こどもの虫歯予防にとっても最適なフッ素入り歯磨きジェル

こどもの虫歯予防にとっても最適なフッ素入り歯磨きジェル

Thumb?1414295452 muah♪さん

278

こどもにはずっと健康に過ごして欲しいと思うのは、親として当たり前の感情です。口の中の健康が全身に及ぼす影響が叫ばれて久しい昨今、オーラルケアへの関心はますます高まっています。歯磨きにも気を使いたいです。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 歯磨きジェルとはどんなものか
  • 歯磨きジェルの特徴とその効果的な使い方
  • 使用する歯磨きジェルを見分ける方法
  • 歯磨きジェルを使うメリット
  • 歯磨きジェルを使う時の注意点
  • 歯磨きジェルの商品例とその特徴
  • 歯磨きジェルとはどんなものか

  • 歯磨きジェルとはどんなものか
  • 歯磨き粉と聞くと、多くの方が思い浮かべるのはペースト状のタイプです。

    チューブを押してニュルっと出てくるどちらかと言うと固形に近い形状です。
    歯ブラシに乗せても落ちにくく、口の中で馴染ませるのにも少し時間がかかるという特徴があります。

    一方、歯磨きジェルの場合は液体に近い文字通りジェル状です。

    ブラッシングをするときに、口全体に馴染みやすく、使用感が良いのが特徴です。
    ペースト状のものに比べて、発泡剤や洗浄剤などをあまり含まない代わりにフッ素などの成分を豊富に含んでいることが多いです。

    とにかく歯に付着した汚れをしっかりと落とすことに重点を置いているペースト状の歯磨きに対して、歯磨きジェルは少し違った意味合いを持たせているものが多いです。

    例えば、フッ素に関しても、できるだけ口の中に長くとどまるよう工夫がされています。
    フッ素には、歯を溶かしていってしまう虫歯菌の働きを抑制する効果や、歯の再石灰化に働きかけて、歯を強くする効果もあります。

    その他特筆すべき効果として、初期虫歯を治してしまう効果も認められています。
    食事のたびに溶け出すカルシウムやリンなどのミネラルは、唾液によって再石灰化という形で補われます。このバランスが崩れると初期虫歯が始まりますが、フッ素の力で初期虫歯にミネラルが多く吸収されることで、少しずつ治っていくというメカニズムです。

    この、こどもの歯の健康を維持する上でキーワードとなるフッ素を、長く口の中、歯に止める事はオーラルケアには欠かせない要素です。

    予防歯科への関心が高い各国では、歯磨きに対する意識も高く、フッ素に対する考え方も日本よりかなり進んでいます。それらの国々でも、歯磨きジェルは多く利用されており、歯を健康に保つために一役買っているのが現状です。

    ジェル状の歯磨きを使えば、虫歯を防ぎ、初期虫歯を治し、歯を強くしてくれるなどの多くの効果を手軽に享受することができるようになります。こどもの口の中の健康を守るためにも、歯磨きジェルは心強い味方となってくれます。
  • 歯磨きジェルの特徴とその効果的な使い方

  • 歯磨きジェルには、どちらかと言うと歯を守るという効果が期待されます。

    ペースト状の歯磨きが汚れを落とすことに注力しているのに対して、ジェル状の歯磨きは歯を強くしたり、虫歯を防いだりする効果が強いです。

    これらの効果は、こどもには特に必要であると言えます。
    乳歯が生え始めたら、すぐにフッ素を塗布し始めるのが賢明です。生えたての歯はとても柔らかく、こどもの歯は隙間や凹凸も多いため虫歯になりやすい環境が揃っています。
    柔らかい歯は溶けやすく、虫歯の進行も早くなってしまいがちです。

    この時期に虫歯を防ぐ事は、こどもの一生を考えた時にとても重要な意味を持ちます。一生のうちで最も虫歯になりやすいこの時期を虫歯なしで乗り切ることができれば、大人になっても虫歯になりにくいです。

    実際に虫歯になってしまった場合も、小さなこどもの場合は治療への協力も得にくく、歯医者さんも親御さんも大変な苦労をします。この経験をきっかけに歯医者嫌いになってしまうこどもも多いです。こうなる前にできることとして、フッ素を含むジェル状の歯磨きによる対策が有効です。

    歯磨きジェルによるフッ素の有効活用としては、寝る前のタイミングが良いです。寝ている間に歯の再石灰化が促されるので、フッ素を口の中に多くとどめることで、再石灰化をサポートすることができるからです。
    こどもの歯を真に守るためには、二段階で歯磨きをするのがらおすすめです。

