フッ素やキシリトール入りのこども用歯磨きジェル

フッ素やキシリトール入りのこども用歯磨きジェル

Thumb?1414295452 muah♪さん

207

歯磨き粉で歯磨きをすることを嫌うこどもさんは少なくないようですが、そのような時に取り入れられるのは歯磨きジェルです。歯磨きジェルとはどのようなものなのか、効果や注意点などを踏まえて説明をしていきます。

  • ジェルタイプの歯磨き用洗剤とは

  • ジェルタイプの歯磨き用洗剤とは
  • 歯磨きをする時に用いる歯磨き用洗剤として、最も一般的なものは歯磨き粉です。現代に普及している歯磨き粉は粉というより粉と混ざったクリーム状のようになっていますが、大人もこどももこのような歯磨き粉を使っている人が多いことでしょう。

    しかし、中には歯磨き粉を嫌うこどもさんもいます。
    また、大人と同じ歯磨き粉では刺激性が強くて合わないこどもさんもいます。こどもに限らず大人でも口内粘膜が弱っていたり、もともと皮膚粘膜が弱い方や今は弱っている方も従来の歯磨き粉が合わないなんてこともあり得ます。

    歯磨きジェルは名前から分かる通り、一般的な質感ではなくジェルタイプになっています。歯磨き粉を嫌うこどもさんはジェルタイプであれば歯磨きをすることができる場合が多く、ジェルタイプは柔らかいクリームのような質感の歯磨き粉よりもフッ素によるコーティング効果が高いので大人でも好んで使用している方もいます。

    ジェルタイプが歯磨き粉を嫌うこどもさんでも使うことができる理由は、ジェルタイプには歯磨き粉のような舌触りがなく、泡立つこともなく、すっきりとした感じで歯磨きを行うことができるからとされています。大人にもこどもにも使う物には好みがあるのでジェルタイプを好まないこどもさんもいるかと思いますが、歯磨き粉を嫌がるこどもさんには歯磨きジェルを一度は試してみると良いでしょう。

    歯磨きジェルにあるコーティング効果は、フッ素と呼ばれる成分で成り立っています。フッ素は古くから人間の生活(主に鉄製)で用いられてきた元素の一つで、人体にも存在しています。フッ素のサプリメント製品も登場していますが、過剰摂取は禁物です。フッ素欠乏症もあるので不足も良くないのですが、1日の中で飲食を行っていれば欠乏症になることは稀です。

    鉄製や栄養素としても使われるフッ素は、歯磨き粉としては歯を護る存在となっています。エナメル質を修復し、プラーク(歯垢)に存在する細菌の活動を抑制して、虫歯を防ぎながら歯を強化する特性があります。
  • 使いやすさと安全性が考えられている

  • こども用若しくは赤ちゃん用で販売されている歯磨き用洗剤には、ジェルタイプの歯磨きジェルが多いです。

    特に赤ちゃん用の歯磨きジェルはうがいが上手くできない赤ちゃんにも安全なように作られているので、歯が生えたばかりでデリケートな赤ちゃんの歯磨きには赤ちゃん用の歯磨きジェルを活用しましょう。

    赤ちゃんの時期を過ぎたこどもさんも、歯が抜けたり生えてきたりしますよね。そのことから刺激性や使用感のことを考えて歯磨き用洗剤を選ぶ必要があるので、泡立ちがなく歯磨き用洗剤の存在感を舌触りであまり感じない歯磨きジェルが向きます。

    赤ちゃん用やこども用の歯磨きジェルには、好まれる味・好まれる香り・キャラクターデザインのパッケージなど、こどもが使うのを嫌がらないような工夫がされている商品がほとんどです。

    好まれる味というのは簡単に言えば甘味で、一般的な歯磨き粉のようなスーッとした爽快感のある味は避けられています。香りも同様で、ミントのようなスースーした感じは使用せずに味と合った香り付けがされます。

    キャラクターデザインはパッケージの話ですが、こどもさんが好きなキャラクターがデザインされたジェルタイプを用いると使ってくれやすくなることでしょう。

    ただ、甘味が強いとその商品以外の歯磨き用洗剤を拒否したり、赤ちゃんの場合は甘味の少ない飲食物を拒否するようになることがあるので、甘味は適度なものを選ぶと良いです。

    こども用の歯磨きジェルはこどもさんが自分で磨けるようになっていることが多い時期の年齢を対象としているので、楽しく歯磨きができるように味と香りが付けられます。

    こどもの歯は心身と同じで成長段階にあるので、フッ素でコーティングすることで歯を虫歯から護り、上部な歯質にすることができます。

    商品によっては添加物を含まずに作られていて、ちゃんとブクブクができない場合でも問題のないようになっているものもあります。
    基本的には安全性のことを考えると、無添加であったり植物性で作られているジェルタイプがおすすめです。
  • 表記でジェルかどうかと成分を確認する

