普通の歯磨き剤とは違う、こども用フッ素入り歯磨きジェルの魅力

普通の歯磨き剤とは違う、こども用フッ素入り歯磨きジェルの魅力

Thumb?1414295452 muah♪さん

205

近年、歯の健康やエチケットを求める傾向が高まる中で、歯磨き剤も色々な種類や症状、用途によって使い分ける事ができる様になりました。それは大人だけでなく、こどもに関しても一緒で、楽しく歯磨きが出来るようにと工夫された
商品が販売されています。

  • 普通の歯磨き粉と歯磨きジェルの違い

  • 普通の歯磨き粉と歯磨きジェルの違い
  • 歯磨き剤にも、色々な種類や味も多々ありますし、歯や歯茎の症状によって商品を選べるので、自分にあった歯磨き剤を使う事が出来るため、ご自宅でも気軽に歯のケアが行えるようになりました。

    少し前までは、歯磨き剤と言えば、大人用もこども用も白くて粘性のあるペースト状の歯磨き粉が主流でしたが、最近では、ジェル状の歯磨き剤も増えてきました。

    ジェルは、半固体で粘着性のある液体状の為、柔軟性と弾力性の2つの性質を持ち、潰れやすい特徴があるので、液だれもしにくく、歯に浸透しやすいと言う理由から人気があるようです。

    特に、お子さんにペースト状の歯磨き剤を使うと、全ての歯に広がりにくく、一部に塊が残ってしまう事もありますが、ジェル状ですと、そう言った問題もなく、歯の隅々まで行き届きます。

    また、研磨剤が少ない、もしくは入っていない歯磨きジェルは、大人よりもまだ、柔らかくて未熟なこどもの歯や歯茎を傷付ける心配もありません。

    虫歯を予防する働きをするフッ素も配合されている事が多いので、おこさんの歯を守ってくれる役目をしてくれます。

    こども用歯磨きジェルにも、ペースト状の歯磨き粉と同様に、様々な味や香りがする商品があるので、おこさんの好みの味を選んであげると、歯磨きをするのが楽しみになるかもしれません。

    こども用の歯磨きジェルには、フッ素以外にも食品使用成分と同じ成分が使われている商品もあるので、おこさんがうっかり口に溜まった泡を飲み込んでしまったとしても体に影響が殆どありません。
    安心して使いながら、虫歯予防ができます。

    出来ることであれば、おこさんへの仕上げ磨きは、食後の度に行ってあげるのが良いのですが、難しい場合は、夕食後や就寝前に仕上げ磨きをしてあげましょう。

    寝ている間は、唾液の量が減る為、どうしても口の中の細菌が増えやすい環境になりがちです。

    朝起きる時には、夕食後の約30倍にも増殖すると言われていますので、しっかりと大人が磨いてあげる事が大切です。
  • 歯磨きジェルの特徴・効果

  • こども用のみならず、最近では大人用にもフッ素が配合された商品が殆どで、フッ素配合の歯磨き剤を継続して使う事によって、虫歯に対しての予防率も上がっていくようです。

    では、虫歯を予防する働きの他には、どのような役目を果たしているのでしょうか。

    私たちは、きちんと歯磨きをしたつもりでも、隙間に歯垢が残ってしまっている場合が多いようです。
    その歯垢が原因で、虫歯になる可能性も高くなってしまいます。

    また、乳歯や生えたての永久歯は、溶けやすく虫歯になりやすく、虫歯になると進行も早いですし、永久歯で生活する時間の方が人生で長い為、その分、虫歯になる確率も高くなります。

    フッ素には、歯垢が作り出した虫歯の菌の働きや酸を弱める効果があります。
    そして、歯から溶け出したカルシウムやリンが再び石灰化するのを防ぐ働きもしてくれます。

    他にも、歯の表面を酸に負けない様な溶けにくい性質に修復し、歯質を強化します。

    特に、乳歯や生えたての永久歯は柔らかい為、フッ素配合の歯磨きジェルを使えば、歯を優しく磨きながらも歯質を強くしてくれるのです。

    フッ素は、口の中に留まっている時間が長い程、虫歯予防に効果的と言われています。

    本来、口の中は、中性が望ましいのですが、日中に飲食を行う事で、口の中は、脱灰と再石灰化を繰り返し、日々変化しています。

    つまり、脱灰の状態が続くと初期虫歯ができやすく、更に放っておくと、どんどん虫歯が進行していきます。

    一度、初期虫歯が出来てしまってからでは、たとえ気づいてから念入りにフッ素入りの歯磨きジェルを使って歯磨きをおこなっても、フッ素の効果は得られません。

    そうならない為にも、毎日丁寧に、フッ素入りの歯磨きジェルで歯磨きを行うことが大切です。

    歯磨きジェルに含まれたフッ素は、安全性も確認されていますが、食品ではないので、おこさんが歯磨き剤を舐めたり、歯を磨いた後の泡を飲み込まない様に、声をかけてあげてください。

