気になる目のくま&たるみを効果的に改善する方法

気になる目のくま&たるみを効果的に改善する方法

Thumb?1414295452 muah♪さん

42

目のくまの改善には、くまの種類と原因を知ることが大切です。種類と原因に合わせて最も適した方法をとることが、気になる目のくまやたるみなどを改善するためにはとても重要です。

  • 目のくまの種類と、それぞれの原因について

  • 目のくまの種類と、それぞれの原因について
  • 目の下にクマがあるとなんだかとても疲れて見えたり実年齢よりも老けて見られるなどの影響があります。

    しかし、目のまわりにできるくまにもその種類によってできる原因が異なります。

    まず目の下に青みがかったクマがある場合は目の周りの毛細血管が透けて見えるのがその原因です。

    生活習慣やホルモンバランスの乱れ、睡眠不足やストレス、疲労などが原因となって目のまわりの血流が滞ることでこの目のくまができやすくなります。パソコンやスマホなどの画面を長時間見続けて、目を使い過ぎることも目の血流の悪化につながり、青くまの原因の一つと言われています。

    さらに茶色く見える目のくまはメラニン色素が沈着してできるものです。紫外線や皮膚への刺激などのほかにもアレルギーや乾燥、化粧品かぶれ、メイクを完全に落とせていないことも原因として考えられます。この茶くまは目のくまは目の下ばかりでなく瞼にできることもあり、表皮部分にできるものとさらに肌の奥の真皮にまで達しているものとがあります。

    そしてもうひとつ黒っぽい色をした目のくまは、老化などが原因となって皮膚がたるむことや目のまわりの筋肉のゆるみによって起こるたるみがへこみを作って影になって見えるのがその原因です。
  • 目のくまと、たるみとの関係性について

  • 目のくまといってもその種類やできる原因は異なりますが、皮膚や筋肉などのたるみによって目のまわりにくまができてしまうものもあります。

    黒くまと呼ばれるもので、実際にはクマのように見える部分はたるみによってできたへこみが影を作って黒く見えてしまうのがその正体です。

    加齢やその人の体質などによってたるみが現れる状況は異なります。若い年代からたるみ始めてしまう人もいれば、年齢を重ねても肌にはりがあり表情が生き生きとしているという人もいます。

    目の周りにクマを作ってしまうたるみは、生まれつき目の下の部分が脂肪が少なかったり加齢とともに目の周りの脂肪が委縮して皮膚がたるみ、その影響でへこみが目立って影を作る場合と、加齢などの原因で目の下の脂肪組織を支える筋肉が弱くなり、目の下の眼窩脂肪が前に押し出されてしまうことでたるみができ、その下にへこみができて影を作る場合とがあります。

    そのため実際に黒クマのできている部分はその部分自体が黒い色をしているわけではなく、影を作ることで黒く見えるものなので、くまを目立たなくしたいからと言ってコンシーラーやファンデーションなどを厚く塗ってしまうと、隠れるどころかかえってクマを目立たせてしまうケースもあります。
  • 青くまの解消には目の周りの血流を良くする

  • 青くまは目の周りの薄い皮膚から毛細血管が透けて見えることで青っぽく見えるクマを作るものです。

    睡眠不足が続いたり疲労が溜まったりすることで目の周りの血流が滞るとクマが目立ってくるので、解消するためには目の周りの血流を促進してやることが必要です。

    根本的な解決法としては睡眠不足を解消し生活習慣を整えたり、パソコンやスマホの画面を見る時には一定の時間が経過したら休憩を入れるなどの対処法が必要です。

    そして目の周りの血流促進に効果的なのがマッサージをしたり目の周りを温めたりすることです。
    ただし目の周りの皮膚はとても薄くて繊細なので、マッサージをするには指の滑りをよくするようにクリームなどを使用して強すぎない力で行うのがポイントです。
    早くくまを解消したいからと強い力でこするとかえって悪化することにつながるので注意が必要です。

    また、目を酷使した後には一定の時間で休憩を入れて目を休ませるようにします。その際に目の周りをじんわりと温めるホットパックも血流促進には効果的です。

    蒸しタオルを使って目の上にしばらく置くのもいいし、専用のホットアイマスクなどを活用すれば手間もいらず簡単に疲れ目のケアができて便利です。
  • 色素沈着が原因の茶クマには美白ケアを

