コンディショナーでダメージヘアを補修!使い方や特徴は?

コンディショナーでダメージヘアを補修!使い方や特徴は?

Thumb?1414295452 muah♪さん

439

シャンプーで髪の汚れを落とした後、髪の健康を維持するためのサポートをしてくれるのがコンディショナーです。コンディショナーが洗いたての髪をコーティングすることで、ダメージを受けている髪でも、それ以上進行しないよう働きかけてくれます。今回は、そんなコンディショナーの効果的な使い方、特徴を紹介します。

【自宅で手軽に!】太もも-4.8㎝、お尻-7.5cm!?着用するだけでモデル並みの美脚が手に入る!

PR
  • 目次

  • コンディショナーの役割
  • メリットと効果が期待出来る使い方
  • 選ぶときには天然素材を
  • ヘアケア剤の違いと特徴
  • 使い方のポイントについて
  • コンディショナーの役割

  • コンディショナーの役割
  • コンディショナーはインバストリートメントの中で、一番最後に使うヘアケア剤です。

    コンディショナーは髪の外側をコーティングして、髪の毛の内部にも成分を閉じ込める効果が期待出来ます。

    トリートメントの前に使ってしまうとコンディショナーで髪の毛がコーティングされている状態になり、トリートメントの有効成分が入りづらくなります。

    髪の毛をしっかりコーティングすることが出来るので、トリートメントの成分が浸透しないケースがあるので注意するようにします。

    役割はシャンプーが汚れを落とすためにアルカリ性になっていますが、頭皮にとってはあまり良い成分ではないです。

    そのアルカリ性になっている状態を弱酸性に戻すために、コンディショナーが弱酸性に戻すサポートをしています。

    頭皮を弱酸性に戻し、頭皮にとって健康な状態を維持する役割があるのです。

    また健康の維持だけでなく、髪の毛をコーティングします。

    ダメージヘアの場合はこれ以上ダメージを与えないように、ダメージがあったとしても綺麗になるようにしてくれます。

    ダメージヘアの人もハリがある髪の毛になり、健康的な髪の毛になります。
  • メリットと効果が期待出来る使い方

  • メリットと効果が期待出来る使い方
  • 髪の毛は一度ダメージを受けてしまうと元にもどるのが難しくなり、傷まないように日頃からケアや修復をすることが大切です。

    万が一傷んでしまった場合でも、これ以上ダメージが進まないように保護する必要があります。

    シャンプーをした後にコンディショナーをすることで有効成分が髪の毛全体を覆い、髪の毛をしっかり保護してくれます。

    水分を抱え込むことで静電気を予防したり、髪の毛がよりまとまりやすくなるように作られています。

    ダメージで失った脂質を補修する効果もあり、髪の毛の表面の状態を整えます。

    しっとりとした手触りになり、ツヤツヤにしてくれるのです。

    さらに髪の毛の水分の蒸発を抑えることができ、髪の毛に潤いを与えます。

    シャンプーをした後に軽く水気を切ったら、毛先だけに付けてから全体に伸ばしていきます、時間に余裕があれば蒸しタオルを使って、しばらく時間を使って浸透させます。

    髪の毛を乾かす前には洗い流さないトリートメントなどを使ってしっかり乾かすとより髪の毛の傷んだ部分の修復になり、静電気防止にもなります。
  • 選ぶときには天然素材を

  • 選ぶときには天然素材を
  • 万能だと思われているコンディショナーにも注意点があり、それは毛根を詰まらせてしまう可能があることです。

    髪の毛は毛根から生えていますが、成分の中には毛根を詰まらせてしまうものがあります。

    成分が詰まってしまうと頭皮に強い刺激になってしまったり、成分が詰まって皮脂や汚れの原因になります。

    近年ではノンシリコンシャンプーなどが流行っていますが、これはシリコンが入っていないシャンプーのことを指しています。

    コーティング剤が入っていないものですが、シリコン入りのシャンプーは正しい方法で使っていないとシリコンが毛根を詰まらせてしまうと考えられています。

    シリコンが入っていないシャンプーとおなじシリーズのコンディショナーを選んだとしても、場合によってはシリコンがコンディショナーに使われていることがあります。

    シリコンが全ての原因となるのではなく、十分にすすぎ洗いをしていないと詰まってしまいます。

    人工的な成分が毛根に詰まってしまうと悪影響になるので、選ぶときにはシャンプーの成分ばかりに目を向けるのではなく天然素材が使われているのかを必ずチェックします。
  • ヘアケア剤の違いと特徴

  • ヘアケア剤の違いと特徴
  • リンスは髪の毛の表面を保護する役割があり、あくまでコーティング剤です。

    栄養はほとんど含まれていないので、髪の毛の表面をダメージから守るようにしてくれます。

    成分は高い帯電防止効果があるもので、リンスをすることで静電気の防止に繋がります。

    一方、コンディショナーは髪の毛の表面の保護が目的ではありますが、リンスと違って栄養が入っています。

    静電気の防止に役立つだけでなく、リンスよりも髪の毛を保護する力があります。

    しっとりした質感になるので、まとまりやすく少し重めのヘアスタイルになります。

    トリートメントは髪の毛の内側を修復するもので、髪の毛に不足しやすい成分を補ってくれます。

    保湿やハリ、コシがある質感になり、キューティクルの補修にも効果が期待出来ます。リンスやコンディショナーに比べて、高価な商品が多いです。

    ヘアマスクやパックはトリートメントよりも強力で、週1回から2回の集中ケアとして使います。

    有効成分がトリートメントの倍含まれていて、高い補修力があります。

    使い過ぎるとボリュームがなくなってしまったり、巻き髪が作りにくくなるので注意が必要です。
  • 使い方のポイントについて

  • 使い方のポイントについて
  • びしょ濡れのまま使ってしまうと浸透が悪くなってしまい、ヘアケアの効果も下がります。

    髪の毛の表面を油分でカバーするため、髪の毛に水分が残り過ぎてしまうと効果を半減させます。

    シャンプーをしてから軽くタオルドライをして、余分な水分は拭き取るようにします。

    地肌や髪の毛の根元は成分が詰まりやすくなるので、傷みがある髪の毛の中間から毛先を中心に馴染ませます。

    放置する時間は選んでいる商品によって違いがありますが、少しでも時間を置いたほうが髪の毛への浸透は良くなります。

    傷み具合いや理想の髪の毛の質感は人それぞれなので、誰かと共有することなく自分専用のものを使うようにします。

    シャンプーやトリートメントなどと同じ香りや商品にさると匂いが統一され、使い心地を向上させることが出来ます。

    濡れている髪の毛は傷みやすいので、トラブルを避けるためにも必ずドライヤーで乾かします。

    特に寝ている間に髪の毛が濡れていると摩擦が起こりやすく、切れ毛の原因になるので注意します。
コンディショナーでダメージヘアを補修!使い方や特徴は?
この記事は参考になりましたか?

キュレーター紹介
muah♪さん

muah♪さん

muah編集部です。最新の話題から女性ならではの悩みについてなど幅広い記事を提供しています。


掲載記事およびPR広告に関するお問い合わせ


-AD-

関連キーワード

Japan Girls Style

女子大生の「今」を中心とした、ファッション+ビューティ+ライフスタイルなどを発信

PR詳しくはこちら

あなたにおすすめあなたにおすすめ

ランキング今注目の記事