    健康な歯を保つ為には、歯磨きと同時に、歯科での定期検診を1年、または半年毎に受けるとより安心です。

    おこさんの場合は、小児歯科で見て貰うと良いでしょう。
  • 歯磨きジェルの見分け方

  • こども用の歯磨き剤は、容器にも人気キャラクターや可愛いイラストが描かれていますので、ひと目で分かると思います。

    とは言え、人気キャラクターやこどもの気を引くイラストだけで判断するのは、ちょっと待ってください。

    こども用は、どれを選んでも同じな訳ではなく、ちょっとした事で選び方を間違えてしまうと、気づかないうちにおこさんの口の中は、見えない傷でいっぱいになってしまい、虫歯になりやすい環境になってしまう危険性もあります。

    まず、永久歯が生えるまでは必ず子供用の歯磨き剤を使う事が大切です。
    そして、フッ素入りが望ましいです。
    大人用の歯磨き剤に入っている事が多い、粒状の研磨剤が入っているものは避けましょう。

    一見、泡立ちが良さそうなものは、良く磨けて汚れも落ちている感覚になりがちですが、口の中が泡でいっぱいになると、奥歯までよく見えずに仕上げ磨きの際に磨き残しの原因になってしまいますので、泡立ちが良いものも避けたほうが良いでしょう。

    大抵の場合、市販の歯磨き粉や歯磨きジェルの約90%にはフッ化物が配合されています。
    その他にも確認の仕方、良いこども用の歯磨き剤の見分け方はあります。

    市販の歯磨き剤には、外箱やチューブの裏に必ず使用された成分が記載されています。
    お子さんの歯磨きジェルを選ぶ際には、是非、成分表を確認してみてください。

    そして、虫歯予防と効果があると言われているモノフルオロリン酸ナトリウムやフッ化ナトリウムが記載されている商品を選ぶようにしましょう。

    特に、フッ化ナトリウムは、歯を強くする効果が高いようなので、健康な歯を継続する場合にはこちらの成分が配合されたものが良いかと思います。

    一方のモノフルオロリン酸ナトリウムも、歯の奥深くまで浸透する効果がある為、虫歯がある場合や治療した後の歯には、こちらの成分を配合されていると良いでしょう。

    歯ブラシにも年齢によって大きさが異なるように、歯磨き剤も年齢に合ったものを正しく選んであげて欲しいと思います。
  • 歯磨きジェルのメリット

  • こども用歯磨きジェルは、ペーストの様に口の中に塊が残ることもないので、まだ上手にうがいができないおこさんでも口の中のすすぎもしやすいです。

    泡立ちも少ないため、仕上げ磨きの際にも、お子さんの口の中を確認しながら、奥までしっかりと磨いてあげられるメリットがあります。

    商品も、年齢によって使いやすさや効果が異なります。
    歯磨きデビューに適した歯磨き剤やフッ素に加えて酵素も配合された商品は、虫歯をやっつけながら強い歯を作る効果があるようです。
    お子さんの成長に合わせて、歯磨き剤を上手に選んであげて下さい。

    また、歯磨きジェルに、天然素材甘味剤のキシリトールが配合されている商品もあります。
    こどもの歯にとって、一番効果を期待するのであれば、まず、歯垢を取り除き、歯垢をつきにくくする事です。

    歯磨き剤を使用して歯を磨いた後と、ただのブラッシングのみで終わらせた場合を比較してみると、
    24時間後の歯垢の付き方が3分の1以下と言う結果が出ているように、歯磨き剤を使うメリットは
    十分効果があると言えるでしょう。

    こどもの歯は、歯垢に引き続き、歯の着色汚れを取り除く必要もあります。1日の間に飲んだり食べたりした食品には、歯に付着する色素などが含まれています。

    お茶の他にも、食器に色が残りやすい人参やソースなどの野菜や調味料が原因となる場合もあります。

    食べ物による着色では、歯の健康には悪影響を及ぼさないので、さほど心配する必要はありませんが、
    放置しておくと歯の色も変化していきます。

    いつまでも綺麗で健康な歯を維持する為にも、毎日のブラッシングや仕上げ磨きなどの歯へのケアは重要になってきます。

    子供用の歯磨きジェルにも、口臭を除去または、防止する働きがあります。
    口の中を綺麗で清潔な環境を保っていれば、効果的に口臭を抑えるだけでなく、防止もする事ができます。

    大体、生後6ヶ月頃から乳歯が生えてくる時期だと多います。
    勿論、歯が生えてきたら虫歯になる確率はあるのですが、初めからブラシを使うと歯磨きを嫌がるようにもなりかねないので、最初は歯磨きジェルをほんの少しだけ付けて、ガーゼなどで優しく拭いてあげるだけでも効果はあります。

