子供に眼精疲労が起こる原因と症状、予防方法について

子供に眼精疲労が起こる原因と症状、予防方法について

Thumb?1414295452 muah♪さん

586

何かしらの原因で目が疲れてしまうことを眼精疲労と言い、放置しておくと肩こりや頭痛の原因になることがあります。この症状は一見すると大人に起こるイメージがありますが、実は子供でも発症の可能性があり、注意が必要です。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 子供の眼精疲労の原因について
  • 何科の病院で診てもらえるか
  • 子供の眼精疲労の治療方法とは
  • 子供が自分で出来る眼精疲労の予防方法
  • 親ができる子供の眼精疲労の予防方法
  • 子供の眼精疲労は日頃の意識で予防できる
  • 子供の眼精疲労の原因について

  • 子供の眼精疲労の原因について
  • 眼精疲労は目が疲れてしまうことが原因で起こる症状です。そのため、目に負担のかかりやすい環境で過ごしていれば、大人でも子供でも誰にでも起こり得ます。特に子供の場合は、大人と比べると回復力が弱く、疲れを感じにくいことから目を休ませることも少なくなりがちです。そういった意味では、子供の方が眼精疲労を発症しやすい傾向にあると言えます。

    子供が眼精疲労を起こす直接的な原因となるのは、ゲームやスマホの長時間の使用です。一度没頭してしまうと数時間程度続けてしまうこともあり、大きな目の負担となります。特に最近では、携帯ゲーム機やスマホゲームが一般的となり、小さな画面を見続けることが多くなりました。画面が小さいと必然的に画面と目との距離が近くなるため、目が疲れやすくなります。また、近くのものを見続けることで目の筋肉が凝ってしまい、ピントの調整を行いにくくなります。
  • 以上のようにして目が疲れてしまうと視力の低下を引き起こしますが、最初の段階ではこれは一時的なものです。しかし慢性化することでどんどんと回復が難しくなり、本当に視力が低下してしまいます。近くのものにしかピントを合わせられない近視となってしまいます。
  • 何科の病院で診てもらえるか

  • 何科の病院で診てもらえるか
  • 子供が目を擦っている、しばしばさせているなどの動作や、視力低下が疑われた場合には、眼科を受診することで目の症状を確認してもらうことができます。一時的な目の疲労であれば、数日間目を酷使しないことで自然と回復する場合もありますが、症状が続いたり気になる場合にはすぐに眼科を受診すると良いでしょう。

    また、子供に何か気になる症状がある場合、総合的に診てもらえる小児科を受診するという選択肢もあります。しかし、症状が目に限られている場合は初めから眼科を受診した方がスムーズです。小児科で目の症状を見てもらえることもありますが、状況によっては眼科の受診を進められることもあるためです。
  • とは言え、子供に表れている症状が、眼精疲労が原因かどうか分かりにくい場合もあります。子供であっても目を酷使し続けると、大人のように辛い肩こりの症状や頭痛を起こすことがありますが、これらの症状は眼精疲労が原因かどうか、親には分からないこともあるでしょう。このように原因があやふやで、眼精疲労以外の原因の可能性がある場合には、まずは小児科を受診するのが無難です。そこで眼精疲労が疑われた場合は、眼科を受診するようにしましょう。
  • 子供の眼精疲労の治療方法とは

  • 子供の眼精疲労の治療方法とは
  • 基本的に眼精疲労が起こる原因は、目を酷使し続けたことによる筋肉の疲労です。そのため、眼科を受診したからといってすぐに完治するわけではありません。とは言え、早めに対策を取る必要があります。

    眼科での具体的な治療方法ですが、まず視力の低下が起こっている場合には眼鏡やコンタクトレンズで矯正を行います。適切な視力が保たれていない状態は、目を疲れやすくするためです。既に視力の矯正を行っている場合には、眼鏡やコンタクトレンズの度数を適切な度合いに調整します。

    次に、目の渇きや疲労を改善するために点眼療法を行います。目の疲れに効果的なビタミンB12剤や、目の表面に潤いを補ってドライアイを改善するための点眼液を処方されることが多いです。
  • その他の治療方法として、眼科に備え付けてあるD5000と呼ばれる機械で立体風景を見せられることもありますが、これも眼精疲労の改善に効果的な治療方法です。目を酷使したことで凝り固まってしまった筋肉をほぐす効果があり、この機械を5分使用しただけで実際に遠くの景色を長時間見つめ続けたのと同じ状態になります。辛い眼精疲労の症状が続く場合には、この機械を使用するために眼科に通うこともあります。
  • 子供が自分で出来る眼精疲労の予防方法