  • 歯磨き粉の容器はチューブ状のイメージが強いと思いますが、歯磨きジェルも歯磨き粉と同じでチューブ状が多いです。

    そのため、商品に記載されている内容をしっかり確認しないといけません。ジェルタイプには歯磨きジェルと書かれているので、ジェルタイプを使おうと考えている時には表示をよく見て歯磨きジェルを入手しましょう。

    歯磨きジェルと歯磨き粉を見分けることは表示を見れば良いので簡単ですが、こどもさんに使わせる上で問題となるのは配合成分です。

    成長段階で大人より外部刺激に弱い口内粘膜・歯茎・歯を持ち、歯も抜け変わるので刺激性には考慮することが大切です。刺激性を考えると、最も有用なのは100%植物性の歯磨き用洗剤です。

    植物性の歯磨き用洗剤はオーガニック・ボタニカル・天然由来などの言葉で表現されることもありますが、100%植物性であればどの表示でも問題ありません。歯磨き粉は洗剤なので、汚れを落とすための界面活性剤が配合されますが、石油系ではなく植物性界面活性剤であれば刺激性が弱いので大丈夫です。

    あとは、添加物の有無・添加物の原料となっているもの・鉱物油の有無などをチェックします。添加物は香料・着色料・保存料・発泡剤などで、こどもさんの使用感の関係で化学的な香料が配合されている商品は多いのですが、発泡剤や合成着色料は不使用になっていたり出来るだけ刺激物を減らす努力はうかがえる商品は多いと思います。

    100%植物性であれば添加物も天然由来のものを使用していますが、なかなか無い上に比較的に高価になるので家計のことを考えると市販で入手しやすい歯磨きジェルが良いですよね。添加物が含まれていてたとしても、人体に害のないように作られているので安心して使うことはできます。

    香り及び味はイチゴやグレープ、アップルなどがあります。これら香り及び味はガムなどのお菓子に使われている香料と同じように、口に入れても飲み込んでしまっても安全な成分ですので、低刺激と使用感を重視して選ぶとこどもさんは使い続けることができるでしょう。
  • 使用メリットは歯を護る力にある

  • 歯磨きジェルをこどもに使わせることで得られるメリットはあるのか?気になりますよね。

    歯磨きジェルはフッ素によるコーティング効果が高いと言いましたが、他にもキシリトールなどの歯を護る成分が積極的に取り入れられています。それでは、歯磨きジェルのメリットをお伝えします。


    〇歯磨きジェルのメリット1コーティング効果

    歯にはエナメル質と呼ばれる保護組織が存在していて、保護組織であるエナメル質が破壊されることで虫歯になる可能性が高くなります。エナメル質は生物上最も硬度の高い硬組織と言われており、象牙質やセメント質などもエナメル質で作られています。それほどの硬度を持つエナメル質によって歯は護られているわけですが、エナメル質は食事の際に口内が酸性になること・胃液の逆流などを原因として溶けてしまいます。

    エナメル質が溶けてしまうと歯を保護するものがなくなるので虫歯になりやすくなるのですが、エナメル質は虫歯になってからでも修復可能です。

    こどもさんの虫歯予防に、虫歯がある場合は虫歯の悪化を防ぐために用いると良いです。また、フッ素はエナメル質の修復と共にプラークに起きる細菌の活性化を抑えます。

    プラークは日本語で言うと歯垢(しこう)で、歯の表面にこびりついた汚れのことを言います。プラークの形成は細菌が塊を成したことで生じ、要は細菌が大量に生息しているのがプラークなので対策を行わないと虫歯や歯周病の原因となります。

    口内の細菌は唾液によって流されるためプラークの形成はされにくくはなっていますが、プラークが歯磨きの届きにくい場所や唾液の通りが悪い場所に付くと塊になる可能性が上がります。

    また、ストレスなどで唾液が少なくなっている場合も流れにくくなるので塊化しやすいです。フッ素はプラークの細菌活動を抑制するので、虫歯や歯周予防に有効な成分とされているのです。


    〇歯磨きジェルのメリット2キシリトールで虫歯予防

    キシリトールは自然界に存在する甘味のある炭水化物の一種ですが、科学的に虫歯予防効果が認められています。キシリトールが促進させることは、唾液分泌量の増加と再石灰化です。甘味があるので口内に入ることで味覚に刺激が伝わり、唾液量が増します。すると、口内細菌が流されるので虫歯予防につながります。

    再石灰化は歯の修復に関わることで、プラークのカルシウムレベルを上げて歯を修復させたり丈夫にします。歯はミネラル分で出来ていて、中でもカルシウムが基礎成分となっています。

