歯の黄ばみを除去して白い綺麗な歯を目指しませんか?

歯の黄ばみを除去して白い綺麗な歯を目指しませんか?

Thumb?1414295452 muah♪さん

415

歯が黄ばんでいると、口を大きく開けて笑うことすら恥ずかしいと思っている人もいます。口元の印象を大きく左右してしまうので、早くその黄ばみを除去しませんか。歯医者でも自宅でもできます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • なぜ歯が黄ばんでしまうのか

  • なぜ歯が黄ばんでしまうのか
  • 普通に生活しているだけなのに、どうして歯が黄ばんでしまうのでしょうか。普段の生活に原因が隠されています。いつも、どのようなものを食べて、何を飲んでいるでしょうか。食べ物や飲み物が主な原因です。

    白いご飯や豆腐などなら、あまり問題はありません。問題は、着色汚れをつける食べ物や飲み物です。歯の表面に着色汚れが付くと、黄ばんでしまいます。歯を磨いても、簡単には取れないので、蓄積されてしまいます。

    どのような食べ物や飲み物に気を付けるべきかというと、色が濃いものは要注意です。カレーやミートソース、キムチや柑橘系、ベリー系の果物、チョコレートなどの食べ物は着色汚れがつきやすいので、避けたほうが良いかもしれません。
  • 飲み物の場合は、コーヒー、赤ワイン、紅茶や烏龍茶、抹茶、ジュース類、コーラ、ココアなどです。これらは、食事と一緒に飲むこともあるでしょうし、日常生活でもよく飲むものです。しかし、着色汚れがつきやすいので気を付けてください。

    調味料も着色汚れがつきやすいものがあります。醤油やソース、味噌、ケチャップ、からし、ワサビなどです。どの調味料も普段からよく使うものばかりでしょう。

    また、タバコを吸う人も要注意です。タバコを吸うと、黄ばむどころか、歯が黒くなりませんか。タバコのヤニも歯の黄ばみの原因です。タバコを吸い過ぎると黒くなることもあります。しかも、タバコは歯周病の原因にもなります。
  • 歯医者に行って落としましょう

  • 歯医者に行って落としましょう
  • 歯医者に行くと、黄ばみを除去してもらえます。どこの歯科医院でも行っているわけではありませんので、気を付けてください。審美歯科でホワイトニングを行っています。看板にホワイトニングと書いてあれば、そこで受けることができます。

    歯医者で行われているホワイトニングは主に3種類です。一つが、オフィスホワイトニングです。この方法は、即効性があります。歯に特殊な薬剤を塗って、レーザーの光を照射します。これだけで歯が白くなり、効果は半年くらい持続するでしょう。

    ホームホワイトニングという方法は、自分で自宅で行います。歯医者でマウスピースを作り、その中に薬剤を入れて、歯に装着する方法です。1日2時間装着して、1~3週間かけて歯の黄ばみを除去していきます。効果は、1~2年は持続します。

  • もう一つ、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を行う、デュアルホワイトニングがあります。これらのホワイトニングの良いところどりができるので、即効性と持続性の両方が得られる方法です。その分、費用は高額になります。

    3つの方法がありますので、より自分に合った方法で黄ばみを除去してもらいましょう。即効性を求めるのか、持続性か、両方が必要なのかを考えてから審美歯科へ行ってください。

    費用の面も考えて選びましょう。デュアルホワイトニングは、良いところどりができるので、両方行う分の費用も用意しなくてはなりません。だから、よく歯医者で相談したほうが良いでしょう。
  • 自宅でもできる方法とは

  • 自宅でもできる方法とは
  • 実は、歯の黄ばみを除去できる歯磨き粉があります。これを使えば、コンプレックスを克服することができるでしょう。自分で白くできるので、とても手軽に始められます。これまでずっと特売の歯磨き粉を使っている人は、少し高額になりますが、専用の歯磨き粉に変えましょう。

    歯の黄ばみの原因である着色汚れに強い歯磨き粉を使うことがポイントです。今では、たくさんの種類が出ていますので、その中からホワイトニング効果があるものを選びましょう。審美歯科とは違い、即効性はありませんが、時間をかけて白い歯に戻せます。