    食事の直後は歯磨きのタイミングとして向いていませんが、しばらく経ってから、例えばペースト状の歯磨きで歯の汚れを落とすためのブラッシングをします。
    歯を清潔な状態にしてから、ジェル状の歯磨きでフッ素対策をすることで、より効果的な使い方となります。

    歯磨きジェルで歯磨きをするときのコツは、口を歯磨きの後にゆすぎ過ぎないことです。激しくうがいをしてしまうと、せっかく口の中に残っているフッ素まで流れ出てしまいます。

    口は軽く1度ゆすぐ程度で大丈夫です。歯磨きの種類によっては、うがいをほぼしなくて良いものもあります。つばと一緒に歯磨きの成分を吐き出すことで事足りるという歯磨きジェルもあります。
  • 使用する歯磨きジェルを見分ける方法

  • 歯磨きジェルを選ぶときに気をつけることは、研磨剤などが入っているかどうかというポイントがあります。

    歯に付着した無駄なものを落とすのに、研磨剤は高い効果を発揮します。汚れを落とすことに関してはとても優良です。

    しかし、その効果が強力であればあるほど、別の面でのリスクが高まります。
    歯は研磨しすぎると、傷ついてしまいます。傷ついたところから歯は弱くなり、そこから虫歯になることも珍しくはありません。ブラッシング圧が強くなってしまいがちな人は特に注意が必要です。

    歯をきれいにするため、汚れをきちんと落とすためという意識が強すぎると、ブラッシングをする手にもつい力が入ってしまいがちです。

    そうなると、歯や歯茎を傷つけてしまうことになりかねません。歯磨きに含まれる強力な研磨剤と高いブラッシング圧により、歯を傷めてしまっては本末転倒です。
    フッ素の力で歯を強くし、虫歯を防ぐためには、余計な成分は入っていない方がベターです。

    発泡剤も少ない方が良いです。
    ぶくぶくとよく泡立つ成分が含まれていると、いかにも歯磨きをしているという気になり、汚れが落ちているイメージは強くなります。
    この効果が強いせいで、十分に磨けていなかったり、磨き残しが出てしまう原因となっている人は意外と多いです。

    しっかり落ち着いて歯磨きをするためには、泡立ちの良さが災いにならないよう、過度な泡立ちは避けた方が良いです。

    歯磨きをした後の使用感も大切です。
    フッ素で歯が正しくコーティングされると、つるつるとした気持ち良い感触になります。寝る前に歯磨きジェルで歯磨きをし、フッ素で歯の表面を包んでいるという感覚は、強いほど良いです。

    あとは価格についても無理のない範囲で続けられるものを選ぶべきです。毎日の習慣としてするものですから、あまり高価なものだとそれがストレスになってもいけません。

    こどもだけではなく、できれば家族みんなで使いたいので、コストパフォーマンスは歯磨きジェルを選ぶ上で重要な要素になり得ます。
  • 歯磨きジェルを使うメリット

  • 歯磨きジェルを使って歯磨きをするメリットはたくさんあります。虫歯を予防するという利点だけをとっても、様々な理由が挙げられます。

    まず、発泡剤をあまり、あるいは全く使っていないので、口の中がぶくぶくと泡で満たされることがありません。

    ペースト状のものだと、ほとんどの歯磨きが泡立ちよく作られています。
    歯磨きジェルの場合はこれがなく、きちんと歯磨きをする意識付けをするのに向いています。
    これは、こどもの虫歯予防のためにとても重要なことです。

    口の中が泡だらけになると、それだけで歯や歯茎がきれいになったような錯覚をしてしまいがちです。そのせいで磨き残しができやすくなります。

    こどもの頃からこのような癖がつくと、十分に磨けない上に、磨き残す箇所も癖がついてきてそこから虫歯になりやすいです。小さい頃からしっかりとブラッシングをする癖をつけるという意味で、歯磨きジェルが持つメリットは大きいです。

    そして、フッ素をたくさん配合している上に、その成分が歯に残りやすいという特徴があるので、こどもの虫歯予防にはもってこいです。
    初期虫歯であれば、それを治す方向に働きかけてもくれるので、なお良いです。

    こどもの歯は弱く、柔らかいので虫歯になりやすいことを考えれば、虫歯を防ぐ効果が高い歯磨きジェルは最適です。

    同様に、研磨剤についてもこどもの歯に及ぼす影響は大きいです。研磨材を多く使用している歯磨きでは、こどもの歯は割と簡単に傷ついてしまいます。それをきっかけに虫歯になることも考慮に入れて、歯磨きジェルを選ぶ人は多いです。