    再石灰化は歯を構造する組織がスカスカにならないように必要な現象で、正常であれば自然とされますが、キシリトールなどの再石灰化をサポートする成分を取り入れることでより歯を護ることができるとされています。"
  • 使用する際に気を付けること

  • 歯磨きジェルでよく用いられるフッ素やキシリトールは、歯磨き用洗剤として使用する良きには特別な問題はありません。

    ただ、フッ素に関してはサプリメントで過剰摂取の指摘がされているので、フッ素配合の歯磨き用洗剤はあまり誤飲しない方が良いかと思います。

    誤飲についてもう少し掘り下げますと、こども用や赤ちゃん用の歯磨きジェルは味覚に好ましいものが多いので自ら誤飲する危険性があります。
    うがいが上手くできなくても使える!と言っても、誤飲のし過ぎには注意しましょう。

    商品によりますが、使用者からすると「おいしい」なんて言う歯磨きジェルもあるので、調子に乗って食べてしまわないように気を付けるようにします。

    口に入れるものなので副作用の心配もあるかと思いますが、基本的に安全性を重視して作られているので副作用のような症状が現れることは稀です。副作用というよりは、使用感に不満があるとか、口内に異常がある時は使わないなどの使用方法を気を付けることが大事です。

    使用感に不満がある理由は人それぞれですが、香りが気に入らない・味が好きじゃない・舌触りが悪い・何か嫌などがあります。こどもさんでも気にならないような又は好まれるような使用感になるよう工夫されている商品であったとしても、好みはあります。
    使うことが苦痛なものを使わせるのも酷な話なので、どうしても合わない場合は別の商品を試してみることにしましょう。

    次に使用方法についてです。これはジェルタイプの歯磨き用洗剤だけに限りませんが、口内に異常がある時や合わない時の使用は避け、適度な力加減と時間で磨くことを守ります。

    口内の異常は口内粘膜や舌に病的症状があるとか、歯が抜けてまだちゃんと生えてきていない部分などのことです。病的な口内異常がある時には医師に相談して今まで使用していた歯磨き用洗剤を使用しても良いかを確認すると良いです。

    歯が抜けてまだ生えてきていない、赤ちゃんで歯が少ししか生えていないなどの時は力加減に要注意です。特別な異常がなくても力加減には気を付ける必要がありますが、力を入れ過ぎないように磨くことを心がけましょう。
  • 参考になる商品例を紹介!

  • 〇歯みがきサポート新習慣ジェル

    テテオ(teteo)のジェルタイプ歯磨き用洗剤で、こどもでも使用できるようにほのかに香るフルーツ味となっています。

    フッ素とキシリトールを配合しているので、虫歯予防や対策に用いることができます。刺激性のある発泡剤と着色料は不使用で、うがいを上手くすることができなくても安全とされています。香りの良さが評判で、家族みんなで使う歯磨き用洗剤としては人気が高いようです。


    〇はみがきジェル

    アウラのベビーシリーズによる商品で、石油系の界面活性剤や添加物系が不使用!無添加が魅力的な歯磨き用洗剤です。

    無添加なので赤ちゃんの口内にも優しく、研磨剤や発泡剤も不使用というかなり低刺激な特徴を持ちます。配合されている天然石油はミカン風味で、癒される香りがほのかにするそうです。ラクトフェリンとキシリトール入りです。


    〇キッズ・ストロベリー・ハミガキジェル

    ロゴナの商品です。無添加なオーガニック歯磨き用洗剤で、うがいができなくても安心!成分の全てが天然由来で、歯茎のためになる植物エキスやプラークをケアする緑茶エキスなどが配合されているので効果の高さが注目です。


    〇こどもジェルはみがき

    パックスのジェルタイプ歯磨き用洗剤で、こども向けらしい動物のイラストが特徴です。合成保存料を使用しておらず、赤ちゃんにも使える優しさがあります。香りはオレンジ&グレープフルーツで、他にも植物性の油脂が配合されています。キシリトール配合なので、虫歯にも有効です。

    こどもさん用に歯磨き粉を購入するのも良いことですが、家族全員で使用できるタイプの方が良いという考えがある家庭も少なくないでしょう。

    フッ素やキシリトールは、大人の歯を護るためにも有効な成分です。フッ素などの成分が配合されていなくても、低刺激であればこどもさんでも使用できます。

    また、こども用や赤ちゃん用とあっても大人も使用可能です。大人側にも好みはありますが、フッ素などが配合されていると歯のためになるので、歯のために大人でもこどもがいなくても活用してみると良いと思いますよ。
フッ素やキシリトール入りのこども用歯磨きジェル
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事