くせ毛の悩みを解消するお勧めのコンディショナーの使い方

くせ毛の悩みを解消するお勧めのコンディショナーの使い方

Thumb?1414295452 muah♪さん

444

くせ毛には、生まれつきのものや加齢とともに現れるものなどさまざまあります。これまでうまくセットできていたのに、加齢によるくせ毛でお悩みの方もいるでしょう。
くせ毛の悩みを解消する方法の一つに、コンディショナーがあります。今回は、おすすめのコンディショナーの使い方を紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • くせ毛のメカニズムと髪の悩みの関係
  • 湿気に当たると広がるのは何故?
  • シャンプー後の保湿がポイント
  • コンディショナーとリンスの違いはなに?
  • くせ毛に効果的なコンディショナーの使い方
  • くせ毛のメカニズムと髪の悩みの関係

  • くせ毛のメカニズムと髪の悩みの関係
  • さらさらのストレートヘアにあこがれているのに自分の髪には生まれつきくせがあって思い通りのスタイリングが出来ない…そんな悩みを抱えている人は少なくありません。

    髪のクセと言ってもその種類は様々で、波状、縮毛などにくわえ、加齢によって若い頃にはなかった髪のクセがだんだん現れてくるという人もいます。

    髪には毛根と毛穴があり、そこから髪の毛は回転するように生えてきます。

    この毛穴の状態が綺麗な円なら直毛、楕円形などのいびつな場合に髪にくせができて生えてくるという仕組みです。

    縮毛などの強いくせのある人は毛穴が変形していることで髪の表面がでこぼこした形で生まれてきます。

    そしてもともとは直毛なのに、カラーリングなどのダメージや加齢でくせが出てくることもあります。

    これらはいずれも髪の毛自体が水分をコントロールできなくなってくせが出てしまうもので、せっかくブローで整えても湿気が当たるとくせが出て広がってしまうのはそのために起こる現象です。
  • 湿気に当たると広がるのは何故?

  • 湿気に当たると広がるのは何故?
  • 髪の毛の表面をうろこのようにびっしりと覆って髪の内部の水分をコントロールするのがキューティクルの役割です。

    そのため、キューティクルがしっかりと整った状態で髪の表面を保護していれば髪はつややかで潤いとしなやかさを保つことが出来ます。

    ところが、くせ毛の人はキューティクルの状態が均一でなかったり変形していたり、量が少なくなったりすることで髪の表面を綺麗に覆うことが出来ません。

    そのため、髪の毛の内部の水分を上手くコントロールできないだけでなく、外部からの湿度もそのまま髪に伝わりやすくなります。

    そうすると、いくらドライヤーで綺麗に整えても湿気が当たると嫌なボリュームやうねりなどが出てしまい、スタイリングをキープできないことになるのです。

    雨の日のお出かけが何よりも嫌だというのはくせ毛の人が湿気でスタイリングが崩れやすくなるためある意味当然のことなのです。

    そのため、くせのある髪が悩みの人はコンディショナーなどを上手に使って髪の水分をコントロールしやすくすることが求められます。
  • シャンプー後の保湿がポイント

  • シャンプー後の保湿がポイント
  • シャンプーは髪と頭皮とを清潔な状態にするために欠かせません。

    毎日きちんとシャンプーする人はシャンプー後のコンディショナーの使い方を工夫することで、くせの状態をコントロールしやすくすることが出来ます。

    キューティクルの状態が整っていないくせのある髪の毛の人は、常に髪が乾燥しやすい状態になっています。

    そのため湿気などの影響を受けやすくなるのを予防するためには、髪の毛を洗ったあとにきちんと保湿することが大切になります。

    髪にしっかりと保湿するためにシャンプー後のケアが大切だとしても、問題はどんなものを使っても効果が一緒ではないこと、そして使い方にもコツがあるということを理解することです。

    世の中には驚くほど多くのヘアケア製品が市販されており、ドラッグストアなどでも専用のコーナーを埋め尽くす商品が並んでいます。

    くせ毛用とされたものでも、製品によって含まれる成分も効果も、そして価格も全く異なります。
  • コンディショナーとリンスの違いはなに?

  • コンディショナーとリンスの違いはなに?
  • シャンプーして髪の毛や頭皮の汚れを取り除いた状態は、髪も頭皮も無防備で手触りもややごわついて絡まりやすいように感じられます。

    そのため、シャンプー後にはコンディショナーやリンスなどを使用して髪の毛の表面を滑らかに整える必要があるのです。

    リンスとコンディショナーはその役割は同じでも、髪表面を滑らかに整える力がより強いのがコンディショナーで、保湿効果もリンスに比べて高いのが特徴です。

    特に髪の毛表面のキューティクルの状態が整っていないくせ毛の人は、普段からシャンプー後にはより潤い効果を期待できるコンディショナーを使用するのがおすすめです。

    リンスは髪になじませてから時間を置いても効果に差はありませんが、コンディショナーは髪になじませてからある程度時間を置くことで、より髪の内部にまで潤いが浸透する効果があります。

    ですので、コンディショナーを塗ってから少し時間を置いて流すようにするのがおすすめです。

    さらにダメージがひどい場合にはトリートメントを使用すると髪の毛の内側からしっかりと補修することが出来ます。
  • くせ毛に効果的なコンディショナーの使い方

  • くせ毛に効果的なコンディショナーの使い方
  • 髪に保湿することが大切なことはわかっても、毎日なんとなく使用しているという人は少なくありません。

    でも、実際にシャンプーした後にコンディショナーを使うときに一寸したコツに注意することで効果はぐんと高くなります。

    まずはシャンプー後に髪の水気を軽く切ってからコンディショナーを塗るのですが、髪に潤いを与えたいからと言って指定された適量以上をむやみに塗っても意味がありません。

    適量のコンディショナーを手に取ったら、そのまま髪になじませるよりも、くしを使って髪の毛の一本一本にいきわたるように伸ばすのがおすすめです。

    こうすることでコンディショナーの効果が髪全体にムラなく広がります。

    そして塗ったらそのまま10分ほどタオルを巻いて放置し、最後にぬるめのお湯でコンディショナー成分が頭皮に残らないように丁寧に洗い流します。

    毎日の事となるといちいちくしを使うのはちょっと面倒に感じてしまいがちですが、習慣にしてしまえば案外時間もかからず簡単に出来るものです。
くせ毛の悩みを解消するお勧めのコンディショナーの使い方
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事