漢方を利用することで体の内側から得られるダイエットの効果とは

漢方を利用することで体の内側から得られるダイエットの効果とは

Thumb?1414295452 muah♪さん

224

ダイエットをしようと思っても、なかなか続かないという人も多いようです。一度太りやすい体質になってしまうと痩せにくいのは事実ですし、リバウンドを繰り返しているうちに更に太りやすくなります。そんな時には漢方がおすすめです。

  • 下半身太りが目立つぽっちゃり体型の場合

  • 下半身太りが目立つぽっちゃり体型の場合
  • 漢方を利用してダイエットを行う場合、まずは自分のタイプを知らなければなりません。

    自分がどのような要因によって太っているのかを正確に把握することで、正しい種類の漢方を選ぶことができるようになります。

    よく見られるのが上半身のサイズよりも下半身のサイズの方が大きいタイプであるぽっちゃり体型です。このタイプは体内の水分が滞っていることで太りやすくなっていますので、漢方を利用する時には体内の水分のバランスを整えたり上手く流してくれるようなタイプを選びます。

    水分代謝が悪いタイプかどうかは、いくつかの項目をチェックしてみると分かります。

    顔や足やよくむくむ・汗をよくかく・トイレが近い・軟便であったり下痢をすることが多い・体が重く感じる・疲れやすい・水分の摂取量が多い・倦怠感を感じることが多い・頭が重くなることがあるなどがチェックしたいポイントなのですが、全てに当てはまっている必要はなく、いくつかの項目に該当する場合にはこのタイプである可能性が高くなります。

    ぽっちゃり型の場合には上半身と下半身のサイズに差がありますので、全体のシルエットとしてバランスが悪く見えることも多いようです。どちらかと言えば色白の人が多く、筋肉の量は少ないのが特徴です。

    このようなタイプの漢方選びとしては、血行を改善して代謝を高めるように促さなければなりません。
    体の中に水分が溜まってしまうと慢性的なむくみが見られるようになりますし、代謝が鈍って太りやすくなってしまいます。漢方には水分の流れやバランスを整えて、不要なものを排出してくれるタイプがありますので、そのような漢方を利用することが大切です。

    具体的には、防己黄耆湯や桂枝茯苓丸、当帰芍薬散などがこれに当たります。水の流れが原因で太っているようなケースでは冷え性に悩まされることも多いのですが、血行が良くなって代謝が活発になれば冷え症の症状も自然と落ち着いてきますので、ダイエットをしながら冷え症対策も同時に行うことができます。
  • 下腹部がポッコリとしている場合

  • 下腹部がポッコリとしていて全体的なシルエットがコロコロとしている場合には固太りタイプです。
    このタイプには生理不順の症状がよく見られ、肩こりに悩まされる人も多いようです。

    また、便秘に悩まされることも多くなるのですが、便秘はダイエットを行う場合にもっとも注意しなければならないことに一つですし、肌荒れや体調不良の原因にもなりますので注意が必要です。

    このタイプのチェックポイントとしては、中性脂肪が多い・生理痛が重かったり、血の塊が出る・下腹部や腰に痛みがある・肌荒れをしている・顔色が浅黒い・冷えやのぼせの症状がある・目の下にくまができている・しみができやすいなどがあげられます。

    冷えとのぼせは相反する症状のようにも感じますが、血が原因で太っている場合にはどちらも起こり得ることです。

    固太りは血太りですので、漢方を選ぶ時にはまずは血液をサラサラにすることを考えます。
    血液をサラサラにする効果があれば体内に滞っている老廃物がスムーズに排出されるようになり、ポッコリとした下腹部も改善されます。

    また、巡りが良くなることで肩こりや腰痛なども解消するような効果も得られますし、肌の色も明るくなります。

    漢方のタイプとしては健康な血液を作ることができるようなものを選ばなければなりませんので、大柴胡湯や防風通聖散、桃核承気湯がおすすめです。このタイプは一見すると健康的に見えるのですが、実は慢性的な便秘に悩まされていたり、下腹部痛や腰痛をよく起こすという人が多いようです。

