糖質制限ダイエットよりおすすめなグルテンフリーの特徴

糖質制限ダイエットよりおすすめなグルテンフリーの特徴

Thumb?1414295452 muah♪さん

294

健康のために糖質制限ダイエットを行うという方も多いですが、糖質制限よりもグルテンフリーを行うほうが健康への効果が高いため、おすすめな方法となります。健康のためや、痩せるために何か行うことを検討されている方はグルテンフリーを始めてみましょう。

  • グルテンフリーとはなにか

  • グルテンフリーとはなにか
  • 糖質制限と同じようなものと考えている方も多いですが、糖質制限の場合は炭水化物や甘いものを制限するものとなります。

    グルテンフリーは小麦が含まれている食事をしないということになります。

    小麦以外の食事は食べても良いので、お米は摂取しても大丈夫です。主に避けるものとしては、パン、麺類、揚げ物となります。
    他にも飲み物として、ビールが挙げられます。


    小麦にはグルテンと呼ばれる成分が含まれており、このグルテンを摂取することが身体に害になってしまうと言われています。

    健康被害としては、グルテンは腸の壁である腸壁を溶かしてしまいます。腸の壁は摂取したものの栄養素を吸収しますが、毒素は排出されるようになっています。

    腸の壁が溶かされることによって毒素が栄養素と一緒に吸収されてしまい、血液とに乗って全身を巡ることになり、様々な病気を引き起こしてしまう原因となります。

    グルテンを摂取しないことで様々な病気の予防にもなるため、糖質制限よりも健康への効果が高いものとなっています。

    血液に載って毒素が巡りますが、一番問題となっているのが脳への影響となります。
    摂取した毒素が脳に行くことによって脳が大きなダメージを受けてしまうと言われています。
  • 行うことで得られるメリット

  • 行うことで得られるメリット
  • グルテンフリーを行うことによっての利点としては、やはり健康の効果が高いですが、最近ではダイエット目的で行うという方も多いです。

    海外のハリウッド女優や日本のタレントさんなども行っているという方も多いです。

    ダイエット効果としては、まず最初に食べ過ぎを防止できるという点です。

    グルテンを摂取することによって、一種の中毒症状のようなものが発生し、小麦を次々と食べたくなってしまうことがあります。
    アメリカなどで肥満の方が多いのはグルテンの可能性も高いとされています。

    ダイエットには食べ過ぎ予防をすることも重要なこととなるので、食べ過ぎてしまっているという方にもグルテンフリーはおすすめの方法となります。


    食べ過ぎの他にも、グルテンは水で溶けにくい性質を持っているため、血糖値を高めてしまう原因となります。
    グルテンによる血糖値の上昇は砂糖よりも高いと言われているため、糖質制限よりも高いダイエット効果を得ることができるとされています。

    グルテンの摂取を控えることによって下痢や便秘などの排泄のトラブルが解消されたという方も多いようです。

    慢性的な下痢や便秘に悩んでいる方は、グルテンアレルギーになってしまっている可能性もあります。
  • 行うことでのデメリット

  • 行うことでのデメリット
  • グルテンフリーを行うことでの難点としては、行うのが難しいという点です。

    海外では一般的に広まっているので、専用の商品が普通のスーパーやコンビ二でも手軽に購入することができます。

    日本では徐々に広まりを見せていますが、スーパーやコンビニではほとんど販売されていないということです。

    販売されているところもありますが、グルテンフリーという記載はなく、アレルギー対策の棚で売られていることが多いです。

    外食でも小麦が使われているお店が多いため、ほとんど行けるお店はなくなります。外食として定番なものは、ラーメン、パスタ、うどん、そば、カレー、揚げ物などが挙げられます。

    牛丼などの一見小麦を使っていないメニューでも、今の時代は調味料や醤油の製造にも小麦が使用されているため、そちらも考えなければなりません。


    自宅で行う際にも、メニューを考えるのが大変ということです。

    一日や二日くらいならばなんとかグルテンを摂取しない食事を思いつくかもしれませんが、長期間続けていくのは大変なこととなり、グルテンを使用しない食事を見つけていくか、使用しないで出来る食事を自ら編み出さなければなりません。

