「植物性歯磨き」は安心の低刺激で口腔に優しい洗浄力を発揮!

「植物性歯磨き」は安心の低刺激で口腔に優しい洗浄力を発揮!

Thumb?1414295452 muah♪さん

55

口腔ケアの基本は毎日の歯磨きであり、これは歯科の定期検診よりも大切なことです。植物性歯磨きのメリットは、合成界面活性剤を含有しないので歯に優しく、虫歯・歯周病を予防できることです。

  • 植物性歯磨きは歯に優しい歯磨き剤

  • 植物性歯磨きは歯に優しい歯磨き剤
  • 毎日歯磨きをしていると、歯や歯ぐきを傷つけてしまうことがあります。

    特に研磨剤が多く含まれたものは、エナメル質を削ってしまうので歯が黄色くなってきます。
    磨きすぎることで象牙質が透けて見えてくるので、歯磨き剤は強すぎないものを選びましょう。

    植物性歯磨きのメリットは植物性成分から作られているため、歯や歯ぐきに優しいことです。

    通常の歯磨き剤の3~5倍程度と高額ですが、歯周病の予防効果は非常に高くなっています。
    使用感はさっぱりとしており、一般的な歯磨き剤のような風味がないのが特徴です。

    歯や歯ぐきに優しく、粘膜を傷つけないのもメリットと言えるでしょう。

    粘膜が傷んでしまうと、ヒリヒリして歯を磨くのが大変になったり、口内炎・舌炎ができたりします。
    口腔にトラブルを抱えている方こそ、合成界面活性剤を含まない安心の植物性歯磨きをおすすめします。低刺激なので使用感はマイルドで、それでいて口内細菌をしっかりと抑えてくれるのです。

    最近、口内がベタベタすると感じるようになったら、口腔環境が悪化している可能性が高いです。
    低刺激の植物性歯磨きを使用して、口腔の抗菌作用を高めていきましょう。
    高刺激タイプの歯磨きのほうが効果的に思えるでしょうが、刺激・清涼感と効果はほとんど関係性がありません。

    磨き終わったあとに口内がスースーするものは効果が高いように錯覚しますが、汚れの除去力が高いとは限らないのです。
    むしろ低刺激タイプの歯磨き剤のほうが、粘膜に優しいので安心できます。

    植物性歯磨きは一般的に歯ぐきが弱い方に推奨されているので、歯周病が気になる方はぜひ使用してみましょう。エナメル質に刺激を与えることなく、汚れだけを落とせるものが多いです。よい歯磨き剤は歯垢が減少し、歯のツルツル効果が長く続いてくれます。

    磨いてもすぐに歯がザラザラする歯磨き剤は、歯垢が付着しやすいのでおすすめできません。
    口内細菌を抑えてくれる歯磨き剤は、歯垢の発生を防ぐので、歯石を予防するためにも役立ちます。
  • 優しい成分で歯ぐきを傷めないのが特徴

  • 植物性歯磨きは優しい成分を使用し、歯ぐきを傷めないのがメリットです。

    歯ぐきが弱ってくると、歯磨きをすることでさらに歯ぐきを減退させてしまう可能性があります。
    すると歯を磨くときに無意識にセーブするようになり、しっかりと歯垢を落とせなくなることがあるのです。

    歯垢はベタベタした物質で、放置することでカルシウム分が固形化して歯石になります。歯石の状態になると除去できないので、そうなる前に落としていく必要があるわけです。

    強く磨く必要はありませんが、歯垢は残さずに落としていかないといけません。
    歯磨きブラシは硬いほど汚れを除去できそうに思えますが、これはあまり関係ないのです。

    軽く歯・歯ぐきを滑らせるだけでも、しっかりと汚れを落とすことができます。
    ただしブラシが行き届かない部位は歯垢が残りやすくなるので、洗口液なども使用して磨き残しのある部位を確かめておくといいでしょう。

    植物性歯磨きは低刺激な上に、口内を潤してくれる作用もあります。しっかりと潤いを感じられますし、乾燥しにくい状態になるので雑菌繁殖を抑えるためにも効果的なのです。
    口内が乾燥すると雑菌繁殖が増えますが、これは殺菌作用のある唾液が減ることが一つの理由です。

    口臭・歯周病を防ぐためにも、低刺激が安心の植物性歯磨きの使用をおすすめします。
    歯の着色の原因となるステインは、歯垢よりも除去するのが難しくなります。お茶・コーヒーをよく飲まれる方はステインが付着しやすいので、入念に磨いていく必要があるでしょう。

    特に歯の上側に付着しやすいため、植物性歯磨きで入念に磨いていくといいでしょう。
    長めに磨いても歯や歯ぐきを傷つけないので、時間をかけて磨きたい方におすすめです。

