食べると痩せる!?魅惑の料理「ザワークラウト」の効能と作り方

食べると痩せる!?魅惑の料理「ザワークラウト」の効能と作り方

Thumb?1414295452 muah♪さん

648

ドイツ料理の付け合わせとしておなじみのザワークラウトは、簡単に作れておいしいだけでなく、健康によい効能がたくさんあり、しかも食べると痩せるといわれています。この万能食品について紹介していきます。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • ドイツの代表的な食べ物

  • ドイツの代表的な食べ物
  • ザワークラウトは、ドイツ語ではSauerkrautとつづります。

    このうち、sauerとは酸っぱいという意味で、Krautはキャベツのことです。
    ですから、全体としては酸っぱいキャベツという意味になります。
    そのため、この食べ物は酢付けのキャベツだとよく勘違いされます。

    しかし実際には、酢は使われていません。酸っぱさは、乳酸菌による発酵によって生まれるのです。

    ここに健康によい効能の秘密があります。
    キャベツは体によい食べ物であり、また発酵食品全般も健康食品として知られています。
    その2つの性質を兼ね備えているので優れた効能を持つのです。

    この食べ物は、ソーセージの皿の端にのっているイメージがあります。
    実際、さっぱりとした酸味が口直しに最適ですから、ドイツでは肉料理などの付け合わせとして広く用いられています。
    そのため、ドイツ人を指すためにクラウトという言葉が、しばしば笑いと軽蔑を込めて、使われるほどです。

    しかし、実際にはドイツに限らず、ロシアや東欧、北欧などでも食べられています。日本ではドイツ料理店で出てくることの多い食べ物ですが、簡単に作れるものですから、多くの国では家庭料理としても定着しています。
  • 食べると痩せる魔法の食べ物

  • 食べると痩せる魔法の食べ物
  • ザワークラウトの効能として、様々な利点が指摘されています。

    そもそもキャベツは栄養価の高い野菜で、特にビタミンCが多く、かつては壊血病の予防に使われたほどです。

    このビタミンは、発酵によってさらに増加します。タンパク質の合成を活性化し消化器官の粘膜を修復するビタミンU(キャベジンという別名でもよく知られています)や、骨にカルシウムが沈着するのを助けて骨粗しょう症を予防するビタミンKも含まれています。

    そして代謝を促進するビタミンB2も含まれるため、食べると痩せるという効果があるのです。


    また、発酵食品であるため酵素が豊富に摂れるので、腸内の善玉菌を増やす効果があり、消化力・免疫力を高めることができます。
    そのため、肉料理の付け合わせとして用いられるのです。

    さらにキャベツ自体に食物繊維が多いこともあって、便秘の予防や改善に効果的です。

    他にも乳酸菌の効能として、アトピー性皮膚炎の改善や花粉症予防といった効果も指摘されています。

    乳酸によって脂肪がエネルギーへと変えられる点も、食べると痩せるダイエット効果につながります。
    発がん性物質を抑制するペルオキシダーゼを含むため、抗がん作用がある点も見逃すことができません。
  • 家庭で簡単に作る方法

  • 家庭で簡単に作る方法
  • ザワークラウトは家庭でも簡単に作ることができます。

    最低限必要なのは、キャベツと塩、そして漬け込むための瓶や壺などの容器です。漬け物用の容器なども便利です。容器は事前によく消毒しておく必要があります。

    まずキャベツの外側の葉と芯の硬い部分を取り除き、せん切りにします。
    そして刻んだキャベツをボウルに入れ、塩もみします。

    塩の分量は、だいたいキャベツの重さの2%でよいでしょう。
    塩の効果によって、キャベツはしんなりとし、また水分が出てきてかさが減ります。

    次に、にじみ出てきた水分をこぼさないようにしながらキャベツを保存用の容器に入れます。
    この時、漬け込みの効果を高めるため、できるだけぎゅうぎゅうに押し込むようにしてください。

