ヘアカラーの後は市販のコンディショナーのケアが大切

ヘアカラーの後は市販のコンディショナーのケアが大切

Thumb?1414295452 muah♪さん

398

カラーリングをした後の髪はキューティクルが開いた状態になっており、とても刺激に弱くなっています。このまま放っておくとぱさぱさの髪になってしまうため、カラーリング後はコンディショナーでのケアが必要です。とはいえ、特別なコンディショナーを用意する必要はありません。今回は、市販のコンディショナーでヘアカラー後のケアをする方法をご説明します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 髪を染めた後の大切なヘアケア

  • 髪を染めた後の大切なヘアケア
  • ヘアカラーを行うと髪は大きなダメージを受けています。

    そのため、正しいケアを行うことが欠かせません。

    髪を染めた後は市販のシャンプーやコンディショナーで構いませんので、ダメージを受けた髪を整えてあげる必要があります。

    市販のシャンプーやコンディショナーといっても含まれる成分には違いがあります。

    また、目的にも大きな差があるため、シャンプーやコンディショナーを使ってヘアケアを行う場合は正しい使用方法を守ることや配合されている成分にきちんと注目して自分に合ったものを選ぶことが大切です。

    髪を染めた後は、髪のキューティクルが開いたままの状態です。

    髪のキューティクルが開いたままの状態になってしまうと髪がぱさぱさになってしまうこともあるため、丁寧に正しいケアケアを行うことが欠かせません。

    髪のダメージを補修するためにも普段のシャンプーやコンディショナーを行うときよりも丁寧に優しく洗うことを心がけましょう。
  • カラーをした後のケア

  • カラーをした後のケア
  • せっかく行ったヘアカラーをなるべく長持ちさせるためには、色落ちを防ぐ為に髪を染めた24時間はシャンプーやコンディショナーを行うことはおすすめできません。

    髪を洗ったりケアすることを24時間避けるだけでなく、髪が濡れることも要注意です。

    髪を染めた後は、髪のキューティクルが開いた状態となっているので、この時期にシャンプーやコンディショナーをしてしまうとせっかく染めたカラーが落ちてしまうことも考えられます。

    とてもデリケートな時期となっているので、カラー後の24時間のヘアケアには注意しましょう。

    いつからシャンプーやコンディショナーが可能なのかというと髪を染めてから2日ほど経ってからです。

    カラー後2日を目安にして正しい方法でシャンプーなどを使ってヘアケアを行うことをおすすめします。

    髪を染めた当日は、髪を濡らさないようにするのはもちろんのこと、汗をかかないよな生活をすることも大切です。

  • ヘアケアの正しい方法

  • ヘアケアの正しい方法
  • ヘアカラーを行ってから2日ほど経ったら、市販のシャンプーやコンディショナーで構いませんので、正しい方法で洗い流すことが大切です。

    髪を染めた後は、とても髪がデリケートになっているので、お湯の温度にも気をつけなければいけません。

    カラー後にシャンプーやコンディショナーを行うのであれば、人肌くらいの温度で髪の毛を洗うことをおすすめします。

    また、子の際にはゴシゴシと髪を洗わずに丁寧に優しく行うことが重要なポイントです。

    また、時間をかけすぎてしまうと髪に大きな負担をかけてしまうことにもなるため、短時間で洗い髪をいたわることがカラーを長持ちさせるポイントとなります。

    もし、髪を染めた当日に汗が気になってしまう場合は、シャンプーは行わずコンディショナーのみにすることがベストです。

    色が定着するまでは市販のコンディショナーのみでヘアケアを行ったほうが色持ちがよくなり薬剤がしっかりと馴染みます。
  • ヘアケア後に大切なこと

  • ヘアケア後に大切なこと
  • シャンプーやコンディショナーを使ってヘアケアを行った後は、必ず髪を乾かすことをおすすめします。

    髪が濡れたままの状態で寝てしまうとキューティクルを傷めてしまう原因にもなります。

    髪を乾かさないことで寝る際に枕にキューティクルが擦れてしまい髪の傷みに繋がってしまうだけでなく、カラーが色落ちしてしまうことも考えられます。

    そのため、コンディショナーを使ってしっかりヘアケアを行っても意味がありません。

    濡れた髪を乾かすコツは、ドライヤーを使う前にタオルドライをすることです。

    髪をしっかりタオルで拭いてからドライヤーにかけることで髪が乾きやすくなるのはもちろんのこと、短時間で髪が乾きドライヤーの熱をあてる時間が少なくなるため髪への負担を軽減することができます。

    ドライヤーを使用する際には、キューティクルの流れに沿って風をあてることが大切です。

    また、前からドライヤーをあてるのではなく後頭部から当てることが、綺麗な髪を維持するコツです。
  • おすすめのアイテムとは?

  • おすすめのアイテムとは?
  • ヘアカラーをした後は、カラー専用の市販のシャンプーやコンディショナーを使用することをおすすめします。

    現在、ドラッグストアやインターネット通販サイトでは、ヘアカラー後に使用できる専用のヘアケアアイテムが販売されています。

    こういった商品を使ってヘアケアを行うことで、カラーが長持ちするだけでなくカラーのメカニズムに合った効果的なヘアケアが行えます。

    しっかりと汚れや余分な皮脂を洗い流せるので、清潔感のある髪を維持することも可能です。

    また、洗浄力が高く髪に負担をかけにくい優しい成分で作られているため、髪にダメージを与えることがありません。

    ヘアカラーを行った後は、髪が大きなダメージを受けてしまっている時期でもあるので髪に優しいヘアケアアイテムを使用することが大切です。

    専用のアイテムを使うことで、安心安全にヘアケアを行うことに繋がります。

    美しい髪を維持するために目的に合ったものを選んでみましょう。
ヘアカラーの後は市販のコンディショナーのケアが大切
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事