コンディショナーは薄毛予防にどう影響する?正しい使い方は?

コンディショナーは薄毛予防にどう影響する?正しい使い方は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

607

「コンディショナーはハゲの原因と聞いたけど使わないほうがいいのかな…」とお悩みではありませんか?コンディショナーは、頭皮につくと毛穴を塞いでしまい抜け毛の原因になると言われていますが、正しい使い方をすれば抜け毛やハゲは阻止できるのです。今回は、髪とコンディショナーの関係、コンディショナーの正しい使い方を紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • 髪の毛とコンディショナーの関係
  • コンディショナーとハゲの関係
  • コンディショナーでハゲ予防
  • コンディショナーのメリットとデメリット
  • コンディショナーの正しい選び方
  • 髪の毛とコンディショナーの関係

  • 髪の毛とコンディショナーの関係
  • 髪の毛に艶やハリが無くなってしまった場合に、いくら艶だしスプレーなどを使っても根本的な解決にはなっていませんので、中々改善しなかったり、それどころか逆に髪の毛を痛めてしまうこともあります。

    ですので髪の毛のダメージが気になっている場合には多くの方がコンディショナーを使用してケアや予防をします。

    コンディショナーには髪の毛の表面をコーティングする成分のシリコンが含まれている為、髪の毛に付けることで、紫外線などによる刺激から予防してくれます。

    しかし、この髪の毛をコーティングする成分であるシリコンは、肌や頭皮にとっては有害となってしまいます。

    またシリコンという成分は髪の毛よりも肌に吸着しやすい性質もありますので、一度肌にくっついてしまったら中々洗い流すことが難しくなります。

    すると肌や頭皮に残っているシリコンが毛穴を塞いでしまい、本来毛穴から排出されるべき汗や皮脂、老廃物などがうまく排出されずに残ってしまい、様々なトラブルを引き起こしてしまいます。
  • コンディショナーとハゲの関係

  • コンディショナーとハゲの関係
  • 髪の毛を健康な状態に維持するためには、コンディショナーに含まれるシリコンが必要不可欠となり、コンディショナーを使うことによって簡単に艶やハリ、コシを作り出すことができます。

    しかし、逆に言えば髪の毛をコーティングしてくれるシリコンは、洗い流しにくいという事になりますので、頭皮などにも残りやすいという事になります。

    そしてシリコンが毛穴に詰まってしまうので、それが毛根の代謝を妨げてしまい、髪の毛の成長を止めてしまい、ハゲの原因となってしまいます。

    では、コンディショナーを使用しなければハゲてしまうリスクを低くすることができるのかというと、確かに毛穴を塞いでしまう原因が無くなるので、予防や改善をすることもできます。

    とは言ってもコンディショナーが絶対に駄目というわけではありませんので、要するに使い方の問題になります。

    コンディショナーは髪の毛を守る役割を担っているが頭皮には有害となるという事は、髪の毛にだけ付けるようにして、頭皮には付けないようにすれば良いのです。
  • コンディショナーでハゲ予防

  • コンディショナーでハゲ予防
  • 近年は男性だけではなく女性でも薄毛や抜けに悩まされている方が増えてきていますが、コンディショナーを使うことで髪の毛をケアすればハゲの予防をすることができるのでしょうか。

    基本的にはシャンプーをした後に使用をするものですが、シャンプーをした直後は髪の毛がアルカリ性に傾きます。

    すると頭皮も髪の毛も傷んでしまいますので、それを改善する為にシャンプー後に使用をして、髪の毛を弱酸性にして表面の保護をしていきます。

    使用後にはキューティクルが整って髪の毛が滑らかになるので、ブラシの通りも良くなります。このように基本的には髪の毛が痛まないように使うものですので、正しく活用すればハゲの予防にもつながっていきます。

    またシャンプーも石油系の界面活性剤が使用されているものはハゲの原因となってしまいますので、見直す必要があります。

    石油系の界面活性剤を使用しているシャンプーは洗浄力が強過ぎてしまう為、頭皮を保護する皮脂まで落としてしまいますので、アミノ酸系のシャンプーに切り替えると良いでしょう。
  • コンディショナーのメリットとデメリット

  • コンディショナーのメリットとデメリット
  • 普段シャンプーだけ使用をしていると、どうしても髪の毛がパサついたり、ごわごわになってしまいます。

    ですので、コンディショナーが必要となってくるのですが、メリットだけではなくデメリットも存在しています。

    メリットは、当然髪の毛の保護になります。含まれている成分であるシリコンによって髪の毛をコーティングして、様々な外部からの刺激を防いでくれます。

    また見た目にも艶やハリ、コシが生まれますので美しい髪の毛にすることができるのですが、このシリコンは髪の毛にはメリットが大きいのですが、肌や頭皮などにはデメリットとなる場合があります。

    そもそもシリコンは流れにくいといった性質ゆえに、髪の毛をコーティングすることができるのですが、その流れにくいことが肌や頭皮には悪影響を及ぼしてしまいます。

    毛穴にシリコンが入り込んでしまうことで、毛穴が本来の役割を果たすことができなくなり汗や皮脂、老廃物の排出ができなくなります。

    すると肌や頭皮の環境が悪くなり痒みや炎症、ニキビなどができる原因となってしまいます。ですので肌や頭皮につけないようにすることが重要になります。
  • コンディショナーの正しい選び方

  • コンディショナーの正しい選び方
  • 様々な商品が販売されていますんで、どれを選べば良いのか迷ってしまうと思いますが、正しい選び方とはどのようにすれば良いのでしょうか見ていきましょう。

    まず初めに、今現在の自分の髪の毛の状態を把握することが重要となってきます。

    例えば髪の毛がパサつきやすい方の場合には、キャッチコピーに「しっかり潤う」などと書かれているものを選ぶようにすると良いでしょう。

    逆に髪の毛がベタつきやすい方の場合には、キャッチコピーに「さっぱり」などと書かれている商品を選ぶようにすると良いでしょう。

    もう一つ重要なポイントがありますが、それは低刺激性の商品を選ぶことです。

    やはり髪の毛をケアするために使うものですので、逆にダメージを与えてしまっては意味がありません。

    ですので、無香料や無着色、低刺激と書かれているものを選ぶようにすると良いです。

    また、商品にはパッチテスト済みと書かれているものも販売されていますので、そのような商品であれば安心して使うことができます。
コンディショナーは薄毛予防にどう影響する?正しい使い方は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事