  • 出典: unsplash.com

  • 通常の歯磨き粉には、研磨剤が入っています。これが歯の表面についている汚れを落としていきます。しかし、研磨剤で磨きすぎると歯のエナメル質が傷ついてしまい、その下の象牙質が出てきて、かえって黄ばんで見えることもあります。

    だから、ホワイトニング効果がある専用の歯磨き粉を使ってください。薬用ハイドロキシアパタイトが入っている歯磨き粉が良いでしょう。歯の表面をなめらかにします。また、エナメル質の小さな傷を修復する力もあります。これまで付けてしまった傷も治るでしょう。

    ドラッグストアやスーパーでも販売されている歯磨き粉です。薬用ハイドロキシアパタイトが入っている歯磨き粉は人気があるため、種類もたくさんあります。歯医者でも取り扱われていますので、通っている人は、視界がおすすめしたものを使うと良いでしょう。
  • 普段から予防しましょう

  • 普段から予防しましょう
  • 歯の着色汚れに関しては、どうしても食べたり飲んだりするものが関係しますので、避けては通れません。だから、予防しようと思ったら、ホワイトニング歯磨き粉を使うと良いでしょう。ただ、ホワイトニング歯磨き粉だけではありません。

    他にも予防する方法があります。着色汚れがつきやすいものを食べたり、飲んだりした後は、面倒でもこまめに口をゆすぐようにしてください。口の中が乾くことで、着色汚れがつきやすくなります。だから、口の中を潤して、着色汚れがつきにくくしましょう。

    また、ガムをかむ方法もあります。ガムを噛めば、唾液が出ますから、口の中が常に潤った状態になります。口の中が乾かないことで、着色汚れをつきにくくしましょう。
  • また、カレーなど着色汚れが付きやすい食べ物は食べる回数を減らしたほうが良いです。回数が多くなるとそれだけ、歯に着色汚れがつくので、黄ばみやすくなります。

    タバコを吸っている人は、禁煙することが一番です。タバコは、歯だけではなく、口腔環境にとっても良いことではありません。本数が多い人は徐々に減らしたり、電子タバコに変えるなどして自分なりにできる方法で禁煙してみませんか。

    できるだけ、着色汚れがつきやすい食べ物や飲み物、タバコを吸った後は口をゆすいだ方が良いです。また、口呼吸の人は、鼻呼吸にしてください。唾液が着色汚れを落とすので、口を閉じて唾液を増やすようにしてください。
  • 普段からできることを始めよう

  • 普段からできることを始めよう
  • 歯の黄ばみを除去することも良いですが、できるだけ自分で予防したほうが良いでしょう。意外と自分でやろうと思えばできる方法で予防できます。ポイントは、唾液です。唾液の分泌が少ない人が増えています。唾液がたくさん出るツボもあるので、ツボを刺激することも良いかもしれません。

    歯の色は、その人の見た目を左右してしまいます。真っ白い歯であれば、清潔感があるので、好印象です。しかし、黄ばんでおり、不潔な印象を与える歯を見てしまえば、身なりが良くても印象が多少は悪くなるかもしれません。

    一度歯の黄ばみがついても除去する方法がたくさんあるので、やりやすいことからで良いのでやってみてください。ホワイトニング歯磨き粉が一番簡単な方法と言っても良いでしょう。

  • 即効性がある方法ではないので、審美歯科のほうが良いと思うかもしれません。そう思ってからでも良いでしょう。ホワイトニングを扱っていることを確かめてから、審美歯科に通ってみてください。今では、ホワイトニング専門店まで登場しています。

    自分の見た目を気にしている人が増えています。特に、歯の色は気になるでしょう。身近に真っ白い歯の人がいれば、自分もそうなりたいと強く思ってしまうかもしれません。

    想像以上に、歯は黄ばみやすいので、紹介した予防法を試してみてください。すでに、歯が黄ばんでいる人もこれ以上、黄ばまないようにするためにも、予防にも力を入れましょう。
歯の黄ばみを除去して白い綺麗な歯を目指しませんか?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事