きしみを抑えて髪を保湿する、石鹸コンディショナー

きしみを抑えて髪を保湿する、石鹸コンディショナー

Thumb?1414295452 muah♪さん

190

石鹸シャンプーとセットで使うことで髪を保湿し、きしみを抑えてなめらかに仕上げる石鹸コンディショナーが人気です。
髪や頭皮の健康を保ちつややかな髪質に仕上げるアイテムです。

  • 石鹸シャンプーとペアで使うメリット

  • 石鹸シャンプーとペアで使うメリット
  • 石鹸コンディショナーとは、石鹸シャンプーとセットで使われるために作られたコンディショナーです。

    石鹸シャンプーとは石鹸素地が原料となっているシャンプーの事で、頭皮や髪の健康を気遣う方に人気のシャンプーですが、普通のリンスで仕上げてしまうと髪にきしみが出てしまう特徴があります。

    これは石鹸シャンプーがアルカリ性という特徴を持つためで、石鹸コンディショナーで中和することによって髪の保湿やきしみの防止に役立つことがわかっています。

    石鹸シャンプーは近年髪や頭皮の健康を気遣う方の間で非常に高い人気を誇り、特に敏感肌やアトピー性皮膚炎の方の間では定番的アイテムとして知られています。

    なぜ市販のシャンプーやコンディショナーではなく石鹸タイプなのかというと、石鹸シャンプーやコンディショナーには余分な添加物を含まないタイプが多く、地肌や髪の健康に配慮して作られているためです。

    肌のために良くない物質として最近添加物に注目が集まっています。

    添加物と言っても製品を快適に使うための様々な物質ですので悪い面ばかりではありませんが、防腐剤や合成の着色料、香料といった物質は肌に刺激となり、肌にアレルギーを起こしたりバリア機能を壊してしまうケースもあります。

    シャンプーはもともと頭皮や髪の汚れを除去するためのもので、コンディショナーは髪を保湿したりきしみを抑えるためのアイテムです。

    市販のシャンプーやコンディショナーには余分な添加物がたくさんはいっており、その成分が頭皮や髪に残留すると抜け毛やアレルギーの原因になったり髪がスタイリングしにくくなるといったデメリットがあります。

    特に最近ノンシリコンシャンプーが人気ですが、石鹸シャンプーはノンシリコンタイプの元祖ともいえるシャンプーですし、石鹸コンディショナーは石鹸シャンプーを使って髪を洗う際になくてはならないアイテムとしてセットで使われています。

    石鹸コンディショナーは石鹸シャンプーを作っているブランドで大抵セットで購入することが出来ます。
  • 石鹸シャンプーの仕上げに使うアイテム

  • 石鹸シャンプーの仕上げに使うアイテム
  • 石鹸コンディショナーの最大の特徴は、石鹸シャンプーで髪を洗ったときにアルカリ性に傾いてしまった髪や頭皮を賛成のコンディショナーを使って中和することにあります。

    アルカリ性のままにしておくと髪の保湿力が低下したりべたつきの原因になることがあります。

    石鹸を使うと石鹸カスが気になることがありますが、この石鹸カスになるのを防ぐのが酸性のリンスやコンディショナーです。

    髪の毛はアルカリ性の石鹸で洗うとさっぱりと余分な皮脂まで洗い流すことが出来ますが、そのままにしておくおときしみが出てしまったり石鹸カスがついてべたついたりほこりがついてしまうことがあります。

    石鹸シャンプーに対応したコンディショナーを使うことで、速やかにそのべたつきの原因を中和して、髪の毛をつややかに仕上げることが出来ます。

    石鹸シャンプーをしたときには酸性のリンスやコンディショナーをすることが推奨されています。

    アトピー性皮膚炎やアレルギーを起こしやすい方にも使いやすいタイプの無添加のコンディショナーも販売されていますので、肌が弱い方が石鹸で髪を洗った後にも使うことができます。

    石鹸シャンプーに対応したコンディショナーは、通常のシャンプーとの相性はあまりよくありませんので、シャンプーは石鹸を基材にしたものを使うことをおすすめします。

    理由としては一般的なリンスのようにシリコンや合成の化学成分などは配合されていないタイプがほとんどですので、一般的なシャンプーの後に使うとあまり保湿力を実感することはできない場合があります。

    これは、石鹸コンディショナーの成分が石鹸シャンプーとの相性を考慮してアルカリ性を中和させるための処方になっているためで、一般的な合成界面活性剤が主成分のシャンプーに対しては保湿力を発揮しないのが相性が良くない理由です。