    天然成分を中心とした歯磨き剤は、毎日使用したい方に適しています。
    歯は1日3回、食後に磨くのが好ましく、少なくとも1日2回は磨く必要があります。
    こまめに磨くことで口内を潤して、乾燥を予防して口内細菌を抑えることが可能なのです。

    口腔環境に合った歯磨き剤を使用すると、寝起きの口内もさっぱりとします。
  • 植物性歯磨きを見分ける方法とは

  • 植物性歯磨きは無添加タイプが多く、刺激性のある添加物が配合されていないのが特徴です。

    安心性・低刺激を売りにしているため、使用感はやや物足りないと感じることはあるでしょうが、汚れはしっかりと除去することができます。

    泡立ちが少ないので洗浄力は弱く感じるかもしれませんが、一般的な歯磨き剤のようにしっかりと汚れを落とせます。

    植物性歯磨きはシンプルなパッケージを採用したものが多く、英語表記の商品も見られます。
    界面活性剤を使用しておらず、歯ぐきに優しく磨き上げるのです。
    ミント系の清涼感があるタイプもありますが、一般的な歯磨き剤のような強烈な爽快感はありません。
    はじめて使用する方は本当に汚れが落ちているのか不安になることもあるでしょうが、歯垢の除去力は十分なレベルです。
    保湿力も高く設定されていますから、口内の潤いを維持しやすいでしょう。

    価格は高めに設定されており、1本1,000円~2,000円程度となっています。市販の歯磨き剤にも高額なものがありますが、これらの多くは植物性歯磨きとは異なります。

    研磨剤や薬効成分が含まれており、歯ぐきにヒリヒリを感じるタイプもあるのです。
    医薬品・医薬部外品に分類されるものは、刺激が強いものが少なくありません。

    歯周病が進行している状態では使用が必須になることもありますが、歯周病を予防するためには低刺激タイプの歯磨き剤のほうが安心できます。
    毎日使用することを考えると、低刺激であるほど安心できるのは間違いありません。
    合わないものを使用すると、口内細菌のバランスが崩れてしまう可能性があります。

    口内のベタつきが気になるようなら、歯磨き剤を変えてみるのもよいでしょう。
    洗顔料やボディソープも無添加が安心なように、歯磨き剤も低刺激が好まれる時代なのです。
    刺激が弱いほど粘膜に優しく、口内を傷つけずにすむわけです。

    ジェルタイプの歯磨き剤は使用感がよりさっぱりしており、ミント系の味わいが弱くなっています。
    清涼感はそれほどありませんが、使用後は口内がしっかりと保湿されるのがわかります。
  • 低刺激で安心できるのがメリット

  • 植物性歯磨きは低刺激で、毎日安心して使用できるのがメリットです。

    毎日使用するという部分が重要であり、多少刺激が強くてもたまに使用する分には問題ないのです。

    しかし、歯磨きは毎日2~3回は行うべきなので、高刺激タイプは好ましくありません。
    口内は人一倍丈夫だと自覚している方もいますが、そもそも他人と比較するのは難しいでしょう。
    自分で丈夫だと考えていても、実際は普通レベル未満かもしれません。

    何より年齢によって口内も老化していきますから、年齢に見合った歯磨き剤を使用するべきなのです。
    低刺激タイプだと汚れが落ちにくいと思うかもしれませんが、刺激とは洗浄力と無関係なのです。
    ヒリヒリ、スースーとする感触があれば汚れがよく落ちるように思えますが、これは錯覚だと考えていいでしょう。

    泡に関しても言えることであり、歯磨き剤はあまり泡が立たなくても汚れは除去できています。
    ここはシャンプーやボディソープとは異なるところであり、シャンプーなどは泡をたくさん作ることで毛穴につまった汚れを除去しやすくします。

    これに対して歯磨き剤は、泡があまり出なくても汚れはしっかりと落ちているので問題はありません。
    泡がたくさん出るものは洗浄力が高いと思われますが、これは清涼感を得るための工夫なのです。

    植物性成分をメインにしたもの、無添加の歯磨き剤などは泡が少ないものが多いですが、殺菌・歯垢を除去して虫歯・歯周病はしっかりと抑えてくれます。

    毎日の歯磨きで大切なのは、口内環境を健全な状態で安定させることにあります。
    口内がさっぱりした状態を長く継続できるのが好ましく、歯磨きをしてもすぐにベタつくようだと問題があるわけです。

    植物性歯磨きは低刺激で安心できるだけでなく、口臭を予防する作用も優れています。
    口臭の原因となる菌を抑制することで、口内がすがすがしい状態を維持してくれるのです。

