確認してみるのが良いです。
  • 植物性歯磨きのメリットはどんなところ?

  • 植物性の歯磨きのメリットといえばやはり歯への刺激がほとんどない低刺激であるというところでしょう。

    お子さんから大人まで安心して誰でも使うことができるのが植物性であるというメリットです。食べても平気な素材を使っているため、歯磨きをしている時にもし飲み込んでしまったとしても何か悪影響を与えてしまうということがありません。

    オーガニックシャンプーなどでもそうですが、一見なんだか使い心地が悪いような気がするけれど、実は体への負担が少ないので安心して使えるものだというのが植物性の歯磨き粉なのです。

    人工的な成分が入っていないのなら歯の着色などもきれいにならないのではないかと気になる方もいますが、植物性の素材であっても低刺激なもので着色をきれいにすることができるものはありますし、歯の表面をツルツルにする効果を期待できるものもあります。

    歯みがきは毎日するものですから、もし体内に吸収されたとしても安心だというものを使っているほうが良いです。
    それを実現できるのが植物性の歯磨き粉というわけです。

    研磨剤が入っていないことがほとんどなので、歯の表面を傷つけてしまうこともありません。歯の表面が傷ついてしまうとそこから細菌が入り込んで虫歯の原因になることもありますし、歯が着色されてしまう原因も実は研磨剤による傷にコーヒーやお茶、色のついた食べ物を食べることで着色されてしまっていることだといわれています。

    研磨剤がなければよほど強く歯を磨かなければ傷もつきにくくなりますし、そういった原因を取り除くことができます。着色汚れがつきにくくなればホワイトニングをする回数も減りますし、さらに歯への負担を少なくすることができるのです。

    素材そのものが自然由来のものであることで低刺激で安心であるというだけではなく、虫歯やホワイトニングなどが気になる方にとってもメリットは大きいということになります。歯を大切にしたいのであればできるだけ低刺激なものを使うのが良いことは誰もが知っていることです。
  • 植物性歯磨きを使う副作用はあるのか

  • 体に優しい低刺激な歯磨き粉であっても体に副作用が起きてしまうことは全くないのかということですが、これは使われている素材にアレルギーがあるかないかによっても違うでしょう。

    自分にはどんなアレルギーがあるのかということは事前に理解しておく必要があります。いくら安心して使える素材しか含まれていなくて低刺激だといっても、原材料そのものにアレルギーがあれば副作用は当然起きてしまいます。

    体に良いものとして知られるものには漢方薬がありますが、あの漢方薬も自然由来の生薬というものをいくつか組み合わせているものなのです。副作用は非常に起きにくいといわれています。

    しかしその漢方薬でさえ、使われている原材料にアレルギーを持つ人が飲めば体が改善するどころか副作用が出てしまいます。それと同じことです。本当に低刺激で安心できるものを使いたいのであれば、購入する前に原材料を必ずチェックすることを忘れずにしましょう。

    そして、デメリットといえるのはやはり一般的な歯磨き粉が安いものであれば100円ほどで購入できるのに対し、植物性の歯磨き粉の場合は100円で購入できることはまずありません。安いものであっても1200円から1500円ほどはしますから、歯磨き粉にお金をそこまでかけたくないという方にはあまり向いていません。

    しかし歯科クリニックに通う確率を少しでも減らしたいということであれば歯に負担がかかりにくいものを使うほうが良いですから、そういう意味では多少値段は高めであっても安心して使うことができる歯にとっては低刺激な歯磨き粉を使うほうが良いといえます。

    自分がどういった目的をもって歯磨き粉を使いたいのかという点を考えてから歯磨き粉を選ぶ基準を見つけるといいです。

    低刺激で安心なものがその基準のトップにくるのであれば植物性の歯磨き粉は使ってみる価値があるということになります。副作用の可能性を低くするためにはもし自分のアレルギー物質がどういったものがあるのかわからないという人は良い機会なので検査してみるのも良いです。
  • 植物性歯磨きにはどんな商品がある?

  • 植物性の歯磨き粉といってもその種類はいろいろとあります。

    どんなものがあるのか、いくつかご紹介しましょう。

    例えば「しろえ歯磨きジェル」というものがあります。
    こちらは歯科医が監修した天然派のホワイトニング歯磨きジェルで、和漢植物などを12種類厳選した植物エキスを配合しています。
    ホワイトニングしながら虫歯や口臭予防をすることができます。

    他にもWELEDAの「歯磨きハーブ」は口コミでも人気となっています。

    こちらはジェルタイプで価格も1000円ほどというのが購入しやすく魅力的です。電動歯ブラシに使うことができます。ミルラエキスやカミツレエキスを配合しており、香りはエッセンシャルオイルのフレッシュミントです。

    そしてMelvitaの「エッセンスビオ ストロベリー トゥースペースト」もあります。こちらはフランス発のオーガニックコスメブランドで、ホワイントニング、ブレスケア、センシティブもありますが、このストロベリーペーストが一番人気となっています。

    キシリトールやグレープフルーツ種子エキス、エキナセアなどが配合されています。ストロベリーペーストということでお子さんが歯磨きする時にも良いです。

    「ミントアンドグリーンティー」はエコサート認証の北欧で40年間もオーガニック業界の中心的なメーカーであるURTEKRAMから出ている歯磨き粉で、水と炭酸カルシウム、ハーブエキス、エッセンシャルオイルのみが原材料となっています。

    また見た目もスタイリッシュでオシャレだということで持ち歩くにも良いとして人気となっています。これらの歯磨き粉はいずれも1000円前後で購入できるものばかりなので、植物性歯磨き粉としては購入しやすい価格です。

    ちょっと変わったところでは500円ほどで購入できるシャボン玉の「薬用せっけんハミガキ」もあります。
    せっけんという名前がついてはいますが、もちろん石けんの味や香りはしません。天然塩や天然のスペアミントなどが配合されています。発泡剤として無添加せっけんを配合しています。
低刺激で安心して使える植物性歯磨きにはどんなものがある?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事