漢方でダイエットをする効果と選び方、デメリットとは?

漢方でダイエットをする効果と選び方、デメリットとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

178

ダイエットに関しては常に新しいダイエット方法が登場していますが、ここまで多いと何を行えばよいのか迷ってしまいますが、そんなダイエットの一つとして漢方を活用したダイエット方法があります。

  • 自分の体質を知りましょう

  • 自分の体質を知りましょう
  • いつの時代でもダイエットは多くの方から注目されているので、常に新しいダイエット方法があります。しかし、これだけ多くの情報があると何を行えばよいのか迷ってしまいます。

    そんな中で効果の高いダイエット方法があり、それが漢方を使ったダイエット方法になります。漢方は古くから東洋医学で使われている薬のことです。

    損か漢方は体の一部の症状を見るのではなく、体全体の状態を見ていきます。要するに体全体の調子を整えることで結果的に病気を治していくという考え方になります。

    この漢方をダイエットに用いる場合にも同じで、まずは自分の体の体質を知る事が漢方を効果的に活用する第一歩となっています。

    ですので、まず始めに自分の体質をチェックしていくのですが、この体質のタイプには5つのタイプに分けることができますので、自分がどのタイプなのかを確認しておきましょう。

    まずは筋肉質である事、そしてイライラするとついつい食べ過ぎてしまう方、体重の増減が激しい方はストレス太りをしているタイプになります。

    次に汗をかきやすい方、炭水化物ダイエットを実践したことがある方、顔の下が垂れ下がっていて、いわゆるブルドッグ顔になっている、もしくはなりそうな感じがする方は体力がないことで太っているタイプになります。

    次にエクササイズをすると体調が悪くなったり貧血になってしまう方、手足が冷たい方、飲み物は冷たいものを選ぶことが多い方は貧血によって太っているタイプになります。

    次に下腹部が出ている方や下半身が冷えやすい方、肌にシミやアザができやすい方の場合には、血流が悪いことで太ったいるタイプになります。

    最後に下半身が太っている方、足や顔がむくみやすい方、雨の日になると特に体が重いと感じる方は水太りをしているタイプになります。

    それぞれのチェック項目で最も数の多いものが自分のタイプになります。これらのタイプによって効果のある漢方が異なりますので、まずは自分のタイプを確認してください。

    ちなみに複数のタイプで、当てはまる項目が同じ数だった場合には、複合タイプの体質になりますので、両方のタイプを確認して漢方を使うようにしてください。
  • ストレスと体力がない方に適した漢方

  • 自分の体質のタイプを知ることができたら、次にそれぞれのタイプにあった漢方の選び方をご紹介していきますので、自分のタイプをチェックしてください。

    まずはストレスによって太ったいるタイプの方は、漢方の世界で言うところの「気」のめぐりが悪くなっているタイプで、ストレスやプレッシャーによって太ったしまいます。

    このようなタイプは食べ物などを制限したり、過度の運動をするとかえってストレスになってしまい、思う様な効果が得られないことがあります。

    ストレスやプレッシャーによって太りやすいタイプの方は、イライラ感や怒りっぽい体質を改善してくれる漢方が効果的で、それには「加味逍遥散」などが効果的になります。特に女性特有の整理によって感じるイライラや体調不良、ニキビなどにも効果的な漢方になります。

    また、意識的にイライラを抑えることも大切になりますので、ストレスを感じたら深呼吸をしたり、柑橘系の果物を食べたり、もしくはアロマオイルを使用するのも良いでしょう。

    次に体力がないことで太りやすくなっているタイプの方は、漢方の世界で言うところの「気」が不足をしているタイプで、体力がなく代謝も悪い為何を食べても太ったしまう状態にあります。

    このタイプは炭水化物を抜いたダイエットを行っても、炭水化物は代謝アップに効果的な食材ですので、かえって太りやすくなってしまいます。

    ですので、しっかりと炭水化物を摂取して代謝アップをしていく必要があるのですが、それには豆類やイモ類、きのこ類などでも良いでしょう。

    体力がないことで太りやすいタイプの方には「補中益気湯」と言う漢方が効果的で、この漢方はだるさや疲れやすい体に元気を与えてくれる漢方で、胃腸の働きにも効果があったり栄養不足やしわなどによって引き起こされる老け顔にも効果的な漢方になっています。