    最後は、口の中に歯磨き剤が残らないように、拭き取ってあげましょう。
  • 歯磨きジェルの副作用・注意点

  • こども用ジェルには、フッ素入りの場合、年齢によって1回に使用する量も異なります。
    沢山つけてブラッシングすれば、効果もアップする訳ではありませんので、適量を使うようにしましょう。

    0~2歳までは、歯ブラシに1~3mm程度で大丈夫です。
    3~5歳までは、5mm程度で、6~14歳であれば、1cm程度になります。

    ジェルなので、分量を出すには難しいかもしれませんが、参考にしてみて下さい。

    歯磨きを終えたあとは、泡や味がある程度消えるまで、何回もうがいをしてしまいがちですが、うがいは1回程度で十分だと言われています。
    その方が口の中でフッ素が残りやすく、虫歯予防に効果的だからです。

    こども用歯磨きジェルは、小さなお子さんも安心して使えるようにと、安全性も確認されていますが、美味しい味や香りがすると、ちょっと目を離した隙に、お子さんが食品のように舐めたりしないように注意してください。

    乳歯が生えてくる6ヶ月頃から使う時には、ゴシゴシと力強く磨かない事に注意し、柔らかめの歯ブラシや歯磨きジェルタイプを選ぶと良いでしょう。
    下の歯が2本生えたら、歯磨きを行うようにする事も大切です。

    この時期はまだ、食べる行為は少ない為、口の汚れも唾液によって洗浄される事により、清潔が保てます。
    なので、磨くと言うより、大人も赤ちゃんも歯磨きに慣れて貰う時期だと思ってください。

    最初の時期に、歯磨きが楽しいものだと思って貰えるように歌を歌ったり、話しかけたりしながら磨いてあげると良いでしょう。

    ジェルタイプのものは、研磨剤が入っていない為、その分、しっかりとブラッシングを行わなければ、汚れが残ってしまう可能性もあります。
    力加減や歯ブラシの当て方などを知っておくことが大切です。

    また、こども用と記載されていても、年齢によっては、味が辛く感じる商品もあるようです。
    小さいお子さんには、自然の甘みがするキシリトール配合がお勧めです。

    その他にも、うがいができないお子さんでも大丈夫なように、安心な成分が使われているか購入前に確認してみましょう。
  • 歯磨きジェルの商品の例

  • こども用歯磨き剤は、殆どが日本製品なので、安心感はありますが、歯磨きデビューには、ピジョンの親子で乳歯ケアジェル状はみがきがあります。

    ピジョンと言えば、赤ちゃん製品でお馴染みの会社なので、信頼度も高いと思います。
    薬用成分であるフッ素配合で、キシリトールのほのかな甘みがあるので、子供が歯磨きを嫌がる事は少ないでしょう。研磨剤も不使用なので、乳歯を傷付ける心配もありません。

    株式会社ジーシーのこども用歯磨き剤もフッ素入りのジェルタイプです。
    ジェルは、味によって異なる透明のカラーペーストになっています。
    泡立ちも少ないので、磨いている間も口の中が見えやすく使いやすい製品です。乳歯が生えてくる6ヶ月頃から使用可能です。

    Ciメディカルチャイルドケアは、研磨剤、発泡剤、色素が不使用で、アルコールフリーの体に優しいジェルタイプの歯磨き剤です。

    フッ素とキシリトールの働きで、虫歯を予防します。ストロベリーミントとアップルミントの2種類の味があります。

    歯磨きをいやがるお子さんには、GC Miペーストがあります。
    こちらは、歯の表面に塗ってパックするタイプのもので、仕上げ磨きの代わりに塗ることも出来ますが、牛乳由来成分が含まれているので、牛乳アレルギーのお持ちの方は使用しないように注意が必要です。

    フッ素は含まれていませんが、カルシウムやリンが配合されています。

    塗ったあとは、30分ほど待ち、その後は軽くうがいをするだけの簡単ケアで、歯の強化が期待できます。

    たったこれだけなのですが、口腔内環境の中和作用と外部からの衝撃を和らげ、一定の状態を保つ効果があるようで、こどもから大人まで使う事が出来ます。

    ジェルタイプが見つからない、あるいは他の製品を使ってみたい場合は、ライオン製品のcheck-Up kodomoがあります。

    他の製品同様、泡立ちも少なく、小さなお子さんが苦手なうがいも簡単なうがいで大丈夫です。
    フッ素やキシリトールが、口の中に残りやすいので、虫歯予防に最適です。

    ソフトペーストで、ストロベリー・アップル・グレープの3つの味が楽しめます。
    ジェルタイプとペーストタイプを1日置きに使っても良いかもしれません。
普通の歯磨き剤とは違う、こども用フッ素入り歯磨きジェルの魅力
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事