    固太りの人がこれらの漢方を利用して体の内側から体質を改善していくと、ずっと悩まされていた便秘も解消されますのでお腹がスッキリします。腸内の環境が整えられると作られる血液が綺麗になって、しかもサラサラになりますので、体の隅々まで必要な栄養や酸素を送り届けることができるようになります。

    腸を整えることは健康や美容面の対策を行う上でも非常に重要なことですので、漢方でしっかりと整えていきたいところです。
  • ストレスの多いガッチリ体型の場合

  • むくみタイプ、固太りタイプ以外にも、ストレス太りタイプがあります。

    漢方ではストレスによって気の流れが悪くなっていることが問題だとされています。慢性的にストレスを受け続けていたり、強いストレスを受けて体内の気の流れが滞ると新陳代謝が悪くなりますので、その結果太りやすくなります。

    このタイプは忙しく働いている人に多く、常にイライラしたり緊張しているという人も多いようです。
    ストレスを受けやすいタイプと受けにくいタイプがいますが、ストレスを受けても上手く対処することができれば体内の流れが滞らずに済みます。自分で対処できない場合には漢方の力を借りることも大切です。

    このタイプはストレスによって過食や拒食を繰り返してしまうことも多いのですが、食事面が不規則になってしまってはダイエットの効果も思うように出なくなります。

    また、生活習慣が乱れることで自律神経が乱れてイライラや緊張が強く出てしまう人もいますので、そういった場合にも漢方は有効です。漢方は自律神経を整える際にもよく使われており、優しい作用で穏やかに効いてきます。

    このタイプかどうかを判断する場合には、寝起きが悪い・過食をしてしまう・肩や背中がこる・便秘がち・些細なことがいつまでも気になってしまう・興奮しやすい・喉がつかえるなどに該当しないか確認します。

    漢方を飲むと体調面や精神面のどちらにも働きかけることができますので効率良くケアを行うことが可能です。
    このようなストレスが原因で太っているタイプの人は、ストレスを落ち着かせる効果を持つ漢方がよく効きます。

    漢方でストレスを少しずつ緩和させていくことで、ストレスが引き金となっている症状を改善していくことができます。具体的な漢方の種類としては、柴胡加竜骨牡蛎湯や半夏厚朴湯、加味逍遥散などが効果的です。

    ストレスは精神面を不安定にするだけでなく体の様々な部位に不調をもたらしますし、ダイエットの効果も出にくくなりますので、ストレス対策はとても重要です。
  • 漢方ダイエットのメリットとデメリット

  • 最近では大きな病院でも漢方外来を設けるところが増えており、原因の分からないような不調や慢性疾患を治してくれると人気が高まっています。

    病院に行かない場合でも薬局で漢方を入手することができ、若い女性が漢方を利用してダイエットに励むケースも増えています。

    漢方薬は西洋医学のように病気に直接アプローチするようなものではありませんので、効果の現れ方は非常に穏やかです。

    複数の生薬を個々の症状に合わせてブレンドしていく方法ですので、全身からアプローチを行って時間をかけて治していきます。

    ダイエット対策においても、体の冷えが原因でむくみ体質になって太っている場合には、漢方ではまず血行を促進して体を温めたり代謝を改善して水分の排出をスムーズにするように促していきます。ですから、飲み始めてからすぐに効果が得られるような方法ではありませんし、正しい漢方薬を選ぶためには気・血・水の巡りや流れを最初にチェックしなければなりません。

    個々の体質を正しく見極めることができないと、本当に合った漢方薬を選ぶことができないのが気をつけなければならないポイントです。

    ただし、漢方薬には複数の生薬がブレンドされていて、それらの生薬の働きで優しい作用をもたらしてくれますので、副作用が起こりにくく長期にわたって服用する場合にも問題はありません。
    これが最大のメリットであり、体力の低下している人にもおすすめの方法です。

    漢方ではダイエットの効果も少しずつ出てくるわけですが、その分リバウンドのリスクが小さくなりますので、結果的には効率の良いダイエットを行うことができます。一時的に痩せるためでなく、体質を改善して痩せやすい体へと変化させていくことができるのが漢方ですので、本格的に痩せたい人が利用したい方法です。

    漢方を飲むと全身にアプローチできますので、ダイエットをしながらむくみや冷え性を改善したり、便秘を解消したり、肌荒れを改善したりといった様々な効果が得られるのも大きなメリットです。
  • ダイエット効果を持つ漢方の働き