    ちなみに体力がなくて太りやすいタイプの方は、激しい運動も適していない為、ストレッチやヨガといったゆったりとした運動が適していますので、それらの運動を行いながら炭水化物をしっかりと取り入れた食事をするように心掛けてください。
  • 貧血や血流、水太りタイプに適した漢方

  • ここからは残りのタイプの方に適した漢方をご紹介していきますので、自分のタイプを良くチェックをしてみてください。

    まずは貧血によって太りやすくなっているタイプの方は、漢方の世界で言うところの「血」が不足しているタイプの方で、体の隅々まで血液が行き届いていない為、体に必要な栄養素も行き届いていないタイプになります。

    ですので、激しい運動には適しておらず、エクササイズやヨガなどのゆったりとした運動が適しているのですが、このタイプには「十全大補湯」と呼ばれる漢方が効果的です。

    この漢方は「血」や「気」を補うことができますので、エネルギー不足やめまいなどにも使われる漢方になります。

    次に血流が悪いことで太りやすくなっているタイプの方は、漢方の世界で言うところの「血」のめぐりが悪くなっている為、体の老廃物が溜まりやすく排出もうまくいかないことから太りやすくなっています。

    ですので、まずは体内と体外を温めていくことが大切で、湯船に浸かったり温かい飲み物も良いでしょう。

    このタイプの方には「桂枝茯苓丸」と呼ばれる漢方が効果的で、この漢方には「血」のめぐりを良くすることができて、さらには生理痛や生理不順、頭痛、ニキビにも効果的な漢方になりますし、肩こりや、美容面ではシワや目の下のクマにも良い効果をもたらしてくれます。

    最後に水太りをしているタイプの方は、漢方の世界で言うところの「水」のめぐりが悪くなっていることから、痩せにくい体質になっています。

    このタイプの方は体の中に余分な水分が溜まってしまう事で太ったいるので、まずは余った水分を体の外に排出させてあげる事が大切になります。

    逆に一時期流行していた水を飲むことで行うダイエットは、このタイプには適していませんので、飲み物を飲む際にもトウモロコシのヒゲ茶やあずき茶などのように水はけの良い飲み物を選ぶようにしてください。

    このタイプの方は「当帰芍薬散」や「防已黄耆湯」と呼ばれる漢方が効果的で、どちらも水分の代謝を良くしてくれる効果がある漢方になります。"
  • 漢方のメリットとデメリット

  • 数多くのダイエット方法が存在している昨今ですが、そんな数ある方法の中で漢方を使った方法を選ぶメリットについてご紹介していきます。

    数ある方法はもちろん全く効果がないという訳ではないのですが、やはり人それぞれの体質によって合う場合と合わない場合に分かれてしまいます。

    ですので、他の方法を行うに際しても、漢方を併用して行っていく方が良く、病気の治療などでも使われる為、効き目も高いことがメリットと言えます。

    実際にも多くの方が漢方によって痩せることに成功をしているのですが、多くの意見でもやはり自分の体質に合った漢方を選べるという事が信頼性が高い理由になります。

    では、逆にデメリットや副作用などはどうなっているのでしょうか。まず漢方には通常の薬ほどは強い副作用がありません。

    しかし、漢方には全く副作用がないと言ってしまうと嘘になってしまいますので、正しい知識を身に付けておきましょう。

    例えば慢性肝炎などの治療で使われる小柴胡湯は、場合によっては黄疸や間質性肺炎などの重い副作用を起こす可能性があります。

    また風邪の初期の段階で使用される葛根湯は胃に負担を勝てることがありますし、年配の方は動悸の副作用が現れることがあります。

    ですので、大切なことは自分の体質に合った漢方を選ぶことなのですが、その為には医師や薬剤師に相談をする事です。

    漢方の中には効き目が強い生薬を含むものもありますので、体質によっては合わない場合もあります。

    つまり漢方は通常の薬と比べると副作用なども少なく安全ではあるのですが、絶対に安全という訳ではありませんので、使用をしていて体に異常を感じた場合には、すぐに使用を中止して医師の診断を受けるようにしてください。