  • 子供が自分で出来る眼精疲労の予防方法
  • 日頃から眼精疲労を予防するために目に負担をかけ過ぎないよう注意することが必要ですが、簡単なことであれば子供自身でも予防は可能です。

    子供が眼精疲労を起こす最大の原因であるゲームとスマホについてですが、まずは長時間続けないことです。30分経ったら15分休憩を挟むようにし、目を休ませるようにします。尚、その際には少しでも遠くの風景を眺めるなど、違う距離のものを見るようにしましょう。また、筋肉が凝り固まってしまうのを防ぐために、目を上下左右に動かしたり、ぐるりと一周回すなどのストレッチも効果的です。休憩の間に取り入れると良いでしょう。
  • また、部屋の中だけで過ごさず、定期的に外で遊ぶようにします。自然と遠くを見たり、動きのあるものを見ることは目の筋肉を和らげます。

    暗い場所でものを見続けないことも大切です。ゲームやスマホを使用するときは電気を付け、明るい場所で行うようにしましょう。画面を見るときだけでなく、読書や勉強をするときなども同様です。暗い場所では、明るい場所と比べて文字も画面も見えにくくなります。そうすると余計に目に負担をかけてしまうため、何か作業を行う際は部屋を明るくするように意識しましょう。
  • 親ができる子供の眼精疲労の予防方法

  • 親ができる子供の眼精疲労の予防方法
  • 親の立場で考えると、眼精疲労や視力低下などの症状を引き起こすゲームやスマホを子供に与えたくないと思うかもしれませんが、子供に我慢を続けさせることも現実には難しいものです。そこで、子供がゲームやスマホに夢中になっているとき、きちんと目の休憩を挟めているかどうかを確認してあげると良いでしょう。また、何か作業をしているとき、明るい場所で行っているかどうかを子供と一緒に気にしてあげましょう。
  • 家の中で過ごすことが多くならないよう、外で遊べるような環境に連れ出してあげることも効果的です。頑張って遠方に連れ出さなくても、一緒に外を散歩するくらいの外出でも問題ありません。目の筋肉を健康的な状態に保つには、眺望する時間を増やしたり、動きのあるものを見て目の筋力を使うことが大切です。なるべく外の自然に触れる機会を増やし、目を凝り固めないようにしましょう。
  • 以上のように、親に求められるのは子供と一緒になって予防のための行動をすることです。子供に対してただ指摘をしたり注意を促すのではなく、一緒に注意して気にかけ、行動してあげることで子供も意識して行動しやすくなります。そうして目を労わる習慣を身に付けさせてあげましょう。
  • 子供の眼精疲労は日頃の意識で予防できる

  • 子供の眼精疲労は日頃の意識で予防できる
  • 大人だけでなく、子供であっても眼精疲労の症状を引き起こすことがあります。長時間のゲームやスマホの使用で、目を酷使し続けることが大きな要因です。放っておくと大人と同様に肩こりや頭痛の症状が起こったり、視力低下の原因にもなるため、注意が必要です。
  • 子供は大人と違って疲れにくいこともあり、目の疲労の症状をうまく察知することができません。そのため子供だけでなく、親も一緒になって予防してあげることが求められます。近くのものを見続けるような状態が続くときには、目の休憩を促したり、目のストレッチを行うことで負担を緩和します。外の自然に触れる習慣をつけ、眺望の時間を長くとることも大切です。暗い場所での作業を続けることも止めましょう。
  • 出典: unsplash.com

  • それでも子供に眼精疲労の症状が表れてしまった場合には、眼科を受診して早めの治療を行いましょう。視力の適切な矯正や点眼薬治療などによって、疲労を改善することができます。眼精疲労は目の筋肉が疲労して凝り固まってしまうことが原因のため、眼科を受診したからといってすぐに治るものではありません。しかし、適切な治療と医師の指導によって目のリラックス状態を保つことで、改善していくことができます。
子供に眼精疲労が起こる原因と症状、予防方法について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事