石鹸シャンプーと弱酸性コンディショナーの効能について

石鹸シャンプーと弱酸性コンディショナーの効能について

Thumb?1414295452 muah♪さん

335

石鹸シャンプーにはクエン酸、アミノ酸などが含まれた弱酸性コンディショナーが良いとされています。では具体的にどのような効果があるのでしょうか?シャンプーとの関係性や商品の選び方なども含めてご説明します。

  • シャンプーとコンディショナーの関係

  • シャンプーとコンディショナーの関係
  • 最近、石鹸シャンプーを使う人の多くが、弱酸性のリンスを使用しています。

    基本的に一般のシャンプーは、洗浄力が高くまとまりも良いのですが、その反面、頭皮や自然環境に優しくない成分を配合したものもあります。

    その代表的な成分が合成界面活性剤になります。

    こういった成分の悪影響を受けないためには、できるだけ天然成分に由来したシャンプーを選ぶ必要があり、こういった天然成分に由来したシャンプーは最適な選択ですが、デメリットもあります。

    ヘアケア商品は、自然環境や人体に無害であることは当然として、使いやすいこと、スタイリングしやすいことが絶対条件になります。

    そこで、シャンプー単体でヘアケアを考えるのではなく、コンディショナーやトリートメントを含め、総合的に考えることが主流となっています。

    つまり、シャンプーの弱点をコンディショナーで補うことで、安全なヘアケア製品を有効に使用することができるのです。
  • 合成界面活性剤の悪影響

  • 合成界面活性剤の悪影響
  • 石鹸シャンプーが注目を集めた背景には、頭皮のトラブルによる湿疹や抜け毛、アレルギー、フケや痒みの問題があります。

    一般のシャンプーには洗浄力を強め、髪のまとまりを良くするために合成界面活性剤という成分が含まれていますがこれが問題なのです。

    この成分には、水と油を混ぜ合わせる性質を持ち合わせていることから、油分を含む汚れでも水で洗い流すことができるのです。

    この特性を生かし、シャンプーに限らずコンディショナーや歯磨き粉、浴用洗浄剤や各種化粧品など、身近な日用品に幅広く使用されています。

    汚れをしっかり洗い落としてくれるので、非常に使い勝手が良いのですが、その反面、人体や生活環境に対して有害な影響も及ぼしています。

    例えば、台所で食器などを洗う際、直接、洗剤に手が触れていると、手荒れがひどくなったり、赤くなったり、痒みを伴うことがあります。

    まさに、これが合成界面活性剤の影響なのです。

    体の皮膚の中でも、比較的強いと言われている手でもこの状況ですから、反対にデリケートな頭皮がこの成分にさらされると、前途したような頭皮トラブルに見舞われることになるのです。
  • 石鹸シャンプーのメリットとデメリット

  • 石鹸シャンプーのメリットとデメリット
  • こうした頭皮トラブルから逃れるために登場したので石鹸シャンプーですが、こちらにもメリットとデメリットがあります。

    メリットとしては、石鹸素地のほか、脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウムといった天然原料で作られていますから、デリケートな頭皮にも安心して使用できます。

    自然環境に対しても、生分解性が高いので、とても優しいと言えます。洗浄力も一般のシャンプーと遜色ありません。

    一方、デメリットは使用後に髪の軋みがあることと、洗浄力が強いゆえに必要な皮脂まで取り除いてしまうことです。

    また、メリットでもある洗浄力については、人によってはデメリットにもなってしまうのですが、頭皮の油分が多い人には爽快に感じますが、少ない人にとっては過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまうのです。

    このカスの影響で、髪が軋み、乾くとフケのような状態で落ちてくるのです。

    また、メリットでもある洗浄力については、人によってはデメリットにもなってしまうのですが、頭皮の油分が多い人には爽快に感じますが、少ない人にとっては過剰な皮脂分泌を引き起こしてしまうのです。
  • 弱酸性コンディショナーの効能

  • 弱酸性コンディショナーの効能
  • コンディショナーの役割は、髪の外側から直接キューティクルを補修し、正常な状態に保つことです。

    トリートメントと混同してしまいがちですが、トリートメントは髪の内部から働きかけますから役割が異なります。

    しかしながら、最近では、育毛効果があるものや、トリートメント効果があるものなど、とても進化しています。

    そこで、石鹸シャンプーのデメリットを補うため、弱酸性のコンディショナーが重宝しているのです。

    髪の軋みは、水道水に含まれるミネラル分がカスを作り出し、これがキューティクルの内部に残ることが原因で起こりますから、酸性のコンディショナーでこのカスを脂肪酸に変えようという仕組みです。

    ここで、ポイントなのが弱酸性のものを使用するということです。

    酸が強くなれば、脂肪酸に変える力も強くはなりますが、その分、頭皮へのダメージも大きくなります。

    その結果、別の頭皮トラブルに見舞われることになりますので、注意が必要です。
  • 石鹸シャンプーとコンディショナーの選び方

  • 石鹸シャンプーとコンディショナーの選び方
  • 石鹸シャンプーを使用する人は、頭皮トラブルに悩んでいることは当然として、自然環境や将来的な体の健康についても見識が高い傾向にあります。

    特に、合成界面活性剤の悪影響は、頭皮トラブルに止まらず、様々な体調不良にも関連しています。

    シャンプーなどは毎日、使用するものですから、その成分はしっかりと確認しておかないと、後から後悔することにもなりかねません。

    そういった意味でも、こういったシャンプーはとても良い選択ですが、デメリットも無視できません。

    弱酸性コンディショナーはこうした問題を解決するために、最適な製品であるといえます。

    また、弱酸性のコンディショナーの中でも、デリケート肌に特化したものや育毛効果があるものなど多くの種類が出てきていますし、シャンプーとの相性を考え、同じメーカーから発売されているものもありますので、個々の髪の状態に応じて、いろいろな組み合わせを試してみることをおすすめします。
石鹸シャンプーと弱酸性コンディショナーの効能について
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事