産後の抜け毛の症状に効果的なコンディショナーとは?

産後の抜け毛の症状に効果的なコンディショナーとは?

Thumb?1414295452 muah♪さん

252

妊娠から出産までの道のりも大変苦しいものですが、産後も苦労が絶えないのがママさんの辛いところ。その苦労の中には、産後に増加する抜け毛の対策も含まれているのではないでしょうか?子育てを進めていく中での苦労は極力減らしていきたいですよね。そんな方のために、産後の抜け毛に効果のあるコンディショナーについて説明します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 髪の毛の痛みを補修するヘアケア剤
  • オイル系とアミノ酸系の違い
  • トリートメントを使うケース
  • 産後の抜け毛対策に効果的なヘアケア剤
  • ヘアケア剤の使い分け方
  • 髪の毛の痛みを補修するヘアケア剤

  • 髪の毛の痛みを補修するヘアケア剤
  • コンディショナーは保湿成分をリンスに付け加えたもので、髪の毛のコンディションを整える目的で使われます。

    水分が髪の毛から抜けてしまうのを防ぎ、ツヤを与えてくれる作用があります。

    また、キューティクルが傷むのを防いで髪の毛を滑らかにしてくれるため、パサつきにくくなります。

    手ですいてみると絡みにくいことが分かり、手触りがよいので普段から使われることが少なくないヘアケア剤になります。

    トリートメントは髪の毛の表面だけでなく髪の毛の内部の方にも美容に効果がある成分が浸透する効果があります。

    相当なダメージによって傷んでしまった髪の毛や、潤いなどが失われてしまった髪の毛を補修してくれます。

    髪の毛の質を調整して栄養を補給する作用もあります。

    しかし、トリートメントは殺菌作用が強いので、頭皮に付着してしまうと頭皮のコンディションが悪くなる可能性があります。

    トリートメントを使うときは、髪の毛だけに付け、髪の毛に、およそ十分ぐらい浸透させてお湯で流す必要があります。
  • オイル系とアミノ酸系の違い

  • オイル系とアミノ酸系の違い
  • 髪の毛の傷んでいる状態がそんなに気にならないというときは、コンディショナーを使ってヘアケアを行って問題ありません。

    コンディショナーは、オイル系の製品とアミノ酸系の製品の二種類に大まかに分類することが可能です。

    オイル系の製品は、しっとりした潤いのある髪の毛になりたい方や、髪の毛の水分の量が減ってしまい広がったり、パサついたりするのが気にかかる方に向いています。

    オイルの膜が髪の毛の表面に張られるので、水分が抜けるのを防ぐだけでなく、紫外線や、ドライヤーの熱風などといった外からの刺激から髪の毛を守ってくれる役目があるます。

    オイル系製品を選ぶ場合は、ホホバオイルやアルガンオイル、シアバターなどの成分が配合されている製品が特に効果的な製品となります。

    アミノ酸系のコンディショナーは割合さっぱりしている使い心地で髪の毛のべたつくのが気になる方に向いています。

    髪の毛が適度に潤った仕上がりになります。
  • トリートメントを使うケース

  • トリートメントを使うケース
  • 髪の毛のダメージや傷みが気にかかる方は、髪の毛の内側の方にまで補修ができる効果が期待できるトリートメントを使うと髪の毛についての悩みを解消できる可能性が高くなります。

    髪の毛に悩みを抱えているけれども、どんなヘアケア剤を使えば良いかが分からないという方の場合も、差し当たりトリートメントを試してみるのも良い方法の一つです。

    トリートメントは使用する目的により、大まかに分けると三種類に分類できます。

    髪の毛に潤いが欲しい方は加水分解コラーゲンやヒアルロン酸などといった成分が配合されている保湿系のトリートメントが適しています。

    髪の毛にコシやハリを手に入れたい方はケラチンや加水分解シルクなどといった成分が配合されている強化系のトリートメントが適しています。

    髪の毛がパサつくのを防止したい方はセラミドやコレステロールなどといった成分が配合されている、しっとり系のトリートメントが適しています。
  • 産後の抜け毛対策に効果的なヘアケア剤

  • 産後の抜け毛対策に効果的なヘアケア剤
  • 産後の抜け毛に悩んでいる女性は、トリートメントを使ってヘアケアする場合も、コンディショナーを使ってヘアケアする場合も、髪の毛にとって、優しい成分が含まれている製品を選ぶ必要があります。

    ヘアケア剤に含まれている成分が原因で、産後の抜け毛の症状を悪化させるようなことがあっては意味がなくなってしまいます。

    シリコン系のトリートメントやコンディショナーは特に産後の抜け毛の症状に適していません。

    頭皮にシリコンの成分が付着してしまうと毛穴に詰まってしまう可能性があります。

    そして、シリコンが配合されていないヘアケア剤でも、着色料や活性剤などといった添加物が配合されているヘアケア剤も適していません。

    また、酸化防止剤や、界面活性剤、タール色素など添加物の中でも毒性が強い物質は、髪の毛や頭皮に良い影響を与えてはくれないので、適していません。

    産後の抜け毛の症状があるときにトリートメントやコンディショナーを使うときは、頭皮に付着しないように気をつけて、髪の毛の中心の辺りから毛先にかけてキューティクルを揃えるイメージでつけていきます。
  • ヘアケア剤の使い分け方

  • ヘアケア剤の使い分け方
  • トリートメントやコンディショナーといったヘアケア剤の役割や効果の異なるポイントについて前もって知っておくことによって、髪の毛のコンディションに適応して使い分けることができるようになります。

    髪の毛の内部の方が傷んでいる状態なのに、コンディショナーを使ったヘアケアを続けていると、あまり効果が期待できないヘアケアになっていることがあります。

    ファッションやお化粧にどんなに気を遣っていても、髪の毛が傷んでいる状態だと、与える見た目のイメージが大幅に違ってきてしまいます。

    自分の髪の毛のコンディションに応じたトリートメントやコンディショナーなどといったヘアケア剤を使い分けて、健康的で潤いがある髪の毛をキープできるようにしていく必要があります。

    また、トリートメントには、洗い流すタイプのトリートメントと、洗い流さないタイプのトリートメントがあるので、こちらも上手く使い分ける必要があります。
産後の抜け毛の症状に効果的なコンディショナーとは?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事