歯が黒い原因とその対処法とは?

歯が黒い原因とその対処法とは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

241

黒い歯というのは、1本だけだとしても見た目が悪くなってしまいます。虫歯だけでなく、ヤニなどの着色汚れ、歯石など様々な原因が考えられるので、状態に合った対処法を行いましょう。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 歯が黒くなってしまう原因

  • 歯が黒くなってしまう原因
  • 歯というのは、真っ白ではありません。日本人の場合、少しだけ黄色が入った白になります。その歯が、1本でも黒くなってしまうと、お口の中でとても目立ってしまい見た目が悪くなります。

    黒い歯になってしまう原因で、一番最初に思いつくのが虫歯でしょう。多くあらわれる症状なので、黒い色は虫歯だと思い込んでいる人もいるほどです。痛みがあったり、やわらかくなっているという状態では、ますます可能性が高まります。

    そのほかにも黒い原因はあります。銀歯がある場合では、金属のイオンが溶け出すことで黒く見えますし、白い詰め物をしていた部分の変色も考えられます。歯の神経を治療したり、ぶつけたことで死んでしまったことで黒くなることもあります。服用している薬が原因になることもあります。
  • さらに、歯そのものではなく、黒い物が付いていることで黒く見えるというケースもあります。歯石が付いていたり、コーヒーやお茶の茶渋、タバコのヤニといったものが原因になります。赤ワインにも着色成分が含まれているので、飲み過ぎると黒くなることがあります。

    このように、黒くなってしまう原因はたくさんあります。ただ黒くなったから見た目が悪くて恥ずかしいと思うのではなく、原因を知ることで、それに合った対処方法を行うことができます。

    自分での判断は難しいため、歯科医院を受診して原因を調べてもらいましょう。お口の中の相談をすることができます。
  • 原因に合わせた対処方法

  • 原因に合わせた対処方法
  • 虫歯で歯が黒くなってしまった場合は、治療が必要になります。基本的には削って詰める治療になりますが、前歯などでは詰める材料などをよく相談しることで、きれいに治すことができます。初期であれば削らなくてもいい場合がありますが、黒くなっているとある程度症状が進んでいます。

    銀歯の金属イオンが溶けてしまい、歯が黒くなった部分を白くする方法はありません。変色した部分を削り、白い材料にすることで問題は解決できます。白い詰め物の変色もあるので、変色しにくいセラミックなどの素材を選ぶようにしましょう。

    歯の神経の治療や、死んでしまっている場合は、ホワイトニングによって白くすることが可能です。歯の中に漂白作用のある薬を使うなど、通常のホワイトニングとは治療方法が変わってきます。
  • 歯石やヤニ、茶渋などが付いている場合は、お口の中をクリーニングすることで、歯を白くすることができます。歯石は保険が適応されますが、着色の場合は保険適応外になることもあります。初期の段階では歯ブラシで落とすことができますが、黒くなってしまうと自分では落とすことができません。

    黒い原因に合わせた対処法を取ることで、状態に合わせた治療が可能になります。歯の色を白くするというのは、歯科医院での治療が主になります。できれば受診したくないと考える人もいるでしょうが、歯科医院に相談することが一番早く、簡単に黒い歯を白くすることができます。
  • 黒い歯の色を戻す方法

  • 黒い歯の色を戻す方法

    出典: unsplash.com

  • 黒い歯を白くする方法は、歯科医院での治療です。虫歯であれば、削って詰める治療になりますし、神経にはホワイトニング、着色にはクリーニングという方法がとられます。

    この時に注意したいのが、歯科医院で黒い歯をきれいにしたいという要望を伝えることです。多くの歯科医院では、保険治療によって歯を治していきます。

    白い詰め物が変色する場合、プラスチック製の材料が使われていることがほとんどです。歯との隙間から黒くなっていくケースや、詰め物自体の色が変わっていくケースが考えられます。きれいに治したいのに、また同じプラスチック製にしては、再び変色してしまいます。
  • 詰め物だけでなく、差し歯でも保険ではプラスチック製が採用されています。歯科医師に黒くなっているから、保険外でもいいからきれいに治したいということをきちんと伝えましょう。