    口臭が気になる方は歯磨き剤が合っていない可能性があるので、変えることも考えてみましょう。
    消臭作用のある歯磨き剤なら、寝起きの口臭もあまり感じないほどです。
  • 植物性歯磨きに副作用はあるのか

  • 医薬品に分類される歯磨き剤には一定の副作用がありますが、それ以外の商品に関しては副作用の心配はほとんどありません。

    そもそも副作用というのは、主作用に対して発生するものなのです。
    医薬品でない限りは、副作用はほとんど発生しないと考えていいでしょう。

    医薬部外品の栄養ドリンク、健康食品のサプリメントなどに副作用がほとんどないのと同じです。
    ただし、植物性歯磨きは低刺激で安心とは言っても、やはり相性の合う・合わないは関係してきます。

    どんなに安心・安全を売りにしていても、万人にとってベストとなることはありえません。
    どのような商品にも言えますが、10人が使用すれば2人程度は不満に感じることが多いものです。

    植物性歯磨きの使用上の注意は、ゴシゴシと力を入れて磨かないことです。
    力を入れるほど汚れが除去しやすいと思えるでしょうが、歯磨きは弱い力でも十分に歯垢を落とせます。

    無理な力を加えてしまうと歯ぐきを傷つけて、歯周病のリスクを高めることになります。
    歯周病は進行性の疾患ですから、いかに抑えていくかが大切なのです。

    歯を失ってしまう最大の原因は虫歯ではなく歯周病にあるため、歯と同じくらい歯ぐきは大切です。
    低刺激タイプの歯磨き剤は安心して使えますが、泡が少ないと自覚すると必要以上にゴシゴシと力を入れて磨いてしまう方が多いと言えます。
    無理に磨くと歯ぐきを後退させて、歯を長くしてしまう原因にもなるので注意してください。

    歯を元気に保つためには、何よりも正しい方法で磨くことが大切なのです。
    正しい方法で毎食後に磨くのが好ましく、歯ブラシは普通タイプで問題ありません。
    1cm程度の幅で小刻みに往復させることで、歯間の汚れも除去しやすくなります。
    洗口液を使用すれば、磨き残しがすぐにわかるので便利です。

    磨いたあとに歯ぐきがヒリヒリするようなら、歯周病が始まっている可能性があります。
    この状態になったら安価な歯磨き剤を使用するのは中止して、植物性歯磨きを使用するのが安心でしょう。
  • 安心できる植物性歯磨きを選ぼう

  • 植物性歯磨きを選ぶときは、日本製の商品が一番おすすめです。

    海外製の商品は日本製より優れているように錯覚する方が多いでしょうが、外国人は食生活や口腔環境などが日本人とは異なります。

    日本製は安全基準が高く設定されているので、1,000円クラスの歯磨き剤ならどれを使用しても失敗がないレベルになっています。

    歯磨き剤と言えば粉を練ったタイプがおなじみですが、植物性歯磨きは低刺激のジェルタイプも多いです。
    ジェルはあまり泡が出ませんが、汚れはしっかりと落ちるので大丈夫です。

    歯が敏感になっている方は、研磨剤が含まれていないタイプが安心でしょう。
    研磨剤は歯を白くする目的がありますが、歯質そのものは白くはなりません。

    主に着色汚れのステインを除去することが目的であり、ホワイトニング剤のような効果はないのです。
    研磨剤入りの歯磨き剤を長年使用していると、エナメル質が透けて象牙質が見えてくるようになります。

    きちんと歯磨きをしているのに、以前より歯が黄色くなってきたと感じたら注意が必要でしょう。
    一般的な歯磨き剤であるペーストタイプは、研磨剤が含まれているものが多くなっています。

    ステインが気になる場合はペーストタイプ、歯垢だけを落としたい場合はジェルなどと使い分けるとよいでしょう。
    口腔環境というのは1回の歯磨きで決まるものではなく、長年の食生活や口腔ケアが影響しています。
    不規則な生活を続けていると、口内環境が悪くなってくるので注意が必要です。

    口腔ケアについても言えることであり、20代~30代くらいから植物性歯磨きを使用するのが好ましいと言えます。
    虫歯・歯周病が発生してから治療することを考えると、若いうちから予防ケアにお金をかけたほうが安上がりでしょう。

    歯磨きをするときに使用する歯磨き剤の量は適量で問題なく、具体的には1cmくらいです。
    歯ブラシいっぱいにつける方もいますが、大量につけると逆に洗浄力が落ちることが多いのです。
    1cmもつければ十分な機能を発揮しますから、つけすぎには注意しましょう。
「植物性歯磨き」は安心の低刺激で口腔に優しい洗浄力を発揮!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事