    副作用の他にもデメリットとなることがありますのでお伝えしていきますが、それはある程度長期的に服用を続けなければならないという事です。

    仮に自分の体質にあっている漢方を服用していたとしても、その効き目が現れるまで3か月程度はかかってしまいますので、短期間で痩せたいと考えている方には不向きな方法と言えるでしょう。
  • 自分に合った漢方の選び方

  • 漢方の種類は非常に多い為、全く知識がないと何を選べば良いのか分かりません。また自分の体質に合っていない漢方を選んでしまうと全く効き目がないという事にもなりかねません。

    ですので、自分がむくみやすい体質なのか血流が悪い体質なのか、冷え性なのか疲れやすいのかなどによって選び方も変わってきます。

    まずはむくみやすい体質の方には「五苓散」や「当期芍薬散」が適していて、水分の代謝を良くしてくれますので、むくみの改善につなげてくれます。

    特に「当期芍薬散」は血液の循環も良くしてくれますので、尿の排出を活発にしてくれてむくみやすい方には最適な漢方と言えます。

    次に冷え性の方には「大柴胡湯」が適していて肝臓の働きを良くしてくれますので、体に脂肪が溜まりにくくしてくれて代謝を高める働きもアップします。ですので、運動をしても思ったような効き目が現れないような方にも適しています。

    血流が悪かったり貧血気味の方には「高麗人参」が適していて、一般的には滋養強壮に効き目がある事は知られていますが「高麗人参」によって体を温めて血管を拡張することで、血流を良くすることができます。

    ただし「高麗人参」は独特の苦みがありますので、サプリメントや顆粒タイプなどの飲みやすいタイプを選ぶ方が良いでしょう。

    このように体質ごとに適している漢方は異なるのですが、ひとつの体質を改善するだけであればサプリメントや普通の薬でも大丈夫なのですが、それでは痩せることは難しいのです。

    サプリメントや普通の薬の場合には、血流を良くするものやむくみを解消するものは、あくまでもその症状を改善するだけのものでしかありません。

    それに対して漢方はひとつの原因に対してだけではなく、原因から派生している症状や体の異常に対しても働きかけてくれるので、このことが漢方薬で体質改善をすると痩せやすくなる理由になります。

    ただし、漢方にも副作用がある事はお伝えした通り、闇雲に飲めば良いという訳ではありませんので、正しい選び方としては医師や薬剤師に相談をして選ぶことです。
  • 漢方ダイエットのまとめ

  • 数あるダイエットの方法の中でも、個人個人の体質に合ったものを選んでアプローチをしていけることから、誰に対しても高い効き目を得られる漢方ですが、やはり正しい知識を身に付けてからスタートさせることが大切になってきます。

    例えば、自分自身の体質を知る事、これを怠ってしまうと全く意味のない漢方を選んでしまう可能性があります。

    ですので、自分が冷え性なのか、血流が悪いのか、水太りをしやすいのかなどのタイプを知る事で、それぞれに合った漢方も分かるようになってきます。

    また一般的には副作用がないと思われている漢方ですが、確かに普通の薬よりは副作用は少ないですが、全くないという訳ではありませんので、副作用に関しても理解をしておく必要があります。

    その上でも自分の体質を理解しておくことが重要になりますので、痩せる為に適しているだけではなく、その漢方が持つ副作用が自分の体質に悪影響を及ぼす可能性があるのかもチェックをしておきます。

    とは言っても数ある漢方の中から、ダイエット効果と副作用を考えながら一つのを選び出すことは中々難しいものがあります。

    ですので、かかりつけの病院がある場合には、そこで相談をしても良いですし、近くの薬局やドラッグストアなどでも薬剤師の方に、自分の体の特徴などを伝えれば、適した漢方を選んでくれますので、そのような方法で選ぶのも良いでしょう。

    また、どんなに適した漢方が選べたとしても、そもそも漢方や普通の薬とは異なり効果が現れるまでに時間がかかってしまいます。

    自分の体質に合っていたとしても服用を始めてから3か月程度は効き目が現れるまでにかかります。また満足のいく効き目が得られるまでの期間で言えば、それ以上の期間が必要となります。

    ですので、飲み始めてから3か月で効き目が現れたら、そのまま半年は服用を続けるようにしてください。

    万が一3か月間の服用を続けても効き目が見られないようであれば、それは自分の体質と漢方が合っていない証拠ですので他の漢方を探してみてください。
漢方でダイエットをする効果と選び方、デメリットとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事