    保険内で治したい場合は、変色の度に詰め直すことになります。プラスチックも詰めた直後はきれいに見えますが、少しずつ変色していきます。詰め直す際には、前回よりも大きく削っていくので、そのたびに歯が削れていってしまいます。何度もできる方法ではありません。

    黒い歯になってしまった場合、すぐにきれいにするというのは難しいのが現状です。歯科医院に相談しても、材料などに制限が付くこともあるでしょう。こうなりたいという、自分の希望を伝えて、歯の色を白く取り戻すようにしましょう。
  • 普段からできる予防法

  • 普段からできる予防法
  • 黒くなってしまった歯は、自分では白くすることができません。そのため、黒くならないように日頃からの予防が大切になります。予防であれば、日頃からのケアなので自分でできることがあります。

    まず、歯の色を黒くする原因である虫歯を防ぐために、お口の中をきれいに磨きましょう。歯ブラシはもちろん、歯間ブラシやデンタルフロスを使うことで、隅々まできれいにすることができます。

    きれいに磨くことで、ヤニや茶渋なども防ぐことができます。中には、歯をきれいにすると宣伝している研磨剤入りの歯磨き粉を使用している人もいます。研磨剤で歯の表面を擦ることで、一時的に歯の色を明るくすることができます。
  • 出典: unsplash.com

  • しかい、研磨剤を使ってしまうと、歯の表面がザラザラになってしまうので、余計ヤニなどが付着しやすい状態になってしまいます。毎日使うと、歯がすり減ってしまう原因になるので辞めましょう。

    歯科医院で治療を受ける時は、材料にどのようなものを使っているのかを聞くのも予防につながります。その材料が変色しやすいのか、変色しないのかを知っておくことで、色が変わってきたときも焦らずに対応することができます。

    一般的に、変色しやすい素材はプラスチックで、変色しないのがセラミックです。銀歯自体の色は変わりませんが、金属イオンが溶け出すことで歯の色が黒くなることがあります。素材の特徴を知っておくと安心です。セラミックは保険が適応されません。
  • 黒い歯にしないために

  • 黒い歯にしないために
  • 歯というのは、ひとりひとり色が異なります。白っぽい人も、生まれつき黄ばんでいる人もいるでしょう。その歯の色を守ることで、自然な美しい口元になります。歯が黒くなってしまうのは、病気の可能性が高く、不衛生な印象を与えたり、美しさから遠ざかってしまいます。

    そのため、歯を黒くしないための工夫が必要になります。自宅での歯磨きは、自分で出来る一番簡単な予防法になります。歯ブラシは大きすぎず、お口に合ったものを選ぶと、奥歯まできれいに磨くことができます。

    歯間ブラシや、デンタルフロスといった補助的なアイテムの使用も欠かせません。歯科医院でも販売していますが、ドラッグストアやスーパーなどでも販売されているのでチェックしてみましょう。
  • 歯磨き粉は研磨剤が多く含まれていない物を選びましょう。どうしても着色が気になる場合は、1カ月のうち数回使うようにするなど、使用回数を決めて使うようにします。こうすることで、着色しにくい状態にできます。

    口元への意識を高めるというのが、美しい口元に必要です。健康な歯というのは、虫歯になっていないだけでなく、ヤニも付いておらず、美しい状態です。噛みやすいという機能はもちろん、見た目もいい状態なので、自分への自信にもつながります。

    美しい笑顔になるために、日頃から口元への意識を高め、きちんとしたケアを行うようにしましょう。歯科医院で定期検診を受けるのも有効な手段です。
歯が黒い原因とその対処法とは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事