    石鹸シャンプーを使った際にコンディショナーを専用のもので仕上げることによって髪がおどろくほどつややかにまとまりやすく仕上がります。

    香りも色々なタイプから選べます。
  • シャンプーとブランドを合わせるのが人気

  • シャンプーとブランドを合わせるのが人気
  • 自分に合った石鹸コンディショナーの見分け方のポイントは、まずは使っている石鹸シャンプーとペアのものを使ってみるという方法があります。

    一般的に石鹸コンディショナーは同じブランドの石鹸シャンプーが販売されているのが一般的です。

    なぜなら、コンディショナーはシャンプーとセットで使うことによってより髪の美しさが維持されますし、汚れをしっかり落とすことでコンディショナーの浸透がよくなり、保湿性を高めたりきしみを防ぐ役割も高まります。

    気に入って使っている石鹸シャンプーがある場合は、大抵の場合セットでコンディショナーやリンスが販売されており、主成分はクエン酸など酸が配合されていますので、石鹸シャンプーで髪を洗ったときのきしみがなくなり、指どおりの良いさらっとした手触りの髪に仕上げることが出来ます。

    石鹸シャンプーで髪を洗ったままにしておくと、シャンプーを流すそばから髪にきしみを感じるケースもすくなくありません。

    特に髪が長い女性の場合は、石鹸シャンプーを使っていると髪のきしみが気になる、髪が絡まったり乾燥するといった意見ありますが、そのような場合は石鹸コンディショナーでしっかりと中和をすることできしみや髪の乾燥を防ぐことができます。

    石鹸シャンプーはシャンプー自体に合成のシャンプーのような滑らかさや保湿力は期待できませんが、髪本来の艶をひきだしたり髪を素の状態に戻すことが出来る特徴があります。

    最近話題になっているノンシリコンシャンプーも、シリコンが配合されていないことが特徴のシャンプーで、使い続けることで髪の艶をなくしたりスタイリングしにくくなる成分を配合しないシャンプーはここ数年ブームとなっています。

    それだけ髪を酢の状態に戻したいと考える女性は多くなっている傾向にあり、髪の毛に余計なものをつけたくないと考えている方には石鹸シャンプーとコンディショナーを使ったケアが最適です。

    添加物により配慮したタイプはアレルギーの方に適していますが、香りを楽しみたい方は天然精油配合のタイプが人気です。
  • 肌に優しく髪を美しく仕上げるメリット

  • 肌に優しく髪を美しく仕上げるメリット
  • 石鹸コンディショナーを使うメリットとしては、髪を清潔にして素の状態に戻すことが出来る点です。

    これは石鹸シャンプーとセットで使う為に作られていることが前提になっているためで、石鹸シャンプーは頭皮や髪の余計な成分を残さず、汗や皮脂で汚れやすい頭皮をスッキリと洗い上げることが出来ますし、タバコのにおいやほこりも綺麗に落とすことが出来ます。

    合成成分や化学成分が配合された市販のシャンプーは使っているときには髪がしっとりした気がしますが、実はシリコンなど髪を根本的にケアすることはできない成分が配合されていることも少なくありません。

    シリコンや合成着色料、保存料、石油由来の成分などは長く使っていると髪のスタイリングがしづらくなったり、頭皮に負担をかけてアレルギーや抜け毛の原因になってしまうこともあります。

    石鹸シャンプーやコンディショナーはこうした合成の化学成分を含まずに基本的には石鹸素地やその他肌にやさしい保湿成分だけでできています。

    石鹸シャンプーやコンディショナーは使い心地が悪いというイメージが一時はありましたが、最近ではモデルや美容かなどが愛用するブランドからも石鹸タイプのシャンプーやコンディショナーが販売されています。

    美容に関心が高い方の間でも石鹸シャンプーやコンディショナーが人気で、それだけ髪をナチュラルな状態に保ちたいという方が多いことを物語っています。

    石鹸コンディショナーはあまりたくさんの成分が配合されていない製品ですので、アレルギーを起こしにくいという特徴があります。

    一般的なシャンプーやリンスはお湯で流した後にべたつくことがありますが、石鹸コンディショナーにはそうしたべたつき感を覚えることがありません。
    水のようなテクスチャーですので、さらっとした洗い心地が好きな方にも最適です。