    最後にラップをかけて、上に重石を置きます。

    そのまま発酵を待つのですが、発酵に必要な時間は季節によって変わります。夏場は3~4日で十分ですし、冬場は10日ほどおきたいところです。

    これだけでもうできあがりですが、可能ならば一手間加え、最初に塩もみする際にキャラウェイシードというハーブを混ぜるとおいしくなります。

    また漬け込む際にローリエを入れておくと、さらに効果的です。
  • 様々な料理に使ってみよう

  • 様々な料理に使ってみよう
  • ザワークラウトを使った料理として、シュラハトプラットがよく知られています。

    まず、豚肉に塩を揉み込んで3~4日ほど寝かせます。
    そして塩を洗い流したら、鍋に入れて水で柔らかくなるまで茹でます。この時、白ワインを加えてもいいでしょう。

    続いてスライスしたタマネギやセロリを炒め、しんなりしたらザワークラウトを入れてさらに炒めます。
    そこに最初に茹でた豚を茹で汁ごと入れて、蓋をしてさらに煮ます。

    このとき、好みに合わせてニンジンやジャガイモを加えてもいいでしょう。こうして柔らかくなったら塩・胡椒で味を調えてできあがりです。



    この料理はおいしいものの、時間がかかります。
    そこで、もっと手軽に作るなら、塩漬けの豚ではなく、ソーセージやベーコンとの煮込みにするとよいでしょう。

    具体的には、ソーセージやベーコンを野菜とともに炒め、そこにザワークラウトを加えてさらに火を通し、そして水を加えて煮込むのです。ソーセージを煮込みすぎないのがコツです。


    さらに簡単な料理として、炒め物に入れることもできます。
    刻んだベーコンとお好みの野菜、そしてザワークラウトを軽く炒めるのです。火を通すことによって、酸味が和らいで食べやすくなります。
  • 食べる際に注意したいこと

  • 食べる際に注意したいこと
  • このように、たくさんの効用がありながら簡単に作ることができ、様々な料理に応用することも可能なザワークラウトですが、注意したい点もあります。


    まず、効用の多くは加熱によって損なわれてしまうという点です。

    ザワークラウトに豊富に含まれるビタミンCは熱に弱いことで知られています。ですから、そのまま食べるのではなく加熱してしまうと、その効用が弱められたり、壊されたりしてしまいます。

    加熱することは、酸味を抑えることにつながるので、酸っぱいものが得意でない人にはおすすめの食べ方ですが、それによって優れた効果も失われることを知っておかねばなりません。


    さらに、様々な効用は継続的に食べ続けることによって得られるという点も重要です。

    一度や二度食べたからといって、すぐに痩せるといったものではないのです。ですから、まとめてある程度の量を作り、それを毎日少しずつ食べることが勧められます。

    また発酵食品だからといって、いつまでも食べられる訳ではないことも忘れてはいけません。

    保存食としてもよく知られていますが、家庭で作ったものは保存料などが加えられていないので、冷蔵庫で保存して1ヶ月以内には食べましょう。

    なお、保存中も発酵が進むので味は変わります。
  • おいしく手軽な健康食品として楽しもう

  • おいしく手軽な健康食品として楽しもう
  • ドイツ料理に欠かせないザワークラウトですが、そのおいしさと手軽さ、食材としての応用範囲の広さから、今ではドイツ以外でも広く食べられています。

    日本人にはドイツ料理自体が馴染みの薄いものではありますが、ビールとソーセージに合わせるだけでも十分それらしくなりますし、他の国の料理ともサラダ感覚や漬け物感覚で合わせることで、より広く楽しむことができます。


    その優れた効用は、知らずに済ませるにはもったいないものです。
    キャベツ・ダイエットや発酵食品ダイエットといったものが流行しましたが、ザワークラウトはそれらに先駆けて古くから愛されてきたダイエット食品でもあります。
    すでに歴史によって効果が保証されているということが可能なのです。


    家庭で安価に、そして添加物を加えることなく簡単に作ることができる保存食という利便性も、忙しい家庭には魅力的でしょう。

    空いている時間にまとめてたくさん作ってしまえば、あとは発酵の進展による味の変化を楽しみながら、少しずつ食べていくことができます。

    忙しく栄養の偏りがちな現代人に、これほど向いている食べ物はありません。おいしく手軽な健康食品として、もっと身近な存在になることが期待されます。
食べると痩せる!?魅惑の料理「ザワークラウト」の効能と作り方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事