  • ダイエット効果を持つ漢方の種類を見ていくと、水太りタイプのむくみ解消に効くのが防己黄耆湯です。

    この漢方は夕方になると靴がきつく感じるようなむくみ体質に有効であり、胃腸が弱くて軟便や下痢になりやすい人に向いています。消化吸収を助けながら余分な水分を取り除くことで全身の働きを高めてくれる漢方です。桂枝茯苓丸もむくみ体質に効く漢方であり、女性特有の生理不順や冷え症の改善に役立ちます。

    固太りタイプには大柴胡湯が効果的です。ストレスで過食に走ってしまう人や生活習慣が乱れている人に向いている漢方であり、便秘を改善させたりリラックス効果も得られます。

    防風通聖散も便秘解消に効く漢方であり、発汗作用や利尿作用も期待できます。代謝をアップさせることができますので、代謝の鈍っている体を活性化させるのに最適です。

    また、血流を改善することで脂肪を燃焼しやすくすることも可能です。他には桃核承気湯もありますが、これは血流を改善したり月経不順による肌荒れを改善してくれます。続けて飲むと顔色が良くなってきて肩こりや腫れなども解消できる漢方です。

    ストレス太りには柴胡加竜骨牡蛎湯がよく効きます。柴胡加竜骨牡蛎湯は気の巡りを良くして自律神経やホルモンバランスを整えることができます。いつもイライラしていて不眠や肩こりなどに悩まされている人に最適の漢方であり、イライラを鎮める作用もあります。

    半夏厚朴湯は喉のつかえがあったりお腹が張るという人に向いている漢方であり、お腹の張りを改善しながら食欲を抑えることができます。更に自律神経を整える作用もありますので、気持ちが沈んだり落ち着かない時に利用すると症状が緩和されます。日頃から生活習慣が乱れていてストレスを感じることが多い人に適した漢方です。

    このように同じダイエット目的であっても、それぞれの体質や体調によって選ぶべき漢方が異なります。漢方で対策を行う時には、いかにして自分に合った漢方を選ぶことができるかが非常に重要です。
  • 優しい効き目でリバウンドの無いダイエット

  • 漢方を利用すれば、優しい効き目でリバウンドの無いダイエットを行うことができます。

    西洋薬のように即効性のあるタイプではありませんが、様々な生薬の力を借りて全身からアプローチすることができますので、様々な不調や気になるところを一度に解消することもできます。

    生薬で作られている漢方なら副作用の心配もありませんので、体力の弱っている人でも気軽に利用することができますし、長期にわたって服用しても問題はありません。より高い効き目を得るためには、個々の症状に合った処方をしてもらうことがとても大切です。

    ダイエット目的で漢方を利用する場合でも、選ぶべき種類はそれぞれ異なります。太りやすい人の中にもタイプがあり、むくみタイプ・固太りタイプ・ストレス太りタイプのどれに当てはまるのかで選ぶべき漢方が違ってきます。

    中には、いくつかのタイプに当てはまる混合タイプもいますが、その場合でも漢方なら自由にブレンドすることができますので対応するのは難しくありません。
    それぞれがタイプが分かったら、あとは自分に合った漢方を病院で処方してもらったり、薬局で入手するだけです。

    むくみタイプなら血行を良くして代謝を高め、体の中の不要なもの排出するように促すことで痩せやすい体質へと変化させることができますし、固太りタイプなら血液をサラサラにして体内に溜まっている老廃物を排出させることで痩せることができます。

    固太りタイプは便秘を解消する作用を持つ漢方を取り入れることも重要であり、便秘が解消されると自然と血液が綺麗になってサラサラになりますので効果がアップします。

    ストレス太りにはストレスを落ち着かせる働きを持つ漢方が有効であり、ストレスによって過食に走ってしまわないように食欲を抑えることも大切です。

    生活習慣が乱れたり強いストレスを受けたりすると自律神経のバランスが損なわれて体調に影響を与えますが、漢方を上手く活用すれば自律神経のバランスを上手く調節してストレスを緩和することができます。
漢方を利用することで体の内側から得られるダイエットの効果とは
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事