    研磨剤がたとえ入っていなくても、時間をかけてしっかりとブラッシングをすれば、汚れを落として歯をきれいにすること、それをキープし続けることは可能です。

    そういった意味では、正しいブラッシングをこどもの頃から身に付けておくことも大切です。歯磨きジェルは、その手助けをしてくれる存在であると言うこともできます。

    フッ素を含めた有効成分が、ジェルだと歯の隅々まで行き渡りやすいというメリットもあります。歯全体をカバーしてくれれば、虫歯になりにくいのは当然です。
  • 歯磨きジェルを使う時の注意点

  • せっかくジェルタイプの歯磨きを使っても、正しく使えていないと効果を最大限に享受することは難しくなります。まずは正しいブラッシングの仕方を身に付けることが肝要です。

    歯の磨き方はいろいろと指導してくれるところがありますが、やはり専門家である歯医者さんに相談して、こどもと一緒に学ぶことがおすすめです。

    そして、家庭でブラッシングの仕方をこどもに教える場合は、一緒に歯ブラシを持って磨くと良いです。真似をする事は動作を身に付ける一番の近道です。一緒にブラッシングをすることで、楽しく学ぶことができます。

    ただゴシゴシと力を入れて磨けば良いというものでは無いことを、しっかりと教えてあげたいです。
    効率よく、かつ確実に歯磨きをするためには、電動歯ブラシを使うのも良い選択肢です。

    電動歯ブラシであれば、常に最適な力で歯磨きをすることができます。無駄に力を入れなくても、歯にブラシ部分を当てるだけで勝手に歯をきれいにしてくれます。

    歯磨きのタイミングとしては、就寝前がベストです。
    夜眠っている間は唾液の分泌の量も減り、虫歯菌が繁殖しやすい環境になってしまいがちです。
    しっかりとフッ素で歯をコーティングすることで、虫歯菌の増殖を防ぎ、口の中を健康に保つことができます。

    1日に2回、ジェル状の歯磨きで歯を磨くのがおすすめですが、時間的に難しいようなら寝る前だけでも構いません。これだけでもずいぶん結果や将来は違ってきます。

    そして歯磨きジェルを使う上で最も重要な事は、長く続けることです。フッ素の力で虫歯を予防したり口の中を清潔に保つには、継続性が必須です。

    一朝一夕にはいかないことを理解すべきです。こどもの間だけではなく、できれば大人になってからも続けたい習慣です。

    口の中の健康が全身に及ぼす影響は近年特に注目されています。歯や歯茎を健康な状態に保つことで、体の他の箇所へも良い影響を与えることができます。

    そのための一助となってくれるのが、フッ素が配合されたジェル状の歯磨きです。
  • 歯磨きジェルの商品例とその特徴

  • ジェル状の歯磨きと一口に言っても、その種類は様々です。

    ウェルテックジェルコートFは、強力な殺菌成分も配合しているので、虫歯予防だけでなく歯周病予防にも大きな効果を発揮します。

    研磨剤も無配合なので電動歯ブラシとのマッチングもとても良好です。歯を傷つけず健康に保つことができます。

    ピジョン親子で乳歯ケアジェル状歯磨きは、こどもの歯磨きデビューにぴったりの商品です。
    歯質を強化し、虫歯予防にも強い効果を発揮します。

    無香料、無着色ですが、キシリトールの自然な甘さがあり、こどもでも抵抗なく使えます。発泡剤は配合していないので、隅々まで丁寧に磨くことができます。

    バトラーデンタルリキッドジェルはフッ素とCPCを配合することで、虫歯やう蝕、歯肉炎を予防してくれます。
    泡立ちは抑えてあり、じっくりと隅々まで歯を磨くことができます。
    研磨剤は不使用なので、露出した根面にも優しいブラッシングができます。フッ素の力で再石灰化を促し、虫歯のない強い歯にしてくれます。

    Ciメディカルジェル歯磨き剤リカルは、フッ素配合で歯垢を除去し、再石灰化しやすい環境に口の中を整えます。
    甘味料として100パーセントキシリトールを配合しているので、使用感が良いのも特徴です。

    研磨剤、発泡剤は不使用なので、時間をかけてじっくりと歯磨きにをすることができます。電動歯ブラシとの相性もバッチリです。

    マンゴーミント、ピーチミント、アップルミント、トゥーミントと味を選ぶことができ、こどもでもストレスなく使用することができます。

    これらの他にもたくさんのメーカーから、いろいろな種類、配合の歯磨きジェルが販売されています。
    お値段が手頃なものも多いので、親子で使える一品を選び、家族みんなで歯の健康を守りたいです。

    こどもの頃からフッ素が配合されたジェル状の歯磨きでしっかりと歯磨きをする習慣を身につける事は、将来の健康のためにもとても役に立つことです。

    親子で楽しくオーラルケアを心がけ、ピカピカの丈夫な歯を保ちたいです。
こどもの虫歯予防にとっても最適なフッ素入り歯磨きジェル
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事