    コンディショナーやリンスを使うと首や背中にニキビができるという方も、シリコンや石油系の原料を含まないコンディショナーですので、肌トラブルの原因をつくらないメリットがあります。
  • 製品選びをするときの注意点

  • 製品選びをするときの注意点
  • 石鹸コンディショナーを使っていて、重篤な副作用などは多くはありませんが、しみたり肌トラブルの原因が疑われた時は使うのをやめて薄めて使って様子を見るなどの工夫が必要です。

    石鹸コンディショナーにはあまり多くの成分が入っていませんので、重篤な副作用などは報告されていませんが、中には配合されている成分に肌がかぶれてしまうケースも全くないとは言い切れません。

    そのため、コンディショナーだけでなく新しい石鹸シャンプーを試すときには生理の時以外にするなど、体調の良い時に使い始めたりアレルギー体質の方はパッチテストをするなどの工夫をすると良いでしょう。

    石鹸コンディショナーはシャンプーとセットで使うことで髪を保湿したりきしみを防ぐ役割がありますが、一般的なシャンプーのあとにつかってもそうした効果はあまり期待できません。

    そのため、注意点としては石鹸シャンプーとセットで使うことが重要なポイントです。

    石鹸シャンプーでアルカリ性に傾いた髪や頭皮を中和する目的がありますので、合成成分配合のシャンプーとセットで使うことは避けたほうが良いでしょう。

    石鹸コンディショナーを使っていると、保湿力があまりないと感じることがあるかもしれませんが、これは手触りをよくしたりしっとりしたように感じる合成の成分が配合されていないためで、髪を酢の状態にもどしていますので、成分が足りていないという事ではありません。

    むしろ、市販の合成のコンディショナーやトリートメントは上の表面だけ保湿したように感じますが、実は髪そのものを健康に導いているわけではありませんので、実際に髪の為に必要なケアとは言えません。

    石鹸シャンプーで髪や頭皮の汚れをしっかりと除去し、不要になった石鹸カスを中和してきしみを抑えるためのコンディショナーですので、過剰な保湿力はもともとないことを知っておく必要があります。

    しかし、日頃から紫外線ケアやドライヤーで乾かすなどのケアをしておくことで、髪を健康に保つことが出来ます。
  • ドラッグストアで購入できる製品

  • ドラッグストアで購入できる製品

    出典: www.arau.jp

  • ドラッグストアで手軽に購入することが出来る石鹸コンディショナーの中でも特に人気のブランドがarauです。

    arauは石鹸メーカーが展開するブランドで、洗剤や化粧品など敏感肌の方の為に作られています。

    石鹸コンディショナーは石鹸シャンプーと一緒に使うことが推奨されており、化学物質にされされがちな髪や頭皮を健やかに保つための製品です。

    このコンディショナーの製品名は泡コンディショナーで、非常に珍しい泡で出てくる形状が特徴です。

    最近シャンプーは泡で出てくるタイプがありますが、コンディショナーやリンスが泡で出てくるタイプは珍しいといわれています。

    泡で出てきますので非常に伸びが良く、無駄に使いすぎないメリットがあります。

    arauの特徴の石鹸ベースのシャンプーできしんだ髪をしっかりと中和して、指どおりの良い髪に洗い上げます。

    天然のラベンダーやライムのオイルがはいっているので、シャンプー後も良い狩りを楽しむことが出来ますし、髪や頭皮に負担をかけないのが特徴です。

    ドラッグストアや通信販売で手軽に購入することができて、詰め替え用も販売されているので環境に優しいのもポイントです。

    こだわりの強い方に人気の松山油脂のコンディショナーも、石鹸シャンプーの後のきしみやごわつきを抑えます。

    このコンディショナーは、無香料なので香水やボディクリームの香りを邪魔しませんし、香料そのものが苦手という方にも適しています。

    シャンプーで開いてしまったキューティクルをひきしめ、髪を指どおりのよい弱酸性に整える効果があります。

    松山油脂のPH調整コンディショナーは名前の通りペーハーを調整してくれるシンプルな役割を持つコンディショナーです。

    香りが欲しい方は天然のローズマリーオイルが配合されたタイプも同じブランドから販売されていますので、シャンプー後の香りを楽しむことが出来ます。

    香りのあるタイプもシャンプー後のきしみを防ぐ効果は同じで、指どおり良いなめらかな髪に洗い上げる特徴があります。
きしみを抑えて髪を保湿する、石鹸コンディショナー
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事