歯ぎしりでもう悩まない!ぐっすり眠って爽快な寝起きを獲得する方法

歯ぎしりでもう悩まない!ぐっすり眠って爽快な寝起きを獲得する方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

196

歯ぎしりは本人には自覚がないですが、周囲から指摘をされることで悩む方が多いです。しかも歯ぎしりは、体に大きなダメージを与えているのです。そんな歯ぎしりを治して、ぐっすり眠って、快適な朝を迎える方法を調べてみました。

  • そもそも歯ぎしりとは?

  • そもそも歯ぎしりとは?
  • 眠っている間に「ギリギリ」と歯をすり合わせたり、歯を噛みしめる動作です。

    上下の歯を「カチカチ」と打ち鳴らすような歯ぎしりもありますし、噛みしめるだけで音がでないものもあります。

    本人が自身の歯ぎしりの音で目が覚めるというようなこともありますが、基本的には寝ている間の、無意識に行われる動作のため、自身の歯ぎしりに気付きにくく、一緒に寝ている人の指摘などで分かることが多いようです。

    歯ぎしりでは、歯にダメージも起こります。

    歯が欠けたり、削れて知覚過敏になったりします。
    歯ぎしりで顎まわりの筋肉が発達してしまい、エラがはるなどの影響も出てきます。

    小顔を目指しても、顔が大きくなってしまいます。
    旅行や、友人宅へのお泊りの際なども、歯ぎしりは悩みのたねになりそうです。
  • 歯ぎしりの原因

  • 歯ぎしりの原因
  • 【ストレス】
    一番言われているのが、ストレスです。
    日中のストレスが大きく、ストレスをためてしまいがちな人は歯ぎしりをしやすいと言われています。
    現代社会では、どうしてもストレスとは無縁ではいられません。

    また、同じストレスでも人によって受け止め方や、体質の違いなどから
    歯ぎしりをする人が出てきます。

    【歯の噛み合わせが悪い】
    治療中の歯を放置したり、虫歯があったり、歯の詰め物が合っていなかったり、などで噛み合わせが悪い時。
    そんな時にも歯ぎしりは起こります。

    【顎関節症、頭痛、肩こり、など。】
    顎関節症とは、顎に痛みがあったり、顎を動かすと音がしたり、口が明けにくいなどの症状があります。頭痛、肩こり、などが原因の場合もあります。

    いつも足を組んで座っている、いつも横向きに寝る、頬をつく癖がある、姿勢が悪く猫背、高めの枕を使っている人などに、歯ぎしりが起こることが多いです。

    【お酒の飲みすぎ、たこの吸い過ぎ】
    アルコールやニコチンも歯ぎしりの原因となります。飲み過ぎないよう吸い過ぎないよう、控えめにすることが大切です

    【逆流性食道炎も原因の一つ】

    心当たりがある場合は病院に通院して、治療しましょう。
  • 歯ぎしりに処方される薬

  • 歯ぎしりに処方される薬
  • 【内服薬】
    歯ぎしりに効果があるとされているのは「非ステロイド系鎮痛消炎剤」「筋弛緩」「降圧剤」「ドーパミン系薬剤」「精神安定剤」と言われています。
    ただし、副作用も多く、繰り返し服用することでからだが慣れてしましい、効果が落ちていくことがあります。
    そのため長期間使用することはできません。

    また、使用する際には必ず医師の診断を受けて摂取の判断をあおいでください。

    【漢方薬】
    漢方では歯ぎしりは「肝」に関係しているとされています。
    歯科治療に一般的に行われているものでは、ありませんが、効果があるとされているものをご紹介します。

    「抑肝散(よくかんさん)」子供の疳の虫、イライラに効く漢方薬です。
    歯科医院の漢方外来に置いていることが多いです。
    2週間分で約4000円です。

    「甘麦大棗湯(かんぱくたいそうとう)」甘味があるので、子供でも服用しやすいです。

    ※注意点:お薬は飲み合わせ、向き不向き、副作用などがあります。
    服用される時は必ず、お医者さんに相談のうえ、使用して下さい。

  • 自分でできる.歯ぎしりの改善方法

  • 自分でできる.歯ぎしりの改善方法
  • 改善方法はいろいろあります。
    ご自身の歯ぎしりにあった改善方法を選んでください。

    【ストレスを発散し、ためない】
    例えば、天気の良い日は公園を散歩する、寝る前にマッサージするなどです。
    アロマオイルの香りを利用するのもおすすめです。
    顔にフェイシャルオイルを塗って、軽く顎まわりや口のまわりをマッサージしておくのも手です。

    【市販のマウスピース】
    スポーツの際に歯や口の中を守るための、柔らかいゴムのようなマウスピースがあります。
    スポーツ用でなく、歯ぎしり用に市販されているマウスピースもあります。

    ただ、市販されているマウスピースが歯に合わず、噛み合わせが悪くなることもあるので、
    マウスピースは歯科医院で作ることをおすすめします。
  • 歯ぎしりの一番いい改善方法は、歯科医院に行く

  • 歯ぎしりの一番いい改善方法は、歯科医院に行く
  • 【歯科医院で噛み合わせに問題ないか見てもらう】
    虫歯の詰め物がかみ合わせを邪魔していた場合なら、少し削ってもらうだけで改善します。
    また、歯ぎしりで歯がダメージを受けていないかもチェックしてもらえます。

    【マウスピースを作る】
    歯医者さんで作ってもらえます。
    1~2週間ぐらいでできます。
    保険適用でだいたい5000円ぐらいです。
    夜寝る時に着用します。
  • まとめ

  • まとめ
  • 歯ぎしりはひどくなると、頭痛、肩こり、歯の痛み、顎の痛みなどを引き起こしたり、噛み合わせを悪くしたり、歯自体を悪くします。
    耳鳴りを引き起こすこともあると言います。

    質の良い睡眠が取れないだけでなく、日中の生活にも、さまざまな支障が出ます。

    歯ぎしりを改善して、すっきりと目覚めましょう!
歯ぎしりでもう悩まない!ぐっすり眠って爽快な寝起きを獲得する方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事