正しいコンディショナーの使い方をして抜け毛の予防を!

正しいコンディショナーの使い方をして抜け毛の予防を!

Thumb?1414295452 muah♪さん

435

コンディショナーは抜け毛の原因になるという話を聞いたことはありますか?これはある意味では嘘ではありません。洗い方や流し方が足りないなど、不十分な使い方をしていると、髪によくない効果を与えてしまいます。そうならないために、抜け毛予防に効果的な正しいヘアケアの方法をご紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • コンディショナーが抜け毛の原因になる?!

  • コンディショナーが抜け毛の原因になる?!
  • よく、コンディショナーを使うと抜け毛の原因になるの?という疑問を投げかけている方を見かけますが、ある意味では正しいです。

    正しいシャンプー、そしてリンス・コンディショナーの使い方を把握していなければ、髪を守るどころか、逆にダメージを与えて抜け毛の原因となってしまいます。

    正しいコンディショナーの使い方を知って、抜け毛予防に役立てましょう。

    まず、シャンプーとリンス・コンディショナーの本当の役割を知りましょう。

    誤解している方も多いと思いますが、シャンプーの本来の役割は髪を洗うことよりも、頭皮のフケや汚れを洗い流す役割を担うのが、本来の使い方。

    頭皮についた汚れは、抜け毛の原因となるので清潔にしましょう、という話はよく耳にすることかと思います。

    しかし同時に、きちんと洗い流されていないシャンプーに至っても、頭皮の清潔さが守られないため、同じように頭髪へのダメージを促してしまします。

    きちんとすすぎをしましょう。
  • では、コンディショナーの役割は?

  • では、コンディショナーの役割は?
  • それでは、コンディショナーの本来の役割とは一体何でしょうか?

    それは、シャンプーで洗い流された頭皮を守るのではなく、無防備な髪の毛を守る役割です。

    脂を洗い流されてむき出しになった髪の毛をコーティングして、なめらかな肌触りにする役割を持っています。

    床にワックスがけする、コーティング剤と思ってください。

    いわゆる「キューティクル」を作り、髪の毛の指通り、櫛・ブラシの通りを良くして滑らかな毛の状態を保ちます。

    そのため、髪の毛の長い方に大きな効果があり、短い方に関して言えば、あまり効果はありません。

    抜け毛予防の面で考えると、髪が短い方に関して言えば、コンディショナーは必要ないと思ってもらって構いません。

    冒頭で、ある意味抜け毛の原因となりますと言いましたが、この記述に関して言えば髪の短い方にぴったり当てはまります。

    頭髪の短い方には、コンディショナーは必要ないと思ってもらってかまいません。
  • コンディショナーの正しい使い方

  • コンディショナーの正しい使い方
  • 髪の毛の短い方、例えばスポーツ刈りやそれより少し長い程度の方には必要ありませんが、ある程度以上の髪の長さを持つ方に関して言えば、必要となる場合もあります。

    やはり髪の毛が長いと傷んでくるので、コンディショナーはどうしても欠かせない存在となってしまいます。

    では、どう使えば良いのでしょうか?

    それは、シャンプーの項でも記述していますが、抜け毛の原因は頭皮の垢や汚れの詰まりとなるため、この原因を作らないようにすることが重要となります。

    コンディショナーが原因で髪の毛が抜ける現象は、シャンプーやコンディショナーの洗浄残しが大きな要因となっています。

    要するに、すすぎ不足が原因です。

    予防方法として、使用したあとに十分なすすぎを行うことが必須となります。

    フケや皮脂の汚れだけが原因ではなく、あらゆる物質が頭皮の根詰まりの原因となってしまうので、十分に洗い落として、常に頭皮を清潔な状態に保ちましょう。
  • 正しい洗髪の仕方を知ろう!

  • 正しい洗髪の仕方を知ろう!
  • これまでの内容を踏まえて、正しい洗髪方法を見ていきましょう。

    まずお湯は熱すぎない温度を保つこと。

    そして、シャンプーを使用する前に髪の毛を十分濡らすことが大事です。

    最低でも3分はお湯につける、もしくはシャワーなどで髪の毛を濡らし続けましょう。

    ここで、頭皮の汚れと髪の汚れを落とし、髪にうるおいを与えてください。

    シャンプーを使用する量は、1プッシュで十分。

    髪が長い方はもう1プッシュですが、つけすぎないように気をつけましょう。

    そして、髪に付ける前に、先に泡立ててから洗うようにしましょう。

    頭皮に関しては指の腹で押すように。

    バリバリと爪を立てて引っかくように洗わないでください。

    こちらも頭皮や毛根にダメージを与えて、毛が抜ける原因となってしまいます。

    十分に洗い終わったら、しっかりすすぎます。

    すすぐ際もやさしく髪をなでるように、頭皮もガシガシこすらないように気をつけましょう。

    こちらも3分ほどすすいでください。
  • 洗髪のあとは、正しいトリートメントを!

  • 洗髪のあとは、正しいトリートメントを!
  • 十分にすすぎ終えたら、次はリンス・コンディショナーの出番です。

    こちらも注意したいことがあります。

    それは、絶対に頭皮に直接つけないようにするという点。

    髪の毛を守る薬剤なのですから、髪の毛に直接つけましょう。

    含まれている成分の中にシリコンがありますが、こちらは頭皮にとって良くない成分です。

    必ず髪の毛だけに付けてあげるようにしてください。

    髪の毛の通りをよくする上に、紫外線から守る効果もありますから、ここはしっかりと浸透させておきたいところ。

    そして、すすぎに関してです。

    こちらもシャンプー同様、しっかりと洗い落としましょう。

    独特のぬめりがありますが、これは完全なすすぎ不足。

    ぬめりが無くなるまで、入念にすすいでください。

    よく、コーティングがなくなって意味がないのでは、と勘違いしている方が多いのですが、リンス成分はきっちり洗い流しても、その効果は残っています。

    それより、頭皮をコーティングして皮膚が呼吸できない方が問題です。

    予防するために、必ずきちんとすすぎましょう。
正しいコンディショナーの使い方をして抜け毛の予防を!
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事