  • 目の周りの皮膚が色素沈着を起こすことでできる茶くまの改善のためには、日々のスキンケアに美白効果のあるスキンケアを加えることも効果的です。

    市販のケアだけでなく美容皮膚科などに相談すればハイドロキノンやトレチノインなどを処方してもらえるケースもあり、より効果が期待できます。

    ただし皮膚の深部にできるあざや濃いしみなどが原因で茶クマを作っている場合にはスキンケアで解消するのは困難な状況です。
    メラニン色素が皮膚の奥深くに沈着している状態なので、改善するためにはレーザーでの治療などが必要になります。

    いずれにしても美容皮膚科などの専門医を受診して自分の茶クマの状態を正確に診断してもらったうえで効果的な治療法を相談することが大切になります。

    また、生まれつきのあざや紫外線などの影響でできる色素沈着とは別に、皮膚を過度にこするなどの刺激を与えることで色素沈着を起こして茶クマを作ってしまう場合もあります。

    薄くて繊細な目の周りの皮膚は強い力でこすると刺激によって影響を受けやすいため、マッサージをするときにも弱い力で行い、メイクを落とすときにもごしごしこすることは絶対に避ける必要があります。

    アイメイク専門のクレンジング剤を使ってメイクを浮かすようにしてからやさしく取り除くようにします。
  • たるみが原因の黒クマには眼輪筋を鍛える

  • 茶クマや青くまの改善には実際にクマのできている部分に対して働き掛けるのに対し、皮膚や筋肉などのたるみによってできる黒クマを改善するためには、黒く見えている部分に何か対策をとるのではなく、たるみを作る原因となっている筋肉などを鍛えることが効果的です。

    顔の筋肉も体の筋肉と同じように使わなければ衰えてたるみが生まれるものです。そのため目の周りのたるみの改善のためには目の周りのエクササイズによって筋肉を鍛えることが効果的です。

    例えば普段あまり意識することのない瞼の開け閉めの動作も、負荷をかけて瞼を開け閉めすることで瞼の筋肉を鍛えることができます。
    具体的には眉の上に指を置いておでこが動かないようにした状態で瞼の力だけで目を開けたり閉じたりすることで瞼の筋肉が鍛えられます。

    また、顎を首に付けて口を縦に大きく開いて上目遣いになり、思い切り瞳を上に向けた状態で下瞼の力を使って瞬きすれば目の下の筋肉を鍛えることができます。顔の筋肉のエクササイズはいつでも手軽にできるので、家でちょっとした時間に行うことを習慣にすれば、眼輪筋を含め顔全体の筋肉が鍛えられてたるみの解消につながり、たるみによってできる黒クマの改善につながります。
  • 自分の目のくまがどんな種類かを把握する

  • 目のくまは顔を老けさせたり疲れて覇気のない顔に見せてしまうとても嫌な存在です。けれども、気にするあまりできてしまった部分をメイクなどで必死に隠そうとすると、やり方によってはさらに目立たせてしまう場合もあります。

    目の下のくまにも種類があり、根本的な改善法を見つけるためにも自分の目のくまがどんな種類のものでどんな原因によってできているのかを見極めることが大切です。

    美容医学が発展し、様々な医療的処置によって改善することが可能になった目のくまもあります。けれど、基本的な体の状態を整えることを置き去りにしてしまえば、せっかく改善できても再び目のくまが発生してしまうことも考えられます。

    目のくまができたから対症的な措置を施すことで改善することも必要ですが、根本的に改善するためには日常生活を見直すことが必要になることもあります。

    疲労をため込まないようにする、慢性的な寝不足状態を解消し、きちんと質の良い睡眠時間を確保する、顔の筋肉が衰えないようにエクササイズをするなど、一見すると目のくまには直接関係ないように感じられることでも、健康な体に整えるためにはとても重要なことです。

    健康になることで血流やたるみが改善すれば目のくまの改善にも効果が期待できます。
気になる目のくま&たるみを効果的に改善する方法
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事