石鹸シャンプーはオススメ?コンディショナー・リンスでシャンプーダメージを補えば大丈夫!?

石鹸シャンプーはオススメ?コンディショナー・リンスでシャンプーダメージを補えば大丈夫!?

Thumb?1414295452 muah♪さん

97

シャンプーには様々な成分が入っていて、髪や頭皮の状態によって、きしみなどに繋がってしまうことがあります。石鹸シャンプーなどは、パサつきやすいなどといった噂も多いものです。そんな時、コンディショナーやリンスで補えば大丈夫なものなのでしょうか?そんな疑問にせまります!

  • コンディショナーはおすすめ!?

  • コンディショナーはおすすめ!?
  • 髪の毛や頭皮の健康を保ちたいという場合、アルカリ性のシャンプーと使うと良いでしょう。

    洗い上がりはすっきりして気持ちよいのですが、髪の毛のきしみが気になるかもしれません。

    髪の毛のきしみが気になる場合、リンスやコンディショナーを使うのがおすすめです。

    オイルシャンプーなら髪の毛が潤うので問題ないのですが、ノンシリコンシャンプーといっても化学物質が使われていることはあります。

    また、リンスやコンディショナーの中にはそのような化学物質が含まれていることがあるため、リンスやコンディショナーを使う場合には成分をきちんと確認するようにしましょう。

    リンスやコンディショナーには髪の毛のきしみを減らし、髪の毛をまとめるという効果があります。

    しかし、化学物質が含まれているコンディショナーは髪の毛や頭皮に悪い影響を与えてしまうこともあるので注意しましょう。

    ちなみに、なぜ石鹸シャンプーを使うと髪の毛がきしむのかということですが、これは「弱アルカリ性」であるためです。
  • おすすめのケア方法とは

  • おすすめのケア方法とは
  • 髪の毛というのは弱酸性であり、表面はキューティクルによっておおわれています。

    しかし、弱酸性で洗うことでキューティクルが開いてしまいますし、髪の毛の水分や栄養が逃げてしまうのです。

    その状態で髪の毛を洗うとキューティクル同士が絡まってきしんでしまうということです。

    髪の毛がアルカリ性に傾いてしまうことがきしみの原因であり、弱酸性のリンスやコンディショナーを使うことで髪の毛を元の状態に戻すことが大切です。

    薄毛や抜け毛で悩んでいる人はリンスやコンディショナーが必要だと考えている人もいるでしょう。

    しかし、薄毛や抜け毛は栄養不足が原因で引き起こされることもありますし、その場合は体質から改善していく必要があります。

    体質を改善することで自然治癒力もアップしますし、頭皮や髪の毛の健康に繋がっていくでしょう。

    リンスやコンディショナーを使い続けると再生能力を引き出すことが難しくなってしまうこともあります。
  • リンスを使わない方法

  • リンスを使わない方法
  • そのため必ずしもリンスやコンディショナーが必要というわけではありませんし、頭皮を鍛えるためにリンスを使わないという方法もあるのです。

    また、合成シャンプーを使い続けると頭皮にトラブルが起きてしまうこともありますし、ダメージが不安な場合はお湯のみで髪の毛を洗うのも良いでしょう。

    最初はべたつきが気になるかもしれませんが、少しずつ健康な頭皮と髪の毛を手に入れることができるのです。

    どうしても乾燥が酷い場合、クエン酸リンスを使っても良いかもしれません。

    石鹸は界面活性剤ではないと考えている人もいるかもしれませんが、これは動植物の油脂をアルカリで反応させた界面活性剤の一種となっています。

    弱い酸である油脂や脂肪酸を強いアルカリによって中和するため、最終的に弱アルカリ性になるということです。

    アルカリ性のシャンプーというのは脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを使用しているシャンプーのことであり、安全性を重視する人から注目を集めています。
  • 頭皮がすっきりする方法

  • 頭皮がすっきりする方法
  • アルカリ性のシャンプーは洗浄力の高さが特徴であり、天然素材で作られることや安全性が高いことも大きな魅力です。

    現在ではさまざまな商品に安全性が求められていますが、石鹸は皮脂に対して高い洗浄力を持っているため、これを使って洗えば頭皮がすっきりするということです。

    石鹸は皮脂を除去する力が強いため、洗濯物などの使う際には非常に適していると言われています。

    しかし、頭を洗う時に使う場合は洗浄力が強すぎるかもしれません。

    頭皮にはある程度の皮脂が必要なのですが、皮脂を取り過ぎてしまうことがあるのです。
    そして皮脂を取り過ぎることでかえって皮脂の分泌が増えてしまうことになるのです。

    皮脂の分泌が増えることで頭皮のべたつきなどといったトラブルが起こってしまうこともあります。

    石鹸は一般的な皮脂を落とすには最適な界面活性剤なのですが、人間の体や髪の毛に使うと皮脂を取り過ぎてしまうこともあるので注意しましょう。
  • 皮脂を落とす効果なら

  • 皮脂を落とす効果なら
  • また、石鹸は皮脂のような弱い油には強いのですが、しっかりとした油には弱くなっています。

    アルカリ性のシャンプーは洗浄力が高いのでしっかりと洗いたい人にはおすすめです。
    洗い上がりがすっきりしますし、そう快感が得られるでしょう。

    また、天然原料なので安心感がありますし、環境にも優しいということです。

    最近では弱酸性の洗浄剤が人気となっており、肌や髪の毛に与える刺激を少なくすることができます。

    普通の人はアルカリ性の石鹸で洗っても肌は自然に弱酸性に戻るということですが、乾燥肌の人は皮脂の分泌が少ないですし、弱酸性に戻るまでに時間がかかってしまうということです。

    そのため普段から肌が乾燥しているという場合、アルカリ性のシャンプーは使わない方が良いでしょう。

    ちなみに、女性が洗顔に使う石鹸は体に使うものよりも優しく作られていることが特徴です。

    そこで肌がデリケートな人はアルカリ性のものではなく肌に優しいものを選ぶのがおすすめです。
石鹸シャンプーはオススメ?コンディショナー・リンスでシャンプーダメージを補えば大丈夫!?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事