ミルクトリートメントで潤う♪軽いつけ心地でパーマヘアにもおすすめ!

ミルクトリートメントで潤う♪軽いつけ心地でパーマヘアにもおすすめ!

Thumb?1414295452 muah♪さん

129

ミルクトリートメントってどんなもの?パーマヘアやふんわりスタイルにもおすすめって聞いたけどなぜ?など疑問をもっていませんか?ミルクトリートメントは軽いつけ心地で潤いを与えてくれる人気アイテムです。今回はミルクトリートメントの特徴や正しいつけ方、おすすめのアイテムをご紹介します!ぜひ参考になさってください♪

  • ミルクトリートメントの魅力とは?

  • ミルクトリートメントの魅力とは?
  • ミルクトリートメントは、油分が少し含まれた水分メインの洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)です。

    クリームトリートメントと同様に乳化されており、油分と水分が両方含まれていますが、水分が多いためサッパリとした使い心地になります。

    水分が多く髪によくなじむため、潤いや美容成分を髪に与えることができるのが魅力です。

    髪は乾燥するとパサつきや広がりの原因になってしまいます。

    髪をしっかり保湿しながらも、軽やかな髪を維持できることが魅力です。

    また、油分も含まれているので、髪を程よくコーティングして空気の乾燥などのダメージからも守ってくれます。

    さらに、朝のスタイリング料として使うこともできるオールマイティなトリートメントなのです。

    ただ、油分が多いオイルトリートメントやクリームトリートメントの魅力である、しっとり落ち着いた髪にすることや、油分が髪をコーティングしてドライヤーの熱から守るといったことはあまり得意ではありません。

    なお、ミルクタイプと一口に言っても、油分の多さや美容成分の配合はアイテムごとにことなります。

    テクスチャーもサラサラとした液体、すこし粘度のあるもの、クリームに近いものなど様々です。

    ですから、ミルクタイプのなかでも自分にとって「ちょうど良い」ものを見つけられるといいですね。
  • ミルクトリートメントが向いている方

  • ミルクトリートメントが向いている方
  • ミルクトリートメントは、髪を潤すこと、軽いつけ心地であること、多少油分が含まれているという3つの特徴があるため、

    ■パーマをかけている


    ■ウェーブを活かしたい


    ■ふんわりしたヘアスタイルにしたい


    ■髪のボリュームを落としたくない


    ■朝のスタイリングにも使いたい


    ■髪の悩みは少ないけれど、軽くケアしたい


    ■乾燥やダメージを予防したい


    ■より髪を美しく見せたい



    といった方におすすめです。

    水分メインのためつけ心地が軽く、パーマをかけている方やふんわりしたヘアスタイルを維持したい方にとくに人気です。

    また、比較的髪のダメージや悩みが少なく、ヘアトラブルの予防や美髪の維持をしたい場合などにも、ちょうど良い洗い流さないトリートメントです。
  • ミルクトリートメントの使い方 お風呂上がり&朝のスタイリング

  • ミルクトリートメントの使い方 お風呂上がり&朝のスタイリング
  • ミルクトリートメントを適切に使えば、より髪の毛をうるおって軽やかな質感になります。

    お風呂上がりの洗い流さないトリートメントとしての使い方と、朝のスタイリングとして使うときの方法をそれぞれご紹介します。
  • 入浴後のミルクトリートメントの使い方

  • 入浴後のミルクトリートメントの使い方
  • オイルタイプやクリームタイプの洗い流さないトリートメントと同様に、ミルクトリートメントもシャンプー後の清潔な髪に使用します。

    タオルドライで髪の水気をある程度取ってからミルクトリートメントをつけましょう。

    なお、今回ご紹介するのは一般的なミルクトリートメントのつけ方です。

    商品のパッケージなどに使い方が書いてある場合は、その手順に従いましょう。

    1 ミルクトリートメントを両手になじませる



    まずはミルクトリートメントを手に取り、両手にしっかりなじませます。

    適量はトリートメントの伸びの良さや髪の長さによって異なるので、商品に目安が記載されていれば、それを目安の量に手に取り出しましょう。

    もし量で悩んだら、少量から始めて段々と量を増やして調節するのがおすすめです。

    2 毛先にミルクトリートメントをつける



    毛先は乾燥や傷みが発生しやすいので、最初は毛先につけていきます。

    キューティクルの向きと同じになるよう、髪の中間から毛先に向けてなじませていきましょう。

    3 全体にミルクトリートメントをなじませる



    毛先にミルクトリートメントをつけ終わったら、髪全体につけていきます。

    髪の表面だけでなく、内側にも忘れずなじませましょう。

    なお、頭皮にトリートメントがつかないよう気をつけてください。

    4 気になる部分に重ねづけする



    髪全体になじませても、まだ手にミルクトリートメントが残っていたら、ダメージが気になる部分に重ねづけします。

    つけ足りないと思ったら、ミルクトリートメントを追加してもよいでしょう。

    5 ドライヤーで髪を乾かす



    ミルクトリートメントをつけ終わったら、ドライヤーで髪を乾かします。

    ドライヤーやアイロン、コテなどの熱は、髪を傷める原因のひとつなので、できるだけ短時間で終わらせるようにしましょう。

    ただ、早く終わらせたいからといって近づけすぎると乾燥がひどくなってしまうので、ドライヤーと髪は20センチ以上離して使うことをおすすめします。

    ドライヤーはキューティクルの向きに逆らわないよう上から下にかけ、最後に冷風で落ち着かせるとツヤがでやすくなります。
  • 朝のスタイリングとしての使い方

  • 朝のスタイリングとしての使い方
  • 朝のスタイリング料として使うときは、適量を両手になじませ、毛先からつけていきます。

    サラサラ感がほしい場合はドライヤーでブローするとより軽やかな仕上がりになります。

    朝ミルクトリートメントを使うと、スタイリングだけでなく髪の保護の役割もしてくれます。

    オイルトリートメントほど厚くコーティングされるわけではありませんが、紫外線が気になる季節には、頭頂部に多めにつけるのもおすすめです。
  • おすすめのミルクトリートメント

  • おすすめのミルクトリートメント
  • ミルクトリートメントは使い勝手が良く、さまざまな商品が販売されています。

    そのなかでもポピュラーなものや話題のアイテムをご紹介します。

    ぜひミルクトリートメントの参考にしてください。
  • まとめ

  • ミルクトリートメントは髪を潤しパサつきや広がりを抑えてくれますし、油分も含まれているので、髪をコーテイングして守ってくれます。

    水分メインながらも、どちらのメリットもひとつで得られるミルクトリートメント。

    たくさんのメーカーから様々なコンセプトのものが販売されていますので、ぜひいろいろ試して自分に合うものを見つけてくださいね!
ミルクトリートメントで潤う♪軽いつけ心地でパーマヘアにもおすすめ!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事