    それらのデメリットがあるということを覚えておきましょう。
  • グルテンフリーのやり方

  • グルテンフリーのやり方
  • やり方としては、小麦を使われている食品を摂取しないだけとなります。

    パンや麺類などを控えて、小麦以外の他のものを食べるようにします。

    小麦が含まれるものとしては、醤油や味噌などの調味料にも使われていることがほとんどとなるので、そちらも避けるようにします。

    醤油ですと、小麦が使われていない商品や、たまり醤油も小麦を使用していないため、そちらを購入するようにしましょう。
    味噌も小麦を使用していない商品が販売されているため、そちらを購入するようにします。


    日本ではまだグルテンが含まれていない商品が普及していないため、スーパーなどで探すよりも、ネット通販を利用して探したほうが見つかりやすいです。

    スーパーで購入するときには成分表を見て購入すると詳細が記載されているので、そちらを参考にしながら購入する商品を見つけるようにします。

    完璧にこなすのは難しいため、醤油や味噌などの調味料は摂取しているという方もいます。また、朝食に食べているパンをご飯に変えたり、インスタントのラーメンやパスタなど小麦が多い食事を避けて普通のお弁当を購入するなどの簡単なものから始めるという方もいます。

    その他にも休日だけグルテンを摂取しないという方もいるようです。
  • 小麦を使わないレシピ

  • 小麦を使わないレシピ
  • 小麦を使わないで作る食事のメニューとしては、和食が最適なものとなります。

    比較的簡単にできる和食としては、煮物となり、煮物の味付けはめんつゆだけでもできるので、普段料理をあまりしないという方にもおすすめとなります。
  • 定番な煮物の具材としては、大根、ニンジン、鶏肉、高野豆腐などがあります。

    これら以外にも、なんでも煮物にすることができ、かぼちゃやレンコン、シイタケ、ゆで卵、魚など具材を変えることで飽きることなく食べ続けることができます。
  • 他にも、小麦を米粉に代用することによって、小麦で作る料理を作ることができます。

    米粉で代用できる料理としては、餃子や焼売、うどん、お好み焼き、てんぷらなどがあります。

    てんぷらの場合は衣がまとまるように卵と米粉を混ぜたものを使用すると上手に出来ます。
    ハンバーグやつくねなど、少量小麦を入れる料理にも米粉を代用することができます。
  • 卵を使用した料理も小麦を使用しなくても済み、メニューとしては、オムライス、オムレツ、玉子丼、玉子焼き、目玉焼きなど様々な料理を作ることができます。

    卵は食材としても安価で購入できるため、小麦を使わない料理を検討している方は、卵料理を作ってみるのも良いのではないでしょうか。
  • グルテンフリーのまとめ

  • グルテンフリーのまとめ
  • 糖質制限よりもダイエット効果や健康効果が高いものとなり、方法としても小麦を摂取しないだけとなるので、誰にでもおすすめできるものとなります。

    グルテンフリーを初めて最初の方は、スーパーで購入する商品を迷うことが多いですが、慣れてくると購入できる商品を把握できるようになります。

    スーパーで販売されている醤油ですが、製造過程でグルテンが消えてしまうとも言われているので、醤油に関してはそこまで気にしないでも大丈夫でしょう。

    ただ、重度の小麦アレルギーの方は体調が悪くなることもあるようなので、完璧にグルテンフリーを行いたいという方は、醤油にも気を使ったほうが良いでしょう。

    麦茶も飲んで良いのか迷う方も多いですが、麦茶は大麦やはと麦が原料となるので、大丈夫とされています。


    小麦を摂取しない生活で一番苦労するのが食事のメニューとなり、ほとんどのお弁当には揚げ物などの小麦が使われているおかずが入っています。
    そのため、基本的には自分で調理しなければなりません。

    忙しくて調理できないという方は、すぐに調理できる小麦が入っていない商品もネットで販売されているため、そちらを購入して実践していきましょう。
糖質制限ダイエットよりおすすめなグルテンフリーの特徴
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事